• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

相続は放棄はできないのに、遺留分が放棄できるわけ

被相続人が生きている間は相続の放棄はできません。 しかし、遺留分は放棄できます(民1043)。 予めの相続放棄ができないのは、まだ相続を受ける権利は確定していないので、ない権利を放棄できないから、と聞きました。 しかし、それを言えば遺留分に関しても同じことが言えないですか? 遺留分は相続開始前でも権利として保障されているんですかね? 相続開始後であれば遺留分減殺請求などできますが、相続開始前には遺留分を権利とみていることを前提とするような権利はありますか? それともそもそも「相続を予め放棄できない理由(ない権利は放棄できない)」が間違いだったり… よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数501
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

たいたびでごめんなさいね。 遺留分は将来の相続に対する事実上の期待でしょうか? 相続が年齢順で発生すると仮定します。 相続発生までは相続財産は変動しますが、相続財産に対する遺留分の比率は変動しません、当然その遺留分の金額は変動しますよね、変動したとしても比率は変わりません。 遺留分の放棄には「本人の申告」「理由の合理性」「代償」があったと思います、それからすれば将来の相続の事前配分の要素が濃いのではないでしょうか、仮に相続順位の逆転があったとしても放棄時点では変動はないと考えられます、それからすると、権利の事前行使と言えるのかもしれませんね。 また遺留分を放棄しても、遺産分割に参加出来ないわけではありません、そのことからも事前配分の色彩が濃いいのではとおもっています。 つまりは、推定被相続人が遺言を書きなおすことにより相続人としての相続権も残していることになるとおもいます。 そう考えれば、裕福な人の固定的資産・経営する会社の株式分散による経済的不利益の防止も考慮した法律と言えるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 謝らないで下さい。 こうやってきちんと答えてくれる方がいることは私にとってとても有難いことです。 【遺留分の放棄には「本人の申告」「理由の合理性」「代償」があったと思います】 ⇒知りませんでした。 少し、調べてみたんですが、遺留分の放棄を裁判所が許可する基準があるようですね。 ・放棄が本人の自由意思にもとずくものであるか ・放棄の理由に合理性と必要性があるか ・代償性があるか(放棄とひきかえに現金をもらうなど) そうですね。これを見てみると、「遺留分の放棄」には事前分配という要素が濃いように思われます。 「遺留分の放棄の理由」は色々あると思いますが、株式分散による経済的不利益を防止し、経営の安定を図れることもメリットのひとつですね。 【遺産分割に参加出来ないわけではありません・・・相続人としての相続権も残していることになるとおもいます。】 ⇒遺留分の放棄と相続の放棄の違いはここですね。 やはり、「相続の放棄」・「遺留分の放棄」には濫用の虞など色々な弊害がありあます。 しかし、放棄の制度のニーズもある。 その間をとったのが「遺留分の放棄」かな?と思いました。 相続権を一応留保しつつ、ニーズに応える。 …少しわかったような気がします。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 遺留分

    本を読んでいたのですが、よく理解できないところがありました。 ---- (問)相続欠格、相続の廃除または相続放棄によって、遺留分権利者でなくなった者がある場合には、次順位の相続人が繰り上がって遺留分権利者となる。 (答)誤:相続欠格、相続の廃除、相続の放棄により相続人でなくなった者は遺留分権利者でなくなる。しかしこれにより、次順位の相続人が繰り上がるとの規定はなく、これらの者が遺留分権利者となることはない。 ---- 上記ですが、相続欠格、廃除、放棄があった場合に、同順位相続人がいなくなったときは、次順位相続人が相続人の地位を取得し、相続財産につき贈与、遺贈などにより第三者が相続財産の全額を取得したときは、当該次順位相続人が遺留分減殺請求権を行使することはできないのでしょうか。 例えば被相続人A(夫)に妻B、子C、母Dがいるとき、子Cが廃除されていたとき、母Dは遺留分減殺請求を行使できないのでしょうか。 それとも、上記文章の意図につき何か私が誤解しているのでしょうか。 どなたか回答頂ける方、よろしくお願い致します。

  • 遺留分の放棄について

    相続の放棄と異なり遺留分の放棄は相続開始前にできるため遺留分の放棄をした相続人が被相続人より先に死亡した場合はどうなるのでしょうか。 相続の放棄同様、放棄者の意思が尊重され代襲相続が生じず相続人の子供も遺留分の放棄をしたことになるのでしょうか。

  • 遺留分の放棄と相続放棄の違いというのは何でしょうか?

    遺留分の放棄と相続放棄の違いというのは何でしょうか? 親が亡くなった時の財産は全ていりません。 いろいろ回答をもらったんですが、結局何をすればいいのか分かりません。 遺留分の放棄もしておけばいいのでしょうか? 相続放棄の違いというのは何でしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

>ではなぜ相続に関しては「家庭裁判所の許可」という制度が設けられていないの でしょうか。 家族法で裁判所に関与させる国もあれば、ない国もあります(たとえば裁判官の前で結婚の誓約など)。日本の相続法のほとんどは任意規定です。当事者が合意すれば国(法)は関与しません。合意できない人がいれば、家庭裁判所にもちこめばいいわけで。 >例えば、私に祖父と父がいたとして、父が祖父の相続財産の遺留分を予め放棄した場合、 >私は遺留分権者にはならないのでしょうか? なりません。遺留分を放棄してもなお父が祖父の相続人だからです。相続人でない孫には遺留分もありません。父先死亡するなりして(推定)代襲相続人になってはじめて遺留分権を処分できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! すみません!kgrjyさんの回答を見る前にBAを選んでしまいました… 【遺留分を放棄してもなお父が祖父の相続人だからです。相続人でない孫には遺留分もありません。父先死亡するなりして(推定)代襲相続人になってはじめて遺留分権を処分できます】 ⇒上の「hikozaemon3」さんの回答を見てわかったんですが、私は遺留分の放棄という制度をきちんと理解できていませんでした。 「例の話」で父が遺留分を放棄すれば私に遺留分がくると思っていました。 kgrjyさんが言われてた【相続放棄は次順位の相続が発生しますが、遺留分放棄は何もおこりません】という意味がようやくわかりました。 私は遺留分の放棄と相続の放棄は文字通り「遺留分だけ放棄するか、相続財産すべてを放棄するか」の違いしかないと思っていたんですが、 ・上順位者が遺留分を放棄しても、次順位者に遺留分がまわってこないこと ・遺留分の放棄が認められるには「本人の自由意思性・放棄の理由、必要性、合理性・代償性」などが必要なこと これらを考えると 「遺留分の放棄」は、「相続の放棄」とは全然違うものですね。 自分なりに少しわかった気がします。 本当にありがとうございます! kgrjyさんにはこれだけきちんと答えてもらえたのにBAに選べなくて本当に申し訳ないです… すみませんでした… 本当にありがとうございました!!

  • 回答No.6

どうも考えるに質問者さんもかなりの法的知識をお持ちのようですね。 私のような素人がお答えしたのが間違いかもしれませんね。 ただ、この件については過去にかなり調べた記憶があります、その時の記憶から言えば。 相続が相続発生前に放棄ができないのは、相続の開始前に放棄を認める事自体が、将来の債権・債務に対する放棄を認めるかだと思います、将来の被相続人の債権・債務や相続人が確定していない、つまりは、将来債権・債務に対して、権利行使を認めていないのと同一の考えかと推測します。 逆に、すべての相続内容が明らかになった後の相続発生後の放棄を、相続人に認めているのではないでしょうか。 遺留分の放棄の利用事例からみれば、財産を多く有する資産家が、自分の事業を自分が望む推定相続人に相続させたいために、生前に相続させたくない相続人に対しては財産分与して、遺留分の放棄をさせているのではないでしょうか、当然、遺留分放棄に伴い推定被相続人は遺言書を作成していると思います。 当然、相続放棄は被相続人が死亡後に家裁に相続放棄申述書を提出して、受理書で放棄が認められますよね。 両者の時間的な期間が違います、遺留分の放棄は時間的に何年先の事かわかりません、だから家裁で公証するのではないだしょうか。 これはあくまで私の私見です、質問者さんの質問・回答からするとかなりの知識と情報の入手方法はご存じのようですね、私の回答が間違っていたら許してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「hikozaemon3」さん、回答して下さってありがとうございます! いえいえ、私はまだまだ法律でわからないことばかりです…。 先ほども「kgrjy」さんに遺留分の減殺請求に時効があることを教えて頂いたばかりで… 私もちょっと法律を勉強したくらいで、素人同然なので、そんなこと言われずにまた回答して頂けると嬉しいです!! 【相続の開始前に放棄を認める事自体が、将来の債権・債務に対する放棄を認めるかだと思います】 ⇒そうですよね。 私のこの質問の本文にも書きましたが、「ない権利は放棄できない」。 これが「予めの放棄ができない」、一般的に言われる理由だと思います。 推定相続人はあくまで「推定」であって、将来の相続は「事実上の期待」でしかないからだと思います。 言うなれば、推定相続人の段階ではまだ相続を受ける権利がないのです。 ただ、これを言うなら遺留分も「将来の相続に対する事実上の期待」でしかないと思うのです。 それとも遺留分は歴とした権利なんですかね? なぜ遺留分は予め放棄できるのか… これが一番の謎なんです…

  • 回答No.5
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

仮に生前の相続放棄を認めるなら、 ・生前の被相続人による脅迫による利用が考えられる。 ・相続放棄は次順位の相続が発生しますが、遺留分放棄は何もおこりません。どういうことかというと、死亡の先後で確定する相続順位が未確定のうちに推定相続人第1順位全員放棄、つづいて推定第2順位放棄も認めないと、法の不平等が発生します。そして推定第3順位放棄、とえんえんとつづく仮定の手続きを家裁が受け付けなければならない不経済さ。生きている親族の死亡順の組み合わせって、何通りになるんでしょうかね。天文学的数字にならなくても、膨大な量の申請数になりましょう。それなら相続開始=相続人確定、開始後3ヶ月限定が理にかなっています。 たとえば、あなたから見て父、祖父が存命中、父の相続放棄はできるが、祖父の相続放棄は推定相続人でないので、先に父死亡による代襲推定相続人にならないと放棄できません。事故でこの二人が同時死亡した場合、ふたりの相続人(同時死亡者間には相続は生じない)になるわけですが、片方はできて片方は偶然があってはじめてしなければならなくなります。死後にそろえておく方が合理的でしょう。 あと、生前相続放棄したところで、被相続人が死ぬのは半世紀後ということもありうるわけで、戸籍に記録でもしないと、当事者は覚えてられないでしょうね。縁切るつもりで相続放棄制度があるのではないので、被相続人借金王が半世紀後には資産家になっていたら?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kgrjyさん何度も回答して頂いてありがとうございます。 本当に嬉しいです。 まず 【生前の被相続人による脅迫による利用が考えられる】 ⇒そうですね。 推定相続人に相続を放棄させることによって、利益を得られる利害関係人などからの強迫などの手段による利用が考えられます。 しかし、このような弊害は法律行為全般で言えることであって何も相続に限られた話ではないと思います。 だから遺留分を放棄する際は 家庭裁判所の許可を受けて、それが推定相続人の真意であるかなどを確認するわけですよね。 家裁の厳格な審査(?)を経ることによって、それが真意に基づくものだと判断してもらえるわけです。 ではなぜ相続に関しては「家庭裁判所の許可」という制度が設けられていないのでしょうか。 「家裁の許可」で真意か否かを確認できると仮定すれば、相続に関しても「利害関係人による弊害」を防止することができると思えます。 【相続放棄は次順位の相続が発生しますが、遺留分放棄は何もおこりません。】 ⇒これは「推定相続人が相続を放棄すれば、次順位の者が推定相続人になる」と言われてるんですよね? いわば「推定相続人の入れ替わり」… これは遺留分権者(?)では起こらないんですね!知りませんでした… 例えば、 私に祖父と父がいたとして、父が祖父の相続財産の遺留分を予め放棄した場合、私は遺留分権者にはならないのでしょうか?

  • 回答No.4
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

> 減殺請求の権利行使期間が特に定められていない理由だと思います。 ? 相続開始かつ侵害を知って1年の短期時効ですが(民1042 ただし相続開始後10年)。 相続放棄には利害関係者がいる、よって相続人確定かつ開始後3ヶ月以内に限定。 遺留分放棄には利害関係者がいない、相続開始後は短期時効の成立をまてばよいので、あらためて家裁をかませなくてもよい。のこる開始前に遺留分放棄の手続きを法定した。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 【相続開始かつ侵害を知って1年の短期時効ですが(民1042 ただし相続開始後10年)】 ⇒本当ですね!ありがとうございます!(恥) 【相続放棄には利害関係者がいる、よって相続人確定かつ開始後3ヶ月以内に限定。】 ⇒やはりこれは 「相続の放棄に期間制限がある理由」を論じたものだと思います。 相続を予め放棄できない理由ではないと思います。 すみません、一度に色々と聞きすぎているかもしれません…。 まず 「相続が予め放棄できない理由」 これだけ教えて頂きたいです。 すみません、kgrjyさんからすれば「ものわかりの悪いバカだな」と思われるかもしれませんが、 本当にわからないのです…。 もしよければ 「相続開始前に相続権(?)を放棄できないのは〇〇だから」 という単純な文章でお答え頂けると助かります。 何卒よろしくお願います。

  • 回答No.3
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

ものの説明になっているかどうか、自身がないが。 相続放棄には債権者という利害関係者がいる。よって相続発生3ヶ月という固定した期間を設ける必要がある。 遺留分放棄は放棄者自身の損を認めるだけのなのでだれの利害にもかかわらないから。債権者は相続できなかった放棄者になお相続人なので、法定割合分の債権を行使できる。 また相続後は単に行使しなければ時効で消滅する。相続前は、家裁に1枚かまして公証する必要がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! 私の解釈が間違っていると思いますが、 「相続放棄には債権者という利害関係者がいる。よって相続発生3ヶ月という固定した期間を設ける必要がある。」 ↑これは、相続の放棄に期間制限がある理由を論じたものではないでしょうか?相続を予め放棄できない理由ではないと思います。 「遺留分放棄は放棄者自身の損を認めるだけのなのでだれの利害にもかかわらないから。」 ↑これは、減殺請求の権利行使期間が特に定められていない理由だと思います。 kgrjyさんもhikozaemon3さんも私の望む回答ではないです。 ということはたぶん間違いなく私の質問の仕方が悪いです。 本当にすみません。 整理すると私の質問は以下の3点です。 ・相続が予め(相続開始前に)放棄できない理由 ・遺留分が予め放棄できる理由 ・上記ふたつの整合性(なぜ相続の放棄は家裁で公証してもらえないのか等) これらを箇条書きしてもらえるとバカな私でもわかるかと思います… 本当にすみません。 よければまたお願いしたいです…

  • 回答No.2

こっちのほうが判りやすいかな。 参考までに。

参考URL:
http://www.klaso.jp/iryubunhouki.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! すみません、私の質問の仕方が悪かったかもしれません。 私は遺留分が放棄できることは知っています。 私の質問をひとことで言うなら 「相続は予め放棄できないのに、なぜ遺留分は予め放棄できるのか」 です。 すみません、よければまたこれに対する回答もお願いします。

  • 回答No.1

こういったことではないですか。 参考までに。

参考URL:
http://www.ac-iryubun.jp/information/information08/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 相続・遺留分についての質問です

    遺留分を放棄しても他の相続人の遺留分が増えることは無いのですが、相続人が相続放棄をした場合はどうなるのでしょうか。 (例)被相続人A  Aの配偶者B  嫡出子CとD 相続人の遺留分はBが1/4、CとDが各1/8となりますが、嫡出子Cが相続放棄した場合はBとDが各1/4となるのでしょうか? それとも、Bは1/4、Dの遺留分は増えずに1/8のままとなるのでしょうか?

  • 遺留分の放棄と相続放棄の違いについて

    遺留分の放棄と相続放棄の違いについて http://okwave.jp/qa/q6172364.html ここで、「裁判所の判断にはなりますが、負債があとから出てきたなど死亡当時には知りえなかった負債があとから見つかった場合には、相続放棄できる場合もあるようです。」とありますが、相続放棄をすれば全ての関係から断ち切ることができるという意味ではないんでしょうか? 遺留分の放棄と相続放棄の違いというのは何でしょうか? 親が亡くなる前にできることはしておきたいと思ってまして、負の財産・正の財産を問わず自分に何もふりかからないようにしておきたいのですが、遺留分の放棄というものをしておいたほうがいいのでしょうか?

  • 遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

    遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか? 遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか? 調べたところ ■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。 ■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。         Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」         と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。 こういうものでした。 相続人とはどういう基準で決まるのでしょうか? 我が家では、母・父しかいませんし、母方も叔母、父方は誰もいません。 両親が亡くなった時だけ相続放棄をすればいいのか、遺留分の放棄を前もってしておけばいいのかさっぱり分かりません。 一番知りたいこと (1)相続人とはどういう基準で決まるのか。 (2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか? (3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか。 (4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか? 以上になります。よろしくお願いします。

  • 遺留分について

    私に血の繋がってない叔父(A)が居ましたが、身体が不自由で、要介護の生活を送っていました。 Aは、Bと婚姻していましたが、事実上別居状態で、Aの妹Cが身の回りの世話をしておりました。 Aには財産として3千万(推定)がありましたが、やがて、Aは、この3千万全てを、世話になった妹Cに譲りたいと考えるようになり、その旨の遺言をしたためていたようです。 その後、A死亡によって相続が開始されましたが、前記の遺言が出てきたため、相続が揉めてしまいました。(遺言は有効なもの) 実際のところ、受遺者であるCは、身内同士でいがみ合うのを避けるために、この遺贈を放棄してしまった(無理やりに放棄させられた?)ようです。 ------------------------------------------------------------- そこで、Cが遺贈を放棄しなかったとしたら、法律上はどのように取り扱われたのか教えて頂きたいです。 遺留分について民法1028条の規定の意味がよく分かりません。 なお一応、法定相続人の各自が受遺者Cに対して減殺請求を行った場合として、以下の2通りのパターンを教えてくださるとありがたいです。 (1)A-Bに養子Dが居た場合。 法定相続人としての配偶者Bと子Dが、それぞれ遺留分減殺請求権をCに対して行使した時、B及びDは、Aの財産をそれぞれいくら相続できたのでしょうか? (2)A-Bに子がいなかった場合。 法定相続人としての配偶者Bと(Aの)両親E及びFが、それぞれ遺留分減殺請求権を行使した時、B・E及びFは、それぞれいくらAの財産を相続できたのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 ---------------------------------------------------------------- 第1028条 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。  一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一  二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

  • 民法で、遺留分の放棄と相続の放棄の違い

    こんばんは。お世話になります。 あるサイトに下記のような記述があったのですが、理解ができずにおります。 「遺留分の放棄をしても、相続の放棄をしたことにはなりません。遺留分を放棄した者も、相続が開始すれば相続人となります。被相続人が遺言をしないまま死亡した場合には、遺留分を放棄した相続人も相続権を失わないし、遺産分割協議の当事者にもなります。」 「遺留分は放棄した相続人」というのは、どのような立場なのでしょうか?分割協議中は相続目的物の共有者の一人になるのでしょうか? 「遺言をしないで死亡した場合」は、遺留分を放棄したことは無意味になり、その者も法定相続分だけ相続できるのでしょうか? お手数ですが、宜しくお願いいたします。

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求 遺留分減殺請求の事で弁護士に相談に行った所、被相続人の遺言がある事を前提にしているので遺言がないのに遺留分請求は出来ないと言われ断られました。私の場合、母が宗教団体に殆どの財産を献金したので子である私としては遺言がなくても遺留分減殺請求出来ると思っているのですが間違いでしょうか。

  • 相続の放棄と遺留分の放棄について

    こんばんは。お尋ねします。 民法で、 ●相続の放棄は、相続開始前にはできない ●遺留分の放棄は、相続開始前でも家裁の許可によって可能 となっているかと思います。 「遺留分の放棄はできるのに相続の放棄はできない」というのは 矛盾しませんでしょうか? 遺留分=最低限もらえる相続分ということで、結局は相続の放棄をしているのと同じではないでしょうか? そもそも遺留分の主張は、遺言によって全然相続させてもらえなかった時に問題になるのであって、遺言の内容がわからない生前の段階で「私はいりません」と言えてしまうのはおかしいように思います。それでいて、よりはっきりしている相続の放棄はできないというのが不思議です。 お手数ですが、どのような理由に基づくものなのか、矛盾しないのかご解説いただきたく存じます。 宜しくお願い致します。

  • 遺留分の放棄について

    何度も同じような質問ですみません。 遺留分の放棄は被相続人が存命でも家庭裁判所が許可すれば出来るじゃないですか?でも被相続人が死亡した場合は相続は発生意する。 もし被相続人の生死など(所在地、連絡先)が不明の場合はあらかじめ遺留分の放棄していれば相続が発生した時に通知はくるのでしょうか?

  • 相続の遺留分をもらいたい

    遺言書に、相続人3人のうちAさんだけに全て相続させます、と記してあった場合について、どなたが教えていただきたいです。 遺言書の検認が終わって、遺言書は有効だと証明されれば、 被相続人の土地や預貯金の名義をAさんに変更する手続きが始まると思うのですが Aさん以外の人が遺留分減殺請求をした場合、 被相続人からAさんへの名義変更に、待ったを掛けることはできるのでしょう? と言うのも、私は遺留分減殺請求をする方ですが Aさんに全て承継された後だと、 お金がないとか、待ってくれと言って、遺留分請求に Aさんはなかなか応じないと思うからです。 (Aさんは何事においてもそう言う対応をする人で…ほんの小さな事から大きな事まで…例えば、トイレのリホームをした時に業者に落ち度がないのに色々理由をつけてなかなか支払わないとか、葬儀業者の対応が悪かったと支払いを3か月延ばしたとか、、お金があるのに支払いを延ばせるだけ延ばすってやり方の人なのです。) Aさんは私の実兄ですが、 両親も他界してしまいましたので、もう繕ってまで付き合う気はありません。 早々に相続の件を終わらせて、実兄と絶縁したいと思っています。 どなたか知恵をお願いいたします。

  • 相続の際の遺留分について

     主に遺留分についてお願いします。 1.遺留分に特別受益(生前贈与)は考慮されますか? 2.10年後に「相続分が少ない」と言ってくる場合があると聞きました。遺留分減殺請求の時効は1年だと思いますが、どうでしょうか? 3.遺留分を侵害する場合、遺言書に「これまで多額の援助をしてきた」「争うことのないよう遺言する」などと記載しておいても効果はないのでしょうか? 4.公証証書遺言または秘密証書遺言にすれば、遺留分を侵害していても遺言書どおりに分割できるのでしょうか? あるいは、遺言執行者を選任しておけばそのように分割できるのでしょうか? 5.生前に被相続人がある相続人に「争うことなく遺言書のとおり行う」という誓約書を書かせた場合の有効性はどうでしょうか? その場合の誓約書は、ある相続人から被相続人あて、あるいはある相続人からもう一方の相続人あて、どちらにするのでしょうか。  よろしく回答のほど、お願いします。