• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自己インダクタンスの周波数特性について

実験で、自己インダクタンスの周波数特性を測定しました。 結果は10kHzまではほぼ一定の横ばいで 10kHzから20kHzまで上昇し続け、20kHzをピークに落ちていきました。 どうしてこのように一定にならなくなるのでしょうか?理想的なインダクタンスは変化しないはずですが、 なぜ変化するのでしょうか? 2時間検索しましたがわかりません・・・ 私が知りたいのは 1、なぜ一定ではなくなるのか。 2、20kHzで訪れる自己インダクタンスの値のピークの原因はなにか。 3、20kHzを超えた後、減少し続けるのはなぜか。 ということです。 調べると、「共振」というワードを使う回答などもありましたが 私の測定したグラフは縦軸が「自己インダクタンス[mH]」であり 横軸は「周波数f[kHz]」であるので、線間容量による共振ではないと思います。 「3」に関しては、線間容量が無視できないほど周波数が大きくなってきたので コイルがもはやコンデンサとして働くため、 「インダクタンス」としての性質が失われつつあるのかな?と思ってます。 どうでしょうか? 20kHzで訪れるピークの理由は全然わかりません・・・ ただし、共振ではないと思うんです。 縦軸がインピーダンスなら共振ってのもわかるのですが・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数7202
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

式を見るかぎり、VR/R は R, L を流れる電流 I 、VL は R, L の両端電圧みたいですね。  L = (L の両端電圧)/ωI と読めます。 L に巻線容量があれば、L, C 並列回路のリアクタンスをωで割り算した値を算出しているわけです。 L の計算値は、20 kHz あたりで極大となったあと、減少していくのでは? あくまで、L, C 並列回路のリアクタンスをωで割った値であり、インダクタンス L の値じゃありません。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほどなるほど! 確かに純粋にLのみの値ではないですよね。 つまり、 10kまで一定なのはコンデンサ成分が完全に無視できるからで、 20kまで上昇するのは線間容量(巻線容量?)によって等価的に自己インダクタンスは増え 20kから減少し続けるのは、20kで共振点を迎えて、それ以降は巻線容量?のコンデンサ成分が 打ち勝つから低下していくのでしょうか?? 純粋にLの値じゃないのはわかりましたが、 どういう理由で10kまで一定で20kまで上昇し、20kから減少するのでしょうか?

関連するQ&A

  • 周波数特性のグラフ

    OSCの出力を、10[mV]一定として、周波数を、15[Hz]から100[kHz]まで変化させたときの、出力電圧を測定し、電圧増幅度、電圧利得を求める。結果より、周波数特性のグラフを、片対数グラフに描き、帯域幅を求めなさい。周波数の目盛りは、1,1.5,2,3,5,7,10,15,20・・・とする。 をやって下さい。よろしくお願いします。

  • 周波数特性のグラフ

    OSCの出力を、10[mV]一定として、周波数を、15[Hz]から100[kHz]まで変化させたときの、出力電圧を測定し、電圧増幅度、電圧利得を見て、結果より、周波数特性のグラフを、片対数グラフに描き、帯域幅を求めなさい。周波数の目盛りは、1,1.5,2,3,5,7,10,15,20・・・とする。 というグラフを描く課題が出ました。まったくわからなくて困っています。教えてください。よろしくお願いします。

  • アクティブフィルタの周波数特性について

    2次VCVS型LPFとHPFの周波数特性を測定しました。 (1)周波数特性のグラフで、遮断周波数において利得がピークになりました(共振したような波形)。このときQ値(Q=1/α)が共振周波数(=遮断周波数)のゲインであると参考書に載っていました。しかし、なぜLが入っていないのに共振するのでしょうか? (2)一般的に一次系のLPFの傾きは-6dB/oct、もしくは-20dB/decで表わされます。また、二次系のLPFの傾きは-12dB/oct、もしくは-40dB/decで表わされます。一次系LPF(CR回路)の伝達関数を考えると、T(s)=1/(s+1)となります。ただしs=jw/wc(wc:カットオフ角周波数)です。例えばfc=1[kHz]のときf=2[kHz]→f=4[KHz]を考えるとs=j2→s=j4となり、|T(s)|=1/{5^(1/2)}→|T(s)|=1/{17^(1/2)}とすると、利得は-5.134[dB]/octとなりました。これより一般的に一次系のLPFの傾きは-6dB/octと言われている。このように参考書などを参考にしながら考えたのですが、自信がありません^^;このような考え方でよろしいのでしょうか? 基本的なこととは思いますが、どなたが教えてください。お願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

知恵袋(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1052262275)でも質問されてますが、計算式には浮遊容量は入ってないので、単なる線間容量との共振ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなさんありがとうございます。 しかし、グラフの縦軸はインダクタンスなのに 「共振」ってことがあるんでしょうか?

  • 回答No.4
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

自己インダクタンスをどのようにして測定したのでしょうか? (直列等価回路で考えて)インピーダンスを測定してその虚部を周波数で割ったり、 (並列等価回路で考えて)アドミタンスを測定してその虚部の逆数を周波数で割って 測定していると、線間容量などの影響は現れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

この式に測定した諸量を代入しました。 L={ ( (VL^2)-(r^2)( (VR/R)^2) )^1/2}/{ω(VR/R)} 確かにインピーダンスを測定したってことなんですかね・・・ しかし、どういう原理で線間容量によって 影響が現れれるのでしょうか?

  • 回答No.3

>…測定に使ったコイルは空芯です・・・・ だとすると、第一容疑者は巻き線間キャパシタンス。 20kHzあたりで、自己共振か。 電流の位相を観察してみてください。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

縦軸は「インダクタンス」なのに 共振っておかしくないでしょうか・・・?

  • 回答No.2
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

「測定したものが自己インダクタンスなので線間容量の影響はない」とのことですが、その自己インダクタンスはどうやって測定したのでしょうか。 理想的なインダクタと並列にコンデンサが入った等価回路を使って、回路に流れる電流の位相からインダクタンスを求めているのだとすれば、表皮効果による抵抗と自己インダクタンスの変化が出ているのだと思います。インダクタンスにピークが出るのは、低周波で抵抗が先に増加し始め、それより高い周波数で自己インダクタンスが、抵抗の増分より大きく低下するためではないでしょうか。 表皮効果による抵抗の周波数依存は理解できると思います。自己インダクタンスは内部インダクタンスと外部インダクタンスの和になりますが、表皮効果によって外部インダクタンスの割合が小さくなるので、周波数の増加とともに自己インダクタンスが低下します。ここ(http://sanwa.okwave.jp/qa6087449.html)に内部インダクタンスと外部インダクタンスの計算方法が出ています。 ここ(http://semicon.jeita.or.jp/hp/spt/sc_pg/pkg/data/ansoft/LCR_Parameter_1.pdf)の13ページは、線径2mm、線間1mmの空芯インダクタの長さあたりのインダクタンスのシミュレーション結果ですが、100kHz以上で低下しています。次のページは抵抗成分の周波数依存です。ツイストペア線では10kHzくらいでこの影響が現れるようです(http://www.jmag-international.com/jp/catalog/70_Cable_ImpedanceFrequencyCharacteristics.html)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

電流測定用抵抗Rを直列に入れて、このRの電圧VRとLの電圧VLを測定し L={ ( (VL^2)-(r^2)( (VR/R)^2) )^1/2}/{ω(VR/R)} という式で自己インダクタンスを算出しました。 10kHzまではほぼ一定の値を示します。だいたい50mH。 10kHzから20kHzまで増加し続け、20kHzをピークに インダクタンスは低下し、10kHzまで一定だった値以下まで下がってしまいます。 10kHzからずっとVLは一定の値を示しています。。 >インダクタンスにピークが出るのは、低周波で抵抗が先に増加し始め、それより高い周波数で自己インダ クタンスが、抵抗の増分より大きく低下するためではないでしょうか とありますが、それでは10kHzまでほぼ一定であった理由が説明できないのではないでしょうか・・? 確かに、周波数を上げていくと電圧VRは低下しました。(つまり抵抗の増加?) しかし、内部抵抗が表皮効果で増加したからと言ってインダクタンスに影響を与えるのでしょうか?

  • 回答No.1
  • P0O9I
  • ベストアンサー率32% (692/2145)

基本的にはコア材料の周波数特性によります。 空心ではなく、なにかをコアにして、線を巻いているでしょう? 通常コアは磁性材料の鉄板や、フェライトとよばれる酸化鉄を焼き固めた物です。それがある周波数以上になると、透磁率が変わり、L値も変わってきます。また、損失も大きくなります。 通常はその影響のない周波数範囲で使います。例えば、貴方が測定したコイルは10KHzまでの信号の流れる所で使うことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 記述し忘れましたが 実は測定に使ったコイルは空芯です・・・・

関連するQ&A

  • アドミタンスの周波数特性

    物理実験で、RLC直列回路のアドミタンスの周波数特性をグラフにしました。 すると、入力波形が方形波、のこぎり波のとき、このグラフに共振周波数とは別に副ピークが現れました。この理由を考えているのですが、よく分かりません。 テキストには『入力波形をフーリエ成分に分け、含まれる周波数成分、大きさを考えよ』と、ありました。そして、色々調べているうちに遮断周波数というキーワードにたどり着きました。 フーリエ展開の意味や共振周波数の意味などは分かっているつもりなのですが、この遮断周波数というものがどういうもので、何故これがあると副ピークが生じるのかさっぱり分かりません。 どなたか教えてください(> <)

  • 周波数特性

    研究でデジタルオシロスコープを使っています。この測定器の周波数特性(横軸周波数[Hz],縦軸Gain[dB])を求めたいのですが、具体的にどうすればいいのですか?教えてください。よろしくお願いします。

  • コイル選定時の自己インダクタンス

    コイルには様々な種類がありますが、調べてみると損失の少ないコイルを選ぶときにはQファクタの値が大きい方が良いとあります。また自己共振周波数が高い方が高い周波数でも扱えるとあり、自己共振周波数の高い低いが選ぶときの判断基準となっているようです。 同様に自己インダクタンスの値が大きい、小さいがコイルを選ぶときの判断基準になるのでしょうか。それとも用途によって必要な値は変わるので自己インダクタンスの値の大小は一概にこうだ!とは決められないのでしょうか。また、選ぶときに値の大小が関係するならば、大と小の境はおおよそ何ヘンリーなのでしょうか。 回答よろしくお願いいたします。

  • スピーカーの周波数特性測定にD級アンプを使う場合

    スピーカーの周波数特性測定にD級アンプを使う場合 前置きとして、 D級アンプの出力段のLCフィルターとスピーカーのR成分によってLCRの共振回路が形成され、インピーダンスの高いスピーカーを接続すると共振によって20kHz付近にピークが出てしまうと聞いています。 本題なのですが、 例えば20Hz~20kHzのサインスイープをスピーカーに入れた場合、 インピーダンスが8Ωのスピーカーであっても20kHzあたりのインピーダンスは30Ω近くあります。 そこにアンプから20kHzの1Wの信号が送られてきた場合インピーダンスが高いため、、前置きの通り、LCRの共振によって1Wのエネルギーが例えば5Wとか10Wに増加してしまうと言うことはありえるのでしょうか?

  • 自己インダクタンスについて

    自己インダクタンスについて トロイダルコアに導線を二組巻いたトランスを用いて相互インダクタンスを測定します。相互インダクタンスは1次側に流れる電流の時間変化と2次側に発生する電圧から求められるので、2次側に何も接続してないとき1次側に周波数f振幅I1の正弦波電流を流すと2次側に電圧V2が発生するとき、相互インダクタンスMは、 M=-V2/(dI1/dt)=-V2/(2πfI1)=-V2R1/(2πfV1) で求められます。抵抗R1の両端の電圧V1と2次側に発生する電圧V2を測定すると相互インダクタンスMが求められます。 この場合、1次側のコイルの自己インダクタンスL1と2次側の自己インダクタンスL2はどのように求められますか? しかし、結合定数は分らないものとします。 1次側ではコイルと抵抗は直列に接続されています。

  • 自己共振周波数を超えた場合のコイル

    仮に自己共振周波数が100kHzのコイルを使って、カットオフ周波数が500kHzのLCローパスフィルタを作ることはできるのでしょうか? 但し、コイルのインダクタンスは500kHzで100uHとします。計算ではコンデンサは1nF程度になると思うのですが、フィルタになるか疑問です。

  • RL回路の周波数特性

    RL直列回路に交流を加え、コイルの両端電圧と電源電圧の測定を行いました。この実験でコイルと電源電圧の波形を観測して位相差を求めると、周波数が低いときは位相差が小さく、周波数を上げていくと位相差は大きくなり一定の周波数で位相差が最大となりました。その後はさらに周波数を上げたのですが位相差は徐々に小さくなっていきました。 なぜ位相差はこのような関係になるのでしょうか? またこの結果は正しいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 共振回路周波数特性のグラフについて

    共振回路について勉強しているものです。 多くの本に目をふれているのですが、どうしても理解できない点があるので質問いたします。 直列、並列共に共振回路の周波数特性のグラフが本によって様々です。 縦軸に回路に流れる電流、横軸に周波数をとっているのにもかかわらず、 直列の場合、共振周波数foまでが山なりに、 過ぎてからは共振点以前と比べるとややなだらかに(たまに直線)で描かれていることがあります。 また並列の場合は、共振点までが谷を作るような下り、 過ぎてからはやや直線的に描かれています。 共振回路の場合は、 共振点の前後で対照のグラフとなるのではないのでしょうか。 理想と現実との違いかと、コイルの内部抵抗を考慮してみたり、 コイル、コンデンサの値(L、C)で流れる電流が共振点の前後で影響しているのではないかと、 考えてはみたものの一向に答えが出てきません。 是非、ご教授お願いいたします。

  • 正弦波発振回路のひずみ率周波数特性

    ウィーンブリッジを用いた正弦波発振回路で発振した正弦波のひずみ率を測定し、縦軸ひずみ率、横軸周波数(対数目盛)の周波数特性のグラフにしたところ、周波数が高くなるにつれ波のように変化しながら0.2%前後に収束していきました。ただ単に指数関数的に減少しているとは考え難く、原因が見当もつきません。どなたかご存知でしたら教えてください。お願いします。

  • 反転増幅器の周波数特性

    入力電圧V1=300mV、R1=10kΩ、Rf=100kΩの反転増幅回路で周波数を100Hzから200kHzまで徐々に変化させていくと、10kHz以降から位相差が生じて、出力電圧、利得が減少しはじめました。どうしてこんなことが起きるのでしょうか?その根拠がわかりません・・・ そしてなぜ10kHzから生じたのかという根拠もわかりません。 どなたかご回答の程よろしくお願いします。