• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

平均値の標準偏差

とある画像処理に関する論文を読んでいて次のような記述があったのですが分からない点があったのでどなたか教えてください。(簡単にまとめてあります。) 「ノイズのある画像を複数回撮影し、その平均値をとることでノイズ成分を小さくすることができる。ノイズ成分が正規分布の場合、標準偏差σと測定回数n回の平均値の標準偏差σ1は以下で記述される。 σ1=σ/√n 」 この記述に関して、 1.ノイズ成分が正規分布の場合しか、上記式は適用できないのでしょうか。ランダムノイズの場合でも平均化できるような気がするのですが・・・。 2.またなぜ、測定回数の平方根に反比例するのでしょうか。 3.上記式では測定回数nを多くすれば平均値の標準偏差σ1は0に近づきますが、この数値はいくつくらいならいいのでしょうか。0に近いほど母集団の平均値を推定できているということまでは分かったのですが、どのくらいの数だったらいいという閾値や評価基準みたいなものはあるのでしょうか。 以上、どなたかご回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2400
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1. どういう意味で,ランダムと言っているのか,不明ですが。。 どんな確率分布でも,そこから取り出した標本平均の分布は,中心極限定理によって近似的には正規分布に従います。ですから,本問の場合も,「(測定回数を十分多くして)正規分布と見なせる場合」とするのが,正確な表現だと思われます。逆に言えば,そのように見なせれば,もとはどんな分布でもよい,ということになります。 2.どの段階から説明すればよいか迷いましたが,とりあえず,分散の以下の性質から。 互いに独立な確率変数 X1, X2,....,Xn, 定数ai とすると, 分散について V(Σai*Xi) = Σai^2 V(Xi) となります。 分散σ^2の確率変数 X1, X2,....,Xn の平均mX は, mX = (X1, X2,....,Xn) / n 平均の分散は V (mX) = V(X1/n + X2/n +....+ Xn/n)   = 1/n^2 * V(X1) + 1/n^2 * V(X2) + ...... + 1/n^2 * V(Xn)   = 1/n^2 * σ^2 + 1/n^2 * σ^2 + ...... + 1/n^2 * σ^2   = 1/n^2 (σ^2 + σ^2 + ...... + σ^2)   = 1/n^2 * (n * σ^2)   = σ^2 /n したがって,標準偏差は,σ1=σ/√n となります。 3.1, 2の説明から,大きさn の標本平均 mX の信頼区間は, mX ± z(a) * σ/√n となります。いわゆる通常の信頼区間の求め方です。 信頼区間95%,つまり,有意水準 5% なら,z(0.05) = 1.96 として,この式に当てはめると良いでしょう・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 標準偏差の問題です

    平均値U=10、標準偏差α=2となる正規分布で、任意に取り出した1つが8と16 との間に入る確率を標準正規分布表より求めなさい。

  • 標準偏差とデータ数から平均値が求まるか

    子供の通っている塾の模試で、子供の得点、順位、受験者数、偏差値はわかっています。 塾内での位置を把握するために、講師から標準偏差の値をもらいました。しかし、平均値を聞くのを忘れました。 直接聞けばよいのですが、平均値、標準偏差とも公表しておらず、特別にもらったので頼みづらいのです。 上記データから平均値を求めることは出来ますか。 過去ログを検索したところ、順位及び受験者数から正規分布にのっとり、(1-順位/受験者数)の確立を標準偏差とし偏差値を求める方法がありました。 これを利用すれば出来るのですが、これ以外の方法はないのでしょうか。

  • 標準偏差について

    ある正規分布(標準偏差a)に従う集団からある正規分布(標準偏差b)に従う集団を引いたもの(または足したもの)の正規分布の標準偏差cは、aとbを用いてどのように表せるのでしょうか? 確か数式があったと思うのですが、ど忘れしました。 平均はただ足しただけだったと思うのですが、 標準偏差は足してルートとったりとかしてたような気が… ネットで調べてもうまく見つからないので、 覚えている方がいればお願いします。 稚拙な説明で申し訳ありません。

  • 平均値、標準偏差、幾何平均、幾何標準偏差の推定

    数学素人でさっぱり意味が分かりません。 分布なのですが、一部書き込みます。 A  累積分布  確率密度 1   0.0009329 0.0009329 2  0.0012776 0.0003447 4  0.0023306 0.0010530 6  0.0040988 0.0017682 8  0.0069518 0.0028531 10  0.0113821 0.0044303 ~   ~     ~ 28  0.4085144 0.0898605 30  0.5000000 0.0914856 32  0.5882070 0.0882027 ~   ~     ~ 68  0.9995101 0.0002532 70  0.9996741 0.0001640 80  0.9999535 0.0002795 100 0.9999989 000000453 Aを正規分布で近似した場合、平均値と標準偏差の推定 Aを対数正規分布で近似した場合、幾何平均と幾何標準偏差の推定 エクセルにデータ入れて計算しようとしてるのですが、方法が分かりません。どのように計算すれば良いのでしょうか?全く知識ないのですみませんが御教授してください。(何か計算に足りない物があれば指摘下さい)

  • 標準偏差/平均値で何がわかるの

    標準偏差の意味と標準偏差/平均値で何がわかるか教えて

  • 平均値±標準偏差は?

    質問させていただきます。 平均値±標準誤差はわかるのですが 平均値±標準偏差は何を表しているのかよくわかりません どなたかご教授ください・・・。

  • 物理学実験における標準偏差、標準誤差について。

    物理学実験における標準偏差、標準誤差について。質問お願いします。統計学かもしれません。 正規分布をするグラフにおいて、平均値、標準偏差と、標準誤差をもとめました その場合、平均値±標準誤差、平均値±標準偏差のそれぞれの2つの範囲の意味を説明しなさいという問題です。 私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。 平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める であってますでしょうか

  • 標準偏差と平均値の関係

    標準偏差と平均値の関係を教えて下さい。 標準偏差は平均値より大きくなったらまずいんですか。 とにかく急いでます。教えて下さい。

  • 平均値と標準偏差

    10人の各被験者に対して10回以上ずつ朝と夕でデータをとりました。例えばAさんのデータは朝12回分、夕方13回分、Bさんのデータは朝15回分、夕方12回分あります。 朝と夕方の平均値と標準偏差はどうやって求めればいいのでしょうか。10人に対して一人ずつ平均値を求めてそれに対する平均と標準偏差を求めるというのでいいでしょうか。また、朝と夕方の違いというのは一人ずつの朝と夕方の平均値を使ってpaired-t で検討すればいいのでしょうか。それともなにかもっと適切なやり方があるのでしょうか。教えてください。

  • エクセル:平均値と標準偏差から正規分布図を簡単に作成したい。

    あるデータの集まりから平均と標準偏差はエクセル関数を使って出すことが出来ました。 その平均値と標準偏差の値を使って正規分布図を作成したいのですが、どうしたらいいのか分かりません。 何か言い方法がないでしょうか? 作成したいグラフは、Y軸に発生件数、X軸は得点がある棒グラフに、正規分布図を重ね合わせたいと考えています。