• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

軽自動車がハイブリッドになったら

近未来に軽自動車もハイブリッド化されると思うのですが軽自動車の排気量は660CCですが、それに補助動力が付いた場合法的に軽自動車と言えなくなるなんてことは有るのでしょうか無いのでしょうか。 もし、強力な補助動力モーターが付いて動力性能が1500CCクラスと同等になるようなことが有ってもエンジンの排気量が660CCならそれは法的には軽自動車なのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数558
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1474/4393)

軽自動車の法的基準においては   内燃機関を原動機とする自動車にあつては、その総排気量が660cc以下のものに限る と内燃機関(エンジン)の排気量についての制限はあるが、エンジンの形式や過給器の有無などについて触れられていない=法的に制限する根拠はないと考えられる。 しかし、過去にマツダが360cc1ローターエンジンを積んだ軽自動車(キャロル・ロータリー)を発売しようとしたとき、競合メーカーからの「ロータリーには出力に見合った係数を掛けるべき」というイチャモンを当時の運輸省が認めたため断念したということはあったけど・・・「ロータリー係数」は市販車両には無関係な競技の世界の話しで、法的根拠がない、不可解極まりない判断であったことは当時を知る人間には有名な話し。 ところが、後に搭乗した過給器付きエンジンを積んだ車に「ターボ係数」を掛けたという話しを聞いたことはない。 更に、スズキ・ツインが660cc+モーターの軽自動車として認可を受けた実績がある以上、いまさら制限する法的根拠は考えられない。 ・・・とは言うモノの旧運輸省以来の形式認可に対する伝統芸「自主規制という名の強制」があるから、”分を弁えない”高性能な軽ハイブリッド車が登場しそうになると、実質的な出力限界が設定される(”でっち上げられる”とも)可能性は高いだろうな と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 軽自動車のハイブリッドや電気化について

    軽自動車は660cc迄と決まってますが、もしハイブリッド化した場合モーターと動力併用になるのですがその場合660ccエンジン+モーター出力となり軽自動車の枠は超えないのでしょうか。 それから100%電気モーター化した場合、ガソリンエンジン出力換算で何馬力までが軽自動車枠として認められているのでしょうか。

  • 軽自動車の定義って何ですか?

    軽自動車って排気量660cc以下(未満)ですが、ハイブリッドとか電気自動車の場合、つまり排気量の概念が当てはまらない場合は軽自動車の定義ってどうなるのですか。 思いついたのは、  ・軽自動車というものが存在しない  ・馬力換算で定義する  ・車体寸法(や重量)のみで決める こんなところです。 三菱の「i-MiEV」は車体は軽の大きさだと思うんですが、軽自動車なんでしょうか。

  • 軽自動車のハイブリッド

    あまり聞いたことがありません。 軽のエンジンにモーターでワンクラス上のパワフィールと燃費の両立が出来るのではと勝手に思っています。 もちろん軽自動車にモーター、バッテリーなどの搭載による重量増、 スペースの問題等はあるかと思いますが、ご存知の方がいればご回答いただければ幸いです。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

こんにちは。 軽自動車の定義を法律で変えれば軽自動車であったり無かったりします。 法律の整備が出来てないし、製品もないので、ご質問に直接回答は無いのでは と、思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
noname#140574

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3 http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012699.html 既にスズキ・ツインという軽自動車にハイブリッドモデルが存在しましたよ。 法的にハイブリッドも軽自動車でした。 殆ど売れずに3年もたたず販売終了しました。 出力もたった5kW、2人乗りと実験的要素があったのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.8

 ANo2様のスズキTWINは2人乗り軽自動車ハイブリッドでしたが、書かれている通り既に発売停止してます。  で、4人乗り可能な軽自動車ハイブリッドですが、過去に発売されてました。  ダイハツのハイゼットカーゴハイブリッドです。  http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017429.html  記事中にも書かれてますが、ベース100万以下に対して2倍以上の価格&そんなん買うならプリウス・インサイト買うって事で売れなかったようですね。  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88  wikiでも調べてみましたが、05年09月(正確には8月末)~10年05月までと5年近く売っていたのにこの知名度の低さ…  大赤字覚悟の価格設定にしないと、現状では売れなくて終わりそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.7

現行法では、「軽自動車」だと思います。 但し、HV化はないと思います。軽自動車ではHV化しても、そのメリットはあまりないのではと思うからです。 今後の開発によっては、HVより、三菱のi-miveの様な電気自動車やその一歩手前のプラグインHVの方が、現実味があるように思います。 価格面も然りですが、HV化することでのスペース的なもの、重量増加による燃費への影響度などを考えると・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.5
  • aobori
  • ベストアンサー率30% (73/237)

>補助動力が付いた場合法的に軽自動車と言えなくなるなんてことは有るのでしょうか無いのでしょうか ハイブリッドシステムが付加されたとしてもそれは無いでしょう。 そんなことを言ったらターボも実質 排気量増加装置 です。実際にレースのレギュレーションではターボは排気量にレギュレーションごとに決められた係数を掛けた排気量として扱われますが市販車ではそのようなことはありません。 それと軽にハイブリッドは出ないのでは、と思います。安く作っても数十万の上乗せが必要なハイブリッドシステム。ただでさえ値段が安いとは言えなくなって来ている最近の軽。コミコミ200万の軽なんて買うならフィットのハイブリッド買います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.4
noname#147110

プリウスだってインサイトだって自動車税はエンジン排気量に対してだけでアシストモーター出力に対しては非課税です スズキのツインハイブリッドも軽ナンバーだったし だから軽自動車の定義は外形寸法と排気量だけと思います 660ccエンジンで発電蓄電された電気で回すモーターは660エンジンに含まれるんでしょ 矛盾してる様な気がするけどね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3783/11956)

将来的に軽自動車枠は廃止されるようです。 恐らく、1,000cc未満車扱いになります。 その車体がハイブリッド化されるかは、バッテリー積載スペースの問題で難しいと思いますが、仮に実用化された場合は小型車扱いになることは間違いないでしょう。 と言うか、いきなり電気自動車化する方が現実的です。 ハイブリッド車はエンジン車と電気自動車の過渡期に作ってるに過ぎないのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電気自動車は500万円もして高すぎるので技術向上コスト削減などでもう少し値段下がるまでにハイブリッドも有り得るんじゃないですか。 軽自動車枠が無くなるならもっと車体大きく室内広くなるのでちょっと税金高くなってもそっちのほうがいいんですけどね。

  • 回答No.2
  • ooooku
  • ベストアンサー率13% (121/901)

すでに スズキから TWINがハイブリッドで販売してましたよ 多分今は生産中止してるかもしれませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。 そういえば既に有ったのですね。 ふたり乗りでは実用性に乏しいので4人乗りを作ればいいと思いますが高額になるからダメですかね。

  • 回答No.1
noname#185422

はじめまして、よろしくお願い致します。 あまり難しく考えすぎ? 軽自動車は、大きさ、重さ、馬力で決まります。 なので、燃費重視で作るのではなく車体の大きさで作ると思われます。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。 >軽自動車は、大きさ、重さ、馬力で決まります。 じゃあ、大きさ同じで800CCなら軽自動車として認められるかと言えばダメでしょ。

関連するQ&A

  • 軽自動車はどうあるべきだと思いますか。

    軽自動車はどうあるべきだと思いますか。 今より車体大きく排気量も増えればいいですか。具体的にどれぐらいでしょう。 今のままでいいですか。 存在そのものが不満で軽自動車なんて認めず世の中に必要無いと思ってますか。

  • 軽自動車、4WD、ディーゼルエンジン、ハイブリッド

    1.結論:上記の項目をすべて兼ね備えた車の開発、商品企画、発売の予定がわかっている方がいましたら教えて下さい。 2.理由・背景   (1)軽自動車、ディーゼルエンジン、ハイブリッドの必要性、実現性      この理想にもっとも近いのが、最近発売のマツダ、「SKYACTIV-D 2.2」。しかし、排気量が2200CC燃費もあり、諸税を安くするためにも、もっともっと排気量が小さいものがほしい。      マツダとトヨタが提携関係にあるのでマツダのディーゼル技術とトヨタのハイブリッド技術をって軽自動車を共同開発したら既存技術の応用で難しくないとおもいますが。      さらに、小排気量化によるパワーダウンは、フォルクスワーゲンのようにツインターボ、インタークーラーで対策すればよい。量産化によりコストアップは最小限にする。    (2)4WD化による販売台数の拡大      冬季雪道対策のため、本州以北で、日本海側、山間部の圧倒的数のユーザーは4WDがほしいはず。また雪の降らない地域、都市部でもでもアウトドア、釣り、スキー、キャンプ、登山などでもニーズは計り知れないとおもいます。   (3)最近の低燃費車の燃費は、以前のものと比較すれば格段に向上しているかもしれないが、小排気量で低出力の割に、燃費は高出力のプリウス並み、また2WDではまだ買う気がしないです。最近の電気自動車は200Km程度しか走れない。ユーザの統計データをもとに企画したのかもしれないが、車は高価な買い物、近隣の買い物だけでなく、たまには、温泉旅行、帰省で長距離走行もしますので、オールインワン的な車の発売が待ち遠しい。      

  • ダウンサイジングハイブリッド

    最近ダウンサイジングターボの車種が増えていますね。ステップワゴンみたいな車重の車が1.5Lで走り、しかも燃費が良いのはすごいですね。 ところでダウンサイジングハイブリッドを謳う車はなぜないのでしょうか。 ハイブリッドカーは走行用のバッテリーからの出力(kW)があるので、モーターの最高出力(kW)にもよりますが、その分エンジンの最高出力(kW)を抑えられる(排気量を少なくできる)気がします。排気量が小さくなることで燃費はより良くなりそうです。が、そのような車はあまりありません。 ・レクサスGS450hやRX450hなどはハイブリッドシステムで排気量を増やす効果を出しているようなので、技術的には可能なのでしょうか。 ・ホンダのジェイドハイブリッド(1.5L)は先代ストリーム(1.8Lだったかな?)より排気量が小さくなっているようですが、フィットHVやヴィッツHVのような燃費が重視されるクラスでもガソリングレードと比較して排気量を下げるようなシステムとはしていません。 ・ホンダのオデッセイハイブリッド(2L)はガソリングレード(2.4L)より排気量を下げているようです。ホンダのハイブリッドシステムだと可能なのでしょうか。 なにかできない理由、売れない理由があるのでしょうか。それとも今後は増えていくのでしょうか。 お詳しい方いませんでしょうか、よろしくお願い致します。

  • 普通車1Lと軽自動車の違い

    1リッター車と軽自動車では排気量でわずかにしか変わりませんが、性能で差はあるのでしょうか?静粛性、振動、乗り心地、高速での加速性能などが気になります。 現在13年目を迎える軽自動車に乗っていますが、エンジンのがさつな音と振動が気に入りません。現在の軽自動車は割と振動が抑えられていますが、やはり軽自動車特有の音は変わらないように感じます。普通車の1リッターでは 軽自動車に比べどうなのでしょうか? 購入の参考にしたいと思っています。たくさんの車の乗ってこられた方や車に詳しい方どうかご回答のほどよろしくお願いします。

  • 皆さんが、軽自動車に求めるものって何ですか?

    カーナビを付けると、何だかんだで200万円を超える軽自動車があります。 ここまできたら、もう値段的には充分コンパクトクラスというような気がしてきます。 サイズも軽とは言いながらも、結構見劣りしない大きさです。 そこで、皆さんが、軽自動車に求めるものって何ですか? ・やっぱり、値段の安さですか? ・やっぱり、停めやすい小ささですか? ・やっぱり、排気量からくる燃費ですか? ・やっぱり、税金や維持費の安さですか?・・・ 何でしょうか?

  • もし軽自動車に一生乗らねばならないとしたらどれ買う?

    「たった一台の軽自動車に生涯乗り続ける。」 もしそういう状況になるとしたら、皆さんならどの軽自動車を買います? メーカー・車名・年式やグレードやその他 を含めてお答えくださいまし。♪ (排気量や馬力が軽自動車の保険枠を越えるようなタイプのチューンナップは無しとします。)

  • TPPで、軽自動車をなくせとアメリカが

    TPPで、軽自動車をなくせとアメリカが言っているそうなので質問しました。 日本独自の規格の軽自動車 (1)限られた車体の大きさの中で、工夫された設計技術によって室内空間を極限まで広めている。 (2)限られた排気量で、安全性を保ちながら軽量化をし、ターボエンジンを搭載するなどしてパワー不足を軽減している。 (3)エンジンの大きさに対し、車体が重たいので燃費があまり良くなかったが、CVTや、新エンジンの開発、空力特性の向上、軽量化によって燃費が大幅に上がっている。 (3)道路の狭い日本にとって便利がいい。 など、単純な企業努力によって昔は劣悪なセカンドカーという立場にいた軽自動車を子育てに最適な車・丁度良い車という立場に変えてきました。 排気量が小さな車は動力も小さく燃費もいいというみんなが思う発想で、スペースは狭く、パワーもないが税金を抑えて低コストを実現するというのが昔の軽自動車でした。価格も安いしつくりもシンプルで安い車と言われて馬鹿にされてました。 しかし今では、車体の大きさに対して室内が広いし、動力にもあまり不安がないし、燃費がいいし、そして税金が安いといういいところがたくさんある車になりました。以前とは「室内の広さ」「パワー不足」を改善し、取り回しは良いまま「低燃費をさらに磨く」ことによって今では子育て世代や高齢者、若者からも売れている軽自動車という存在になりました。 日本政府は、排気量を制限し、大きさも制限した軽自動車の税金を抑えています。 アメリカの車は大型で、小回りが利かないので日本の道路を走ることに向きません。だから日本では売れてません。日本車と同じくらいの大きさのBMWやVWなどのヨーロッパの車は結構売れてます。アメリカは、日本に軽自動車があるから大型車が売れないなんて言っていますが、日本から軽自動車の規格をなくしたところでワゴンRなどの小さなハイトワゴンやラクティスやフリードなどが売れ、大型車は売れないと思います。アメリカも日本で本気になって車を売りたいとでも思うのなら、わざわざ日本向けに小さな軽自動車を作ればいいと思いませんか?アメリカは、それほどユーザーの声を無視して怠けるのですか?

  • i Miveは軽自動車?

    三菱のi Miveという電気自動車がありますが、 軽自動車に分類されるのでしょうか? 道路交通法では軽自動車の定義は 長さ3.40m以下 幅1.48m以下 高さ2.00m以下 排気量660cc未満 とされていますがエンジンがない電気自動車の 出力制限はどうなるのでしょうか?

  • 軽自動車についてです。

    軽自動車についてです。 軽自動車の価格ですが、税金や維持費は安いですが、 コンパクトカーよりも車両価格が相対的に見た場合高いと思うのですが どうしてでしょうか? 排気量の差に見合った価格設定ではないように思います。

  • 軽自動車かリッターカー

    小さい車を買おうと思います。軽自動車の 税金や保険料などの維持費の安さは魅力 です。しかし内装は安っぽく、シートも薄っぺらで す。タイヤもプアです。ターボ付きなら そこそこの動力性能はありますが、高速 走行だと高回転を多用するので燃費が 悪くうるさいです。寿命も短いと思われます。おまけに本体の値段も高いですしね。 リッターカーは最近の凝ってます。小物入れの 蓋にダンパーを付けたり、シートも2リッター クラスの物を流用しているのでたっぷりしています。 排気量も1300ccだと倍くらいあるので、 余裕ですね。しかもCVTで高速巡航時や加速時 など常に低い回転数を維持しています。これは燃費 や静粛性、エンジンの寿命にいいです。 本体の値段は同じくらいですが、維持費が決定的に 違います。でもそれを甘受できるだけの魅力が リッターカーにもあります。ずばりどっち?