• 締切済み
  • 暇なときにでも

ドラマ「判例」に関する情報をください。

 昔、テレビドラマで「判例」という番組があり、それによって「公害問題」があることを知りました。このドラマの「公害」に対する社会の姿勢への影響は、決定的に大きなものがあったと思っています。  このドラマの企画がどのようして行われたのか非常に興味がありますが、何も分かっていません。  これに関して何かご存知の方はありませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数174
  • ありがとう数41

みんなの回答

  • 回答No.2

 ドラマ「判例」、とありますが、ドラマ「判決」ではないでしょうか?  ――「判例」となると、法律専門用語風なんで。以下は、「判決」のことかと思って、書かせて貰います。――  仲谷 昇さん、南風洋子(漢字が違ったらごめんなさい)さんらが、同じ弁護士事務所の弁護士さんとして、いろいろな問題に取り組まれるものでした。労働問題だったかと思いますが、労働者が自殺して終わりにしてしまったのに、抗議する手紙を送った覚えがあります。  教科書検定の問題を扱ったのは、放映禁止になり、「法学セミナー」という学生向きの法学の雑誌に、脚本が載りました。  お書きのように、「公害」とか、社会問題をいろいろ採り上げられた、硬派のドラマでした。  ギターの主題曲は忘れられません。(低い)ラー・シ ド(普通のド以下も)レミ(また低いのに戻り)シラソー、……だったっけ。  もし、「そうだった」、「判決」だった、とお書き頂ければ、後日、ギターは無理かもしれませんので、何かでメロディーをを入れて、音声添付で再度。  私めも高校・浪人時代に見ていただけで、どのように企画されたのかは分かりません。  古いシロクロTVがDVDで復活しているので、是非復活してほしいものの1つです。  この映画と「逃亡者」(アメリカのドラマ)(これはDVD化されていますが全話ではないのではないかと)を見て、工学志望から法学志望へ方向転換してしまいました。大学受験の試験科目も変わって、志望校には、落ちてしまいましたが。それほど、インパクトがあったドラマでした……。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

「判決」の誤りです。 NET〔現テレビ朝日〕系列で1962年8月から1966年10月まで放送されていした。公害問題に限らず、少年問題など、世の中をかなりえぐった視点で、当時の政府からはあまりよく見られていませんでした。河内桃子、南風洋子らが出ていました。  ドラマの概要  http://www.asahi-net.or.jp/%7Erm1y-frsk/program/anbwed21.htm

参考URL:
http://www.asahi.com/paper/media/misc97/misc1021.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございました。やはり心にのこる番組は、よく見ている人がいたということが分かりました。見る人がいて良い番組ができ、社会のありように影響すると思いました。

関連するQ&A

  • 今年の夏ドラマ

    今年の夏のドラマは始まるのが早い気がするのは私だけでしょうか? いつもは前クールのドラマが終わったあとはスペシャル番組とかを放送して、ドラマが始まるのは最終回の放送か二週間後だったりしたような気がするのですが、今年は一週間後に始まるドラマがほとんどなので・・・。 例年と違うと思ったら、やっぱり3月の地震の影響なのでしょうか?

  • 女社会を舞台にしたドラマが少ない理由

    テレビドラマの傾向として、男社会で生きる女性を主人公にしたドラマや、主要キャストは1~2人の女性(主人公含む)と4~5人の男性という(男性の方が多い)パターンのドラマがほとんどである気がします。 そこで、主要キャストの大半が女性であるドラマとか、女社会をメインに据えたドラマが少ない(ゼロではない)のはなぜかと思ったのですが、それはどうしてでしょうか。営業上の理由だと思いますが、視聴率をとれないとしたら何故でしょうか。

  • 10年程前に放送していたドラマ

    すみません、この前から思い出せなくて気になっているテレビドラマがあります。それは、何もかもうろ覚えなんですが、10年~それ以上前かもしれませんが、テレビ朝日かテレビ東京で毎週金曜か土曜の23時頃に放送していた、短編のホラー系のドラマで「なっちゃん家(?)」 みたいなタイトルの番組を覚えていらっしゃる方、いませんか?もしわかる方、正確なタイトルを教えて下さい!私が1話だけ内容は忘れてしまいましたが、覚えてるのは、元グラビアアイドルの嘉門洋子さんが(主人公だったかな?)出ていたのは覚えています。

  • 越路吹雪さんのドラマ昔なかったですか?

    今、天海祐希さん主演のドラマみました。 で、そんなに大昔のことではないと思うのですが、前にも越路吹雪さんと岩谷時子さんの話でドラマになっていなかったでしょうか? なんとなく記憶の片隅にあるのですが、誰がやっていたのでしょうか? それとも単に、越路吹雪についての企画番組だったのかなあ~ もし心当たりあったら教えてください。 (ちなみにこのみゆきさんの曲・・・コトー先生の曲かと思いました。)

  • 最近のドラマの脚本はマンガばかり・・・

    最近の民放のドラマの脚本がマンガのものがあまりに多いと思いませんか? 昔からマンガが脚本のドラマはありましたが、ここ2~3年でこの類のドラマが一気に増えたと思います。マンガであれば、そのストーリーを知っている人も当然多いわけで、視聴者側もドラマの魅力が減るのも必至です。最近のドラマの視聴率が低調なのもこの辺に理由があると思っています。 一昔前までは、野島さんや北川さんなどの有能な脚本家の制作したドラマが社会現象になるほどの大ヒットを連発していましたが、最近はこの方たちが製作したドラマもめっきり少なくなってしまいました。 今の脚本家の中には他に優秀な人材はいないのでしょうか? 何故、今のドラマ界はこんなにもマンガに依存してしまうようになってしまったのですか? このままでは日本のテレビドラマ界はダメになってしまいますよ。

  • ドラマのタイトル、思い出せない!

    たぶん30年ほど前(もっと?)だと思うのですが、TVドラマで、岸田森が悪者役で出ていた番組。ヒロインは星由里子だと思うのですが、彼女は口が利けない聾唖者の役。荒木道子という女優さんがジキルとハイドのような双子役で、確か岸田森の母親役でした。内容もうる覚えなのですが、ヒロインが潮の満ちた時にしか渡れない島へ閉じ込められ、恐い思いをするが最後には(ショックで?)口が利けるようになる・・・というような。幼い時に見て、切なくて恐くて印象に残っているドラマなのでDVD化されていればもう一度見てみたくて調べています。どなたかご存知では??

  • あなたはドラマの世界にすぐに入って行きますか?

    今朝、NHK連続テレビ小説「おひさま」の最終回を見ました。大変感動的で没入できるドラマでした。 私は、テレビドラマや映画を見て、すぐにその世界の中に入り、感動するとすぐに涙ぐみます。 特に女性が主人公のものは尚更です。 私は50代男性ですが、たぶん、多くの男性とは違い、戦争ものやスポーツものなどよりもむしろ、ヒューマンドラマや家庭もの、恋愛ものなどの方が好きなような気がします。 以前、子供が小さかった頃、NHKで「牧場の少女カトリ」 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/norioh/meigekichiri-katri.htm というアニメドラマを子供と一緒に見て、最高に感動しました。 カトリの貧しくてもけなげに努力する姿勢に大いに共感しました。 その後何回繰り返し、ビデオで見たことか・・・。 さっきも言いましたが、女性が主人公の方が、主人公に共感することが多いような気がします。 皆様は如何ですか? ご回答の際は、性別、年齢も併記して下さい。

  • テレビドラマを観る事、我が家にとっては問題です

    度々お世話になります。 中学2年の娘の事です。 我が家ではテレビドラマを観る事がありません。 意図的に見ないのではなく、興味が無いので積極的にチャンネルを合わせないだけです。 見たい番組が無い事はテレビそのものを消して、本を読んだり、ゲームをしたり、パソコンをしたりと好きな事をしています。 娘が今日、友達数人と映画に行ったのですが、会話がテレビドラマの事に始終してしまい、道中、つまらなかったと言いました。 今回に限った事ではなく、日常的にも「テレビドラマの話でみんなが盛り上がってるから観ないと!!」と言っていました。 ドラマの話が出来ないからと言って決して仲間はずれになっているのではないのですが、友人関係を上手くこなしていく為にもある程度必要なんでしょうか? いつもいつも、「あ、しまった!今日は○○というドラマのあった日だったぁ~!!」と後で気が付く状態です。 点いていれば熱心に見るかというと多分そうでは無いと思いま すが、意識としては残るので話には参加できるかもしれません。 たかが、テレビドラマなのですが、我が家にとっては結構重要なんです。 みなさん、どう思われますか?

  • カットが入らないドラマの名前が分からないです・・・

    カットが入らないドラマの名前が分からないのですが・・・ 番組宣伝か何かで紹介されていたのですが、男女が山道を歩いていると熊に襲われ、山小屋に逃げ込む際、わざと役者に教えていないトラブル(ドアが空かない)を起こして撮影したそうです。 また、シーン間のカットが入っていない(ドキュメンタリーのようなものを目指したらしい)ということで技術的に興味があるのですが、どのドラマだか分からなくなってしまったので教えてください。

  • 3つのピンポン玉が登場する,昔のドラマのOP?

    何年前のドラマかわかりませんが, 「3つのピンポン玉が登場して,さまざまな道や公園などを一緒に飛び跳ねていく」という演出がある オープニングかエンディングがあったドラマを覚えている方いませんでしょうか. 3つのピンポン玉は,そのドラマの登場人物3人を表現していて, 3個のピンポン玉(3人)がくっついたり,はなれたり,と,いろんな苦難を一緒に乗り越えていく, という演出になっているかんじのものです. じつは,私自身は見たこと無いドラマで,よくある「懐かしいテレビドラマ特集」の番組で 見ただけのものです.ですが,私自身にとって非常にインパクトのある映像だったので, あれがいったいなんであったのか,なんというドラマだったのかが,今になって非常に知りたいと思っています. WEB検索でいろいろと調べたのですが,中村雅俊さんの俺たちの○○シリーズ? が近いようなのですが, そのような映像があったような記述が見つかりませんでした. (もしかしたら記憶違いで,,ドラマでなかったり,海外のものなのかもしれません...) どなたか御存知でしたら,お教えください.