• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

非嫡出子や、孫の相続権について

下記の事例において子や孫の相続権で 分からないことがあるので教えてください。 被相続人である男性Xは生前は直系尊属はおらず、 前妻Aとの間に長女Bとその長男(Xの孫)Cがおり、 後妻aとの間に長女bがいた。 Xの死後、三ヶ月してからbが男児c(Xの孫)を出産。 法廷相続人である前妻との子Bと後妻aとその子bは、 Xの死後一年経過してから遺産分割協議を開始。 この場合、Xの孫にあたるCやcは それぞれ代襲相続以外に相続権を得るという ことはありえ無いのでしょうか? また、後妻との子bは婚姻準正によって嫡出子となったが Xと後妻aとの婚姻が遺産分割前に無効になった場合、 どんなことがあっても、bは非嫡出子に戻ってしまうのでしょうか? ややこしい書き方になってしまいましたが ご教授のほどよろしく御願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数312
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#83227

孫が相続人となるのは代襲相続以外にあり得ないというのは既に回答のあるとおり(但し理由は“法律上認める規定が一切ないから”です)なのでもう一方の質問。 婚姻が無効の場合は準正は生じなかったことになります。よって非嫡出子に戻ると言うか、初めから準正により嫡出となりはしなかったということになります。我妻先生の記述によれば、「婚姻が無効である場合には、当事者の間に夫婦としてのなんらの効果を生じないことは、いうまでもない。したがって、たとい、その間に子が生まれても嫡出子とはならない」とあり、無効ではあるとは言え一応の婚姻中に生まれた子ですら嫡出とならないのですから、無効な婚姻すら存在しない内の子が無効な婚姻を理由とする準正により嫡出となると考える余地はありません。無効の場合は初めから効力がないので、“取消すまでは一応有効”である取消しとは異なり、法律上は“初めから何の利益も得ていない”ので、子の利益を特に害しないのです。 ちなみに婚姻の無効事由は条文上は二つ(通説的には一つ)しかありません。一つは婚姻意思がなかったこと。もう一つは婚姻届を出していないこと(通説はこれは無効事由ではなく、不成立事由と捉える)。これ以外の事由で婚姻が無効となることはありません。 例えば子に嫡出性を与えるための偽装結婚は婚姻意思を欠き無効とするのが判例(最判昭和44年10月31日)です。この判例の内容は確認していませんが、もしかすると婚姻準正によって嫡出子としての身分を取得したかどうかを争う前提として婚姻の無効を争った事例なのではないかと思います。だとすれば、まさに婚姻無効により準正は生じないということになるはずです(そうでないなら前提として論じる意味がないので)。 届出をしなければそもそも法律上は婚姻が成立しないのですから、これを無効事由であると考えるかどうかはともかく、実際上は、婚姻意思がなかったことを争っているのでない限りは、無効の主張は認められません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 とても勉強になりました。 後妻はXと、婚姻準正で嫡出子になった子aと3人で何十年も同居した 内縁関係があり、Xの意思の不存在は証明され難い状態です。 しかし前妻との子Aは、本人Xの署名は他の書類と偽って 誤認させたうえで書かせたのではないかと主張する予定だそうです。 どうなるかわかりませんが、故人である本人の意思に添った 結果を望みます。。

関連するQ&A

  • 非嫡出子の相続について

    あくまでも例としてですが・・・ 妻子ある男性との間の子供は、父親の遺産を相続するには、 ・父親の認知が必要ですか? ・認知される=嫡出子ではないのですか? ・非嫡出子が嫡出子となるケース ・非嫡出子として相続する場合の条件は? 無知なので教えてください。よろしくお願いします。

  • 嫡出子と非嫡出子の相続について

    今試験の勉強中なのですが、過去問をみると非嫡出子と嫡出子の相続について二分の一しかもらえないというのは違憲ではない。という問題が正答でした。 しかし、現在非嫡出子と嫡出子の相続分は平等になっていますよね? これは違憲だから改正されたのではないのでしょうか? 読み辛い文で申し訳ありません。どなたか回答お願いします

  • 非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について

    非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について 法定相続分の割合(非嫡出子は嫡出子の1/2の解釈)について質問です。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子1人(D)の場合、 法定相続分はB・Cが各2/5、Dが1/5・・・というのはわかりました。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子2人(D・E)の場合の 法定相続分なんですが、 (1)「B・Cが各2/5、D・Eが各1/10」という意見と (2)「B・Cが各1/3、D・Eが各1/6」という意見にわかれたんです。 (1)は「非嫡出子全体は嫡出子1人の1/2」 (2)は「非嫡出子1人は嫡出子1人の1/2」という解釈です。 どちらが正しいのでしょうか? 色々検索しても非嫡出子が1人のケースしか見当たらないものですから・・・ よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • waosamu
  • ベストアンサー率39% (110/281)

>代襲相続以外に相続権を得るという ことはありえ無いのでしょうか?  無いと思います。相続権は自らより優先順位の相続人がいないから 得られる権利なので、先順位の相続人がいる(もちろん、欠格事由などに該当しない)なら、相続権はないでしょう。 >bは非嫡出子に戻ってしまうのでしょうか?  戻らないと思います。 婚姻取り消しの効果は未来にのみ及ぼす旨の規定があります。 (民法748条) これは、子供の福祉のためと言われてます。 子供の一旦得れてた権利が覆されるのは良くないってとこでしょうか。  ただ、無効ですからね。取消と違うのでその辺が自信がありません。 748条を前提とするなら、嫡出子もありうるので どっちもありうることは念頭においてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 取り消しについての効果は定義されているのですね。 無効の場合は過去に遡って追認するかどうか。。 場合によりけりなのですね。

  • 回答No.1

>この場合、Xの孫にあたるCやcは >それぞれ代襲相続以外に相続権を得るという >ことはありえ無いのでしょうか? 法定相続ではそのとおりです。現在の配偶者とお子さんで分けることになります。孫に遺産を分けたければ、遺言を残しておくべきでしたね。 次に、婚姻が無効となった場合の婚姻準正の扱いですが、議論の意味のあるケースなんでしょうか。たしかに無効となれば取消と異なり、婚姻ははじめからなかったものとして扱われるのでしょうが、無効事由があるのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答え、ありがとうございます。 やはり無効となれば長女bも非嫡出子ですよね。 本当に、遺言は大事です。。

質問者からの補足

すみません、あまり詳しく書けないのですが、 後妻aは婚姻無効確認調停中なのです。 明確な無効事由もない状態ですが、 aが無効にならないとも限らないと思い 質問させていただきました。

関連するQ&A

  • 非嫡出子の相続権は法の下の平等に反しませんか?

    非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言いますが、非嫡出子は、下記の民法の条文により嫡出子の相続分の半分ということになります。 民法第900条  法定相続分 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 昨年結婚していない男女から生まれた「非嫡出子」について、遺産の相続分を嫡出子の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうかが争われた審判をめぐる特別抗告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は、審理を裁判官15人で審理する大法廷(裁判長・竹崎博允長官)に回付した。回付は7日付との事 過去には7年の大法廷決定は「民法は法律婚主義を採用しており、非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1とした規定が著しく不合理で、立法の裁量判断の限界を超えているとはいえない」と判断していましたが、今年中に最高裁大法廷で改めて憲法判断が示されると思いますが皆さんはどう考えますか?

  • 嫡出子

    嫡出子と非嫡出子の相続差別についてなのですが、 非嫡出子が嫡出子の民法改正するまで2分の1でした。 その際合理的差別とは言えないと なっていたのですが、合理的差別とはなんですか?

  • 宅建の相続の嫡出子か否かについて。

    ご質問致します。 「AとBが婚姻中に生まれたAの子Cは,AとBの離婚の際,親権者をBと定められたが,Aがその後再婚して,再婚にかかる配偶者がいる状態で死亡したときは,Cは法定相続分はない。」 という問題がありました。こちらの正解は×で、法定相続分があるのはわかるのですが、子Cは相続の際、嫡出子なのか、それとも非嫡出子扱いなのかがよくわかりません。 再婚した配偶者からしたら非嫡出子ですよね? なので非嫡出子扱いだろうとは考えているのですが、確証がありません・・。 ご回答を宜しくお願い致します。

  • 母親の相続、嫡出子・非嫡出子の相続割合について

    実は本スレッドの別の質問で私が答えたものが有りますが、他の回答者との意見が真っ向から対立してしまいました。元質問者の為にもどなたかで正解・解説をお願いしたいのですが、宜しくお願いします。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2144441 女性:甲の相続の問題です。最初の結婚で先夫:乙との間に2子(A・B)を設けたが理由有って離婚となり、その後別の男性:丙との内縁関係の中で1子(C)を設けるが結婚届けは出さずに、丙からは子供の認知を受けるに留まっていた。この度この女性の相続が問題となっており、A・B・Cの間の相続割合はどうなるのか、という点で2説出ています。 1. A・Bが甲乙との関係で嫡出子、Cが甲丙との関係で非嫡出子なので、A・Bに対するCの相続割合は半分となり、A:B:C=2:2:1の相続割合になる。 2. 嫡出子・非嫡出子の問題は父親に対する相続の問題であり、実の母親に対する関係ではA・B・Cの相続割合は同等であり、A・B・C各々が1/3の相続割合を有する。

  • 遺産分割の割合が、よく理解できません

    以前に http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2023302 でご回答をいただいたものです。 一人の女性が産んだ子は全てその女性の子ですが、 婚姻中に産んだ婚姻相手との子は嫡出子であり、それ以外の子は非嫡出子であることは、わかりました。 しかし、今回の財産分与は母親のものでDのものではありません。相続は戸籍ではなく「血縁関係」だと聞いたことがありますが、A、B、Cは父親が違っても完全に母親との関係は同等ですよね。なぜCの遺産分割の割合は5分の2になってしまうのでしょうか。 どうかよろしく願いいたします。

  • 非嫡出子の遺産相続額1/2違憲判決?

    非嫡出子の遺産相続差別が違憲とされましたが、一夫一婦との関係はどのようにされているのでしょうか? 一夫一婦が違憲とされる可能性ありますか?

  • 法定相続の計算方法について

    被相続人Aがいたとします。 配偶者Bには2/1 嫡出子には2/1 非嫡出子には嫡出子の2/1 そういうルールはわかるのですが。 計算方法がいまいちよくわかりませんのでご教授おねがいできませんか?? 例)被相続人A 配偶者B 嫡出子がCとD 非嫡出子がEとF Aの養子の子がY とした場合、とりあえず配偶者には2/1 嫡出子CとDが配偶者の2/1を分ける 非嫡出子EとFが嫡出子の2/1を分ける 養子は配偶者の2/1をそのままもらうであってますでしょうか? その時の、計算方法をおねがいします><。

  • 非嫡出子の権利問題について

    よろしくお願いいたします。 昔母親から言われたことがあります。 私が生まれた際の出生届において、嫡出子かどうかの選択を間違えた記憶があるとのことでした。 嫡男=長男と混同し、次男である私を非嫡出子として届出したとのことです。 母親もまだ健在ではありますが、40年近く前のことを記憶の中で考えても意味が無いとも思います。 しかし、将来発生するであろう母からの相続で他の兄弟と問題になっても気分が良くありません。 戸籍謄本などで確認ができるのでしょうか? 影響がある事柄かはわかりませんが、私の戸籍を見る限りでは、母と婚姻関係にある父が父として記載されています。父母は婚姻関係が途絶えたことはなく、現在も父母ともに健在です。 もしかしたら、当時の手続きで誤った手続きが発覚して対応済みなのかもしれません。 戸籍関係に詳しい方、よろしくお願いいたします。

  • 義理の兄弟の相続権について

    被相続人(A)の母親は死亡しています。父親は再婚し、後妻との間には実子(B)がいます。 直系卑属はすべて相続放棄しており、直系尊属が全員死亡している場合、兄弟に相続権があると思いますが、この場合「Aの実の兄弟が全員死亡していると、義理の兄弟Bに相続権があるのでしょうか?」。「Aが後妻と養子縁組されていないと、Bには相続権がないのでしょうか?」。 どうか御教示よろしくお願いいたします。

  • 認知した父親の相続権について

    Aさん夫婦がいます。夫婦に子供はいません。奥さんは、いわゆる非嫡出子です。もし奥さんが亡くなり、その時点で、認知した父親が健在な場合。この父親にも相続権はあるのでしょうか。教えてください。