• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

非嫡出子の相続権は法の下の平等に反しませんか?

非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言いますが、非嫡出子は、下記の民法の条文により嫡出子の相続分の半分ということになります。 民法第900条  法定相続分 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 昨年結婚していない男女から生まれた「非嫡出子」について、遺産の相続分を嫡出子の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうかが争われた審判をめぐる特別抗告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は、審理を裁判官15人で審理する大法廷(裁判長・竹崎博允長官)に回付した。回付は7日付との事 過去には7年の大法廷決定は「民法は法律婚主義を採用しており、非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1とした規定が著しく不合理で、立法の裁量判断の限界を超えているとはいえない」と判断していましたが、今年中に最高裁大法廷で改めて憲法判断が示されると思いますが皆さんはどう考えますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数698
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

違憲判決が出た場合、憲法に違反している条文を放ったらかしすることは出来ないので刑法200条と同じように削除するか、或いは改正するしかありませんね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり違憲判決が出た場合は条文の削除か改正ですね。

関連するQ&A

  • 兄弟姉妹が相続する場合

    被相続人に配偶者、子が無く直系尊属も既に他界しているため兄弟姉妹が相続する場合において、被相続人の父親とその愛人の間に認知した非嫡出子がいる場合、この人も当然に法定相続人となるのでしょうか。 その場合、半血兄弟の1/2と非嫡出子の1/2で嫡出子兄弟の1/4となるのでしょうか??

  • 非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について

    非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について 法定相続分の割合(非嫡出子は嫡出子の1/2の解釈)について質問です。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子1人(D)の場合、 法定相続分はB・Cが各2/5、Dが1/5・・・というのはわかりました。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子2人(D・E)の場合の 法定相続分なんですが、 (1)「B・Cが各2/5、D・Eが各1/10」という意見と (2)「B・Cが各1/3、D・Eが各1/6」という意見にわかれたんです。 (1)は「非嫡出子全体は嫡出子1人の1/2」 (2)は「非嫡出子1人は嫡出子1人の1/2」という解釈です。 どちらが正しいのでしょうか? 色々検索しても非嫡出子が1人のケースしか見当たらないものですから・・・ よろしくお願いします。

  • 嫡出子と非嫡出子の相続

    A男、B男、C子(妻)の三人兄弟です。 A男・B男は、非嫡出子です。C子は、嫡出子です。(男親が同じ) 両親・祖父母は、すでに他界しています。(親の相続は済み) A男は、配偶者のみです。 この状況でA男が亡くなった場合、配偶者三分の二。 残りを、B男、C子で相続する権利があると言う事でしょうか?(要は、嫡出子・非嫡出子で違いがあるかと言うことです) また、配偶者、B男、C子が相続放棄した場合は、B男、C子の子供に権利が移ると思いますが、この場合、子供も相続放棄した場合、そこで終わりになるのでしょうか?(A男は、+財産より、-財産が多い) よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

仮に違憲判決が出たとしましょう。 では、提訴関係者以外、いったいいつからの適用になるのかと思うとその辺を整理しないと相当の混乱を起こしそうです。 話をわかりやすくすると、提訴関係者の被相続人が、平成元年1月某日にお亡くなりになった関係者の訴訟だったとします。では、平成年間の同じケースで、まだ争ってるケースはともかく、遺産分割協議がまとまってるのは無効になる、ならない、蒸し返しも発生しそう。昭和年間に発生した相続で争ってるケースでは?改正法から適用?まてずに訴訟を起こすなら、この判例に沿って、、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

条文の削除か改正を行っても方の効力を何処の時点にするのかが問題ですね。

  • 回答No.2

過去のしきたりから、小法廷から大法廷に回したということは、従来の判例を変更することを意味しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。違憲判決が出たら国会は民法改正を図らなくてはならないと考えて間違いないでしょうか?

  • 回答No.1

審理を裁判官15人で審理する大法廷に回付したということは非嫡出子の2分の1は違憲だ、との判断を下す可能性大ということなんでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大法廷の回付したということは違憲判断がでる可能性が大と受け止めてもいいですか。

関連するQ&A

  • 非嫡出子や、孫の相続権について

    下記の事例において子や孫の相続権で 分からないことがあるので教えてください。 被相続人である男性Xは生前は直系尊属はおらず、 前妻Aとの間に長女Bとその長男(Xの孫)Cがおり、 後妻aとの間に長女bがいた。 Xの死後、三ヶ月してからbが男児c(Xの孫)を出産。 法廷相続人である前妻との子Bと後妻aとその子bは、 Xの死後一年経過してから遺産分割協議を開始。 この場合、Xの孫にあたるCやcは それぞれ代襲相続以外に相続権を得るという ことはありえ無いのでしょうか? また、後妻との子bは婚姻準正によって嫡出子となったが Xと後妻aとの婚姻が遺産分割前に無効になった場合、 どんなことがあっても、bは非嫡出子に戻ってしまうのでしょうか? ややこしい書き方になってしまいましたが ご教授のほどよろしく御願いいたします

  • 民法901条1項について

    初学者です。 民法901条1項の「ただし、直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。」について、つぎをふまえてやさしい具体例(できましたら、仮の名称「A」などを使用する事例等を提示いただければ幸いです。)をあげてやさしく教えてもらえませんでしょうか。 (1)「直系卑属が数人あるときは」の「直系卑属」とは「代襲相続する者」のことでしょうか。 (2)「その各自の直系尊属が受けるべきであった部分」の「各自」とは「各代襲相続する者」のことでしょうか。 (法定相続分) 第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 (代襲相続人の相続分) 第九百一条  第八百八十七条第二項又は第三項の規定により相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じとする。ただし、直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。 2  前項の規定は、第八百八十九条第二項の規定により兄弟姉妹の子が相続人となる場合について準用する。

  • 非嫡出子の父親はその非嫡出子の相続人になれるか?

    父親がなくなったときの相続について嫡出子と非嫡出子が同じ権利を持つことになりました。 この趣旨は、相続に関するかぎり嫡出子と非嫡出子を同等の兄弟として扱う、ということに あると思います。 そこで質問ですが、自分の財産を持つ非嫡出子が子供なしのまま亡くなったとき、その父親は 非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか? さらに、その父親がすでに亡く なっているとき、父親の嫡出子は非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか?

  • 非嫡出子の相続分について

    非嫡出子は、嫡出子の相続分の半分。 というのが一般的だったと思うのですが。 2、3年ほど前に、 「嫡出子と非嫡出子の間の差をなくそう」とかいう感じで、 嫡出子も非嫡出子も同じ兄弟のように等分に相続する、 というようなことを司法書士講座で習った気がするんですが・・・ そういう判例はすでに出てるんでしょうか? それともこれは「そうなる方向に法律改正がされるだろう」といった趣旨だったんでしょうか・・・ ちょっと混乱しています。 現在ではすでに嫡出子と非嫡出子の差は埋まっているんでしょうか?

  • 割合について教えて下さい。

    割合について教えて下さい。 法廷相続の割合なんですが、 ?の条件 ・配偶者 1/2 子1/2 ・子が何人かいれば子の分1/2を均等割する(実子、養子の区別はなし) ・非嫡出子は嫡出子の1/2 ・子がすでに死亡の場合、孫が代わって相続 この場合、相続される割合は 配偶者 全体の1/2 実子2・養子・孫(実子1の代わり)の3人 1/2×1/3=1/6 【配偶者の残り1/2を均等割】 非嫡出子 1/6×1/2=1/12  【非嫡出子は嫡出子の1/2】 と考えたのですが、実際は 配偶者 全体の1/2 実子2・養子・孫(実子1の代わり) 全体の1/2×{2/(2+2+2+1)}=1/7ずつ 非嫡出子  1/2×{2/(2+2+2+1)}×1/2=全体の1/14 この(2/2+2+2+1)の分子と分母の意味がわかりません。 また、非嫡出子の割合になぜ2回も1/2が掛けられてるのでしょうか。 ?の条件 ・配偶者 3/4 ・兄弟姉妹 1/4 (何人かいれば1/4を均等割) ・異母兄弟は兄弟姉妹の1/2 ・兄弟姉妹が死亡の場合はその子(本人から見ておい・めい)  が代わって相続 この場合、相続される割合は 配偶者 全体の3/4 おい・めい 1/4×1/2=1/8【配偶者の残り1/4を均等割】 異母弟 1/8×1/2=1/16 【異母弟は兄弟姉妹の1/2】 と考えたのですが、実際は 配偶者 全体の 3/4 おい・めい 1/4×{1/(1+1+1)}=全体の1/12 異母弟1/4×{1/(1+1+1)}=全体の1/12 だそうで、やはり おい・めい二人で1/4を分けるのに、どうして1/2を掛けるのではなく、 {1/(1+1+1)}=1/3を掛けるのか、異母弟の場合、割合を求める式そのものが ナゾで、なんどやってみても答えが合いませんでした。 何かが間違ってるんだと思うんですけど、どうしてもわかりません。 添付図なんですが、本人(死亡)が被相続人で、黄色が法廷相続人、 青色が死亡してる人です。 よろしくお願いします。

  • 遺留分はなくても相続権はある?

    遺産を最低限これだけはもらえるという権利、遺留分。 実はこれ、親とか子、配偶者などにしかなくて、兄弟姉妹にはないというのを見かけました。 配偶者か直系尊属か直系卑属ってことですよね。 でも、兄弟姉妹も法定相続人になると思っていたのですが違うのでしょうか? 法定相続人なのに遺留分はない? それとも法定相続人にもなれない? 例えば僕と弟がいて両親が死んでいるとします。 僕がとんでもない金持ちで、子供を作ることも結婚することもなく、生涯独り身で死んだ場合、遺言書で弟に相続させるということを残しておかないと、弟は相続できず、遺産は国庫に入ってしまうということでしょうか? それとも何も遺言書を残していなければ弟が自然と法定相続人になり、もし他人に譲ると遺言書に残していれば弟は泣き寝入りという形? 下手な遺言書を残さなければ、弟に自然と渡るのでしょうか? 兄弟姉妹のいる独り者は、兄弟姉妹に譲るという遺言書を残しておいた方が良い?

  • 嫡出子と非嫡出子の相続について

    今試験の勉強中なのですが、過去問をみると非嫡出子と嫡出子の相続について二分の一しかもらえないというのは違憲ではない。という問題が正答でした。 しかし、現在非嫡出子と嫡出子の相続分は平等になっていますよね? これは違憲だから改正されたのではないのでしょうか? 読み辛い文で申し訳ありません。どなたか回答お願いします

  • 非嫡出子の相続について

    あくまでも例としてですが・・・ 妻子ある男性との間の子供は、父親の遺産を相続するには、 ・父親の認知が必要ですか? ・認知される=嫡出子ではないのですか? ・非嫡出子が嫡出子となるケース ・非嫡出子として相続する場合の条件は? 無知なので教えてください。よろしくお願いします。

  • 兄弟姉妹が相続する場合 その2

    QNo.3354617での質問の続きとなります。 被相続人に配偶者や子が無く、かつ、直系尊属も既に他界しているため兄弟姉妹が相続する場合において、 被相続人の全血兄弟Aと 被相続人の親が縁組みした養子(血縁関係なし)Bと 被相続人の父親の前妻との間の半血兄弟(養子縁組なし)C の法定相続分は民法900条4の規定から 全血兄弟A 相続財産の2/5 養子(血縁関係なし)B 相続財産の2/5 半血兄弟(養子縁組なし)C 相続財産の1/5 という理解で正しいでしょうか。 兄弟姉妹の相続の場合、親の嫡出子、非嫡出子が考慮されないとするのでBが全血兄弟と同じとなることには少し違和感があるのですが他に血縁のないBが不利になるような規定はありますでしょうか。

  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合の相続

    ネットで調べると、被相続人に子も直系尊属もいない場合の法定相続人の範囲についての説明では、概ね「子も直系尊属もいない場合、被相続人の配偶者と第3順位である兄弟姉妹またはその代襲相続人(甥・姪)が相続人になります。」という説明がされています。 この場合についてもう少し具体的に知りたいのですが。 複数の兄弟姉妹がいて、そのうちの一部は既に亡くなっているが一部はまだ生存しているという場合、亡くなっている兄弟姉妹の子供(甥、姪)は、代襲相続人として法定相続人に含まれるのでしょうか? つまりこの場合、法定相続人は、生存している兄弟姉妹および亡くなっている兄弟姉妹の子供(甥、姪)の両方である ということになるのでしょうか? それとも、法定相続人は生存している兄弟姉妹のみとなるのでしょうか?