• 締切済み
  • 暇なときにでも

敷金を払っていない場合の退去時の費用について

入居時に敷金・礼金が0円の物件だったのですが、 契約書を見ると 賃借人の責に帰すべき事由によって本件建物等を破損又は滅失したときには、賃借人はその損害を賠償するものとする。 とあります。 これ以外の特約等は全くありません 常識的なレベルで清掃してから退去しても、クリーニング費用等取られるのでしょうか。 また、2箇所ほどタバコの灰を落としてしまってフローリングが黒ずんでしまった場所があるのですが、 その回復費用も実費で請求されるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1173
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

>常識的なレベルで清掃してから退去しても、クリーニング費用等取られるのでしょうか。 入居時のレベルまでの清掃をすればクリーニング代の清算は無いでしょうが、 常識的なレベルではクリーニング代は発生すると思います。 >2箇所ほどタバコの灰を落としてしまってフローリングが黒ずんでしまった場所が あるのですが、その回復費用も実費で請求されるのでしょうか。 「賃借人の責に帰すべき事由によって本件建物等を破損又は滅失したときには、 賃借人はその損害を賠償するものとする。」に該当します。 こういうことが起きた時のための特約条件です。 塗装か張替えか判りませんが、大家さんは見逃してくれないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 敷金0円。退去時の費用について教えてください。

    こんにちは。 質問させてください。 仕事の都合で、現在の賃貸マンションから引越すことになりました。 入居してまだ半年ほどです。 敷金0円・礼金20万円で、退去時の費用は実費精算ということなんですが、平均的にはどの程度の料金になるのでしょうか? 住んでいた期間が短かいもあり、できるだけ費用を抑えたいと考えています。 1点気がかりなのは、観葉植物を置いていたフローリングに 黒いシミができてしまったことです。 私の不注意なのですが、フローリングの補修等はどの程度 費用がかかるか見当がつかず、不安に思っています。 ご回答よろしくお願いします。m(__)m

  • 賃借物の後発的一部不能

    賃借物の後発的一部不能の場合で、賃借人に帰責事由がある場合には、 賃料債務に影響しないそうですが、これはどのように理解したらよいのでし ょうか? 賃借人の債務不履行責任よって、滅失部分の損害賠償をした上で、滅失部 分の減額をした新たな賃料債務を負うのが、妥当なように思えるのですが・・ ・。

  • 退去時のこの請求は妥当でしょうか??

    7年住んだアパートを退去します。 退去時立会いで、敷金1ヶ月のほかに、6万円を請求されました。 これは、妥当なのでしょうか?? 敷金1ヶ月は戻らなくても仕方ないとしても、経年劣化の考慮もなく、高い気がします。 築25年 2DK 40平米のアパート 家賃5万円 敷金1か月 内訳 ルームクリーニング 4万円     畳張替え 6万円     壁クロス張替え 2万円  契約書には「経年以外の部分で、賃借人の責に帰する汚損、破損に関しては賃借人の費用をもっ        て原状回復する」  とありますが  入居時に交わした特約で「室内クリーニング・畳表替え・ふすまの張替えは賃借人負担とする」  という条項があります。   できれば、折半くらいで落としどころと考えていますが、甘いでしょうか??   どなたかご教授くださいませ 

  • 回答No.2

クリーニング費用はグレードアップ工事ですので、 貴殿(借主)が常識的な清掃をしているならば大丈夫です。 請求されたら争ってください フローリングの破損・汚濁は借主の過失ですので、 借主側で補修しておけば大丈夫です。 補修しなければ、先方が補修して請求が来ます。 実費か利益が上乗せされているかは不明です。 金額がご心配ならば、借主側で補修してしまうか、 先にリフォーム業者等に見積もりを取っておいて、 事前に貸主と協議する事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

フローリングは請求されても文句は言えません、 費用に関しては、実費ではなく大家や管理会社が上乗せ請求する場合があります。 フローリングは、一部補修をすると色味が合わない等で全取り換えと言われる場合があります。 そうなると数十万かかります。 クリーニングは実際に見ていないので判断が付きません。 通常は退去時に管理会社又は大家立ち会いのもと、 状態確認をして原状回復範囲を決定します。 それができないようなら退去時に荷物を運び出した後の写真をとり、 後から原状回復費の請求が来たときに比較検討ができるようにしておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 退去時の敷金からのクリーニング費用の清算について

     4年間住んでいたアパートを退去いたしました。  大人が2人住んでいただけなので、何か汚れたわけではなく、退去時の確認の際にも特にこちらの過失により汚れた部分があるとの指摘は受けませんでした。  退去の際、ハウスクリーニング(部屋全体及び備え付けのクーラーの部分)費用として約5万円を請求(敷金清算)されました。  不動産業者(仲介)の説明によると、  (1)契約書や紛争防止条例の基づく説明書(いずれも押印)の特約において、「故意・過失に関わらず、ハウスクリーニングの負担は賃借人が負担する」とある。(2)入居時において、ハウスクリーニングをしているため、退去時において原状回復としてハウスクリーニングをすべきと言われました。  賃借人である私の認識とは異なり、特段賃借人の故意・過失に関わらず賃借人が汚した汚れがあるわけでもないため、そもそも、原状回復としてのハウスクリーニングをする必要が無いのではないかと考えております。また、契約文の解釈として、「故意・過失に関わらず」とあるのは、賃借人が汚してしまったことを想定したものであり、退去時に汚れありなしに関わらず必ずクリーニング費用を負担するというのはおかしいと感じ不動産業者に説明を求めました。  しかしながら、「認識の違い」であり、どこの機関でも相談してくださいと強気でした。また、「しつこい!」と言われてしまったので、もう、質問に答えてくれそうにありません。  やはり、納得がいかないので、敷金返還の請求を法的(まずは内容証明、解決できない場合は簡易裁判)に行う事を検討しておりますが・・・そもそも、私の認識は間違えているのでしょうか?勝てますか?一抹の不安があります。お詳しい方ご教示願います。

  • クリーニング費用が敷金から取られる。

     4月から、東京のマンションで1人暮らしする予定のものです。 賃貸契約書に、「退去時のハウスクリーニング費用、フローリングワックス費用、壁・天井のクロスクリーニング費用は賃借人負担とする」 と書かれているのですが、ネットで色々調べると、このような費用は 原状回復の概念を超えるので、払う必要がないらしいのですが、そのことを業者に言うと、 「国土交通省のガイドラインでは、貸主負担が標準となっているが、 あくまでガイドラインであって、法的な根拠はない。たとえ条例等で、クリーニング費用が貸主負担と記されていたとしても、賃貸人と賃借人は特約を結ぶ事ができるので、もしその特約に同意頂けないのであれば、今回の契約は不成立となります。」といわれました。  私は来月から働かなければいけないので、今から新しい物件を探している時間はありません。今回の部屋に入居するには、業者が示した 特約に同意せざるを得ないのでしょうか?  下のページを見ると、やはりクリーニング費用は払わなくていいようなんですが・・・。 http://flatspace.seesaa.net/article/15971309.html

  • 保証金の契約時償却とはどういう意味ですか

    はじめまして。 都内で賃貸マンションに住んでいるものです。 この度引越しを考えており、契約書を読み返していて疑問に思ったため投稿させていただきました。 当方が借りているのはいわゆる投資用ワンルームマンションで、個人の大家さんがいて、 間に管理会社および保証会社が入っています。 ペット可の物件で、契約時に保証金2ヶ月に加え、ペット保証金としてさらに1ヶ月分 合計3ヶ月分の保証金を支払っています。 保証金のほかは敷金・礼金はともに0円となっています。 契約書の保証金の項目には金額の前に「契約時償却」と記載があります。 これは礼金と同じ意味で、契約時になくなってしまうもので 敷金のように退去時の費用はここから差し引きはせず、 別途請求するという意味ですか? 具体的に申し上げると次の2点は退去時に支払う必要があるのでしょうか。 1、特約事項に「退去時は清掃状況にかかわらず室内クリーニング費用を負担しなければならない」とあるため、室内クリーニング費用 2、「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」に退去時に賃借人が費用を負担する場合を示して、賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責に帰すべき事由による住宅の損耗の例として「ペットによる柱等のキズ」とあるので、飼っている猫が傷をつけてしまった壁紙の費用 保証金は全部で23万円以上支払っているのですが、返ってこないのは仕方ないとしても これ以上請求されるのはかなわないというのが正直なところなのですがいかがでしょうか。 ご回答宜しくお願いします。

  • 敷金清算トラブル

    専業大家です。 3ヵ月の短期契約で店舗物件を貸し出しました。 仲介業者さんの説明では、賃借人は今まで一度もトラブルを起した事が無く、室内の変更もほとんど行わないので低額の敷金で契約してほしいと言われそうしました。 賃借人はちょっと怪しい仕事なのか、窓一面に目隠しをして開業していました。退去後、この目隠しを外した後にベッタリとボンドが付いておりこの清掃を業者に見積もってもらったところ敷金の額を超えてしまいました。 超えた費用を請求したところ清掃料金が高すぎる。敷金を超える部分は支払えないと言われました。 清掃料金が高いというなら賃借人の指定業者にやってもらっても構わないと言いましたが、物件の近くに土地勘が無いのでそんなこと出来ないと言われました。 また請求してきても無視する。裁判するならどうぞ。貴方が損するだけだよとも言われました。 仲介業者は始めは間に入るそぶりを見せましたが、今は賃貸人と賃借人で勝手にやってくださいという風な態度です。 今後どうしたら良いでしょうか。泣寝入りしかありませんか?

  • ★賃貸★退去時の特約に関して敷金

    賃貸物件の退去時における住宅の損耗などの復旧について教えてください。具体的に該当する懸念があるのは和室の畳にベッドを配置して凹みがあります。下記の特約事項がある場合にどう判断されるのでしょうか?過去の質問や検索などをしてみたのですが、調べれば調べるほど色々な回答や考え方があり、どれにあてはまるのかわからなくなってしまいました。ガイドライン、消費者保護法などの観点からもお聞かせください。長文と似たような質問であることをお許しください。 賃貸契約書にあるのは、 ○退去時は賃借人の費用負担にてハウスクリーニング代を含む現状回復のこと 賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書にあるのは、 1退去時における住宅の損耗等の復旧について 費用負担の一般原則について (1)経年変化及び通常の使用による住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行います。 (2)賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由による住宅の損耗等は、賃借人の復旧費用負担となります。 特約について 賃貸人と賃借人は、両者の合意により、退去時における住宅の損耗等の復旧の賃借人の負担について、下記の通り特約を定めます。 1、故意過失および善管注意義務を怠ったことによる破損・汚損・減失は経年年数を考慮せず全額負担とする。 (1)喫煙によるクロスの変色や汚れおよび臭気に関する原状回復。 (2)クロスのカビ (3)重量物の設置による床材等による凹み (4)フローリング・クッションフロア・カーペットの汚損・破損 (5)無断で動物(ペットを含む)を飼育したことによる汚れや臭気に関する原状回復 (6)ラクガキ・シール跡・ネジ穴の現状回復 2、借主は退去時に貸主指定の専門業者にて、全体的なハウスクリーニングを行い、その費用¥30000を負担するものとする。

  • 敷金0の退去費用を抑える方法

    私は四月から、新築の賃貸マンションに引っ越す予定なのですが、大手の仲介業者を通して契約したマンションが敷金ゼロです。(礼金は1.5ヶ月分支払いました。)普通ははじめに敷金を払い、万が一汚してしまった場合敷金から引かれ、その残りが返還されると思います。物件によりまちまちだと聞きますが、きれいに使えば全額返還されるのが敷金だとも聞きます。しかし、敷金0の場合は、普通に生活して汚れた部分の清掃費用なども、後で請求されるのではないかと今から不安に思っています。 別の方の質問で先に請求されるか、後で請求されるかの違いという考えもあるようですが、契約してしまった今からでもできる、退去費用を不当に請求されずに済ませる注意点がありましたら、教えてください。

  • 退去時に、これは僕の負担になりますか?

    質問させていただきます、よろしくお願いします。 ガスコンロの隣のキッチンパネル?に、アルミの油はねガード!?みたいなものを、アルミテープで貼って剥がした際、このキッチンパネル!?(表面はプラスチック・中身は紙材)がアルミテープに沿って剥がれてしまいました・・・・ もちろんわざとではありませんが、明らかに僕の過失かな・・と反省しています。 これは退去時に、修繕費の請求されるのでしょうか? 契約状況はと言うと、 築一年のアパート暮らし(去年10月に1年契約)をしていて、敷金・礼金を各一ヶ月分づつ(6万5千円づつ)支払っています。 礼金は仲介手数料みたいなもので、支払いっぱなしと教わりました。 敷金については、費用負担の線引きが難しく自信がありません。。 契約書はこうみたいです。今見るとすごく厳しいことばかり書かれていて、すごく不安です。 【敷金の返還】 1.賃貸人は、本契約が終了し、貸室の明け渡しを受けた後、賃借人が本賃貸借に関する一切の債務を清算したのち返還する。 (1).賃借人の都合により契約期間内に解約する場合は、敷金の100%を差し引く。 (2).賃借人の都合により契約期間満了後に解約する場合は、償却費として敷金の50%を差し引く。 【特約】 1、賃借人は、貸家の明け渡し時において畳の張り替え・襖・障子・床・クロス・カーペット・網戸の張替・壁の塗り替え・ルームクリーニング棟を行う。他、室内における破損等の補修も賃借人の負担で行う。(この場合敷金で清算し、不足する場合はその不足額をただちに賃貸人に納付しなければならない。)  2、賃借人は、入居後室内の建具・浴槽・便器・湯沸し器・ボイラー・換気扇・クーラー・住宅の鍵・電球・電球のスイッチ・水栓・その他住宅内に備え付けてある設備の修理・補修取替に要する費用の他、排水詰まり工事に要する費用も賃借人の費用で行う。 これってやっぱり、全部僕の負担で直し、敷金以上に請求される可能性が高いですか・・? また、ここで言う「契約期間内」とは、どういうものでしょうか?今年の10月に、もう一年!?更新したいのですが、更新して年明け転勤等で引っ越した場合、「契約期間内」になるのでしょうか? この【敷金の返還】の解釈は、退去のタイミングとしては、10月の更新月以外はすべて「契約期間内で100%没収」、「10月の更新月(期間満了)に退去でも、50%没収」というようになるのでしょうか? そもそも、敷金の償却費ってなんなんだろう。。 会計を勉強していても、そういった処理をしたことありませんけど。。 借りた人が、すごく損する契約だと思うのですが・・・ アドバイス下さい、お願いいたします。

  • 敷金から修繕費用を取られないにはどうすればよい?

     よくある敷金返還に関するトラブルだと思うのですが、私のケースではどうすればよいのか知りたくての質問です。  現在入居しているマンションは2LDKで、3年住みました。来月引っ越すため、解約の申し込み文書を出しに不動産屋へ行きました。敷金(当物件では20万円ほど)に関しての取り扱いは事前に契約書を十分に読みました。契約書ではこのようになっています。  敷金の返還)賃借室の明け渡しがあったときは、遅延なく敷金の全額を無利息で借り主に返還しなければならない。借り主の未納賃料、損害金、立替金、補修費用等、賃貸人の受領すべき金員がある場合は敷金から相殺できる。賃貸人は敷金から差し引く債務の額の内訳を賃借人に明示すること。  修繕)賃借人の故意の又は過失により必要となった修繕に要する費用は賃借人が負担しなければならない。  現状回復と明け渡し)賃借人は、通常の使用に伴い生じた賃借室の損耗を除き、賃借室を原状回復しなければならない。  ですので、この契約によれば、要は通常の使用をしていれば、敷金は全額返ってくると思っていました。しかし、賃貸借重要事項説明書では以下のような文言があります。  「賃借人は住居、使用により賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他の通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること。ただし賃借人が退去の際の室内クリーニング、畳、襖、クロスの張り替え等、小修繕は賃借人の負担で行うものとする。」  このようにあり、契約時にこのことについてきちんと説明を受けて、「ケースによっては敷金がほとんど返ってこないこともある」とも口頭で説明されました。これに関して、私はあくまで契約書が前提の賃貸借重要事項説明であり、契約書にある通り、通常の使用においては敷金は全額返還となり、私の故意・過失による修繕の必要が生じた際の但し書きだと思っていました。  しかし、不動産屋では、室内クリーニング代とクロス、もしくは床の張り替え(畳と襖はない物件)が必要とこちらが判断した箇所の修繕費用を敷金から差し引くことは、事前に賃貸借重要事項説明書にて説明をしていたと主張されました。  それに対して私が、「契約書にはない内容なのでそれはおかしい」と反論したところ、「(契約書を)よく見てみないと、今の時点では何とも言えないが、みなさんにそうしてもらっている」と言われました。  結局、話し合いは平行線で、室内の点検を行わないと何とも言えないということで、1ヶ月後の退去時点検の際に改めて相談することとなりました。  物件の使用状況は、室内でタバコを吸いませんし、クロスの汚れはキチン周囲に油汚れが多少あるのと、タンスの裏に黒ずんだ箇所(カビではなく擦れによって生じたもの)が多少ある程度です。また、床はフローリングのプリントがしてあるビニールの床なのですが、子どもがオモチャを放り投げた際にできた1cm程度の傷が数カ所あります。  こうしたやり取りがあったあとで調べたら、けっこうこうしたトラブルが多いことを知りました。いろいろ調べた結果、私としてはギリギリまで粘って、室内クリーニング代の負担程度で妥協できたらと考えています。訴訟に持ち込んででも敷金を返還してもらいたい、などといったつもりはありません。  そのためには、退去時の立ち会い点検やその後の交渉にて、どのような点に注意をすればいいでしょうか?また、私の場合はこうだったといったような体験談もありましたらお聞かせください。ちなみに、不動産屋は土地活用やアパート経営で全国展開している大手宅建業者の直営店舗です。  ながながとした質問で申し訳ありません。初めてのことですが極力泣き寝入りはしたくありません。よろしくお願いいたします。

  • 敷金でハウスクリーニング費用を負担について

    敷金でハウスクリーニング代を払う必要があるか お手数ですが、ご教授下さい。 現在契約している賃貸物件を退去することになりました。 居住期間は、6ヶ月で、2DKの50平米の物件です。 既に退去は完了しており、 先日、敷金清算の連絡が、不動産会社よりありました。 請求内容を確認すると、 ハウスクリーニング5万円 を、敷金から差し引くとの内容がありました。 ハウスクリーニングの5万円以外の請求はありません。 私自身、無知でお恥ずかしいのですが、 「ハウスクリーニングは、賃借人が負担するもの」と最近まで 思い込んでおり、契約時点では、契約書の内容になんらの疑問も 無かったのですが、後に、国土交通省のガイドラインや、判決内容を みると、本来は賃貸人が負担する内容であることを知りました。 契約時から退去までは、以下のとおりです。 <契約時> ・不動産会社より、「敷金を不当に差し引くことはしない」との話があった ・私自身、ハウスクリーニングは賃借人の負担するものだと思っていた ・不動産会社より、「ハウスクリーニングの費用負担は、通常損耗を超えた対応である」ことを意味する  説明は、一切無かった <契約書の記載内容> ・「汚れの度合いにかかわらず、ハウスクリーニング費用は全額賃借人負担とする。負担額の目安は5万円」 ・国土交通省のガイドラインは、あくまでガイドラインである、遵守を義務付けるものではない ・次の入居者を確保するために行う費用は、賃貸人負担とする <退去時> ・2日間かけて、念入りに、水周り、部屋全体を清掃した <退去立会い時> ・立会い時は、不動産会社より、「非常にきれいに清掃してある」と言われた ハウスクリーニングは、次の入居者を確保するための行為と思うのですが、 費用は賃借人負担というのは、矛盾していると思っています。 皆様に教えていただきたいのは、上記の経緯を踏まえて、 ・ハウスクリーニング代は、賃借人が、全額負担する必要があるのか? ・ハウスクリーニングは、次の入居者を確保するための行為ではないのか(契約書に矛盾は無いのか)? ということです。 お手数おかけしますが、宜しくお願い致します。

  • 退去時における特約事項について質問

    来月末で退去予定なんですが、契約書の特約条項の中に ●退去時賃借人は、入居期間の長期を問わず、現状回復に要する費用  他に、別途室内保全費として、家賃の1カ月分を賃貸人に支払うもの とする。 ●退去時における室内外の清掃は、賃貸人の指定する業者において実施 し、その費用は退去者の負担とする。 と、ありました。 この特約事項の内容のままだと敷金って返ってくるんでしょうか?