• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英語の比較など

(1)Tom is more clever than honest. これが 同一主語の性質と書いてあったのですがどういう意味ですか。 (2)Mother's milk is of great value to babies.  これはどんな構文なんですか。似た表現もあったらおしえてください。 (3)no sooner_thanとscarcely_beforeの構文の違いを教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数83
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(1) 「トムは正直というよりもむしろ利口だ」 Tom と Mike の利口さを比べるなら Tom is cleverer than Mike. 同一人物の性格の比較の場合、比較級は more clever になる、と私も学生時代は覚えていましたが、 比較級が別にあるわけではありません。 more A than B で「B というよりもむしろ A」という言い方で、 A と B に形容詞がきているだけのことです。 普通の比較構文で比較級を作るのでなく、more A than B に当てはめる。 (2) of +抽象名詞で形容詞的な意味になる。 of importance = important で有名。 他に、of use = useful of value = valuable「価値がある」 「とても」と強調する場合は、名詞を強める。 great value, much value など。 (3) no sooner A than B は「A の時期は B より遅いなんてとんでもなく同じだ」 から「A してすぐ B する」 hardly A before[when] B は「B するまでに A はほとんどしてしまっていない」 から「A してすぐ B する」 どちらも A は過去完了、B は過去形を用います。 No sooner, Hardly を前に出すと、had 主語+過去分詞と倒置になるのも同じ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明していたただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

  • ‥するとすぐに~、同じ意味を教えて下さい(;_;)

    …するとすぐに~ hardly(scarcely)…when(before)~ =no sooner…than~ と同じ意味を3つ 少しも…ない far from と同じ意味を4つ 教えて下さい(;_;)

  • 英語の比較の問題で困っています。

    比較の問題で困っています。だれか教えてください。お願いします。 Q(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ(1)~(4)のうちから1つ選びなさい。また、訳もしなさい。 1.Professor Yamamoto is (  ) my mother. (1)twice old as (2)twice older than (3)twice as old as (4)as twice old as 2.My house is (  ) wonderful than yours. (1)no more (2)neither more (3)no much (4)neither much 3.No (  ) student can do better than John in mathematics. (1)other (2)another (3)more (4)any 4.The closer the relationship, the (  ) the chance for the expression of true feelings. (1)great (2)more great (3)greatest (4)greater 5.Mary is beautiful, but her sister is (  ) more beautiful. (1)most (2)much (3)so (4)very 6.Tokyo is the third (  ) city in the world. (1)largest (2)larger (3)large (4)more large 7.This is what annoys me (  ). (1)furthest (2)best (3)deepest (4)most 8.This computer is (  ) to mine. (1)better (2)important (3)efficient (4)superior

  • ややこしい構文

    No sooner had Tom turned on the TV than the fuse blew. という構文が有りますが、意味を考えてもややこしいので暗記物と思いますが、実際文章(例えば小説、論文、映画スクリプト)を読んでいて出くわすことはありますか?また日常会話で普通に使う構文でしょうか?

  • 日常会話における比較構文

    大学受験用の本に載っているいろいろな比較構文は、私にとってややこしいものなのですが、これらは実際に現代英語(文語・口語)で使われているのでしょうか。たとえば以下のようなものです。 たとえば、 ・ 「クジラの公式」(no more~than… 例:クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ)(これについてはTOEIC関連の書籍で「TOEICではクジラの公式は絶対にでない」という記述がありました。そこで現代英語では使われないのかと思いました。) ・ I have no more than 5000 yen.という言い方は日常会話で実際にしますか。only 5000 yenといわずにわざわざno more thanを用いるのはどのようなケースなのでしょうか。 ・ Tom is not less rich than Jim. トムはジムに勝るとも劣らないほど賢い ・ Tom is no less rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちだ ・ Tom is not more rich than Jim.  トムはジム以上に金持ちではない ・ Tom is no more rich than Jim.  トムはジムと同様に金持ちではない ・ not less than 数詞 (at least ではなくnot less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) ・ no less than数詞 =(at mostではなくno less thanを使うのはどのようなケースでしょうか) 英語圏にお住まいのご経験のある方など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。現代英語ではあるけれども、文語的と考えてよいでしょうか。

  • He is more clver than he is fair.は正しいのですか?

    He is more clever than he is fair. という英文に遭遇しました。(英文法詳解 p.542)この英文は正しいのでしょうか。 今まで見てきたこの構文の解説では、than節内部に主語・動詞がある場合はmore clver は cleverer にしなくてはならない、とあります。手持ちの辞書・英文法書ではこの説明が多いです。そんなことどうでもいいとお思いになるかもしれませんが、もしこの英文が正しければ、いわゆる「クジラ公式」が論理的に説明可能になります。自分としては正しい英文であって欲しいと思うのですが、論拠がありません。この英文が正しいと言い切れる方がいらっしゃれば、ぜひ回答くださいませんか?

  • 比較の慣用表現について

    比較の慣用表現で疑問に思ったことがあります。 有名な“鯨構文”で、A is no more B than C is.というのがあります。 ある文法書に以下のような例文が書かれていました。 (著作権もあるので、単語は若干変えています。) 1.I am no more a musician than you are.私はあなた同様音楽家ではない。 2.Yumi is no more beautiful than Kate is.ユミはケイト同様美しくない。 3.Sleeping too much is no more healthy than eating too much.寝すぎは食べすぎ同様健康的でない。 以上の3つの文の中で、どうしても3番だけ引っかかります。 なぜ、Sleeping too much is no healthier than eating too much.だといけないのでしょう? それとも、これは同じ意味なのでしょうか。 同じ文法書に、 This video camera is no bigger than my hand.このビデオカメラは私の手くらいの大きさしかない。 =This video camera is as small as my hand.このビデオカメラは私の手と同じくらい小さい。 とありました。 つまり、この文章は鯨の構文に当てはめると、This video camera is no more big than my hand.となるのではないでしょうか。 でも、3.同様、more bigというならびにどうも違和感を感じます。 ちなみに、別の文法書では、この鯨構文の例文でA is no more B than C is.のBの部分には、tall, nice, big, largeなどの形容詞を用いた例文は一切使われず、beautiful, famous, popularなどの、3音節以上の形容詞(比較級がmore~になるもの)のみで書かれていました。 昔、英語の授業で「比較級の前のno は、主語とthan以下の比べたいものとの間に“差”が無いことをあらわす。その上、noは否定語なので、その後ろの語の意味を覆してしまう。だから、A whale is no more a fish than a horse is.は、『鯨は馬と差がない。』+『鯨は魚ではない』=鯨は馬と同様魚ではない、となる。」と教わりました。 この原理で行くと、 Sleeping too much is no healthier than eating too much. は鯨構文と同じ和訳になるのではないでしょうか? それとも、根本的なところですが、healthyは比較級としてmore healthyもhealthierも取れるのでしょうか? ご解答願います。

  • 英語の勉強をしていて分からない点がいくつかあります…

    こんにちは。 勉強をしていて分からない点がいくつかあるので教えていただけませんか?主に文法に関することです。 お願いします 一 まず不定詞の非制限用法ですが、挿入するかんじで意味を付加する場合は、終わりにもコンマをつける であっていますか? ~my husband, who was injured, ... という風になりますか? 二 「彼より若い世代」とはどうやって表現しますか? The younger than him じゃおかしいでしょうか… また似たような質問ですが、「高等教育を受けてきた人」とはどう表現しますか? a man learned the higher education とかでしょうか? 三 It that構文というのがありますが、こういうのは文法的におかしいでしょうか? Tom seems that he is happy. 四 There is scarcely any man, but loves his own country. という英文があります。 scarcelyのあとのanyは何なのでしょうか?見当がつきません… 五 勉強中に、確か「meanings」という単語が出てきました。 これは[mean]の動名詞の複数形という認識でよいでしょうか? 六 比較級の単元で、絶対比較級というのがありました。 そこにはThe younger や a lower animal、higher educationなどがありましたが、なぜ冠詞がばらばらなのでしょうか? 冠詞はどうやって振り分けるのでしょうか? 聞ける人がいないため六つも上がってしまいました… どうかご親切な方、ご教示願えませんか?

  • それらを発明した人は偉大である

    それらを発明した人は偉大である を英訳すると It is a great person who invent them 強調構文 It is great that a person invent them 形式主語 A person who invent them is great あっていますでしょうか?

  • 英語の比較の問題で困っています。

    比較の問題で困っています。だれか教えてください。お願いします。 Q(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ(1)~(4)のうちから1つ選びなさい。また、訳もしなさい。 1.Solve as many (  ) you can by yourself. (1)as problems (2)of problems (3)problems (4)problems as 2.Telescopes make objects appear closer than (  ). (1)actually are (2)are actually (3)are they actually (4)they actually are 3.Lucy is (  ) of the two girls. (1)the young (2)the younger (3)the youngest (4)the most young 4.He is (  ) than stupid. (1)madder (2)more mad (3)more madder (4)much madder 5.This movie is the (  ) of all the movies this season. (1)more impressive (2)impressive (3)most impressive (4)most impressively 6.My cousin is (  ) in managing time. (1)second to none (2)next to nothing (3)before everything (4)first to everyone 7.It is said that he was (  ) great a scientist as ever lived. (1)as (2)far (3)same (4)such 8.His daughter must be (  ) singer in this village. (1)much best (2)the much best (3)by far the best (4)very the best