• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

37万テラベクレルを370ペタベクレルと表記しない

福島第1原発から大気中に放出された放射性物質について、原子力安全・保安院は37万テラベクレル、原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定していますが、なぜそれぞれ370ペタベクレル、630ペタベクレルとしなかったのでしょうか?日本の接頭辞と国際的な接頭辞が混ざってしまって混乱するような気がします。

noname#133961
noname#133961

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数6
  • 閲覧数832
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

よくありますよね。 光の速さを30万km/sと表現したり、電力を100万kWと表現したり。 k(キロ)がベースになってますが、これらも言い換えてもいいことになると思います。 恐らく、世間一般的によく浸透した接頭辞を使っているのだと思います。 最近は、T(テラ)という接頭辞もだいぶ浸透してきているので、これを採用したのかと思います。 深い理由は無いものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1kmは徒歩12分半程度、1kwはエアコンやドライヤー等の結構電気を喰う電化製品の消費電力ぐらいなどと一般人がイメージできるからですかね。そこから考えると原子力関係の方は1テラベクレルはある程度イメージできる単位なのかもしれません。ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

理由のひとつは、私たち市民に原発事故のレベルとベクレルの単位を統一してわかりやすい表現にしたものと思います。 もうひとつの理由は全世界に知らせる公式な文書だからだと思います。 発表資料では37万テラベクレルの下に(3.7×10^17)と掲載してあります。 つまり、有効数字は2桁ですから、3.65以上3.75未満の精度の計算結果ということです。 それを370PBqと表現にすると有効数字3桁、3.695以上3.705未満の精度の計算結果ということになります。 従いまして、0.37EBqであればよいと思いますが、370PBqの表現は公式には不適切かと思われます。 ただ、エクサなんて皆さんのおっやられる様に解り難いし、一つ目の理由もありますので37万TBqと発表されたのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

原子力安全・保安院と原子力安全委員会との推測数値の差を見ると丸めの桁数にまで気を使ってのこととはどうも思えません。また日本語では万で切れたとしても英語での文書にするとそのような表現はできません。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11963)

ペタ(P)の単位は広く知られてないからと、ペタベクレルを【PBq】とした場合はピコベクレル(pBq)と紛らわしからと思います。 ペタ(P)の10^15とピコ(p)の10^-12では雲泥の差です。 一般的には、テラ(T)の10の12乗ぐらいは知られてますから、認知度の高いテラ(T)を使ってるのだと思います。 本来なら、1テラ=1兆、1ペタ=1,000兆のように表せば日本人には理解しやすいのですが、兆や京の単位が出て来ると「天文学な数字」と無用な不安を与える恐れがありますので、数100万テラベクレルのような認知度の高い単位を使ってるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Pとpは確かに間違えそうですね。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

確かにその通りで、少し混乱しますね。 ただ、「ペタ」はちょっと一般的ではないのかな、と。 「テラ」は、最近HDDの容量などで普及してきている気はします。 今後、もし100万テラベクレルといった表現をしなければいけなくなれば、 その時は、「1000ペタベクレル」(「1エクサベクレル」ですけど・・・)と表現するかもしれません・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

身近な家電製品であるPCやHDDや未来の記憶媒体の容量がペタになった時は報道でも使われるようになるのかもしれませんね。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

 一般的に使うのがG(ギガ)までで一般的に頭記憶になるのがT(テラ)  これの上って  なんだっけ・・・・・ですな  無線系でGなど普通に使ってる私でペタってなんですか?  行き成り調べることになる  HDDも3T程度が最大 この上って なーに なんでしょうか  多分 一般的に判る最大がT だってことですよ  37万テラベクレルは直ぐに判るが 370ペタベクレル 調べないと判りません    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おそらくコンピュータや情報系の知識が豊富な人ならテラまでは常識ですが、一般層だと1TBのHDDより2TBのHDDの方が倍の時間録画できるぐらいの感覚だと思います。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「ペタ」ってどのくらい認知されてるんだろ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たぶん余り認知されていないかと。でもテラもそれよりちょっとましな程度なような気がします。ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 福島原発の放射性物質

    原子力安全委員会の発表ですが、4月9日のニュースでは、福島原発停止時の1~3号機の原子炉内放射性ヨウ素の総量は590万テラベクレル(590京ベクレル)だったそう。そのうち3~11京ベクレルが大気に放出。 一方、4月13日の発表では福島原発の放射能の総量は8100京ベクレル、放出されたのは63京ベクレルと発表されました。ということは、放射性ヨウ素の総量は全体の7%(590÷8100×1000)でしょうか。また、放出されたうちで、ヨウ素の割合は5~17%にすぎないということでしょうか。であれば、それ以外の放射性物質は何なのでしょう。

  • 原発事故結局最悪のレベル7 深刻な事故と言う評

    原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故で、原発から最大で1時間当たり1万テラベクレル(1テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質が放出されていたとの試算を明らかにした。これを受け、政府は国際的な事故評価を、現在のレベル5から チェルノブイリ事故と同じ、最悪のレベル7に上げることを決めた 現在も1時間当たり1テラベクレルほど放射性物質が放出され続けている 広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されている 1時間当たり1万テラベクレル(1テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質が放出されて どんな風に 健康や環境に影響を及ぼすと思いますか?

  • 原子炉の今の状態は?

    外国では、すでに、放射性物質の飛散量の推計が行われ、報道されていましたが、日本では、約1ケ月を経過して、今頃、推計値が公表された。(それだけ精度が高いのかな) その割には公表された推計値が、原子力安全・保安院と原子力安全委員会で大幅に異なっている。異なっていることの説明は? 原子力安全・保安院    37Kベクレル 原子力安全委員会    63Kベクレル チェルノブイリ       520Kベクレル フランスの放射線防御原子力安全研究所(IRSN)は 3月22日に福島原発の事故で漏えいした放射性物質の量はチェルノブイリ事故の約10%との見解を示している。 オーストリア気象当局は 3月23日に福島第一原発から事故後3~4日間に放出された放射性物質の量を試算。ヨウ素131の放出量は、チェルノブイリ原発の事故後10日間の放出量の約20%、セシウム137の放出量は、同約50%に達する可能性がある、と明らかにした また、東電4月12日 原子力・立地本部長代理、松本純一氏のコメント 「放射性物質の放出を止め切れておらず、放出量は、チェルノブイリ原発事故に匹敵、または超える懸念がある」と、「福島第1原発では1~3号機の圧力容器や格納容器が損傷している恐れがあり、原子炉から放射性物質が100%外に出れば、チェルノブイリを超える可能性もある」との認識を示した。 マスコミは汚染水の移送ばかり報道していますね。事故後、1ケ月も経過するのに、圧力容器や格納容器のどこが、どのように破壊されているのかさえも、いまだに不明(公表しないだけ?)であることは、明らかに異常です。それとも状態を把握できないほど、日本の技術レベルは低いのでしょうか?(報道規制‥それなのにレベル7かよ) 原子炉の今の状態は、技術者は把握していると思います(概略でイメージでも)。‥そうしないと、的確な処置ができないはずです。 「今こういう状態にあると推定しているので、こういう事態が起こる可能性があり、今はこういう処置を講じている」と説明して欲しいです。(変な憶測やデマが飛び交う前に‥遅いか)

  • 放射能汚染、実は3月15日には最悪のレベル7だった

    【原発問題】放射能放出量、3月15日には国際的な事故評価尺度(INES)で最悪のレベル7相当だった・安全委試算 [4/24]  東京電力福島第一原発の事故で、大気への放射能(放射性物質)の放出量が 3月15日夜までに約19万テラベクレル(テラは1兆倍、放射性ヨウ素換算)で、 国際的な事故評価尺度(INES)で最悪のレベル7に達していた。原子力安全委員会の 試算でわかった。  安全委などは4月12日にレベル7を発表、その夜に政府高官が「3月15~17日の 時点で、レベル7に相当する量が放出されていた」との見方を示していたが、数字上も裏付けられた。  3月15日朝には、2号機の原子炉格納容器につながる圧力抑制室が爆発しており、 この影響を受けている可能性がある。  今回判明したのは、3月15日午後9時までの放出総量で、約19万テラベクレル。 レベル7の判断基準となる5万テラベクレルを超えていた。14日までには 5万テラベクレルに達していなかったとされる。安全委は3月11日の地震以降、 4月5日までの放出量の総量は63万テラベクレルと試算していた。  安全委はまた、4月5日時点での1日当たりの放射能放出量は154テラベクレル だったとの試算も明らかにした。ピーク時の1万分の1ほどで、安全委は現状も同様の レベルで推移している、との見方を示した。 ソース:http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY201104230477.html はぁ!? やっぱ最初からレベル7だったんだね なんで今頃本当のことを発表するのかな?

  • 福島第一原発の放射能放出量について

    福島原発事故について、あまりにもデマが多く、ミリもマイクロも区別が付かない者たちに辟易しております。 さて、原子力安全・保安院の4月12日公表の「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の故・トラブルに対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について」の http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110412001/20110412001-1.pdf 37 万テラベクレル(3.7×10^17Bq)~63 万テラベクレル(6.3×10^17Bq)(ヨウ素131換算) について これは、その時に放出された放射性同位体の1秒間に原子核が崩壊する量なのか、放出された崩壊する原子の総量数なのかが不明です。 レベル7の説明はHPにあったのですが、1ヶ月経ってこの説明・解説はほとんどなされていないので、御教示頂きたくお願いいたします。

  • 福島原発レベル7引き上げと情報公開のタイミング

    選挙で負けが見えた瞬間からこの情報公開。 今までレベル6もしぶっていたのに。 (以下、毎日新聞社 2011年4月12日) --------------------------------------------------------- 内閣府の原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故について、発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ。テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した。現在は1時間当たり1テラベクレルほどまで落ちているとみている。 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110412ddm001040087000c.html --------------------------------------------------------- 今更になってどういうことですか。 怒りがおさまりません。 政権絡みを誰が否定るでしょうか。 日本だけは、と信じていたのに。 非常に無念でなりません。

  • 毎日100兆ベクレルは安全?

    原子力保安院は民主党の勉強会で福島第一原発からまだ毎日100兆ベクレルの放射能が放出されていることを明らかにした。 これまでは、一日24兆ベクレルと発表してたのだが、実は毎日100兆ベクレルでてましたということみたいです。原子力保安院はいろいろ隠してて後だししてくるんですね。レベル7もあと出しでしたね。 この毎日100兆ベクレル放出されているという放射能ですが、これも100ミリシーベルトには及ばないので『安全』と言えるんでしょうかね。

  • 科学オンチの青山繁晴に誰も教えない・・F1原発事故

    自民党参議院議員の青山繁晴が先日驚くべき無知な質疑を参議院で行いました。 並み程度の科学的素養ある人から見れば自殺レベルの質疑です。 青山繁晴が言うに、福島第1原発事故で発生した放射能漏れの量について、 【1】 2011年4月に原子力安全保安院が、放射性ヨウ素131と放射性セシウム137を合わせて全体およそ37万テラベクレルの漏れと推計した。 【2】 同じ頃原子力安全委員会が63万テラベクレルの漏れと推計した。 【3】 2012年の3月に原子力安全保安院が50万テラベクレルの漏れと推計した。 これらの数字が大幅に全然違っているが、一体どうなってるのか! と青山繁晴は問いただすわけです。 続けて彼は、原発推進派でも原発反対派でもない「中立」の立場の学者が(この辺りは青山のいつもの口癖)、手書きで計算したら放射能漏れの量は1000テラベクレルになったと言う訳です。上記のスパコンで計算した国の推測値に比較して0・2%前後です。 国はけしからんじゃないか、当時の菅内閣はけしからんじゃないか、とギャーギャーわめく。 青山は、であるから、放射能漏れ量は微々たるものであり、原発事故は恐れるに足りん! 他の原発もドンドン前に進めろ、例え大事故になっても被害はたかがこの程度だ、原発反対派はけしからん至極である、というのが国会外でも繰り返し主張される青山の持論です。 これらどう思いますか。 ただの芸人政治家なのでこのくらいのボロが出ても笑って済まされるのか、それとも国の諜報組織にも深く浸透していると自称してきた極右理知派としては命取りの雑言ですか。 上の青山の理屈におかしさを感じますか。(敬称略)

  • 福島第一原発は放射能を出しっ放し?

    福島第一原発は、 今も24時間、高濃度放射能を大気中に放出しているのでしょうか? 原子炉建屋が壊れているから? でも、原子炉の炉心カバー?は、壊れていないのですよね?? 良く分からないので、詳しい方教えて下さい。

  • 核燃料が千度以上の高温、3月12日に検出されていた

    【原発問題】 核燃料が千度以上の高温を示す放射性物質、3月12日に検出されていたことが明らかに  東京電力福島第一原子力発電所から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が 1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。  経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。事故発生から2か月以上も経過してからの 公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠そうという意図はなかったが、国民に示すという発想が なかった。反省したい」と釈明した。政府の事故調査・検証委員会の検証対象になりそうだ。  検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。測定時間は、1号機で 放射性物質の混じった蒸気が放出された「ベント」の前だった。 ▽読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110603-OYT1T01065.htm?from=main4 実は最初っからメルトダウンしてたのわかってたってことだよね? なのにこんな重大重要な情報を隠蔽していたとしたらなんでかな? こんなこと共産主義国の北朝鮮や中国ならまだしも民主主義国のこの日本で許されるの?