• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アイドリングストップ機能

アイドリングストップ機能を搭載した車が増えていますが、あれだけ頻繁に始動・停止を繰り返すと、エンジンに良くないんじゃないかと思ってしまいます。 燃費が良くなっても、エンジンの寿命が短くなるとしたら本末転倒のような気がします。 実際のところはどうなのでしょうか? 教えていただければ有難いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10

こんにちわ(´∀`*)  エンジン本体についての知識は有りませんので、某社のアイドリングストップ機能付き軽自動車で、(・・?と思ったことを書きます。  取扱説明書にさりげなく「エンジン部品(スターター)やバッテリーが交換時期になった場合」インジケータがオレンジに光るとの記述(・・?。  バッテリーの寿命お知らせ機能は嬉しい装備ですが、スターターの寿命まで監視していて、それをユーザーにお知らせするということは、マジで消耗品なんでしょうね…  M-42というアイドリングストップ車用バッテリーですが、現在のところ、ディーラー価格で通常車用バッテリー34B-19Lより約9,500円高いです(メンテナンスパックの料金差からの計算ですが…)  地球環境を考えてのアイドリングストップ(*´∀`*)なのでお金だけの問題では無いと言えば無いのですけれどもね(^-^;)  これから金鳥の夏、日本の夏ですが、アイドリングストップ中はエアコンが送風だけになるので気分的にも暑そうです。このまま長時間が過ぎ、バッテリー電圧が下がると自動的(勝手に(^-^;))エンジンが起動するとも書いてあります。因みにアイドリングストップ作動条件に、室温が快適という記述もあるのですが…。多分、冬の暖房関連の意味だと思うのですが、取り用によっては夏も働くのやらは働かないのやら(^-^;)(^-^;) 本題からずれてしまい申し訳有りませんでした_(_^_;)_

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただいていたのに、気づかずにすみませんでした。 実体験に基づくご意見はとても参考になります。 アイドリングストップといえば耳障りがいいですが、細かい部分でしわ寄せも出てくるのですね。 貴重なご意見、ありがとうございました。

その他の回答 (9)

  • 回答No.9
  • bbk25
  • ベストアンサー率18% (73/395)

私の感想から。 エンジンの寿命を迎える人ってゼロに近い位いないと思う。 んで、本題ですが。 メーカー側で世の中に車を送り出すまでに、とてつもない回数のテストをして胸を張ってユーザーの手に渡る事でしょう。 エンジンには良くないとは思いたくないです。 ・・・が、アイドリングストップ機能は今まで車に無かった機能。 そしてまだまだ日が浅いです。 あまり実績がありませんね。 いくら運転に精通したテストドライバーがテストしていてありとあらゆる運転方法を検証しているんだろうけど、世の中にはいろんな運転手がいます。 車を道具としか思わぬ運転手が予期せぬ運転をしていたりします。 なので、これから5年・10年先にどういった評価が下るかは分かりませんね。 最近の例だと、三菱のGDIは新しい技術のエンジンを作り上げましたがあまり評判は良くないエンジンです。 私的に、あの手この手で極力燃費を上げようとしている車は、ちょっと飛ばしたり走り方を変えると極端に燃費が悪化(逆を返せばこちらが普通の状態)するので思ったほどの魅力を感じません。 何かCMやデータに踊らされているようでイヤです。 ま、排気量が小さいので飛ばせばムリが生じるんでしょうが・・・。 加えて、夏にエンジンが止まると車内が暑いとか、、、ここまで我慢してエコを通すのはナゼ?と思う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まったく同感です。 そう言えば、ターボ車も出だした頃はいろいろ言われていましたが・・・。 今の段階ではわかりませんよね。 ありがとうございました。

  • 回答No.8

書けばきりがないので書きませんが 全く何も問題有りません。 凄く良くできていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

問題ないのでしたら安心です。 ありがとうございました。

  • 回答No.7
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

リッターカークラスのハイパワーではない0Wオイルを使うような車の場合、 ポンピングロスも非常に少なく、 アイドリングストップしても フル制御で30万kmの耐久性があるところが 25万kmになる位のわずかな耐久性の落ち込みしかないですし、 エンジン始動というのは結構ガソリンを食います =始動時にはガソリンが濃く吹かれて着火するので。 アイドリングストップが10秒以下であった場合は 確実に「アイドリングストップしない方が燃費がよい」ということになります。 概ね・・・20秒くらいが燃費にとってもマージンライン。 =再始動とアイドリングを続けるのとガスを食わないマージンライン。 1分とか停止していると、それなりに省燃費には成りますね。 で、それのせいで1割程度寿命が短くなるだけです。 その前に、30万kmのエンジン耐久性があっても 先に補機類 バッテリー・コイル類・ダイナモ・エアコン・セルなどが 壊れる方がたいてい先です。 ほんとうにオイル交換など、補機類チェック・交換など きちんとやっていれば、エンジン寿命は30年あるのが 国産車のスタンダード。 それを0W使用の低ポンピングロスエンジンにする方が 実は悪寿命ですよ? 2~3割以上エンジン寿命が短くなっています。 アイドリングストップで1割。 まあ。 それでも、30万kmもつスタンダードが20万kmになるだけです。 20万km乗る乗用ってそんなに無いでしょうし。 タクシー業界でも及び腰なのは・・・そのせいですよ。 =影響ないのであれば 真っ先に導入されるのがタクシー業界ですよ。 影響あります。これくらい走る車ならね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても勉強になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.6

私はアイドリングストップの元祖、マツダ車に乗っています。 アイドリングストップ車のエンジンといえど普通と変わりません。一度、貴方の様にディーラーのエンジニアに聞いたことありますが、エンジンは何回掛けたり止めたりしても全く問題ないそうです。 No.3さんがおっしゃってる通りで、アイドリングストップ車にはバッテリーが2個積んであり(私のも2個)電源対策も万全。 アイドリングストップで実績があるから、他社も追従しているわけです。トヨタも今回マイナーチェンジでカローラに追加。 とはいえ、アイドリングストップで節約できる燃料は、雀の涙ほどですが・・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アイドリングストップってさほど燃費改善にはならないのですね。 環境問題に貢献しているという意味合いのほうが強いのでしょうか? ありがとうございました。

  • 回答No.5

リクツ的には当然良くないのですが、 製品として世に送り出す以上は当然対策はされている、そういうモノです。 まあ、そうだとしても気分が悪いのは分かりますけどね。 たとえば、乗用車に限らず商用車なんかでは、 昔から始動停止の頻度は乗用車よりも遥かに多い場合がありますが、 そういう用途向けの車には関連する部品の信頼性の向上対策がされていたりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

考えすぎだったかもしれません。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

誰でも考え付く希薄なアイデアです。 当然、一定水温まではアイドルしますし、信号待ち程度でstop・start繰り返すのはエンジンにはよくないです。それに交差点右折でアイドルストップ、急に直進途切れアイドルストップからエンジンstart、踏み込み右折じゃ危ないと思います。(サイドブレーキでアイドルストップなら、信号待ちでこの機能働かせるためなら、サイドブレーキどのくらい踏むかですが・・・) 昔、巡航速度になると4気筒の燃料供給を2気筒のみにする車が出ましたがすぐ廃れました。 エンジンにもよくない、対策費用にのみお金のかかった邪悪なエゴカーです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに危険な場面も想定できますね。 勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • oska
  • ベストアンサー率48% (4105/8467)

>アイドリングストップ機能を搭載した車が増えていますが、 今では、猫も杓子もアイドリングストップ機能を宣伝していますね。 軽自動車にも、付いています。 >あれだけ頻繁に始動・停止を繰り返すと、エンジンに良くないんじゃないかと思ってしまいます。 エンジン自体は、別に何ら不具合は生じません。 アイドリングストップ機能を搭載していない自動車でも、同じ事をしてもエンジンに異常・不具合は発生しません。 エンジン自体よりも、セルとバッテリーが重要なんですね。 ですから、充電量が不十分な状態では「アイドリングストップ機能は、動作しない」用に各社制御を設けています。 「アイドリングストップ機能が付いているのに、エンジンが止まらない」とい質問(苦情)がディーラーにも多く届いていますよ。 >実際のところはどうなのでしょうか? 先に書いた通り、エンジンには影響ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

問題ないのでしたら安心です。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

まぁ短くなりますね。 でも、エンジンの寿命で乗り換えた事あります? 普通はエンジンに寿命が来る前に他にガタが来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

年間2万kmほど乗りますので、ちょっと気になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • E-FB-14
  • ベストアンサー率14% (402/2868)

あなたがご心配していることは、メーカーではすべて想定済みです。 すべて対策はしてあります。 ご心配なく・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう思いたいのですが、エンジンに不具合が発生しても、それはそれで買い替えにつながりますから、どこまで信用していいものなのかわかりません。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アイドリングストップシステム

    最近の車に搭載さているアイドリングストップシステムで質問があります。 例えばバッテリー上がってしまい他車から電気をもらいエンジンを始動し充電走行しているときに信号に引っかかりアイドリングストップシステムでエンジンが停止した場合はきちんと再始動出来るんでしょうか? 単純に考えるとエンジンに点火できるだけの電気が充電されてなかったらそのまま再始動できずに停止したままになると思うのですが・・

  • アイドリングストップ

    大学生で初めて車を買うのですが、経済的な車にしたいのですが、 アイドリングストップ機能搭載の車は、燃費がいいようですが、実際にはリッターでどのくらい変わりますか?バッテリーの消耗やエンジンをオン・オフ繰り返すことによるデメリットなども聞きますが、どのようなデメリットが考えれますか? 軽自動車では不要な機能でしょうか?今のところ、燃費がいいのでミラを候補としています。リッターで27くらいのカタログ値です。この機能搭載でないのは25くらいです。この差は意味はないでしょうか?車の使用頻度はそれほど高くはなく、週末に日帰りでドライブする程度です

  • アイドリングストップは地球に優しいのか?

    近年、エコドライブの一環としてアイドリングストップを 実施しておられるバス、トラック、タクシーがありますが ちょっと疑問に思うことがあります。 近年のエンジンはアイドル燃費はほとんど消費はなく アイドル排ガスはとてもクリーンになってきています。 しかしエンジンを始動時はどうしても燃料を多く噴射するので どちらかと言うとちょっとした信号待ちなどでエンジンを停止させて また始動する方が燃費も悪く、それに伴い始動直後の 排ガスも悪いと思うのですが・・・。それにエンジン始動時が一番 バッテリーもしんどいですよね。 それでもアイドルストップは地球に優しいといえるのでしょうか?

  • アイドリングストップ機能装備車って、鬱陶しくないですか?

    アイドリングストップ機能装備車って、鬱陶しくないですか? 先日、新型マーチの試乗をしてきました。 アイドリングストップ機能が装備されているグレードでした。 エンジン始動・OFFのタイミングなどは申し分ありませんでしたが、 信号待ちの度にあの始動時特有の『音』が聞こえるのは耳触りというか、鬱陶しくならないのかな?って思った次第です。 もちろん、たった1回だけの試乗なので、もし購入したら慣れたりアイドリングストップを実感しているという満足感(?)に浸れるのかもしれませんが、 試乗した印象は私の場合、先述したとおりです。 店員さんは「あまり静か(始動音が」すぎても、エンジンがかかっているのかかかっていないのか分からなくなってしまうから」と説明してくれました。 すごく、もっともだと感じました。 が、それでも耳触りの印象は払拭できそうもありません。 そうなると、興味が俄然他社のアイドリングストップ機能設定車です。 トヨタのハイブリッドカーや新型プレマシーなどはどうなんでしょうか? もしかしたら、マーチだったがために、始動音があまりよろしくなかった(音が安っぽかった)んでしょうか? 教えてください。

  • アイドリングストップは何秒以上やるとお得?

    信号などで停止したときに私はよくアイドリングストップをしています。 個人的には環境の事と燃費のことを考えてなんですが、最近知り合いから アイドリングストップをしてもよほど長時間でないと燃費には殆ど影響が ないよと言われました。発進の時に多くの燃料を使うのでしょっちゅう やるとむしろ燃費が悪くなると言うのです。 私は以前NHKの番組で「5秒以上アイドリングストップをすると燃費が 良くなる」と聞いた覚えがあるのですが車の性能も日進月歩で今では その当時の常識も通用しなくなっているのかも知れません。 そこで皆さんにおききしたいのですが、信号などで停止したときに何秒 以上エンジンを止めていると燃費が良くなるのでしょうか?もちろん 車によっても千差万別でしょうから、私の乗るバイク2007年型の ホンダスペーシー100の場合でお願いします。

  • アイドリングストップ車の疑問

    アイドリングストップ車は、赤信号等で止めればエンジンストップし、また走り始めるときに エンジンがかかるのですが、これってアイドリングストップ車ではない車と比べると、 バッテリーの消耗は激しいのでしょうか? またその都度エンジンがかかったり、止まったりして燃費って悪いのですか?

  • 燃費向上にアイドリングストップ

    燃費向上にアイドリングストップ 燃費向上の為に信号待ち等、5秒以上 止まるときはアイドリングストップは 有効とあるサイトに書いて有りました 私の様なオジサンドライバーは エンジンスタートに消費する燃料を 考えると、5秒程度停止させて 再スタートを繰り返す方が 燃費を悪くする感覚で居るのですが 最近の車は変わったのですか?

  • アイドリングストップ車のバッテリーについて

    教えてください。 アイドリングストップ車は例えば信号で止まっていると自動でエンジンが切れますが、バッテリーの状態により勝手に始動をします。 特に冬場の始動直後や夏場のエアコン使用時などでは信号で止まってもアイドリングストップしないことがあります。 これはバッテリーの状態を見て始動をしているんですよね? つまりこれ以上バッテリーを消耗してはならないと判断して指導していると思うのですが、 では、使い古したバッテリーを搭載していた場合にはアイドリングストップ自体をしなくなるのでしょうか。

  • アイドリングストップ 本当に意味がある?

    信号で1~2分ぐらい停止するときは、いつもアイドリングストップしていました。 しかし、ある方より (1)エンジン始動時にガソリン消費が多い (2)エンジン始動時にバッテリーの負担が大きい (3)エンジン始動時にランプ類・車内液晶部類への影響がある (4)セルモーターにも寿命がある (5)プラグにも何らかの影響が出る 等々の副作用をすべて勘案した場合、 結果的には(例えばバッテリーの交換など)資源に対して『マイナス』になるといわれました。 皆さんはどう思いますか?

  • 皆さんアイドリングストップ機能を使ってますか?

    週刊誌的興味の質問で申し訳ありません。 昨今アイドリングストップ機能を売りの一つにしているクルマが少なからず販売されていますが、外を歩いていて交差点の信号待ちのときなどに観察していると、この機能を積極的に利用しているクルマって殆ど無いような気がします(私が今までのこの機能を使っているとはっきり分かったクルマは2台だけ(それもベンツとBMW)だけでした・・w)。 皆さんこの機能ってあまり使わないのでしょうか(使わない特別な理由があるのでしょうか)? それとも私が気が付かないだけ?という素朴な疑問です。 スイスなんかだと随分前(こんな機能がない頃)から信号待ちのときには皆さん積極的にエンジンを切るので、青信号になると一斉に始動音がしてましたが・・・日本では始動音も聞こえないもんで?と感じました。 因みにうちのクルマはアイドリングストップ機能は付いてません(笑。