• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

メーデー!航空機事故の真実と真相。

メーデー!航空機事故の真実と真相。 ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送されている標記の番組をよく視聴しています。 様々な航空機事故の原因を再現VTRと当事者(事故調査官、管制官、生還したパイロットや乗客、乗務員、目撃者など)の証言と事実に基づいて検証する番組です。 パイロットや乗員、乗客が全員亡くなってしまうことも多い中、事故調査官の人々は何ヶ月も場合によっては何年もかけて事故原因を究明し、航空機自体の欠陥やヒューマンエラー、空港をも含めたシステム自体、運用方法に関して改善勧告を行います。そのおかげでハード面、ソフト面に関してどんどん安全性が高まっています。事故調査官の方々の知識経験、努力には本当に頭が下がる思いです。 さて、事故原因を探る上で重要なウエイトを占めるものにブラックボックスがあります。コックピットボイスレコーダーやフライトデータレコーダーのことです。飛行データやパイロット同士の会話、管制官とのやりとりなど確かに重要な検証物になっています。 この番組を視聴していて、毎回思うのですが「なぜ、カメラをつけないのか?」ということです。動画でコックピットの様子や客室、主翼や尾翼、貨物室などを何故撮影しないのか?事故原因調査時にこの動画さえあれば一瞬にして原因が想定できる場合もあると思うからです。番組をみていると尾翼が吹っ飛んだり、翼が凍結して動かなくなったり、貨物室の中で爆発事故があったり様々なトラブルが発生していますが、パイロットはそれがどんな原因で操縦不能になっているのかもわからないまま必死で操縦を継続しています。 ジャンボ機なんかは1機200~300億円するそうですし、仮にカメラを10台設置したからといってどれだけコストに影響するのでしょう?そのコストよりも安全の方が大事なのではないでしょうか?確かに墜落時にはカメラ自体は間違いなく破損するでしょう。でも記録はブラックボックスの中です。 自分なりにカメラを付けることを阻害している原因を考えてみると ・温度差があまりにありすぎて(あるいは凍結とか)装着したところでまともに動作しない。 ・ブラックボックスの外部仕様は決まっているから、おいそれとは変更できない。 私が知らないだけで実は最新型の航空機には装備されている、あるいは近々のブラックボックスの外部仕様に盛り込まれている…など、どなたかご存じの方、ご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1135
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

ビデオカメラによる撮影が有効になること、意外と少ないかな、と感じます。操縦室を撮影したとしても、計器が読めるわけではないですね。また、操縦室で分かる情報なら、一部のデータはフライトデータレコーダーにも記録されています。異常があればパイロットが気がついてそれは音声にも残るでしょうから。 また、事故の原因、これは人的なミスや気象などが多いです。設計ミスなど機体に異常が出て、それがビデオで記録され、事故解析や状況把握に役立つことは限られていると考えます。以前、ネジの取り付け方に誤りがあってエンジンが発火下事故がありました。これは空港で撮影がされていますね。でも、このビデオが直接原因解析に大きく役立ったとは考えにくいです。発火したことはわかりますし、発火場所は分かるかもしれませんが、それがどの程度役立つかといえば疑問があります。 そして、原因究明にはやはり長い期間が掛かると思います。発火したのはすぐわかりますが、その原因を突き止めるには機体の残骸などを含めた調査が必要になると思います。 あと、状況が分かってもそれで生還の可能性が高まる例は非常に少ないと思えます。カメラに写る程度の異常が分かってから対処できることはほとんど無い? と考えます。 ただ、有効な場合もあると思います。群馬県に大型機が墜落した例では、ビデオを通して垂直尾翼に大きな破損があったことが分かれば、より重要な油圧の喪失を的確に把握できた可能性があります。また、尾翼の崩壊の様子がわかればより的確に原因の究明ができた可能性があります。もっとも・・・このときは無線に応答することさえできない時間もあったようですから、ビデオを見ることさえ難しいかもしれませんね。 最近は、自動車にも安全確認のためのカメラが複数搭載されていますね。飛行機にも、というのは自然な発想ですし、これから増えるかも、と思います。ただ、操縦室には当分付かないでしょう。ボイスレコーダでも相当抵抗があったそうですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >ビデオカメラによる撮影が有効になること、意外と少ないかな、と感じます。 そうなのかも知れないですね。 ただ、映像があったら一発で解決するような事案もあるのではないかと、素人ながら感じています。 >あと、状況が分かってもそれで生還の可能性が高まる例は非常に少ないと思えます。カメラに写る程度の異常が分かってから対処できることはほとんど無い? と考えます。 そうですね。私もそう思います。ただ、「どうして操縦不能なのか?」という疑問に対して「尾翼が吹っ飛んでいる」という映像があれば、墜落しながらも少なくとも納得(パイロットが)はできるでしょう。絶望に突き落とされてしまって、余計残酷かもしれませんが…。

関連するQ&A

  • アシアナ航空広島空港滑走路離脱事故(仮称)について

    国交省航空機事故調査委員会の事故原因の正式発表は まだですが、あなたの考えている事故原因を教えて下さい。 事故原因とその理由、アシアナ航空会社・パイロット処分、 又は広島空港への改善指示や管制官の処分など あなたが予想して下さい。 但し私の補足に対して再度回答頂ける方宜しくお願いします。

  • 航空管制官のHPについて

    私は航空管制官を目指している者です。 インターネットでの情報収集をしたいのですが、管制官のほとんどのHPが現在のところ閉鎖されています。 以前起きたニアミス事故が原因だと思いますが、私はHPならではの‘旬‘な情報が欲しいのです。 管制官のHPでまだ閉鎖されていないものがあれば教えて下さい! よろしくお願いします。

  • 航空鉄道事故調査委員会の役割はなんですか。

    航空鉄道事故調査委員会の役割はなんですか。 飛行機事故でも列車事故でも事故原因の調査は警察が行うのではないのですか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

フライトレコーダーには航空機各部の 状態をセンサーで計測した直接データ が記録されると思います。膨大な量な ので事故の際には解析時間がかかる。 何を計測しているかは航空機設計情報 として秘密の部分が在りそうです。 これに映像信号が含まれる可能性は高い。 しかし航空機の設計開発から実用には 10~15年の期間を要します。 販売はさらに20年を超える事も多い。 なので現在使用中の航空機の設計は30年 前に構想された物が多いのでしょう。 途中で改造すれば良いのですが航空機の 改造は大事(おおごと)なんです。 ねじ一本変更するのにも大変な手間がかかる。 したがって一度、形式認定を受けたら よほどの必要性が無ければ改造はしません。 30年前の映像機器では採用されなかった という事でしょうね。法律で装備が義務と されれば急速に普及すると思います。 客室や貨物室にはカメラが付いていると 思いましたが別の記録装置でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >これに映像信号が含まれる可能性は高い。 >しかし航空機の設計開発から実用には >10~15年の期間を要します。 なるほど、設計、製造、テスト、改良…。 気の遠くなるほど時間がかかりそうですね。巨大ですし。 500~800人を超すような人を運ぶ乗り物を造るわけですから致し方ありませんね。 >という事でしょうね。法律で装備が義務と >されれば急速に普及すると思います。 なるほど、 番組の中でも安全に関するもので有効と思われる装置などは装備が義務となって、結果的に飛行機の安全性がより高まっている…という事例(衝突回避装置など)もあるようですので、映像装置もそのように扱われればと思います。万一の場合の解析がスムーズに進み、より安全な飛行機となることを望みます。

  • 回答No.2
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2622)

 同感ですが、私の知る限りそのような機能を備えた航空機はない(知識が古いので確実ではないですが)ように思います。  ただしいくつかの軍用機では捜索用に高感度カメラを備えたものもありますので、技術的には温度その他の条件はクリアできるのではないかと思います。コスト的にも必要なのはラダーやエレベータ、フラップなどの(操縦席から見えない部分の)動翼くらいだと思いますので、そんなにかからないと思うのですが。  もしかしたら、こうした部分の物理的破損が原因の事故が相対的に多くないために、必要性が高くないと判断されているのかもしれません。  役にたたない意見で申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >技術的には温度その他の条件はクリアできるのではないかと思います。 おお。そうですか。そのようなものもあるのですね。 上空ではマイナス何十度とかにもなるし、気圧も非常に低いわけで。そのあたりがカメラの動作にどうなのかなあと思っていました。捜索用ということなので、実際にそのカメラが使われるシチュエーションではそれほど厳しい状態ではないですよね…。 >もしかしたら、こうした部分の物理的破損が原因の事故が相対的に多くないために、必要性が高くないと判断されているのかもしれません。 そうですね~。 コストパフォーマンスで言えばが悪いのかも知れませんね。ただ、200万円のクルマにさえ、最近では取り付ける人が増えている(ドライブレコーダー)のに、200億円以上も価格がするものにただの1台もカメラが付いてないのが不思議だと思った次第です。

  • 回答No.1

航空機の欠陥を証明するような装置を 製造メーカーが付けるはずが無い。 付けるのはごまかしが出来る範囲のみ。 映像記録は在るにしても秘密だろうなぁ~

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >製造メーカーが付けるはずが無い。 しかし、ブラックボックスは取付されてますよ。 番組ではそれによって航空機の設計上の欠陥なんかも明らかになってます。 これはどうお考えでしょうか? 番組を見る限り、メーカーは事故調査に強力的ですよ。 技術者を派遣して事故調査に強力しますし、メーカーしか知り得ない情報を事故調査官に開示したりしてます。まあそれだけ(NTSB国家運輸安全委員会)の力が大きいためかも知れませんが。

関連するQ&A

  • メーデー!という番組のDVD

    ナショナルジオグラフィックチャンネル(?)で放送されている 「メーデー!/航空機事故の真実と真相」 という番組のDVDなどはないのでしょうか?

  • 航空機墜落した時の事故原因公開について・・・

    最近航空機の墜落事故が多発しておりますが、これらの事故の後大衆に事故原因を公開していない気がするのは、私だけでしょうか? 私が思うに、いつも ・墜落したニュースが報道されて ・テロではない模様?とか言っちゃって ・何日かして生存人数が確定され ・ボイスレコーダーが回収され ・その後?・・・・????? って感じです。墜落してしまったのは誰にももう戻せない。メディアは残酷な状況を大衆に報道する、こんなことがありましたと・・・・そしてなにもなかったかのようにメディアは次へ・・(メディアは悪くない) しかしこれだけで良いんでしょうか? 私が言いたいのは、「事故原因もしくは迷宮入りでも良いから結果を公に報告公開すること」が一番大切だと思うんです。原因不明なら「結局不明です」と。。。。自分から調べなきゃ調査結果がわからない状況がいけな気がするんですけど。 例えばボイスレコーダーを回収したら、それをどうしてみんなに公開しないのですか?なんか、専門家たちだけが秘密にしてる気がして。。。

  • セントレア(中部国際空港)、岐阜基地(各務原)の航空無線について

    飛行機が大好きで写真などを撮りに空港へ良く出かけますが、航空無線を聞いている人を良く見かけます。 で私も写真だけでもの足りず、受信機を購入しました。が、周波数が解らず全く聞こえません。 中部地区に住んでますので 「セントレアでのパイロットと管制官のやりとり」、や航空祭が開催される時に岐阜基地にいって「ブルーインパルスのパイロットの生の声を聞いたり」、「名古屋空港の管制塔のやりとり」を聞きたく思ってます。 周波数を知っている方教えてください。 また、その辺りの情報のあるサイトご存じでしたらご紹介ください。 よろしくお願い致します。

  • パイロット、航空関係機関(JAL,ANA)にはいるには・・・

    パイロットになるには、大学から航空大学のしけんを受けるか、民間(JALなど・)の試験をうけていくのは知っているのですが、具体的にどんな大学の何学部に入っていると、学力的にも近道なのでしょうか?また〔整備かんけいは除く)JALやANAの総合職に就職するには、?管制官になるには? どんなことでも良いです。教えて下さい。

  • 航空管制の言葉は英語に統一されたのですか?

    航空管制の言葉は英語に統一されたのですか? 第二次世界大戦までは、ドイツのパイロットはドイツ語で、フランスのパイロットはフランス語で管制官と交信していたとおもいます。日本では日本語でした。 今、世界の航空管制はすべて英語に統一されていると聞きました。 ドイツや日本、イタリアなど第二次世界大戦の枢軸国は連合国の決めたことに従って、航空管制を英語にしたのは想像に難くないのですが、連合国側の非英語圏が英語に統一した経緯をご存じですか? カザフスタンの航空機の操縦士がキエフ管制塔と交信するのに英語を使用するなんて、まったく理解できません。操縦士にとっても、管制官にとっても第二外国語を強要することになり、危険ですよね。 終戦後も英・米とならんで政治力をもっていたソ連はなぜ、イリューシン機やトゥポレフ機、アントノフ機の操縦士に英語で交信するよう指示したのでしょうか? 質問: 1.ロシア語が公用語であった旧ソ連圏でも航空管制が英語に統一されているというのは本当ですか? 2.本当だとするとそれはいつごろからですか? 3.現在、ウクライナやカザフスタンなどの国内線でも英語に統一されているのでしょうか? 中国国内線、フランス国内線の航空管制の英語化に関してもご存じの方いらっしゃれば教えてください。 なにか、ご存知の方、どうぞよろしくお願いいたします。

  • アドバイス後の「コピー?カピー?」とはなんでしょう?

    先日、エアバンド「航空無線」を聞いていますと聞きなれない言葉が出て来ました。 着陸間際に管制官から風向と風速を教えられたパイロットが「コピー?カピー?」の様な用語を一言だけ管制官に対し返していました。 普通は「サンキュー」なのですが・・・ww これはどのような意味なのでしょうか?

  • 日航機御巣鷹山墜落事故について

    日航機御巣鷹山墜落事故で事故原因の調査が行われたもののいまだにわかっていないこととか、原因不明なことはあるのでしょうか?

  • 新幹線や航空機の事故のニュースにウンザリしてます。

    わざわざ海外の電車や航空機の事故をあと人生で同じようなニュースを何回見なければいけないんだと思うとウンザリします。  事故が起こったことにウンザリしてるんではなくて、ニュースでいちいち大々的にやってるのにウンザリします。電車や航空機事故は必ず起ります。ゼロにはなりません。事故の件数が減った死亡者数が減ったと言う事でニュースになったり増えたと言う事でニュースになるならわかるんですが。 交通事故で国内に死んでる人のほうがよっぽど沢山います、沢山人が死んでいるのだから増えてるのか減ってるのか、原因はなんだなどの方がニュースだと思うんですが。 ただみんな興味本位でニュースが見たいだけにしか思えません。視聴率をかせぐための興味本位のニュースにうんざりしてます。ニュースはいつから楽しむためにある物になったんでしょうか・・前からだと思いますが・・ 視聴率を稼ぐためのニュースだと思い私はウンザリしてるんですが、そう感じませんか?

  • ●医療事故の免責?

    アメリカでは航空機事故が起こった際、パイロットが免責されるそうです。次の事故を防ぐためには、パイロットの責任を問うより効果的、ということだそうです。 これを医療に適用することの是非をお伺いしたいと思います。 医療事故が起こっても、すべてを明らかにすることを前提に、医療機関、医師、看護師などを免責する。そうすれば失敗の経験が蓄積されて、長期的に見ればミスは減っていくだろう、という立論です。 もちろん仮定のお話です。私が患者の立場であれば、全く納得の行かない屁理屈ですが、あえて皆さんのご意見ご批判をお願いします。

  • 番組名を思い出せません(NHKドキュメント?)。

    昔見たTV番組名を知りたいです。 その番組に関して覚えているのは、以下です。以上よろしくお願いします。 ・地上波の NHK(総合、教育のどちらかは忘れました。)で放送していました。数年前に見ました(当時見た番組は、再放送の可能性あり)。 ・ドキュメンタリのような番組で、数例の航空機事故に関して、事故の経緯、原因を説明していました。 ・上記で扱われていたのは、    1995/12/20 アメリカン航空機の事故    1977/3/27 KLMオランダ航空機とパンアメリカン航空機の衝突事故  の2例です。他にも何例か扱われていました。