• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

2ウェイスピーカーのインピーダンス

車載用の2ウェイスピーカーのインピーダンスについて質問です。 スピーカーシステムとしての仕様(カタログ値)は4Ωとなっています。 スピーカーの構成は、4Ωのウーファーと6Ωのツイーターが並列で接続されています。 ツイーターの+側に4.7μFのハイパス用コンデンサーが直列で入っています。 スピーカーだけの合成抵抗値は2.4Ωとなりますが、ツイーターにコンデンサーが入ることで4Ωになるという計算は成り立つのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2570
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

はじめまして♪ スピーカーのインピーダンス、例えば4Ωと表記された場合、直流抵抗を測定しますと、おおむね2~4Ωです。 スピーカーには音声信号の交流を流しますので、直流の抵抗値では無くて、一般的には低域共振周波数以上の周波数で最低値を目安としています。 低域共振周波数では公表値の数倍から十数倍のインピーダンス(例、4Ωに対して64Ωとか)になり、その周波数以上で、おおむね4Ω(大抵は誤差10%程度あり)の周波数が存在します。 スピーカーの構造上、電気を流す部分がコイル形状のため、一定以上の周波数で一定の比率でインピーダンスが上昇します。 個体や設計により違いますが、周波数が2倍で、インピーダンスが1,5倍から2倍の範囲が多いようです。 想定出来る低音用ユニットが、50Hzで共振し、100Hzくらいが公示されたインピーダンス付近、500Hzや1000Hz位からインピーダンス上昇し、例えば1000Hzから周波数が2倍でインピーダンスも2倍だとしたら、2000Hzでは8Ω、4000Hzで16Ωに相当します。 6Ωユニットで4.7μFでしたら、計算上は5.7KHzのローカット(ハイパス)となります。 この結果、5000Hz(5KHz)以上で、合成インピーダンスの計算が公表値を下回らないという事になります。 オーディオアンプはスピーカーに電力を送り込んで駆動します。 このため、スピーカー側の最低ラインのインピーダンスが想定以下に成る場合、オームの法則からより大電流を流そうとしてオーバーロードに成って壊れてしまう可能性が出てきます。 インピーダンスが2倍になれば、同じ増幅率で得られた電圧は変わりませんが、流れる電流が半分に成り、表示上のワット数も半分に成ります。 スピーカーユニットは、周波数に対して一定の電圧値の電力で動くように成ってますから、周波数によて上下するインピーダンスと無関係に、設計通りの音が出てきます。 (非常に極まれなアンプでは、スピーカーに一定の電流を流そうとする性質が高く、そのためインピーダンスが高い周波数が強調されたサウンドに鳴る回路も有ります、まぁ、そういう回路に合った特殊なスピーカー専用とも言えます。) http://tomoca-shop.jp/shopdetail/132000000001/ (この製品による画面表示サンプルは、おそらくフルレンジスピーカーです。2ウエイなら、高域に向けて高域ユニット並列による折れ曲がり線があります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答をありがとうございます。 周波数でインピーダンスが変化するのは知っていましたが、ひとくくりに「定格4Ω」として考えていいものかといろいろ検索してみましたがいまひとつわかりませんでした。 アンプには影響なさそうなので、一応解決です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 合成インピーダンス

    初歩的な質問ですが、教えてください! 交流回路で 抵抗とインダクタンスの直列接続・並列接続 抵抗とコンデンサの直列接続・並列接続 インダクタンスとコンデンサの直列接続・並列接続 以上6つの場合の合成インピーダンス(Z)の式を教えてください! 抵抗とインダクタンスの直列接続は Z=R+jωLですが…

  • 合成インピーダンス

    合成インピーダンスの問題なんですが、抵抗値Rの抵抗、インダクタンスがLのコイル、容量がCのコンデンサーがあります。ある角運動量ωのとき、次の場合の合成インピーダンスは?? 1、直列に接続された回路 2、並列に接続された回路 おねがいします^^

  • ツイーターのインピーダンス合わせ方について教えてください。

    8オームのフルレンジスピーカに4オームのツイーターをつけたのですが、 音量が大きくてバランスが崩れてしまいました。 音量を下げるにはセメント抵抗を直列に入れればいいと聞いたのですが、 そうすると、キャパシタが入ってるので周波数特性が狂うと思うんですが、 それを補正するにはどうすればいいですか? スピーカの仕様は インピーダンス4Ω 再生周波数帯域5kHz~22kHz コンデンサの容量はわからないのでC[μF]とします。 現在、4Ωの抵抗が2本あります。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#2 です 回答個所に誤りがありましたので訂正いたします。 誤 単純に(1/R)+(1/R)の式は当てはまりません。 正 単純に R=(R1*R2)/(R1+R2)の式は当てはまりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

質問者様の尋ねたい事について回答します。 >スピーカーだけの合成抵抗値は2.4Ωとなりますが、ツイーターにコンデンサーが入ることで4Ωになるという計算は成り立つのでしょうか? そのとおり成り立ちます。 コンデンサで導通がカットされてますので、単純に(1/R)+(1/R)の式は当てはまりません。 したがって公称4Ωであり、2.4Ωにはなりませんのでアンプに負荷は掛かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>アンプに負荷は掛かりません。 ここが気になっていました。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

まずスピーカーのインピーダンスは周波数によって一定ではありません。 通常は500Hzから1kHzあたりが最低で、このあたりの値が公称インピーダンスです。ウーハーのインピーダンスはツィーターの領域の周波数では、これよりも数倍の値になります。 また2ウェイスピーカーは通常はネットワークがはいりますから、2個のユニットは他のユニットの再生帯域では絶縁状態に近いと考えてよいのです。 したがって、並列の2個のユニットが 使用されても単純な並列抵抗値にはなりません。 多くは、2ウェイスピーカーはウーハーのインピーダンスが高域に行くにつれて上昇し、クロスオーバー付近で最高になった後、ツィーターのインピーダンスまで低下し、それよりも高域ではまた高くなるという傾向になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考になりました。

関連するQ&A

  • インピーダンス

    V=Vsinωtの交流電源に、直列に抵抗Rを、並列にコイルLとコンデンサーCをつないだときのインピーダンスはどのように求めたらよいでしょうか?

  • ダブルウーファーのインピーダンス及び能率についての質問です。

    ダブルウーファーのインピーダンス及び能率についての質問です。 自作スピーカーでダブルウーファーを使用しているのですが、その場合のネットワーク設計で困ってしまいました。 当初6Ωのウーファーの並列駆動ならインピーダンスは3Ωに、直列駆動なら12Ωになると考え、また、能率も並列駆動なら+3dB、直列駆動なら-3dBになると考えていました。 しかし聴覚上ではそうではないようで、f特を測定してみるとやはり違うみたいです。 聴覚上、並列接続より直列接続の方がウーファーの音圧がツィーターより低かったので能率は変わるようですが精密な測定ができるわけではないので実際のところどうなのかはわかりません。 高いツィーターの音圧はアッテネータで落とすとして、ウーファーは直列接続にすることにしました。 クロスの決定ですが、ウーファーにハイカット0.1mHのコイルを繋いで測定してみたところ、6~7kHzあたりでハイカットが見られました。 ここから逆算していくと6kHzの場合、ウーファーのインピーダンスは4.52Ω、7kHzの場合は5.28Ωとなってしまい、直列なら6+6=12Ωという計算から大きく離れてしまっています。 インピーダンス補正回路で3Ωを並列接続しているのですが、これの影響もあるかもしれません。。 これはまた補正回路を抜いて測定したいと思いますが、ダブルウーファーの直列、並列接続とインピーダンス、能率の関係はどうなるのでしょうか?

  • インピーダンスの違うスピーカーを直列でつなぐ。

    こんにちは いつもありがとうございます。 また投稿します。 タイトルの通りなんですが、このサイトで、並列でつなぐより、直列につなぐのであれば、まだ、負担は少ないと見ました。6Ω(アンプとSPの間に割り込ませるタイプのウーハーと、それに付属のSP二本)と8Ω(3way)のスピーカーを持っています(要するに4.1ch) 1.4.1全部一つのアンプからいっぺんにならしたいです。ただ、ソースは主にCDなんで、げどうなのかもしれませんが、あえてするなら、やはり直列でしょうか? 2.直列の場合合成抵抗は6+8Ωでいいんですよね?それが、アンプの範囲内であれば○と。もしかして、この場合6(SP)+6(うーはー)+8(SP)Ωになったりしますか?? 3.では、並列でつないだ場合、3.4Ωくらいになりますが、もしそれでつないだら、発熱や、また、ショート(アンプ?それともスピーカー?)したりしますか? 4.直列でつなぐ場合、アンプ--ウーハー6Ω--付属SP6Ω--8ΩSP--アンプ。か、アンプ--8ΩSP--ウーハー6Ω--付属SP6Ω--アンプどちらのほうがいいんでしょうか?もっとベストなつなぎ方ありますか? 5.そもそもインピーダンスの違うSPをつなげるのはよくないことなんでしょうか?? ごちゃごちゃしてすみませんが、一つでもかまわないのでよろしくお願いします

  • 「合成インピーダンス」と「インピーダンスの大きさ」の違い

    インピーダンスについての質問です。 試験問題を解いているとインピーダンスを用いて回答を導く問題の中で 「合成インピーダンス」で求める問題や「インピーダンスの大きさ」で求める問題があります。 これらの使い分けが理解できません。 個人的には直列回路では「インピーダンスの大きさ」を 並列では「合成インピーダンス」を使っているように思えるのですが これら2つの使い方を理解されている方はご教授ください。 合成インピーダンス Z1=(R+jωL) Z2=(R+1/(jωC)) Z1とZ2が並列の場合の合成インピーダンスは Z=Z1・Z2/(Z1+Z2) インピーダンスの大きさ Z = √{R^2 +(XL^2-XC^2)}

  • スピーカーのインピーダンスについて教えてください。

    1台のミニコンポを2部屋で聴けるようにしたいのですが方法が正しいか教えてください。 インピーダンス4Ωのミニコンポの場合、8Ωのスピーカー×2が標準のようですが、4Ωのスピーカー2つづつをL/Rそれぞれ直列で繋げば合計4Ωになると思いますがこの考え方で合ってますか? 並列でもボリュームを上げなければという意見もあるようですがなんとなく不安です、詳しい方教えてください。

  • スピーカインピーダンスについて

    物理については、中学校程度の知識しかない文系人間です。 カーステレオのスピーカー(インピーダンス4Ω)を外し、捨てるのももったいないので、AVアンプのセンタースピーカーにつけようと思います。 AVアンプの取説を見ると、スピーカーのインピーダンスは、6Ω以上の物をつなげないと、アンプが最悪の場合、壊れるとありました。 そこで、4Ωのスピーカーを2個直列につなげるとオームの法則により、8Ωになりませんか。 インピーダンスというものは、オームの法則の抵抗とは違いますか。 スピーカーが壊れても仕方ありませんが、アンプが壊れると困ります。

  • マルチウェイスピーカーと抵抗値

    6dB/oct(-3dBクロス)型ネットワークで自作スピーカーを作る予定です。この場合8Ωのツイーターとウーハーを各一本使用します。一般的な配線図を見るとコイル、コンデンサーを挟んで、スピーカーの配線が並列になっているようですが、スピーカーの仕様は最終的に4Ωになるのでしょうか?使用するアンプのスピーカー出力が8Ωしか適合しないので念のため教えて下さい。

  • 自作スピーカーのインピーダンス

    添付している回路図を例にお願いします。 この場合インピーダンス8Ωのスピーカーを4つ用いた4WAYですが、回路図としては4つのスピーカーは並列になっています。 このスピーカーシステムの全体のインピーダンスは8Ωの抵抗の4つの並列接続と考えて2Ωということになるのでしょうか? また、音圧を合わせるために固定式のアッテネータを入れてありますが、これもインピーダンスに関係するのでしょうか?

  • インピーダンス

    教科書の問題で「抵抗R=40〔Ω〕とコンデンサーXC=30〔Ω〕を並列接続したさいの、インピーダンスZを求めよ」とあるのですがどのように求めていけばいいのですか? 回答はZ=14.4-j19.2〔Ω〕ですが、いくら計算してもこの数値になりません。 アドミタンスYから求めようといてるのですが、考え方が違うのかも解りません。 抵抗のインピーダンスをR、コンデンサーのインピーダンスをXC、虚数をjとして教えてもらえると嬉しいです。

  • アンプとスピーカーのインピーダンスを合わせる意味は?

    アンプとスピーカーのインピーダンスを合わせる意味は? 例)アンプ側4Ωに対してスピーカー8Ωの場合並列で8Ωの抵抗を付けたほうが 良いのでしょうか?