• 締切済み

JOGの3YJですがエンジンの回転が上がりません。

エンジンは掛かるのですが排気音が通常時の3割ぐらいで弱く、アクセルを回しても回転数が全く上がりません。 月に2、3度このような状態になり30分ぐらいたって掛けてみると掛かって一度掛かるとなんの問題もなく走ります。 一度修理に出したのですが、また同じ症状がでました。 1回目の修理の時は燃料ホース内の洗浄、再修理は燃料タンク内の洗浄をしたようです。 錆びもゴミも入ってなかったらしくて、電気系統かもしれないと言われて帰ってきました。 このような症状の場合の原因はどこの故障と考えられるのでしょうか?

みんなの回答

  • fjdksla
  • ベストアンサー率26% (1812/6770)
回答No.2

不思議な整備の仕方です。 >1回目の修理の時は燃料ホース内の洗浄 >再修理は燃料タンク内の洗浄 燃料ホースが詰まっていれば、 タンクを確認しないと・・・ そして、その後燃料が行くキャブも確認しないと・・・・ タンクにゴミが入り、それが流れて行ってホースに詰まる。 流れて行って詰まらなかった物はキャブに入る・・・・ って事ですので、 ホースが詰まるならタンクとキャブは一緒に点検清掃するのがあたり前です。 JOGはタンクに雨水が入ると聞いた事があります。 キャブに水が溜まっていませんか? あと、オートチョークが動いていないとか・・・・ プラグが減っているとか・・・・

  • ept63
  • ベストアンサー率21% (54/247)
回答No.1

2ストロークのバイクの場合、マフラーがオイル+カーボン等で詰まってしまう事が多々あります。 いつも全開走行であれば、そんなに心配はいりませんがなかなか現実的ではありません。 改善策としてマフラーを外し中にアルカリ性の洗浄剤を入れて洗浄します。 すごい汚れが出てきます。カーボン片も一緒に出てきます。 荒技としてマフラーそのものを焼いてしまう事をやっている方の情報も見たことがあります。 こちらはやったことがありません。 症状的にマフラーを一番に書きましたが、原付の不具合はキャブレターのオーバーホールが一番多いと思います。 かんたんにエアークリーナーを外して吹き返しの油を掃除し、メインジェットを外してCRC等で吹き飛ばして詰まりを取ります。 アイドリングが安定しない場合はスロージェットも同様に掃除します。 なぜ燃料ホース、燃料タンクを洗浄したのかは謎です。

関連するQ&A

  • ロビンエンジンの回転不良

    ロビンエンジンのEH25Bですが、整備をしたのですが回転不良が発生してしまいます。 交換部品はキャブレター、インテーク&エクゾーストバルブ、ピストンリングです。 圧縮は規定値を確保しています。バルブはそれぞれ擦りあわせを行いました。 エンジン始動は快調なのですが、回転不良が発生してしまい、止まりそうになるほど回転が落ちるのですが又回転が上がり又下がるというのを繰り返してしまいます。 燃料系と思うのですが、キャブレターも交換しているため気化には問題がないと思います。ガバナ調整も行いました。 タンク内は錆は発生しておらず、念のためタンク洗浄も行いました。 タイミングマークもあわせてあります。 どなたか不具合の原因をお分かりになる方はいらっしゃらないでしょうか? ちなみにエンジンは新ダイワの洗浄機に搭載しているものです。

  • エンジンが掛からない。

     古い機種ですが、新品を昨年購入して使用回数は少ない刈り払い機です、 燃料が残った状態で満タンまで燃料を入れたらエンジン掛からなく成りま した。エンジンに詳しい方対処方法を教えて下さい。   機種 カーツ HL233     エンジン:   三菱 TL231    キャブレター: ワルボロ WYK 236A 739  症状   1:エンジンが掛からない。リコイルを何度引いてもプラグが濡れない。     キャブレターへ直接燃料を入れてスターターロープを引くとエンジ     ン始動して、連続回転するが、アクセルを低速に調整すると、刃物     が回転しているくらいでも停止する。連続回転ぎりぎりでアクセル     を止めると、次第に回転が落ちて停止する。スパークプラグの火花     は正常に飛んでいる。プラグの色は、きつね色できれい。   2:キャブレター横の高速スクリュウ? 開度 1 1/2      1回転から2回転まで調整   3:キャブレター上面の低速スクリュウ  開度 1      1回転から5回転まで調整  以上の症状は、下記対策でも直らず。   1:キャブレター分解洗浄5回(キャブクリーナー使用)      詰まっている様な箇所は見つかりません。   2:メタルダイヤフラム、ポンプダイヤフラム新品と交換      インレットニードルは摩耗なし   3:燃料の古いのは捨てて新しい燃料に交換。   4:燃料タンクの吸い上げ部分フィルター洗浄(元々綺麗な状態)      燃料タンクの蓋を外してエンジンを掛けても同じ症状   5:マフラーを外してバーナーで焼いた後組み立て。   6:回転中の排気は、きれい。白煙、黒煙は出ない。   プライミングポンプを押すと、燃料を吸い上げて透明のパイプからタンクへ戻る  のが確認できます。キャブレターを分解すると、メタルダイヤフラム、ポンプダ  イヤフラムの部分まで燃料が来ています。上面の低速スクリュウ部分からキャブ  クリーナを吹き込むと下部の穴より出てきます。 追記  1:メタリングレバーを規定より1mm程持ち上げても症状変わらず、元の位置に    戻しています。  3:スパークプラグのタイミングは未確認(確認手段を持っていません) メーカーへの問い合わせの返答  1:キャブレター内部の奥で詰まりが生じている。  2:またはエンジン クランク室? のオイルシール不具合 

  • 走行中にエンジン停止 四輪車

    走行中にエンジン停止 四輪車 R33 スカイラインGT-R 本日から突然の症状なのですが 停止するときなどクラッチを踏んで回転数が下がってくると そのままエンジンが停止してしまいます。 走行中でも回転数がアイドリング規定値よりも下がると そのままエンジン停止してしまう時があります。 ギアをつなげている間は走行可能なのですが たまにアクセルを踏んでも踏んだだけの加速をしなかったり 同じ力で踏み続けていても回転数が不安定になります。 また、排気音も症状が出るときに「ゴフゴフ」と音がしています。 燃料ホースやプラグなどの原因を考えて調べてみたのですが 上記の症状を探すことができませんでした。 後日修理に出す予定ですが 原因が不明のため質問させていただきます。 よろしくお願いします。。

  • エンジンがかからず困っています。

    カワサキのKHに乗っています(↓でタンクキャップでも投稿したものです)。 今まで好調に走ってました。それが最近ガス欠の様に止まって以来、最近エンジンがほとんどかからずです。 透明の燃料ホースにフュエルフィルターをかませてるので、見てみたらタンクからガソリンが落ちて来て無い様です。 これは錆等が詰まってると思い、前々から予定していたタンク清掃をして燃料コックを掃除しました。 実際コックは詰まってませんでした。 先日投稿したタンクキャップが原因でも無い(キャップを開けても変化無し)なので、キャブを開けて掃除しました。 それでも相変わらずガソリンは落ちてこなく、当然ほとんどエンジンはかかりません。 かかってもアイドリングしてるのが限界で、アクセルを開けるとガス欠の様に止まります。 他に原因が思いつかず行き詰まってしまいました。 油面調整が必要なのでしょうか?←が原因なら、やった時が無いのでバイク屋にもってこうと思います。 分かる方、御指摘よろしくお願い致します。

  • エンジンの回転数について

    エンジンの回転数が運転席にタコメーターで表示されます。 ちょっと疑問がでましたので教えてください。 アイドリングのときは800回転ほど。 しなし同じアクセルを踏んでいないのに 下り坂には(スピードによります?)が少なくても1200回転以上は 廻っています。 下り坂でオートマで「D」レンジにいれたままアクセルを踏まない 場合は燃料の噴射量は回転数ひ比例して噴射されているのでしょうか? 私の車は2000ccの4気筒です。 エンジンの回転数=燃料噴射量ではないと思ってすが 実際にはこの考えはあっているのでしょうか? エンジンの回転数=4気筒のシリンダーを通るシャフトの回転数 アクセルの踏み込み=シリンダーへの燃料投入量の調整 と思っています。

  • エンジンが2000回転までしか上がらない

    詳しい方へアドバイスお願いします。 平成2年のコロナですが、エンジンの調子が不安定になり どうしても原因がつかめません。 経験でどのあたりの部品が不良とか 教えて頂けないでしょうか? 不具合状況はアクセルを踏んだ状態で2000回転近くまで、 上がり、すぐに回転が750rpmあたりまで、下がり、 又2000回転まで上がりの繰り返し(1秒から2秒ほど)で エンジンが吹きません。燃料フィルターを換えたり プラグ交換、エアーフィルター、点火系コード ポジションセンサー交換など手を尽くしたのですが、 解決できないのです。リミットカットで燃料カット しているのではと思うのですが、調べる方法 など伝授願いないでしょうか。 解体車からコンピューターを取り外して変えてみようかと も考えています。 ネット検索でも解決できません。 よろしくご教授下さい。 修理工場に修理に出してくださいとのアドバイスはなしでお願いします。

  • 低回転時にエンジンが震え、吹け上がらない

    通常走行時は一切問題ありません(時々追加速時にモッサリ感が) エンジン始動後のアイドリング時も一切問題ありません 超スロー減速でもたいてい問題ありません クルージング速度などから、通常もしくは強めにブレーキングをし、Dのまま停車するとエンジンが今にもエンストするかのようにブルンブルンと震え、車体全体が揺れます (以前はエンストすることもありましたが、エアマスセンサーを交換してからエンストはしなくなりました) DからNにしても揺れは変わりません(ミッションは関係無しか?) その状態でブレーキを放し、アクセルを踏み込んでも反応がなく、2秒くらい経って思い出したように突然どんっとアクセル開度分まで一気に吹け上がって復活します そのままブレーキを踏み込んだままにしておくと、10秒くらいして車が異変に気づき、900回転くらいまで自動的に吹け上がらせて、正常にしてからまた元のアイドリング回転まで落ちます(実際には震えていた時より50回転くらい高いです) 車が気づく前に、DからNに変え、一度軽く吹け上がらせてやると正常になりますが、このときもアクセルを踏み込んでも即反応はせず、アクセルを踏み込みっぱなしにして1~2秒してやっとブ~ンと吹け上がります 止まってから異変が出るのかなと思っていたのですが、どうやら1000回転以下くらいで既にどこか悪いらしく、完全停車せず、再度加速しようと踏み込んでもブルブル車体をふるわせて吹け上がらず、2秒ほど必死に粘る感じで、その後やっと正常に吹け上がります 最初修理屋に持っていってテスターあててもらったら「エアマスセンサー」と言われたので、交換し改善せず、その後ここで質問し、「スロットルチャンバーの洗浄」と教えて頂き、洗浄しましたが改善せず、その後また別で教えて頂き、「プラグコード」と教えて頂き、交換しましたが改善しません。 スパークプラグは確認できていませんが、2年半ほど前にUSボッシュの4極もあるプラチナプラグに替えたばかりなのでたぶん大丈夫だと思います 燃料ノズルなども疑い、ガソリン点火系の燃料ラインクリーナーを何度かしつこく入れてみましたがこちらでも改善できません ウォーターポンプ、ベルト、プーリー、ベルトテンショナー、オイルシールは最近交換したばかりです エアフィルターとAFTは3年前に交換してます(あまり走らないのでフィルターの汚れは今でもたいしたことありません) オイル&エレメント交換は定期的に行ってます 何が原因でこんなことになっているのでしょうか? 燃料フィルター、燃料ポンプ、コイル、バッテリー、ダイナモ・・・何が悪いのかもう見当が付きません 修理屋に持っていって相談しようにも、いつも悪いわけではないため再現が難しく、解決策が見いだせません どなたかぜひお知恵をお貸しください なお車両は 2001年式メルセデスベンツ E320(M112エンジン) W210(後期モデル) です ぜひぜひ、お力添えよろしくお願いします。

  • エンジンは何故回転するのですか?

    エンジンはなぜ不都合なく回転するのでしょうか? 学校の授業でガソリンエンジンの仕組みを習ったとき、(確か中学校の技術科の授業か、理科の授業だったと思う) 燃料吸気 圧縮 点火 爆発 排気 のサイクルを繰り返すことでピストンが往復運動を行い、ピストンの往復運動をクランクによって回転運動に変える、ということを学習しました。  これが一秒間に一回転程度ならば、まあ、わかりますが、自動車などのエンジンは秒間数百回という速度で回転していますよね。  どうして 燃料吸気 圧縮 点火 爆発 排気 のサイクルが狂わずにまわしていけるのでしょうか? スパークプラグの点火のタイミングが1/100秒も狂ったらもうサイクルが回らずに回転がおかしくなるような気がするんですが、どうして正確に動くのでしょうか?  考えていると夜も眠れないので、だれか説明をお願いします。

  • NSR250(88)の高回転でエンジン吹けず

    NSR250(88)の高回転でエンジン吹けず 私はMC18(88)を所有しておりますが、昨年より1年かけて10年間眠っていた車両を譲っていただきおこしました。 その車両が9000rpm~11000rpm辺りでの吹けが悪いのです。その手前までは勢いよく上昇していくのですが、9000rpm付近から「モォー」って感じで加速が止まります。 その時、一度アクセルを戻して開けなおすと加速する時もありますが、だいたいは加速が鈍ります。 雰囲気としては点火不良というより燃料の供給不足の様な感じに思えます。 エンジン始動はだいたいキック一発で始動し、アイドリングも安定しており、レーシングでは鋭く吹けあがります。 メンテナンスについては、キャブレター関連でメインジェットを含めて各ジェット類はケミカル剤で清掃してあり特にメインは目視でもキレイです。 フロート室にたまっていた錆(茶色い固まり)も清掃を行ってます。 ニードルも対策品と交換済みです。 燃料タンクは錆とりを行い、フューエルコック清掃、社外のフューエルフィルター(これが原因?)も追加。 こんな状態ですが、同じ様な経験をお持ちの方。または、アドバイスを頂戴できたら嬉しいです。 どうぞ宜しくお願い致します。 ※走行距離7000km(実走行距離)

  • 20ccの2サイクルエンジンについて

    20ccの2サイクルエンジンについて 今、自分は電動キックボードに刈払い機のエンジンを載せようとしています。 ですがエンジンを載せるには、エンジン下についている燃料タンクを外して別の位置につけなければなりません。 ですが、タンクを移植するには燃料ホースを長くしなければなりません。 そして仕方なく燃料ホースを100mm(もっとあるかも)したのですが、 吸い上げポンプを揉んでエンジンを掛けると掛かりはするのですがエンジン全開でないと持続できません。 また、全開から少しでも回転を下げるとかぶったような音と共にエンストしてしまいます。 エンストしてからまた再始動しようとすると全くエンジンが掛からず ポンプを揉んで燃料を送るとまた始動します。 このため作業がストップしています。 なにか心当たりなどありましたらご指摘ください。 よろしくお願いします。