• ベストアンサー
  • 困ってます

アイドリングストップシステム

最近の車に搭載さているアイドリングストップシステムで質問があります。 例えばバッテリー上がってしまい他車から電気をもらいエンジンを始動し充電走行しているときに信号に引っかかりアイドリングストップシステムでエンジンが停止した場合はきちんと再始動出来るんでしょうか? 単純に考えるとエンジンに点火できるだけの電気が充電されてなかったらそのまま再始動できずに停止したままになると思うのですが・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数3
  • 閲覧数1321
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • piyore
  • ベストアンサー率63% (19/30)

アイドリングストップシステムの制御を開発していました。 他の方の回答にあるように、バッテリー電圧が一定以下の時はアイドルストップさせません。 ただ、実態としてはバッテリーが無負荷に近い状態の電圧を監視しても、再始動できるだけの電流が取り出せるかどうかは別の問題でして、懸念されるような路上再始動不能の可能性はあります。対策として、始動中の電圧降下波形を計測してバッテリーの状態を推定するなどのノウハウがあります。 ご質問の、他車から救援された直後は結構危険な状況ですね。例えば、始動時に電圧降下波形を計測してアイドルストップの許可/不許可を判断するロジックは、バッテリー上がりを起こした時点で最後の状態が記憶出来ない可能性があります。その後の救援時は一見バッテリー電圧が良く見えますし、乗用車用のMFバッテリーは特に無負荷電圧が高く出ますので、始動後の電圧は充分になります。 このような状況では、アイドルストップ機能をキャンセルして運転するのが一番でして、アイドルストップ付きの車両では必ず機能キャンセルのボタンがあります。 余談ですがこれら取り扱いの難しさから、アイドルストップ機能はほとんど日本国内限定の機能になっています。(アメリカカリフォルニア州でアイドルシャットダウン機能がありますが、日本のような信号待ちでエンジンを停止させるものではありません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います 詳しく回答していただきありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#211894
noname#211894

電圧が足りていないときは止まらないと思う。 止まれば何でもかんでも止まるわけではありません。 右折最中にブレーキ踏んだらエンジンが止まったなんて洒落になんないから。 アイドルストップのためには、勾配やハンドルの角度、ブレーキの状態、バッテリーの電圧など、止めても大丈夫であることを判断してから止めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

  • 回答No.1
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1550/4563)

アイドリングストップシステムは質問者サマが考えているような簡単な仕組みでエンジンを停止するワケではありません。 「車が止まったらエンジンも止めりゃ良い」などと単純なモノではなく、燃料消費量や排ガス濃度を適切に管理すべく、水温やバッテリー電圧など、車全体のコンディションをモニターしながら、問題が生じないと判断された場合のみ、エンジンを停止させるプログラムが組まれています(だから、「アイドリングストップシステム採用」がトピックになるワケなんです)。 バッテリー電圧に限らず、再始動に問題が発生する可能性を検知した場合には、制御システムはエンジン停止を選択しません。 >充電走行しているときに信号に引っかかりアイドリングストップシステムでエンジンが停止した場合 は、制御システムが正常に機能しているときにはあり得ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答がありがとうございまいた

関連するQ&A

  • アイドリングストップ車のバッテリーについて

    教えてください。 アイドリングストップ車は例えば信号で止まっていると自動でエンジンが切れますが、バッテリーの状態により勝手に始動をします。 特に冬場の始動直後や夏場のエアコン使用時などでは信号で止まってもアイドリングストップしないことがあります。 これはバッテリーの状態を見て始動をしているんですよね? つまりこれ以上バッテリーを消耗してはならないと判断して指導していると思うのですが、 では、使い古したバッテリーを搭載していた場合にはアイドリングストップ自体をしなくなるのでしょうか。

  • アイドリングストップ車のバッテリーについて

    アイドリングストップ車は、停車時にエンジンを自動で切るわけですが バッテリーの状態が、負荷がかかっている、容量が減ってきている等々、様々な状態を自動車自身が把握してエンジンストップを解除して再始動したり、初めからアイドリングストップ自体をしなかったりするわけですが、 では、使い古したバッテリー(要交換間近なもの)を搭載していた場合、アイドリングストップをしなくなってしまうのでしょうか。 もしそうであれば、アイドリングストップのするかしないかが目安になると思うのですが、どうでしょうか。

  • 信号待ちでのアイドリングストップはバッテリーに負荷がかかるのか?

    こんにちは。 都内でFZS1000に乗ってバイク通勤を毎日しております。 最近、アイドリングストップを心がけようと思い始め 長い信号で、赤になったタイミングで止まった時だけ エンジンだけOFFにして(電気系統はON)ストップするようにしました。 通勤には片道40分ほどで、都内山の手通りを走行してます。 だいたい信号待ちでエンジンOFFにするタイミングがあるのは 片道1,2回程度。多くとも3回あればいいほうです。 しかし、アイドリングストップを始めて3日たったある日、 道路のど真ん中でエンジンOFFしストップして エンジン再始動させようとセルを押したところ エンジンがかからなくなってしまいました。 かかりが悪いというレベルではなく、バッテリーが切れてしまったという感じです。 セルをおしてもまったく反応がありませんでした。 おしがけして復活しましたが、 それ以後恐ろしくて道路の真中でアイドリングストップできません。 エンジンをOFFにしてライトがついてるのは、40分のうち1,2分のはずです。 道路でアイドリングストップするのが良いのか否かはこの場合おいておいて、 上記のような周期でエンジンをOFFにしてしまう事が 電圧系統に(バッテリー)に負荷がかかってしまうものなのでしょうか? 走行距離20000Km。購入して3年目になりますが、毎日使用しております。 バッテリーの充電、交換はまだ1度もありません。 電源が落ちてしまったのはバッテリーが弱くなっているだけの可能性があります。 これからバイク店に持っていく予定ですが、 このような使用方法がバッテリーに影響があるかどうか伺いたいと思います。 単なるバッテリーの寿命なのか、充電する周期なのか、その他の要因なのか、 アイドリングストップが原因なのか、それを知りたいと思います。

  • アイドリングストップの環境への影響

    アイドリングストップは燃費や環境に良いというので、約二年間実行してきました。今回その実体験から生じた疑問を質問します。まず実体験を以下にまとめます。 ・新車購入~三年目:一日約40kmをほぼ毎日走行(一般道)。アイドリングストップせず。バッテリーは純正のまま。約50000km走行。バッテリー上がりなどは一度も経験せず。 ・三年目:カー用品店でバッテリーを交換。店員に勧められて、ワンサイズ容量が大きいものにした。 ・三年目~五年目:走行パターンはこれまでと同じ。ただし30秒以上停止すると思われる赤信号でアイドリングストップするようにした。一日40kmの走行中に5回くらいアイドリングストップをしている。バッテリー交換してから約30000km走行したある日の朝、エンジンが始動できなくなる(バッテリー上がり)。バッテリーは交換した。 この経験上、アイドリングストップすることによってバッテリーの寿命が6割以下になったということだと思います。廃バッテリーは処分が大変だとか聞きますし、トータルとしては環境に良いことをしたことになるのでしょうか?

  • アイドリングストップ機能

    アイドリングストップ機能を搭載した車が増えていますが、あれだけ頻繁に始動・停止を繰り返すと、エンジンに良くないんじゃないかと思ってしまいます。 燃費が良くなっても、エンジンの寿命が短くなるとしたら本末転倒のような気がします。 実際のところはどうなのでしょうか? 教えていただければ有難いです。

  • アイドリングストップ車の疑問

    アイドリングストップ車は、赤信号等で止めればエンジンストップし、また走り始めるときに エンジンがかかるのですが、これってアイドリングストップ車ではない車と比べると、 バッテリーの消耗は激しいのでしょうか? またその都度エンジンがかかったり、止まったりして燃費って悪いのですか?

  • アイドリングストップからの復帰

    最近、信号待ちなどからの再発進の時に、周囲のクルマから「じゃじゃっ」とエンジンの再始動の音をよく聞くようになりました。 ハイブリッドでないクルマのアイドルストップからの再始動は、12V駆動のスターターモーターでエンジンを再始動していると理解してよろしいのでしょうか? もしそうならば車載バッテリーが弱ると、信号待ちなどで再始動しない危険性が可成り高いと思うのですが、そのような機構に何らかの対策は施されているのでしょうか?

  • アイドリングストップは地球に優しいのか?

    近年、エコドライブの一環としてアイドリングストップを 実施しておられるバス、トラック、タクシーがありますが ちょっと疑問に思うことがあります。 近年のエンジンはアイドル燃費はほとんど消費はなく アイドル排ガスはとてもクリーンになってきています。 しかしエンジンを始動時はどうしても燃料を多く噴射するので どちらかと言うとちょっとした信号待ちなどでエンジンを停止させて また始動する方が燃費も悪く、それに伴い始動直後の 排ガスも悪いと思うのですが・・・。それにエンジン始動時が一番 バッテリーもしんどいですよね。 それでもアイドルストップは地球に優しいといえるのでしょうか?

  • アイドリングストップ 本当に意味がある?

    信号で1~2分ぐらい停止するときは、いつもアイドリングストップしていました。 しかし、ある方より (1)エンジン始動時にガソリン消費が多い (2)エンジン始動時にバッテリーの負担が大きい (3)エンジン始動時にランプ類・車内液晶部類への影響がある (4)セルモーターにも寿命がある (5)プラグにも何らかの影響が出る 等々の副作用をすべて勘案した場合、 結果的には(例えばバッテリーの交換など)資源に対して『マイナス』になるといわれました。 皆さんはどう思いますか?

  • アイドリングストップ車のエコバッテリー

    アイドリングストップ搭載車はエンジン始動が頻繁になったり、充電制御を行っていることなどバッテリーに負担がかかったりするので特別なバッテリーになっているそうですが、単なるディープサイクルバッテリーかと思えばそうではなくエコバッテリーと呼ばれるカテゴリーだそうです。 このエコバッテリーとはどんなものでしょうか? ディープサイクルバッテリーとはどこが違うのでしょうか?