• 締切済み
  • 困ってます

スピーカーのツィーターを鳴らなくしたいです。

 アンプにスピーカー出力が二つあるので以前使っていたスピーカーを繋ぎたいのですが そのまま繋いでは同じようなスピーカーが二組に鳴るだけで意味がないと思い ツィーターを切ろうと思ったのですが、中に小さな基盤が入っていたのでツィーターだけ抜いて良いものかと悩んでいます。   足したいスピーカーの説明 ツィーターとウーファーはパラレルでつながっているように見えます。 ツィーターのほうは抵抗とコンデンサーを挟んでいます。 スピーカーの箱に書いてあるインピーダンスは6Ωです。 スピーカーにインピーダンスは書いてありません。 +と-を青い何か(両脇から磁石の様なものが見えます)がまたいでいます。  素人なので間違っている部分があるかもしれません。  このスピーカーでツィーターだけを絶縁してよいのでしょうか また良い場合はこの基盤を通してウーファーに繋ぐべきか基盤を通さずに ケーブルを直接ウーファーに繋ぐべきかを教えてください。  尚、アンプの方のスピーカー出力には4Ω(二組で8Ωです)とかいてあります。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数665
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.6

> アンプにスピーカー出力が二つあるので以前使っていたスピーカーを繋ぎたいのですが とのこと。余っているので繋ぎたい気持ちは分かりますが、音質は悪くなりこそすれ、決して良くはならないので、まずこの発想はやめておきましょう。 二つの異質なスピーカーを同時に鳴らせば干渉により音圧周波数特性/群遅延特性はグチャグチャになります。 もちろん、その濁った音質は多少なりとも「変化」ですので、その変化した音質を「雰囲気があって心地よい」と感じることはあるかもしれません。音質なんて主観評価なのですからそれでもいいのですが、それは「良音質」や「高性能」でないことだけは確かです。 >このスピーカーでツィーターだけを絶縁してよいのでしょうか はい。 >また良い場合はこの基盤を通してウーファーに繋ぐべきか基盤を通さずに >ケーブルを直接ウーファーに繋ぐべきかを教えてください。 ウーファーはネットワークを通っていないとのことなので、どちらでも大差ありません。楽な方で良いと思います。 なお、低域の合成インピーダンスは4Ωを切りますので、音量の出しすぎや過負荷でアンプが故障しないよう注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございました。 当初は、アンプにどれぐらい悪影響が出るのか心配していましたが アンプへの影響も多少あり、音質にいたっては下がるとなっては あきらめるしかないようです。  ありがとうございました

関連するQ&A

  • スピーカーのインピーダンス

    過去ログとかを流し読みしてみたのですが、いまいち疑問を拭えるような明確な回答がなかったため質問させていただきます。 現在の配線状況は プレーヤ┬→Fスピーカ4Ω │ │  └→ツィーター4Ω │ └→Rスピーカ4Ω └赤白のコンポジット出力→サブウーファー となっています。 単純に考えると、フロントだけ合成2Ωでよろしくないですよね? 過去ログではチャンネルディバイダが付いていればOK?といったようなものもあったり、逆にいつか壊れる、という記述もあったりして、今いちよくわかりません。 ちなみにツィーターの配線の途中にはチャンネルディバイダと思われるユニットがかましてあり、その中身はコイルでした。 ツィーターの説明書にはスピーカーコードからパラレルでかますだけ、と書いてあったのでその通りにしたのですが… この場合でもやはり合成は2Ωで考えないとまずいのでしょうか? それとも4Ωで考えておいていいのでしょうか? 同様にスピーカーボックスで複数のスピーカーが入ってるものは、(分解したことがないのですが)やはり全体でのインピーダンスは計算されているのでしょうか? ウーファーに関しては専用端子なので考えなくてもいいと思う(思い込んでいる)のですが、これもまずいのでしょうか?

  • ツィーター2個+ウーハーのインピーダンス??

    ツィーター2個+ウーハーのインピーダンス?? 車のスピーカーになるのですが、社外品のセパレートタイプを取り付けました。 その時に、純正のツィーターが付いたまま取り付けてしまいました。 この場合、インピーダンスはどうなりますか?すべて4Ωです。 大丈夫ですか? アンプの定格は4Ωです。

  • ツィーターについて

    自宅でホームシアターを構築し、映画を良く見ています。スピーカーはSONYのHT-SL80というのをつかっていますが、どうも高音がきれいに聞こえないような感じがします。もともとそんなに詳しいほうでもないので音を聞き分けるほどの力はありませんが…なんとなくです(笑) そこでツィーターをいれれば改善できるのかなぁと思って入れようかと思っています。今あるスピーカー(フルレンジ)にわざわざツィーターを追加するのはおかしいでしょうか?もしおかしくないとしてもうまく調整しないとバランスが悪くなりそうですが…。 ツィーターを入れるとすれば自宅にカーオーディオ用のツィーターがあり、それのインピーダンスは4Ωでした。そうなるともとのスピーカー(フロントスピーカー。どこのスピーカーにつなげるべきなんでしょうか?)は8Ωで、並列につなげる(それでいいのかもよくわかっていませんが…)とかなり低いインピーダンスになるきがして問題がありそうですがどうなのでしょうか?それともハイパスフィルタ等をつけることでインピーダンスは変わりますか? よろしくおねがいします。

  • 回答No.5

>> 普通のスピーカー出力から引いてきて10~100Hzまでハイカットするネットワークを作ることは出来ますか?? // 受動素子だけで組むなら、LCフィルタしかありません。 スピーカーに直列にコイルを1個入れると6dB/octで高域が減衰します。コイルの後ろに、スピーカーと並列にコンデンサを追加すると、特性は12dB/octになります。かりに、ウーファーのインピーダンスが8オーム、かつクロス付近でのインピーダンスも8オームという理想的な条件の場合(後述の通り、これはあり得ない)、50Hzクロス、12dB/octでネットワークを組むなら、47mH/370uFになります。 しかし、ふつう、50Hz前後はウーファーのfo付近ですから、インピーダンスの変動が極めて大きくなります。ゆえに、そもそもこのようなネットワークが適切に動作する可能性は、極めて低いといえます。 また、20mHを超えるような巨大なコイルは、ほとんどありません(あったとしても1万円近くするものばかりでしょう)。20mH-20mH-7mHといった具合に直列に並べれば数字は合いますが、直流抵抗が馬鹿にならないのでダンピングファクタが劇的に悪化します(直流抵抗を減らそうととして径の太い巻線のコイルを使うと目も当てられないくらい高くなります)。コンデンサの方は、耐圧100Vのものなら1000円くらいであると思いますが... 減衰特性が6dB/octで良ければ、25mH程度のコイル1個で足ります。しかし、適切に動作しない可能性があるのは上と同じで、また400Hzくらいの中音域まで音になってしまうので、今度は他方のスピーカーの音に対する干渉が大きくなります。 なお、市販品にあるようなハイカットの連続可変は、LCフィルタで作るのはほぼ不可能です。 >> その場合、インピーダンスに変化はありますか?? // あります。高域を切った方のウーファーと普通に繋ぐスピーカーとは並列接続ですから、その範囲(高域を切った方のウーファーが再生する範囲)ではインピーダンスが下がります。 市販のアクティブ型のサブウーファーの場合、入力インピーダンスは数キロオームあります。したがって、インピーダンスの変動は1%未満で(たとえばメインスピーカーが8オーム、サブウーファーが4.7kオームと仮定すると、アンプから見ると負荷が7.9864オームになるだけ)、アンプにとっての負荷の増大はまったく無視できます。サブウーファーは、そうやって分けてもらった微小な信号を加工し(ハイカットや位相。しかもCRフィルタが使えるので小型化ができ、連続調整も容易になる)、自前のパワーアンプで目的の音量まで増幅します。 正直なところ、片チャンネル1万円も出して、ろくに調整も出来ない、むしろ音を悪くする可能性の方がはるかに高い代物を工作するよりは、出来合いのサブウーファーを買った方がはるかに良いです。余ったスピーカーを何とかしたいという気持ちは、もちろんよく分かりますが... もし、30cmクラスのウーファーを持ったスピーカーであるのならば(20~30Hz程度の音域は大型スピーカーでも苦しいので、並列化して音量を稼ぐメリットはあります。10数cm~20cmくらいだと、並列化のメリットは乏しいでしょう)、ツイーターを引っぺがしてその穴を塞ぎ、チャンネルディバイダと中古のパワーアンプを用意した方が良いでしょう(細かいことをいわなければ両方合わせて数万円で調達できるでしょう。ただ、その場合でも、やはり専用設計のサブウーファーには敵わない部分がありますから、「実験」にどれだけ投資できるか、という感じです。普通にオーディオを楽しみたいのなら、やはり市販品を買ってしまった方が早いです)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な説明ありがとうございました。 どのような処置をしてもスピーカーを増やすことのメリットは皆無と言う事ですね 何度もありがとうございました。

  • 回答No.4

>> アンプから出てる端子は中でただ並列でつながっているだけなのですか? // 普通は、そうです。むしろ、そうなっていないアンプの方が珍しいでしょう(私は知りません)。したがって、基本的には、切替器もしくはバイワイヤリング用に使うべきものと考えた方が良いかと思います。先述の通り、電気的に問題がなくても音質面でのメリットはありませんから、同時に使う場合でも別の部屋で鳴らすくらいしか使い道はありません。 なお、サブウーファー的な使い方を想定していることは予想していましたが、その場合でも、スピーカーAのウーファーとスピーカーBのウーファーとの帯域がほぼ重なりますから(ふつう数10Hz~3000Hzくらい)、干渉しあいます。普通のサブウーファーは、干渉が生じないように数10~100Hz程度でハイカットし音量や位相も切り替えられるよう、専用のアンプを内蔵したアクティブ型になっています(この場合はアクティブ型なので、並列に繋いでもインピーダンスの問題は生じません)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。 すみません最後に質問良いですか?普通のスピーカー出力から引いてきて 10~100Hzまでハイカットするネットワークを作ることは出来ますか?? その場合、インピーダンスに変化はありますか?? 何度もすみません

  • 回答No.3

結論からいえば、お勧めしません。理由は、次の通りです。 (1) 「スピーカーの箱に書いてあるインピーダンスは6Ω」ということは、そのスピーカーのウーファーユニットのインピーダンスがおよそ6オームということです。これに対して、アンプは、「アンプの方のスピーカー出力には4Ω(二組で8Ωです)とかいてあります」から、2組のスピーカーを繋ぐときは、それぞれが8オーム以上でなければなりません。したがって、この時点で、すでにアンプの定格を超えています。 直列に繋げば(アンプ(+) >> スピーカーA(+)-(-) >> スピーカーB(+)-(-) >> アンプ(-))、アンプの負担にはなりませんが、音質は確実に劣化します(スピーカーから見ると、アンプとの間に抵抗が挟まった状態になるから。しかもスピーカーはコイルなので高域が減衰する)。 (2) かりにアンプの側で問題がない場合は、ツイーターだけ切っても構いません。抵抗器はウーファーと能率を合わせるため、コンデンサは低域をカットするためのものですが、ウーファーの動作には関係ありません。しかし、その場合でも、2つのスピーカーのウーファー(およびバスレフポート)が相互に干渉しあって、音質は悪くなります。 したがって、どのような場合であっても、複数組のスピーカーを同時に鳴らすことにメリットはありません。大きなホールで満遍なく音を行き渡らせる目的であれば、複数組を同時に使うこともありますが、一般家庭で普通に使う限り、そのような使い方をする意味はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございました。 「2組のスピーカーを繋ぐときは、それぞれが8オーム以上でなければなりません。」  ということは、アンプから出てる端子は中でただ並列でつながっている だけなのですか?

  • 回答No.2
noname#116330
noname#116330

>アンプにスピーカー出力が二つあるので以前使っていたスピーカーを繋ぎたいのですが  スピーカーの出力が二つあるということは二系統ですよね。 スピーカーのセレクターが付いていませんか?  例えば、A系統とB系統があれば、A系統のみ鳴らす、B系統のみ鳴らす、両方同時に鳴らすというように選択ができるはずです。  単純に、今使用しているスピーカーと以前使用していたスピーカーをそれぞれ繋ぎ、好みでチョイスすればよいのでは? >ツィーターを切ろうと思ったのですが、中に小さな基盤が入っていたのでツィーターだけ抜いて良いものかと悩んでいます。  ウーファーとツィーターは、それぞれ再生周波数の役割分担を行なっています。例えば、ウーファーは60~2000Hz、ツィーターは 2000~20000Hzというようにネットワーク(コンデンサーとコイル)で再生周波数を分けているわけです。  従って、上記の例でいえば、ツィーターを切るということは 60~2000Hzしか再生できなくなり、質問者様が意図している意味を計りかねます。 >ツィーターのほうは抵抗とコンデンサーを挟んでいます。 +と-を青い何か(両脇から磁石の様なものが見えます)がまたいでいます。  これがネットワークでしょう。 磁石のようなものがコイルで、抵抗は単に過剰な電流を流れないようにするためのものだと思います。  http://www9.wind.ne.jp/fujin/diy/denki/audio/speaker-netwok.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございました。 「質問者様が意図している意味を計りかねます。」 説明が足りませんでした、ツィーターを切ったスピーカーをそのまま使うのではなく ウーファーを箱の中に入れアクリルで蓋をしてサブウーファー的な役割をしてもらおうかと思っていたのです。 そういった効果は得られないのでしょうか?

  • 回答No.1

 あまりお勧めしません。  その回路は、入力信号をツィーターとウーファーに割り振るための回路で、ツィーターを電気的に外してしまうとその回路を経由してウーファーを鳴らすと、もこもことした音となることが考えられます。  また、アンプとウーファーを直結した際も高域の欠けた鳴り方となると思われます。  さらに、どちらのつなぎ方でも負荷が低くなりすぎてアンプに好ましい影響を与えないのではないかとも推測されます(特に後者)。  で、スピーカーの出力が二系統あって二組のスピーカーを同時に鳴らすのでしたら、一方のスピーカーの組を45度ほど外側に向けて高域を壁に反射させるというのもアリじゃないですか? これだとわざわざ面倒なことをしなくっても高域を減衰させる効果が得られるばかりではなく、いつもと違ったステレオイメージが得られると思いますよ。  また、一言に同じようなスピーカーといっても、聞き比べると相当音質は違っているんじゃないかと思いますよ。二系統を同時に鳴らすだけではなく、系統ごとに出力を切り替えられるんでしたら、片方をアコースティック向き、片方を電気楽器向きとか、片方をながら聞き、片方を本気聴きといった使い分けもあると思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございました。 「もこもことした音となることが考えられます。」 説明が足りませんでした、ツィーターを切ったスピーカーをそのまま使うのではなく ウーファーを箱の中に入れアクリルで蓋をしてサブウーファー的な役割をしてもらおうかと思っていたのです。 しかし、アンプに悪影響を与えてしまうとのことなので考え直します。

関連するQ&A

  • スピーカーのネットワークについて

    古いコンポのスピーカーなのですが、 中を見て見るとネットワークらしき基盤がありました。 ウーファーの低音が出過ぎて歪があり、 この低音を抑えたいのですが、 ウーファーをネットワークを介さずに直接繋げればどうなるでしょうか? また、インピーダンスは ウーファー:ツイーター:スーパーツイーター を繋いだ状態でのインピーダンスで、 個別のインピーダンスは違うのでしょうか? 3個のスピーカー共に記述が無く何Ωなのかわからないので 取り替えるとなればインピーダンスを測定しないとダメなのでしょうか? 中の基盤が何かもわからず、 調べてみてネットワークとわかったくらい無知な者ですが よろしくお願いします。

  • スピーカーの音量を上げたい。

    パソコンに繋いでるアンプ無しのスピーカーの音量がパソコン側で 最大にしても小さいので大きくしたいです。 たしかインピーダンスの抵抗数が小さいほうが同じ出力なら大きな音が 出ると記憶しているので、今付いているインピーダンス8Ωのスピーカーに 8Ωの抵抗を並列に繋ぐような方法で大丈夫でしょうか。 間違っていたら、正しい方法を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 2ウェイスピーカーのインピーダンス

    車載用の2ウェイスピーカーのインピーダンスについて質問です。 スピーカーシステムとしての仕様(カタログ値)は4Ωとなっています。 スピーカーの構成は、4Ωのウーファーと6Ωのツイーターが並列で接続されています。 ツイーターの+側に4.7μFのハイパス用コンデンサーが直列で入っています。 スピーカーだけの合成抵抗値は2.4Ωとなりますが、ツイーターにコンデンサーが入ることで4Ωになるという計算は成り立つのでしょうか?

  • ミニコンポにツィーターを追加したい

    スピーカーの抵抗値がイマイチよくわかりません コンポの出力は15W+15Wで、2Wayの専用スピーカーBoxは 4Ωと書かれています。 Boxに収めるのではなく、アドオンとしてツィーターを設置したいのですが 8Ωのものでも大丈夫でしょうか? やはり4Ωでなければだめですか? メインのスピーカーとの音圧というか音のバランスなども心配です コンデンサーやフィルターなどを付ける必要はありますか? 電気に疎いのでアドバイスよろしくお願いします

  • カーオーディオのアンプと、ツィーター

    すみません。素人なので、ご教授を願います。 車ドアにウーファー、ツィーターをつけ(ネットワーク付)、 専用アンプもつけています。 アンプの出力を上げると、ツィーターから「シーッ」と鳴ります。 アンプの出力を一定以下まで下げるとならなくなります。 これはツィーターの限界の領域なのでしょうか? アンプの出力的には半分くらいの位置です。 これをMAXにしたらツィーター破損になるのでしょうか?

  • スピーカーを鳴らした時の消費電力について

    任意のデジタルアンプで、規格の違うスピーカーを同じ大きさの音に聞こえるように鳴らした際(ボリューム調整した際)の消費電力は、違うのでしょうか? (例えば、1m離れた所などで、同じ大きさに聞こえるようにボリューム調整をした場合) 小さいスピーカーを鳴らすより、大きいスピーカーを鳴らす方が消費電力って多く使うのかなぁ?って思ったのですが、どうなのでしょう? 因みに、用意してあるアンプとスピーカーは、以下の通りになります。 解る方、教えて下さい。 ※ ワットチェッカーなどは、持っていませんので、ワットチェッカーで測れ!というお答えはご遠慮ください。(持っていたら、質問はしませんね(笑)) LepaiデジタルアンプLP-2020A+ ・ 出力:2chステレオ(20W+20W) @4Ω ・ 対応スピーカー:4Ω-8Ω ・ 入力電源:DC12V 2A スピーカー:D-N7EX(D) ・ 型式 2ウェイ・バスレフ型 ・ 定格インピーダンス 4Ω ・ 最大入力 70W ・ 定格感度レベル 83dB/W/m ・ ウーファー 13cm A-OMFモノコックコーン ・ ツィーター 3cmリング スピーカー:D-057M(D) ・ 型式 2ウエイ・バスレフ型 ・ 定格インピーダンス 6Ω ・ 最大入力 40W ・ 定格感度レベル 80dB/W/m ・ ウーファー 8cm A‐OMFコーン ・ ツィーター 2cmネオバランスドーム

  • アンプとスピーカのインピーダンス整合

    私のアンプにはスピーカがAとBにつなぐことができ2種類のスピーカをA・Bにつないでいます。アンプの仕様にはA,Bそれぞれ出力インピーダンスが6~16オームなのですがアンプでスピーカを選択するときにA+Bを選択するとインピーダンスが12~16Ωとなっています。スピーカの入力インピーダンスはどれも8オームなのですがスピーカをA+Bで使うと8Ωのスピーカでは整合が取れてないようにも思います。アンプのスピーカA+Bの出力インピーダンス12~16ΩにたいしてA(8Ω)+B(8Ω)=A+B(8+8=16Ω)と考えていいのでしょうか?

  • 400Ωのスピーカー。

    古い電蓄の中身だけあります。 真空管のアンプとラジオが一体型ものに、スピーカーのユニットがついていました。 動作品です。 しかしこのスピーカー、よくみたら400Ωと書いてあり、 ツィーターは250Ωと書いてます。 手持ちのゲンコツ(16Ω)が1本あるのでそれを利用したいです。 しかし、どうしたらいいものか全くわかりません。 ゲンコツに400Ωの抵抗を挟めばいいだけなのでしょうか? それとも、ツィーターが250Ωなので、300Ωの抵抗でもいいのでしょうか。

  • スピーカインピーダンスについて

    物理については、中学校程度の知識しかない文系人間です。 カーステレオのスピーカー(インピーダンス4Ω)を外し、捨てるのももったいないので、AVアンプのセンタースピーカーにつけようと思います。 AVアンプの取説を見ると、スピーカーのインピーダンスは、6Ω以上の物をつなげないと、アンプが最悪の場合、壊れるとありました。 そこで、4Ωのスピーカーを2個直列につなげるとオームの法則により、8Ωになりませんか。 インピーダンスというものは、オームの法則の抵抗とは違いますか。 スピーカーが壊れても仕方ありませんが、アンプが壊れると困ります。

  • センタースピーカーを普通のスピーカーで代用

    普通のスピーカー(6Ω)を(ホームシアターの)センタースピーカーに代用できるかの質問です。 以下のような条件ですと、どのような問題がおきますか? ・もともと縦置きの物を横置きに設置し、ツィーターは内側かつ上側、ウーファーは外側にくるようにする。(図参照) ・配線は直列でつなぐ。 ・普通のスピーカーは6Ω いま私が思っている問題点は、 ・センタースピーカーにしては横幅が大きくなるので、本来のセンタースピーカーの役割である、センターに定位させる効果が弱まるのでは。 ・抵抗が6Ω×2の12Ωになってしまう。(がアンプでの調整を行えばいい!?) というところです。 よろしくお願いします。