• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

柱状改良での布基礎形状が逆Tではなく一部LはOK?

はじめて質問させて頂きます。 現在ハウスメーカーにて新築工事中で、柱状改良を行ったあと、今まさに基礎工事中です。 建物は軽量鉄骨のボックスラーメン構造で、建築面積は約68m^2、延べ床面積は約122m^2、基礎は布基礎です。 布基礎の場合、図に示したように、基礎のコンクリート部分及び鉄骨ラーメンユニットを改良した柱の中心を通るように建築するのが普通と考えていますが、現状は改良柱の中心ではなくかなり端の位置を基礎、及びユニットが通るようになっている部分があります。(実際には糸が張られています) このことをハウスメーカーに問い合わせたところ、敷地境界線が近く、改良柱をそれ以上土地端部に寄せることができないためこのような状態になっており、基礎を逆T字ではなくL字型で行うとの説明を受けました。 添付の絵では基礎は改良柱に多少でも乗っているように書いていますが、実際はほとんど載っていないようなものも見受けられます。 当方ははじめての家づくりのため、憶測で考えていますが、このようなほとんど改良柱に基礎が載っていない状態で基礎をL字型にした場合、建物の荷重が基礎から改良柱にダイレクトに伝達されず、基礎が圧縮ではなく剪断される力がかかると思われます。強度計算上ではおそらく大丈夫なのでしょうがなんとなく心配です。 このような工法は通常行われ、特に問題となるものではないのでしょうか。 また今後の注意点を教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。 (汚い手書きの図で申し訳ありません)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1432
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tai-yu
  • ベストアンサー率31% (230/720)

ANo1です。 >商業地用ビルもそうなっているとのことですが、商業地用ビルも布基礎で作られているのでしょうか? 考え方を言っただけです。基礎は布基礎ではありませんが、形状的にT型の基礎を境界際ではL字型にします。 >なんとなくもっと強固なベタ基礎等でできているのでは?と考えていますが、どうでしょうか。 当然ですが、ビルの大きさに見合った基礎になります。建物重量と地盤強度、建物の用途等によって基礎は変わってきます。一概に基礎形式は決まりません。  布基礎だから弱いとか、ベタ基礎だから強いというわけではないですよ。その建物と地盤に見合った工法が選ばれていれば問題ありません。 >また、商業地用ビルの場合、基礎の厚さも建物の大きさに合わせ相当な厚さ、ならびに >鉄筋の直径も太くなると思いますが、今回私が建てる家の程度であればどのくらいの厚 >みの基礎、鉄筋太さであれば良さそうでしょうか。 この質問に回答してあなたにとって意味がありますか? ハウスメーカーが決めた基礎はなんとなく信用出来なくて、ネットで回答した人の答えを信用できますか?素人が答えているかもしれませんよ?図面もなく、アバウトな情報で例え基礎の厚みや鉄筋の太さを計算してここで回答しても、ハウスメーカーより過大な仕様になるに決まっています。それをハウスメーカーにぶつけたところで何の意味もありません。  家作りで心配になるお気持ちはわかります。他の人の意見も聞きたいでしょう。ですが最終的にはハウスメーカーを信用するしかありません。そのために、あなたが疑問に思ったことをハウスメーカーに聞いてください。そして納得いくまでやり取りしてください。わからないことも聞いてください。その上で、聞いた内容を再確認のためにネットで聞くのは良いと思います。  このような構造的なことでしたら、L字型にしても問題ないという構造計算書を提出してくださいというのも手でしょう。文章で安全である旨を書いてもらうのも良いでしょう。それでもあなたが納得出来ないなら、第3者としての立場で建築士に検証をお願いしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼の返事が遅くなり申し訳ありません。 詳しいご回答ありがとうございました。 >家作りで心配になる・・・ まさに心配で質問した次第です。 おっしゃるように、最終的にはハウスメーカーを信用するしかないのですが、自分でもいろいろ調べてはいますが、どうにも落ち着かないので質問させて頂きました。 アドバイスしていただいたように、もっとハウスメーカーにバンバン質問してみたいと思います。 まずはおっしゃるように構造計算書を貰えるように話してみます。 その中でまた再確認したいことがあれば、再度お聞きしたいと思います。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • ベタ基礎と布基礎 どちらがいいの?

    地盤によってベタ基礎が合うとか、布基礎が合うとかあると思いますが、最近のハウスメーカーの傾向をみると、どのようなハウスメーカーでもベタ基礎で施工しているように思うのですが、本当のところどうなのでしょうか? 私の知り合いの人が言うには、ベタ基礎の施工は簡単で、布基礎の施工は技術がないと難しいとのことでした。そのようなことがあってベタ基礎が増えているのでしょうか? また、ベタ基礎のほうがシロアリ対策としては、有効なような気がします。もっとも布基礎でもアリダンシートというのを敷いて、シロアリ対策は大丈夫とのことのようですが、本当のところどうなのでしょうか?   どうかわかる方がいたら教えてください。  よろしくお願いします。

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

柱状改良は厳密には杭ではありません。地盤改良工事です。 柱状のものを入れることで柱状間の土地を締め、地盤全体を締め固めます。 柱状の物の部分に基礎をあわせることは有効ですが、そこだけが効くわけではないのです。 ですから問題ありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼の返事が遅くなり申し訳ありません。 >柱状の物の部分に基礎をあわせることは・・・ 確かにおっしゃるように地盤改良、という意味だとそのとおりですね。 No.1さんもおっしゃっているように、今後はさらにハウスメーカーに聞いていきたいと思います。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tai-yu
  • ベストアンサー率31% (230/720)

問題無し。 敷地境界ぎりぎりまで建てる商業地のビルも全部こうなってますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 商業地用ビルもそうなっているとのことですが、商業地用ビルも布基礎で作られているのでしょうか? なんとなくもっと強固なベタ基礎等でできているのでは?と考えていますが、どうでしょうか。 また、商業地用ビルの場合、基礎の厚さも建物の大きさに合わせ相当な厚さ、ならびに鉄筋の直径も太くなると思いますが、今回私が建てる家の程度であればどのくらいの厚みの基礎、鉄筋太さであれば良さそうでしょうか。 重ねて質問してしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 1、布基礎とフーチングの違い

    1、布基礎とフーチングの違い 2、べた基礎とスラブの違い がわかりません また、基礎は地盤面から何センチあればよいのでしょうか? 1、建築基準法 2、そのほかの法律 よろしくお願いいたします

  • 表層改良と布基礎について

    初めて質問させていただきます。よろしくお願いします 私の実家ですがとあるHMにてH4年夏着工、H5年初頭に引渡しとなった家ですが現在建物の対角で約9cm傾いております。 もともと軟弱地盤で知られる土地で、さらに新築時に周りの土地とレベルを合わせる為に約1m盛り土をしております。 そのような場所で当初HMはベタ基礎を考えていたようですが、それでも不安があったので盛り土分約1mを表層改良を行うこととし、 それに伴いHMは布基礎に変更して工事いたしました。 結果的に築約9年時に異変を感じて測定依頼すると建物の対角で約9cm傾いておりました。 そして時間はたっていますが先日再測定を行い同様に約9cmの傾きでした。 HM側の説明ですが基礎部、表層改良部に問題はなくその下部の地盤部が 沈下して現状のようになったそうです。当時の技術的知見では予測不能であり100%の補償はできかねるとの回答でした。 現在は傾き修正のための見積もりをしていただき、そのうちどの程度HMが補償できるかの検討をしていただいております。 長くなりましたが私としては当時の技術的常識がどうだあったか知りたいと考えています。(HMの言い分は正しいのかを確認したい) さらに何かお勧めの学術文献や裁判の判例等がありましたら教えていただきたくよろしくお願いいたします。 グダグダの文面で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • 柱状地盤改良の水平支持力の検討について

    地盤改良の水平支持力について、御教示頂きたいです。 地盤改良を施工する為の、鉛直・水平力の検討を行うことになり、今までは独立基礎の経験はいくらか検討をしてきたのですが、初めて布基礎での検討をするにあたり、経験不足の為、不明な点があります。 布基礎の場合 鉛直加重及び水平加重の扱いにつき、お教えください また布基礎に関する事以外でも、いろいろと参考になる事がありましたら併せて教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 柱状改良と杭打ちベタ基礎どちらがやすい?

    いつも参考にさせてもらってます。 前に柱状改良と表層改良で質問させていただきましたが 先日、工務店と話したところ杭打ちベタ基礎が一番いい方法だと 言われました。 そのときは柱状改良だと思っていたので杭打ちのことは詳しく 聞かずじまいでした。 工務店の話だと柱状改良ほどお金はかからないといっていたような 気がします。 もう間取りが出来上がっていて建築確認も下りています(布基礎で?)。 そのような場合、今から杭打ちベタ基礎にしたいといっても 難しいことでしょうか? 建坪30坪弱で述べ床50坪弱です。 柱状改良では120万位といわれましたが 杭打ちベタ基礎の場合、どのくらいかかるのでしょうか?。 どなたかわかる方がいらしたら教えてください。

  • 玉石(ピンコロ)基礎の布基礎入れ換え工事

    住宅の設計をやっております。 内装リフォームした家の本体の2階建ての母屋は布基礎ですが、増築部分(下屋)が 玉石(ピンコロ)基礎でピンコロの上に束立てしているだけの手抜き構造でした。 このままでは大きな地震が来ると増築部分が崩壊するので、玉石(ピンコロ)基礎 を撤去してジャッキアップで布基礎に入れ換えたいと思います。 その場合は、土台のアンカーボルト設置や基礎の型枠施工で内部の床を剥がさなけ れば基礎の工事が出来ないかと思います。 しかし、内部の撤去工事を行なうと工事費がかさんで来て予算をかなりオーバー する可能性があります。 内部の床を撤去しないで基礎の入れ換え工事を行なえたらと思っています。そのよ うな方法で行なう良い工事のやり方がありましたら、よろしくお願いいたします。 そして、その他玉石(ピンコロ)基礎での良い方法での基礎の入れ換え(補強)工事 がありましたら、よろしくお願いいたします。

  • ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが

    何時もお世話になります 補強コンクリートブロック造2F建物のリフォームで 既存の布基礎にベタ基礎を補強追加するときに、地業はどうなるでしょうか? ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが、 基礎立ち上がり際-フーチング上部など問題無いですか? 転圧方法どうしてるのでしょうか? 6畳位です (ハツリ機のランマーは持っているのですが、たこでは) よろしくお願いします

  • 雨天時の布基礎の施工について

    戸建住宅の布基礎の施工につきまして、雨天時に施工しても問題ないでしょうか? 先週末に丁張り、根切りを終え、今日から施工が始まりました。 明日から雨の予報で、配筋、型枠設置等、肝心な施工が雨天施工になりそうです。 雨天時に施工しても施工精度等、大丈夫なのでしょうか? 気分的に家を支える基礎工事だけにとても気になります。 以上、よろしくお願いします。

  • 布基礎のサイズ、鉄筋の太さについて

    布基礎のサイズは最低限以下を満たす必要があるとありますが 実際はどれぐらいで工事されているのでしょうか。 土台部分の高さは150mm以上 立ち上がり部分の高さはG.Lから300mm以上 土台下端よりG.Lまでは240mm以上 立ち上がり部分の幅は120mm以上 一般的に鉄筋は太い方が良いでしょうか? 立ち上がり中央の主筋が太い(D16以上)方がいいとありますが 実際はどれぐらいの太さが使われているのか知りたいです。

  • 柱状改良の位置

    北側が間知ブロック積みの擁壁の土地に家を建てようとしています。 土地は中古物件で擁壁は26年前に作られたものです。 擁壁の高さは約3.7mあります。 北側によせて南北に長い建物を立てる予定ですが、 建築予定の四隅と中心をSS方式で地盤調査を行った結果。 擁壁側は、4mまで換算N値 4以下 南側は、0.5mで換算N値 10以以上 でした。 住宅メーカの地盤改良案は、 北側半分を湿式柱状改良工事(500mmφ、C=280kg/m^3)16本を行うとのことです。 杭打ちは建物全体にたいして行わないといけないと聞いたことがあるのですが、 柱状改良工事は、建物の半分だけ行ってもこの場合良いのでしょうか?、 住宅メーカには、できるだけ費用のかからない方法を提案してほしいといっていました。