• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

借地とその後の契約に関して

借地に自己(祖父名義)の建物を建てていたのですが、母親が亡くなる前から立ち退き(母親の代で借地契約終了)を依頼されており、契約を交わしていました。契約内容は「建物に関しての原状回復は地主が行い、こちらには一切の負担がない」という内容の記載はありますが、建物内部の動産に関しては触れていません。契約書に捺印を行う時に相手方弁護士と母、私の妻が立ち会ったのですが、母から「建物内部の動産処分もこちらには一切負担はないですか?」「息子(私)への負担は一切ないようにしてください。」という条件を提示し、相手方弁護士も了承したうえで捺印を行っています。母が亡くなり、実際に動産の処分費用が確定した段階で相手方から「予想以上に金額がかかったため、負担してくれないか?」と依頼がありました。動産に関しては口頭での約束なため、正式な書類はありません。本来であれば、断ることができると思うのですが、実際はどうなのでしょうか?また、母の死亡後に私たちに負担があるのであれば、捺印自体行われず、違う契約内容になっていたと思うのですが、契約自体が無効になることはないでしょうか?私としては金額の大小にかかわらず、最後ぐらいは「揉めずに済ませたい。」という思いのみで、折半という形でもいいのではないかと考え、相手方にも伝えています。素人考えですが、もし契約が無効になるのであれば借地権の主張に繋げることができるのかと思い投稿させていただきました。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数58
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

不動産賃貸業を営んでおります。  まず確認しておきますが、相続はなさったのでしょうね?  ふつう、放棄された場合は「放棄しました」と書かれるので、相続されたものとして考えます。  お母様の権利義務を相続し、状況をすべて承知した上で、すでに『折半という形でもいいのではないかと考え、相手方にも伝えています。』とのことなので、契約で言うところの、質問者さんからの「申込み」はなされたことになります。  あとは、相手がその申込みを受け入れるかどうか、の問題です。つまり、相手が「OK」と承諾すれば、新しい契約成立ですので、それ以前にあった瑕疵(費用がかかるのなら借地契約終了の契約をしなかったなど)は問題にならなくなります。  いま深夜ですし、家には六法が用意してありませんので確認できませんが、申込みは返事に要する相当な期間取消はできないはずですので、現時点では相手の返答を待つしかないと思います。 --------  したがって、ご質問のことについて考えても意味がありませんが、ちょっとだけ。 > 本来であれば、断ることができると思うの >ですが、実際はどうなのでしょうか?  予想以上にかかった費用が何の費用なのか、ですよね。  契約でハッキリ地主の負担と決められていたようですから、建物処分・原状回復費用なら断ってOK。半分でもそれ以下でも出す必要はなかったのになぁ、うかつなことを申し出てしまったなぁ、と思います。  家財についての処分費用なら、質問者さんの書かれた「条件の提示&承諾」があったかどうか、契約書などの証拠がないらしいので、私は「家財処分費についての合意はなかった」ものと考えます。(ベニスの商人のように、じゃあ、処分権限はあったのかとか、難癖はつけられますが (^o^;; それはそれなりに理屈を構成)  すると、家財は、建物とは別物ですから、不要な家財の処分費は相続人たる質問者さんが出されるべきだ、ということになります。 > また、母の死亡後に私たちに負担がある > のであれば、捺印自体行われず、違う契 > 約内容になっていたと思うのですが、契約 > 自体が無効になることはないでしょうか?  「要素の錯誤」と呼ばれる、重要な点での勘違いなら契約を無効にしてしまうほどの力を持つ場合もありますが、重要かどうかはあくまでも「一般的な人の立場」で判断されます。  一般論としては、家財の処分費がかかるか・かからないかくらいの勘違いでは要素の錯誤とは言えないと思うのですが、私には。損をしないと思ったのに大損した、なんて、珍しいことじゃありませんから。  そのほかにも、そこに住みたかったのにガマンして、というような重大な影響もなさそうですし、無効の主張はまず無理だったでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何点か私の言葉が足りなかったようですが、大変参考になりました。ちなみに折半の提案は契約書に記載されていなかった家財等の処分費で、契約書に記載されている原状回復・建物の撤去費用に関しては一切支払うつもりはありません。ですので、間違った判断ではなかったのだということを確認することができました。ご丁寧な回答をいただきありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 借地契約

    借地契約 以下契約書内容 借家人(借地に自分の家を建てて住んでいる)は、昭和25年12月より、地主(祖父)より120坪の借地使用を許可する。(借地代は年数万円)そのご父が相続、父他界により現在私が相続。 契約内容は、「借家人一代限り」で借地を返す時に更地にして返すことに平成15年6月に同意。 契約書を交わす。(相続人として、当時母、こども4名)以上2枚を作成し1づつ借家人と保管しています。 しかし、この契約書は母が、借家人の名前を書き印は本人が押した。 両者の関係は、良好です。 質問 契約書は、成立するのでしょうか? また成立しない場合、再契約を交わす時の契約内容を教えてください。

  • 借地返却について

    父が住んでいた家が借地で、先日父が亡くなりました。 土地は借地で建物の半分は大家さんの所有の建物、 半分は40年程前に増築をして祖父名義になってるようです。 父が急死したために詳しい契約内容などを聞くことが出来ず、 借地契約書も見当たりません。 増築した時の謄本らしきのもだけ残っています。 今後借地は返却するつもりなのですが、 このような場合更地にして返却しないといけないのでしょうか? 半分は借家なのでどのように対処すればいいか教えて頂ただけませんでしょうか? このままの状態で返却出来れば一番良いと思うのですが、 更地にする場合の費用は半分負担しないといけないのでしょうか? 大家さんとは面識もなく、あちらも代変わりしているそうで どのような方なの全く分かりません。

  • 借地契約について困っています。

    母の土地と共同住居を相続することになりました。 登記を調査したところ母の土地に、母名義と他人名義(A氏)建物の二棟が存在していました。 A氏は私が幼少の頃から知っていますが、母の土地にA氏が店舗を建築して20年になります。 親しい関係だったのか借地の契約をしていないばかりか借地代もないです。 A氏もないと云っています。 A氏の店舗は2件の店子が入居しています。 今後私が相続して借地契約を交わし、代金を請求できるものでしょうか? また、母の共同住宅はちょうど40年になりますが、ボロボロで崩壊すると危険なため入居者させていません。 取り壊して新たな建物を建てたいのですが、A氏の建物に立ち退きをお願いすることができるものでしょうか? どなたか、宜しくアドバイスをお願いします。

  • 定期借地契約について

    当社の敷地は、定期借地契約で借りているものらしいのですが、一年毎に貸主から契約満了の知らせがきて、その都度、契約更新をしています、事業定期借地であれば10年以上20年以下の存続期間があるのではないかと思うのですが、その契約内容の詳細を知る機会がありません。いずれにしても定期借地契約で1年毎の契約はあり得るのでしょうか?

  • 借地権の相続

    現在借地(旧借地法)に住んでおります。 20年前に父を亡くし、私と兄が建物を半分ずつ相続しました。 ※母親は入っておりません。 父が亡くなった当時私共まだ未成年で、最近母親をなくしたことがきっかけで遺産等の確認をしていたら借地権の問題が浮上しました。 当時作製された遺産分割協議書には建物ことのみで借地権について触れられておりません。 建物の相続権が半分であれば借地権も同様に半分の権利と決まってしまうようにも聞きましたが、定かではありません。 借地の契約書に記載される契約人名義は兄となっておりますが、母がとりあえず書いたようです。 今回兄と話し合いの上借地権の権利(建物も)は全て私で良いことに同意を取りました。 借地権並び建物の権利を私にする場合 後々トラブル等を起こさないようにしっかりと処理をしたいのですが どのようにすれば良いのでしょうか。

  • 借地契約の方法について教えてください!

    一昨年に母が他界し、不動産を相続して1年以上になります。 その母の土地にT氏が店舗を構えて30年以上になります。なにぶん古い建物の為現在店子は1件入居しています。 母とは長い付き合いの為、借地契約、借地料なしでいままできたのですが、私が相続して税金などの支払いのためT氏と新たに借地契約を結び、借地料を徴収したいのですが、契約書等の制りかたがわかりません。 また、経緯からT氏が素直に契約を結ぶとは思われません。 こんなケースの場合、どのように対処したらよいでしょうか。 どなたかアドバイスをお願いします。

  • 借地契約を解除した場合の建物の取扱いについて

    現在、土地は借地(旧法の借地借家法が適用されると思います)、建物は自己所有しておりますが、近年目の前でビルが建ってしまい、昼間もほとんど日が当たらなくなってしまいました。そのため、転居を検討しているところですが、この借地権及び建物をどう処分したらよいのかで困っています。 一番良いのは、地主の承諾を得た上で、借地権及び建物を売却することだと思いますが、建物の築年数が古い(30年程度)ため、売却するのは難しいのではないかと思います。 したがいまして、借地契約を解除するしかないのかと思いますが、その場合、建物をそのまま残していってもよいものなのでしょうか? 都合のよいことを言えば、建物を(少額でも良いので)地主に買い取ってもらえるのでしょうか? 逆に建物を取り壊して更地にしなければいけない場合は、その費用は当方と地主のどちらが負担するのでしょうか? ちなみに、土地自体が袋小路のようになっており、自動車が入ることはできませんので、建物を解体するにもかなりの金額がかかるのではないかと危惧されます。 ご回答をよろしくお願いいたします。

  • 古くからの代からの借地人です。地主との間には契約の

    更新もなく、現在にまで至ります。現在、家は空家です。 借地解除する場合、建物の解体費用はこちらが負担をしないといけないのでしょうか? なお借地の契約書もなく、ならば旧借地借家法になるのでしょうか? 空家は築古年です。建物買取請求というのがあるのそうですが、どういうものでしょうか? この場合、借地人が建物を買取をお願いできるのでしょうか?

  • 借地契約解消時の建物解体費の負担

    両親は昭和30年代に母の兄の土地に建っていた炭坑住宅の払い下げを受けて自宅とし、年に数万円という低額の借地代を母の兄に支払ってきました。契約書はありません。昭和40年代からはその家を安く人に貸し、年に数万円の家賃収入があります。4年前に父が亡くなった際に母が建物を父から相続し、今は母の名前で登記されています。古い木造家屋のため固定資産税もかかっていません。 一方、土地の方は、地主である母の兄が亡くなり、母の甥が相続したため、今まで支払っていたのと同額の借地料を甥に払っていましたが、その甥が最近その土地を母に一報もなく売却してしまいました。 新たな地主から突然今までの数倍の借地料の提示があり、さらに、もし借地契約を解消するなら、更地にして返してほしいと言われました。 母が家を貸している現在の居住者も退去の意思があり、さらに母も今までより高い借地料を新しい地主に払うつもりはなく、借地契約を解消して建物も不要と考えています。 この場合、更地にするための建物解体費用を母が負担するのは当然のことなのでしょうか。

  • 借地 地主の相続による、契約の変更?

    現在、母親の住んでいる場所は、昭和40年から 住んでいる借地(都内です)ですが、地主 が亡くなり、息子さんが相続する事になるよう です。 其処で質問ですが、現在ある借地権の 契約はあと4-5年で更新期限が来ますが 地主に相続が発生する場合に、既存の契約内容 の変更は必要なのでしょうか? また、新地主の方は、相続税対策の為に、 借地権を購入して欲しいような話しをしておりますが、 こちら側はそういう意思はなく、飽くまで既存の 契約を存続させたいのですが、法律上、障害に なるような事は何かあるでしょうか? 素人なので、分かり易くご説明して頂ければ、 幸甚です。