• ベストアンサー
  • 困ってます

光の反射と吸収

赤い物体が光の赤を反射して、目が[赤色]を認識する。という解釈でよいですか? 赤が他の光を吸収して[赤]を認識するなら その場合の[吸収]とは光の粒子?がどんな状態になる事ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1073
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

僕は物理に詳しくはないのですが、知っている限りのことで説明すると、光というのは「電磁波」の一種です。非常に波長の短い電波です。物質は電子を持っていますから、光に当たると電磁誘導によって電子が振動します。すると電子は電荷を持っていますから、振動することにより電磁波を発します。それが「反射」した光です。電気をよく通す金属は非常に反射率が高いですよね。電子が動きやすいので反射も大きいという理屈になります。逆にガラスなど光を透過する物質は非常に抵抗の大きい不導体です。タッチパネルなど電気を通す有機物はよくわかりませんが。ある色で反射するってのはそういう振動をする電子が多いってことだと思います。白い反射は早い振動や遅い振動をする電子が混ざっているってことだと思います。黒は物質の内部に篭って熱になってしまうのでしょう。で、赤い反射はその波長で振動する電子の割合が多いってことだと思います。ど素人の考えなので間違っていたら訂正願います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>振動することにより電磁波を発します。それが「反射」した光です。 なるほど。 概念が変わりました。 ありがとうございました。 光の前に 電子から電荷から。。 すべてを理解しまければ理解は出来ないんですね。

関連するQ&A

  • 理科 光が全吸収されると黒??

    小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、 息子が、 『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』 と言うので、 『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』 と言うと、それは事実として納得してくれたのですが、 『分かるけど。変だよ。色は全部混ぜると黒くなるのに・・・。なんか変!』 と言いますし、 親の私自身も、『そうだよね…???』 と、息子と同じ???状態でおります。 ネットで調べておりましたら、 こちらに、 http://okwave.jp/qa/q76825.html 【色の三原色と光の三原色について】 『光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。 絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。』 とのご質問に、 下記のご回答があるのに辿りつきました。 『赤い絵の具からあなたの目に赤い光が届くので、あなたは絵の具の色を「赤だ」と認識するのです。 その点では、赤い絵の具から出るのは「赤い光」です。 ですが、赤い絵の具が赤く見えるのはなぜでしょう? 下で皆さんも書かれている様に、赤の光だけを反射するからです。 もう少し詳しく書きます。 「青い光」と「緑の光」と「赤の光」が、「赤い絵の具」にあたっているとします。 この中から、「青の光」と「緑の光」が「赤い絵の具」に吸収され、「赤い光」だけが反射してきます。 あなたは、この反射してきた「赤い光」を見ているのです。 ここで、「赤い絵の具」に「青い絵の具」を混ぜてみましょう。 「青い絵の具」は、「緑の光」と「赤い光」を吸収します。 すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。 つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。 このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。 今度は光を混ぜてみましょう。 ある所に「赤い光」があったとします。 ここに「青い光」が混ざりました。 光同士を混ぜているので、吸収する物はありません。 素直に、青色+赤色=マゼンタ色(紫に似ている)の光になります。 このように、吸収する物が無いので、光同士は単純に足し算(引き算も)していいのです。』 やっと、あ!なんだか分かりそう?!?! という感触のご回答を探し出せたのですが・・・ 『・・・すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。 つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。 このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。』 の部分が理解できないで困っております。 [全部の色が反射された光を目は白と感じる。全部の色が吸収されれば、目に光は届いてないので黒と感じる。] という理解で宜しいのでしょうか。 もし、上記理解で宜しかったとしましても、 それ以前の、[光の全ての色が吸収される]が理解できず困っております。 私の頭の中では、 例えば、赤を反射するもの(赤)・黄を反射するもの・青を反射するもの、3つを混ぜる=三色を混ぜても、計算上黒にはならないのでは・・・??? (割合的に吸収される光と反射される光のは同じなのでは・・・) と理解できないでおります。 例えば、それぞれに対して、1/10づつ、それぞれの色を反射すると考え、3色を混ぜると、赤(1/30)・青(1/30)・黄(1/30)なので、混ぜたものも反射するのは1/10なのでは・・・と考えておりまして、 これ以上理解がすすみません。 私にも、小学生の息子にも理解できる噛み砕いご説明を頂ければ大変有難いです。 宜しくお願い致します。 ちなみに、息子は、入射角や焦点距離などの理解はできており、鏡・金属の反射などもある程度理解できている様なのですが、 この『光は全反射されると反射している物質は白。全吸収されると黒。』 というのが理解できず、モヤモヤ感いっぱいでおります。 何卒ご回答宜しくお願い致します。

  • 光と色の関係。光の反射と透過

    質問です。 色は、その色の光が反射される事によってその色に見えますよね? 例えば赤い紙は、光の中の赤い色のみが反射されて目に届くので赤く見えるということですよね? では、赤いセロハンなど透過性のものの場合はどうなのでしょうか? セロハン自体が赤く見えるのは、赤い光を反射しているから。 ですが、セロハンを通した光は赤いですよね? 赤い光を反射して赤く見える物体を透過した光が赤いのはなぜでしょうか? 赤い光を反射している物体の透過後の光は、赤以外の色なのでは? と、トイレに入りながらふと思ったのですが、なぜでしょうか?? 宜しければご回答下さい。

  • 色の反射、光に関してです。

    色の反射、光に関してです。 色が見える原理は、いろいろな色の光が混ざった光線が、モノに当たって反射したとき、特定の色の光だけが反射して、目に入るので、それでその色に見えると読みました。 たとえば赤いポストに光が当たると、赤以外の色は吸収され、赤の光だけが反射されるので、そのポストは赤い、と見えるそうです。 そして、どの色も反射せず、全部吸収されると、黒く見えるそうです。 物に当たる光の色(青とか赤とか)により、何色の光を物が吸収して反射するのが決まる、こんな感じでしょうか。 と、まあ、先日以来、ここで私が物に光が当たって反射する時に見える色に関する質問で得た、かなり簡潔した内容です。 ここで、再びギモンが生じました。 ギモン1 物に当たって反射、吸収する色ですが、この場合、どんな色が反射して吸収されるかは、物の材質、温度、湿度などは関係しないのでしょうか。実際身の回りのものは、色が異なるものばかりなので、そう思いました。 ギモン2 例えば、植物は葉緑体があることにより緑色になると学校で習いました。この場合は光の反射・吸収とそれ自身が放つ色とも関係がしてくるのではないでしょうか。 葉緑体以外にも、動植物が持つ自身の性質で自らが色を放つものはいるのでしょうか。 ご存知のい方教えていただくようお願い申しあげます。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

既に回答が出ておる感じですし、No6の方の紹介されているページも分かりやすいですね。 色については、コニカミノルタさんのHP内に「色色雑学」として、参考となるページがありますので紹介しておきます。 http://www.konicaminolta.jp/instruments/knowledge/color/index.html かなりの量となりますが、非常に勉強となると思います。

参考URL:
http://www.konicaminolta.jp/instruments/knowledge/color/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

基礎知識が無くても概念として理解し易いサイトでした。 ありがとうございまいした。

  • 回答No.8
  • Postizos
  • ベストアンサー率52% (1782/3418)

赤く見えるのは赤の波長の光だけを反射するからではなくて、全体の光のバランスが赤に見えるように偏っているからだ、というのは既出のとおりですが。 不思議なことは他にもあります。 例えば太陽の光に較べると電球の光は赤っぽく、カメラなどでホワイトバランスという調整をしない赤っぽく写ってしまいます。ところが人間の眼はその光に馴れて白を白、青い物をちゃんと青と認識します。 これは反射する光の波長そのものではなくて吸収のされ方から色を判断しているからだと言われています。 またランドの2色法と言う実験も知られています。 http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090909 このように色というのは光のほうだけではなくて人間の認識の力、脳の力でもできているということがわかっていますので、質問に即して言うならば「粒子の状態」の物理的変化ではなくて、いろいろな「波長」の光の混ざり方を脳が色と判定すると考えた方がわかりやすいと思います。 まずは色は “粒子の状態ではなくていろいろな波長の光の混ざった状態” を脳が感じているもの、だと考えるのがポイントだと思います。 例えば光の混色はRGBの光の混ぜ合わせで全ての色が表現できますが、現実の光はその中間の波長の光もあるのです。 RGBで全ての色が表現できるのは多くの人間の眼がRとGとBを感じる三種類の細胞と明暗だけを感じる細胞からできているからのようです。 光が粒子か波か、の理論の歴史がこちらにざっと説明してあります。 http://web.canon.jp/technology/s_labo/light/001/11.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ランドの2色法は知りませんでした。 ありがとうございまいした。

  • 回答No.7

No.2です。 物体が光を吸収する、とは、 光は波=エネルギーですので、おおざっぱにいってしまうと、そのエネルギーが、物体を構成している粒子(電子など)の状態遷移を引き起こすことです。そして、物体は、遷移した状態が元に戻るときに、吸収した分(状態遷移に使われた分)のエネルギーを光とは別のエネルギーとして放出するなどします。 光の色については、私は話を単純にするため、いろんな波長の光が混ざって全体として赤になるなどのことは省略して、単に「赤い光のみを反射する」と説明してしまいましたが、No.6さんの説明が正確ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>(状態遷移に使われた分)のエネルギーを光とは別のエネルギーとして放出するなどします。 熱ですか?

  • 回答No.6

何回か答えたことがある質問ですが、多くの場合、 『物体が赤の補色を吸収するので赤く見える』 が正しいです。赤の補色はだいたい青緑なので、 すべての色を含んだ白色光から青緑の光が吸収されてなくなるので赤く見える ということです。例外もありますが。 ここがわかりやすいと思うので参考にしてください。 http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/explanation/20010910.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 また1つ利口になった気がします。 この本を購入して勉強したいと思います。 ありがとうございました。

質問者からの補足

このサイトは以前に見た事があります!! 当時は全く理解出来ませんでしたが 今は分かります!!

  • 回答No.4
noname#157574
noname#157574

No.2さんの補足。  可視光線は波長の短い方から紫,藍,青,緑,黄,橙,赤となり,いずれも目に見えます。また,紫より波長が短い波を紫外線,赤より波長が長い波を赤外線といい,いずれも目には見えません。  可視光線は視力検査で利用されます。具体的にはレッド・グリーンテストで,赤い方がはっきり見えれば近視,緑の方がはっきり見えれば遠視です。波長は赤は長く,緑は短いからです。  また,テニスボールが黄色いのは,波長が赤と緑のちょうど中間に位置しているからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 黒くみえる物は[可視光線を反射しない]と成るのですか?

  • 回答No.3
  • 469437
  • ベストアンサー率38% (185/483)

>赤い物体が光の赤を反射して、目が[赤色]を認識する。という解釈でよいですか? 原因と結果が逆転しています。赤い物体だから光の赤を反射するのではありません。 その物体が、赤以外の光を吸収し、赤の光だけを反射するから、赤く見えるということです。 また反射だろうが、直接光源からくる光だろうが、目に赤い光が入ってくれば赤く見えます。 厳密に言えば、目が「認識」するのでもありません。 目の組織の中の、赤の波長の光に反応する神経が刺激され、脳に信号を送る事により、脳が赤という色を認識しているのです。目には他にも青や黄色担当の細胞もあります。 脳や目の神経がおかしくなれば、違う色に見えるという事もありえます。 >赤が他の光を吸収して[赤]を認識するならその場合の[吸収]とは光の粒子?がどんな状態になる事ですか? 失礼ですが、年齢はどれくらいですか。質問内容からは光というものを正しく理解しているとは思えません。 年齢や知識のレベルを越えた回答をしても、無駄だとおもいますので。 この場合の光は「波」として考えるべきだと思います。 光は、他の光を吸収しませんし、混じりあって、他の光になるということはありません。 プリズムで太陽光のスペクトルを見たことはありませんか。 一つの白い光のようでも、あれだけの光が含まれています。そして分離できるということは、混ざっているだけで、他のものに変わっているのではないということです。 更に、白く「見える」のは、それぞれの光に対応する目の神経が反応し、脳に信号が同時に行く為に、脳が「白い光」と認識しているに過ぎません。 確かに「粒子」としての性質もありますが、それはもっと高度な問題で必要になる概念です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私は中1レベルだとご理解下さい。 この世の中の何割の人が、光を[正しく理解]しているでしょう? 厳密に言うなら[居ない]のでは。。 赤く見える物は[赤い]のではなく、 [赤の光だけを反射する物体]という解釈で合っていますか? >確かに「粒子」としての性質もありますが、それはもっと高度な問題で必要になる概念です。 光の波動性が反射や屈折などの現象を起こすのなら 粒子性はどうなっているのでしょう? 光波を吸収する。という概念を「さて、リンゴはいくつでしょう」的に 説明してもらえたら嬉しいのですが。

質問者からの補足

>[赤の光だけを反射する物体]という解釈で合っていますか? すいません。 これは間違いだと気付きました。

  • 回答No.2

赤い物体は、その表面で赤の光を反射し、他の光は反射せずに吸収します。 そのため、目には、赤の光しか届きません。 ちなみに、光は波で、赤い光とは、波長が長い光のことです。 目には、赤(長波長)の光を受けたときに最も強く反応する神経みたいなものがあって、この神経が反応したとき、赤が見えていると感じます。 ちなみに、目には、赤に反応する神経以外に、緑(中ぐらいの波長)、青(短波長)の光に反応する神経があり、この3種類の神経の反応の組み合わせによって、いろんな色を見分けています。 他にも、明暗に強く反応する神経もありますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 >他の光は反射せずに吸収します。 この時の概念?が分からないのでお願いします。

  • 回答No.1
noname#194289
noname#194289

光は波長をもっていてある範囲の波長はそれぞれの感覚の色に対応しているとすれば、赤色に見えるというのは赤に対応した波長の光が眼の中に入ってくるということになると思います。つまり赤色に見える物体の表面で赤以外に対応する波長の光が吸収されているということではないでしょうか。光の吸収というのは物体の電子が関係していると理解しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 >光の吸収というのは物体の電子が関係していると理解しています。 その辺を詳しく教えていただけたら嬉しいです。

関連するQ&A

  • 光の屈折、反射、吸収

    光の屈折、反射、吸収に関する質問です。良くわかっていないので質問自体間違っているかもしれません。 質問1 光は屈折によって弱まることはないんでしょうか? 例えば吸収率0の物質によって屈折を延々と繰り返した光は、屈折を繰り返した前と後で全く同じエネルギーを持っているんでしょうか。屈折により方向を変えた光はエネルギーを失わないんでしょうか。 質問2 光は反射する際、タイムロスしないんでしょうか? 例えば真空かつ無重力の空間で光を発射し30万Km先に届く時間と、15万Km先に反射板(鏡)を設置し反射して戻ってくる時間は完全に一致しているんでしょうか? 完全に一致しているとすると、反射物質に吸収され放出される時間は0という事になりますが、日常の常識的に考えると吸収して放出するんだからそれが全く同時に行われるというのは想像しにくいんですが、説明お願いします。また、タイムロスがあるとすると最も早く反射する物質は何なんでしょうか。その時間はどのくらいなんでしょうか。 質問3 光を吸収した原子はその分のエネルギーもしくは質量をどこに持つんですか? あと、光を吸収する物質と、光を吸収し放出する物質(反射する物質)は原子レベルでは何が違っていて、振る舞いが異なるんですか? その違いは何なんでしょうか? いっぱい質問してすいません。一つでもいいので、やさしく教えてください。よろしくお願いします。

  • 光と熱。反射と吸収。

    光はなぜ、黒いものに吸収され、白いものには反射するのですか? それと、なぜ、吸収された光は熱を持つのでしょうか? 教えて下さい! よろしくお願いします!

  • 色の反射に関してです。

    色の反射に関してです。 本日の新聞の科学のコラムに次のような文が掲載されていました。 リンゴは私達には赤く見えます。これはリンゴが「赤以外の色の光を吸収して、赤色の光を反射している」からなのです。 同様にピーマンは「緑以外の色の光を吸収して、緑色の光を反射している」から緑色に見えるのです。 と書かれています。 夕日が赤い、海が青いのは光を構成する虹色の7色のうち反射する色、反射しない色で説明されている事があります。上記のはそれと同様のことで説明されているのだと思います。 ギモン でもリンゴやピーマンはそれ自体が赤色や緑色をしているのも事実です。暗いところにリンゴやピーマンを持っていけば色が川津かと言えばそうではないです。その一方、上記のようにリンゴが「赤以外の色の光を吸収して、赤色の光を反射している」からとも書かれています。 私的にはスゴク矛盾なのですが、ご説明できる方、ヨロシクお願いいたします。

  • 光の反射と屈折について

    光の屈折と反射について教えてください。 光がある屈折率が大きい透明体を通過する際、物質中では電子に邪魔をされて光の速度が遅くなっていて、その物質から出た瞬間、またもとの光速に戻ります。そのときの 光のエネルギーの変化はどのようになっているのでしょうか?物質での吸収分や光速が戻ったときの光の状態に変化は? また、反射についても、ホイヘンスの原理でもいきなり 境界面に平面波が当たると反射するところから解説してあって、光が当たった面で一端エネルギーが吸収されて 入射光と同じ角度で逆向きの光を放出する現象とは書いてありません。このような解釈でよいのでしょうか? そのときも、入射光と反射光ではエネルギー変化がありそうですが。その辺がよくわかりません。

  • りんごはなぜ赤いのか?なぜ赤だけ反射?

    りんごが赤色の光だけを反射するのはなぜですか? 反射するのはその波長、色が必要ないからだと聞きました。 必要ない。というのが、どうしてなのか知りたいのです。 りんごは育ち初めの頃は白に近いのかな、 それは白が一番光を吸収できて成長できるから? それで成長しきったら熟しすぎないように赤色を反射したいから赤になるの? こういう解釈でよいのでしょうか? では青りんごは?黄色っぽい梨は?ぶどうは?マスカットは?バナナは? なぜ必要ない色がそれぞれあるのでしょう? どうして必要ないのかわからないです。 秋に成長する果物は光があまり手に入らない為、 光を吸収しやすい色になってるのでしょうか? 暑い場所、太陽がたくさんの国に鮮やかな果物が多いのは 果物が太陽の強い光を浴びすぎないように色を反射したいということから 色がよくつくのでしょうか? りんごやさくらんぼはなぜ赤なのか?同じように見える赤りんごと青りんごの違いは? バナナやみかんはなぜ黄色なのか? 葉やライムはなぜ緑なのか? ぶどうはなぜ紫なのか?マスカットとぶどうって色違いなだけで同じものに見えるけど、 なぜ必要としている色が違うのでしょう? 最終的に赤に育つ果物と黄色に育つ果物の違いは何ですか? 子供を成長させたいなら赤を着せるといいと聞きました。 黒い服を着せると育たないと聞きました。 全ての色を吸収する白より赤がいいのはなぜでしょう?

  • 色は光を吸収する

    私は中学2年です。黒は光を吸収するといいます。その反対にしろは吸収せずに反射します。でゎ赤や青や黄は、どのいろが一番光を吸収するのか?とおもいパソコンで調べてみましたが、私にはむずかしくてよく意味が分かりません。中学2年の私にもわかるように説明してくださるかた教えてください。光をよく吸収するのは色の濃い順番なんでしょうか?

  • 色と光の関係+赤外線反射物質

    以下の質問に対する回答と、間違っている文章がありましたらご指摘ください。 ・リンゴ 青緑色の光を吸収し、それ以外の光は反射 →青緑色の補色である赤色をリンゴの色として認識 Q1.リンゴが不透明であるのは、透過率がゼロだから?散乱しているから? Q2.半透明とは? ・ガラス 可視光線領域の電磁波の吸収帯がない為、可視光線を反射もしくは透過。 ※透明であるのは、吸収・散乱がない為。 Q3.赤外線を反射させる物質とは、赤外線領域に吸収帯を持たず、散乱するということ? Q4.かき氷等の光の散乱の際、可視光線以外の電磁波(赤外線等)も散乱している? どうぞよろしくお願いします。

  • 光の見え方

    リンゴが赤く見えるのはリンゴの皮が赤以外の光を吸収し、赤だけを反射しているからですよね?? じゃぁ、リンゴにあたって反射した光が、青いものに反射して目に入った場合、それは何色に見えるんですか?? また、もし青に見えるのであれば、それはなぜですか??

  • マンガンの光の反射/吸収率が分かる資料を探してい…

    マンガンの光の反射/吸収率が分かる資料を探しています レーザ光(波長1070nm)に対するFe、Ni、Mn金属元素のレーザ光吸収率 (もしくは反射率)を調べています。Fe、Niについては情報入手できましたが、Mnの吸収率が分かりません。 情報お持ちの方は、お教えて頂けませんか? 温度条件は常温(20℃)です。 宜しくお願いします。 光の波長と吸収率グラフ http://www.nstr.co.jp/rezaddl.htm

  • 光の吸収

    以前から疑問に思っていたことなのですが、黒が一番光をよく吸収する事がよくわかりません。『なぜ』なのか…。 いろいろなサイトを見てみたのですが、黒は光の色が全て集まった色とかかれています。 でもなぜそうなると光を吸収するのですか? 物体は自分の持っている色意外を吸収すると学習しましたが…。 だれか教えて下さると嬉しいです。 すぐではなくてもいいので教えてください。

専門家に質問してみよう