• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アンプにスピーカー2セット接続

アンプはマランツのPM-4001を使用しています。 この製品はスピーカーを2組繋げられるのですけど スピーカーはインピーダンスが6Ωが1組(system1) スピーカーはインピーダンスが4Ωが1組(sytemm2) のスピーカー2組を同時使用しても大丈夫なんでしょうか? アンプ側には system1   4-16Ω sytemm2   4-16Ω system1+2 8-16Ω と書かれています。 この場合スピーカー1と2合わせて10Ωということなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1159
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

スピーカの合成インピーダンスは、一般的には抵抗の合成と同じように計算します。 インピーダンスがAΩとBΩのスピーカを直列に接続した場合はA+Bになります。 インピーダンスがAΩとBΩのスピーカを並列に接続した場合は1/A+1/Bの逆数になります。 ご質問の事例では4Ωと6Ωで、System1とSystem2は並列に接続されることになりますので、 合成インピーダンスは4+6=10(Ω)ではなくて、 1/4+1/6=3/12+2/12=5/12 の逆数ですから12/5=2.4(Ω) になります。 インピーダンスは交流回路における電圧と電流の比で、単位としてはオーム(Ω)が用いられますが、 インピーダンスは直流の場合の抵抗と異なり、周波数(オーディオの場合は音の高さ)によって抵抗成分が変化します。 アンプに表示されている推奨値よりインピーダンスの低い(数値が小さい)スピーカーを組み合わせた場合、アンプの出力が流れ易くなるので取り出せるパワーは大きくなりますが、実際のアンプの出力素子や電源回路には取り出せるパワーに上限があるため、インピーダンスの低いスピーカーを使ってむやみに音量を上げ過ぎるとアンプに負担をかける(保護回路が働いて音が出なくなったり、回路素子が過電流で破壊され故障する)ことになります。 アンプの推奨インピーダンス値よりもインピーダンスが高いスピーカーを組み合わせた場合は、アンプから取り出せる最大パワーは目減りしますが、アンプの動作や音質には悪影響はありません。 今回のご質問の場合は、アンプ側で指定されている2組の場合は8Ω以上という数値に対して3分の1の数値しかありませんので、アンプの出力段が故障する可能性がありますから避けた方が無難です。 故障を心配しながら音量を抑えて聴くという手段もありますが、それでは思う存分にオーディオを楽しめないし、ストレスの一因にもなりかねないと思います。 参考URL スピーカーのインピーダンスとアンプとの組み合わせについて http://www.harman-japan.co.jp/enjoy/tech/jbl_05.html

参考URL:
http://www.harman-japan.co.jp/enjoy/tech/jbl_05.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

直列と並列では別なんですね。 とても参考になりました。 二組同時にしようしないで、目的に合わせて一組だけで聞いて行こうと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • このアンプにこのスピーカーを2組接続することは可能でしょうか?

    このアンプにこのスピーカーを2組接続することは可能でしょうか? マランツMARANTZ/プリメインアンプPM4200にケンウッドLS-V530-W http://kakaku.com/item/20444510487/spec/ を2組取り付けることは可能でしょうか? 2部屋に同時に音楽を流したいため2組取り付ける必要があります。 SYSTEM 1+2だと8Ωと記載されているので、2組取り付けたい場合はケンウッドLS-V530-Wのようにインピーダンス:8Ωのスピーカーしか取り付けられないということでよろしいでしょうか? 搭載ユニット数:4の意味も教えて頂けると幸いです。 ご教授頂けると幸いです。 宜しくお願い致します。

  • スピーカーとアンプについての素朴な疑問

    スピーカー:B&Wの705 アンプ:DENONのPMA-390AE→マランツのPM-15S1へ変更予定 事実: 高いスピーカーは裏の端子が+と-で2つずつありますよね? で、高いアンプ(例えばPM-15S1)は逆に裏の端子がAとかBに分かれてなくて Lの+と-、Rの+と-しかないですよね?(安いのはA、BそれぞれにLの+と-、Rの+と-がある) 疑問1: 高いスピーカーの+と-が2つずつ分かれていて、高いアンプにつなぐ時は4つ全部につなぐのはなぜでしょうか? スピーカーの内部で機能が分かれているのでしょうか? 疑問2: 高いアンプはなぜAとBに分かれていないのでしょうか? A、B同時使用だと流せる電流が小さくなる →高インピーダンス(抵抗)にする必要がある →出力電力Wが小さくなる →音質が劣化する? からでしょうか? 仕事が電気エンジニアなもので物理学的にそうなのかなぁ?って予想ですけど。 以上です。よろしくお願いします。

  • アンプのインピーダンス別のスピーカー接続端子について教えてください。

    アンプのインピーダンス別のスピーカー接続端子について教えてください。 私のアンプにはスピーカーのインピーダンス別の接続端子がありますが、私のスピーカーは8Ωなのでアンプのスピーカー接続端子の8Ω用に接続しています。アンプにはもうひとつ6Ω用の端子もあります。何のためにこのようなインピーダンス別の端子をつけているのでしょうか?それらの端子はどのような違いというか仕組みになっているのでしょうか? というのも、今のスピーカーに8Ωのスーパーツイーターを並列でつなごうと考えていますが、(家庭電源は交流ですけど)大雑把に直流的に考えると全体としては4Ωと概算すれば、そのときは6Ωの端子につないだほうがいいのかなと思ったしだいです。 この件に関して知識のある方教えてください。

  • アンプとスピーカー

    アンプの買い替えを検討していますが、 最近の低価格アンプは4Ωが多いように思います。 その場合でもインピーダンス4~16Ωとなっているので 6Ωや8Ωのスピーカーも使えるとは思いますが、 4Ωのアンプには4Ωのスピーカーが良いのでしょうか。 一般論としてメリット・デメリットを教えてください。

  • スピーカー2組を同時に鳴らしたい(切り替えもしたい)

     現在、スピーカーセレクターを使用して2組(4台)のスピーカーを切り替えて使用、2組のスピーカーを同時に出力して使用しようかと考えています。  アンプの適合インピーダンスは6~16Ω。  スピーカーは6Ωを1組持っています。  欲しかったラックスマンのスピーカーセレクターでは、6Ωスピーカー2組を同時出力させると、合成インピーダンスが3Ωになるとのことで、アンプの適合外となります。  そこで、他のものを探したところ、コイズミ無線のスピーカーセレクターを見つけました。(http://store.shopping.yahoo.co.jp/dream-sound/ss-4.html)これには補正回路が入っているとのことで、4Ω2組を同時出力すると合成インピーダンスは4.2Ωとなり、8Ω2組では6.2Ωになるようです。  そこで6Ω2組を同時出力した場合の合成インピーダンスを問い合わせたところ、はっきりとは分からないけど5Ωぐらいになるとのことでした。  私なりにこの補正回路(4Ω2組で4.2Ω、8Ω2組で6.2Ωとなる結果から)を考えてみると    同時出力(Ω)=スピーカー合成インピーダンス+2.2Ω(補正回路分) の計算式が浮かびましたので、6Ω2組では5.2Ωだと考えました。仮に6Ω1組、8Ω1組を同時に出力した場合は5.6Ωになるだろうと。  また、アンプメーカーによると6Ω以下では適合外となるので、故障した際は保障対象外となると言われました。  2組のスピーカーを出力できる何かよい方法はないのでしょうか。  8Ωスピーカーを2組購入すればよいのでしょうが、6ΩSP1組をすでに買ってしまったので。。。

  • アンプとスピーカのインピーダンス整合

    私のアンプにはスピーカがAとBにつなぐことができ2種類のスピーカをA・Bにつないでいます。アンプの仕様にはA,Bそれぞれ出力インピーダンスが6~16オームなのですがアンプでスピーカを選択するときにA+Bを選択するとインピーダンスが12~16Ωとなっています。スピーカの入力インピーダンスはどれも8オームなのですがスピーカをA+Bで使うと8Ωのスピーカでは整合が取れてないようにも思います。アンプのスピーカA+Bの出力インピーダンス12~16ΩにたいしてA(8Ω)+B(8Ω)=A+B(8+8=16Ω)と考えていいのでしょうか?

  • アンプとスピーカーのインピーダンスについて

    アンプとスピーカーのインピーダンスについて教えて下さい もっているスピーカーはスピーカーケーブルを接続する下に 8Ω~16Ω と表示されています 購入したいスピーカーは 定格インピーダンス 4Ω なのですが、繋げて問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • アンプとスピーカーのインピーダンスについて

    よろしくお願いします。 アンプが6~18Ω、スピーカーが4Ωという組合せで使用しています。 アンプの定格よりもスピーカーのインピーダンスが低い場合、よほどの大音量で聞かない限り壊れないと聞きました。自分でもなんとなくそうなんだろうと思ってはいます。 とは言っても不安が拭いきれないので、アンプのメーカーに問い合わせてみようとも思ったのですが、「定格の範囲でご使用下さい」といった回答しか期待できないなと考えてしまい、こちらでお聞きする事にしました。 やっぱり、6~18Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋ぐとアンプは壊れてしまうんでしょうか。 それとも、ユーザーが定格よりも厳しい条件で使用する事を想定して、アンプは余裕を持たせて設計されているのでしょうか。(←こちらに期待を寄せているのですが・・・)

  • プリメインアンプにスピーカーの並列接続について

    現在、MarantzのPM7005とB&Wの686S2で使用しており、新たにCM5 S2を買い686s2と並列で接続で鳴らせないものかと考えております。 PM7005はインピーダンス4Ωまで対応と表記されており、CM5 S2と686s2はそれぞれインピーダンスが8Ωのなので、この2組を並列で接続したると4Ωになると思うのですが、この場合はアンプやスピーカーに問題はあるのでしょうか?

  • スピーカーのインピーダンスとアンプ

    スピーカーのインピーダンスについてお聞きしたいと思います。アンプの出力が「40+40で8Ω」、「50+50で6Ω」となっています。スピーカーをA、B単体で一組使用する場合には「4~16Ω」。A+B二組使用する場合には「8~16Ω」のスピーカーを使用するよう記載してあります。現在8Ωのスピーカーを二組使用しているので、合成抵抗は「4Ωで規定内」に入っています。もし6Ωのスピーカーと8Ωのスピーカーを使用した場合は合成抵抗が「3.42Ω」となり規定外になります。4/3.42=1.17倍の電力がかかると考えていいのですか?スピーカーの入力範囲は70Wです。8Ωのスピーカーと6Ωのスピーカーは使用可能でしょうか?また違うインピーダンスのスピーカーを使うと音の大きさが8と6が違うといことになるのでしょうか?二組使用しなければいいのですが、どうしても二組使用したいので無知な私にアドバイスお願いします。