• 締切済み
  • 困ってます

刑事責任が問えるかの精神鑑定について教えてください。

刑事責任が問えるかの精神鑑定について教えてください。 精神鑑定する人が精神疾患のひとなのか、また一般の人なのかその割合と実際、心神喪失または心身耗弱と認められた人の精神疾患 一般の割合が知りたいです。 よいサイトなど資料になるものを知っている人は教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数193
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
  • tolio
  • ベストアンサー率63% (23/36)

法務省の「犯罪白書」はご覧になりましたか? ちょっと古いですが、平成12年版に「精神障害者の犯罪」という章があります(第4編第5章)。 そこに精神障害者の犯罪に関するいろいろな資料が載っているようです。参考になるのではないでしょうか。 最近の犯罪白書にそういった章があるのかはわかりません。 下に犯罪白書のURLを貼っておきます。そこから平成12年度版にいってみてください。 ご参考まで。

参考URL:
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/nendo_nfm.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざURLまではってくれてありがとうございます。 参考にしたいと思います。 ご回答 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 精神鑑定について

    先日、他人の乳児の足の骨を折ったという罪で、 懲役になった主婦がいましたよね。 もう、5年以上も前の事件です。 弁護側は、「心身こう弱」(心神喪失)であると、 精神鑑定を依頼しましたが、被告には責任能力がある、と棄却されました。 精神鑑定をすると、結審までに、5年もかかるのですか? 詳しい方、学んでる方、教えてください。 また、参考文献(書籍)などもあったら、紹介してください。 あと、「心身こう弱」の「こう」が私のPCでは、出てこないんですが、 どういう字ですか?

  • 精神鑑定無効になるには

    昨日から質問がたくさん出てますが、 結局、何人殺せば、どういう人を殺せば、 どのように殺せば、 精神鑑定で異常があると診断されても、減刑の対象に ならないのでしょうか。 それとも、100人殺しても異常があれば減刑される? 精神疾患=犯罪者 とは決して思いませんが、 起こってしまった事件に対しては、 厳重に処分するべきだと思うのです。 どうなんでしょう、教えてください。

  • 起訴前の精神鑑定と裁判を受ける権利について

    法律には無学な者が質問させていただきます。法律用語などで誤りがありましたらお許しいただくとともに、ご指摘ください。 たまに新聞報道やテレビニュースで、猟奇的な殺人事件が起こり犯人が逮捕・送検された時に、検察庁が起訴する前に責任能力の有無を確認するために「簡易精神鑑定」をする場合があります。結果、責任能力ありと判断されると起訴します。責任能力なしと判断されると起訴しません。 法律で心神喪失の場合は、刑罰が与えられないと規定されているからだ、と聞きました。裁判をして、その結果、心神喪失が認められたなら納得もいきますし、納得できなければ控訴や上告ができます。 憲法32条では「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪われない」と規定されています。「心神喪失=精神病=病人」と乱暴な解釈ですが、このような考え方が成立するように思います。 微罪で起訴されず裁判を受けないのと、殺人という重罪で裁判を受けないのでは、法律的に問題があるように思います。「病人だから裁判を受けなくてもいい」となると憲法違反にはならないのでしょうか。 読みずらい文章で申し訳ありません。 法律にお詳しい方からの回答をお待ちしております。

  • 回答No.1
noname#118935

「そして殺人者は野に放たれる」 日垣 隆 精神鑑定に否定的な立場から書かれた本で、 「精神鑑定は科学ではなく、証拠でもなく、 推測に基づく意見に過ぎない」と作者は主張しています。 心神耗弱という曖昧な規定をノルウエーは1929年、スエーデンは1945年に刑法から削除、 ロシアなど旧ソ連構成各国、ブルガリア、旧チエコ、ペルー、ギリシャ、マレーシア、 タンザニア、ネパール、アルゼンチン、フランス、オーストリア、ベルギー、 ポルトガルにも規定はなく、米国はというと、 カリフォルニア州は1986年に刑の軽減という原則を廃止、 モンタナ州は1979年、アイダホ州は1982年、ユタ州は1983年に 精神障害を理由とした不起訴や無罪の主張そのものができなくなったそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

論文を書いているので、とても参考になりました。 今後海外も書きたいと思います。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 精神鑑定で心神喪失と診断されたら無罪確定?

    精神鑑定をテーマとしたスピーチを書かなければいけないのですが、わからないことが多くて困っています(><) 起訴後の精神鑑定で、心神喪失と診断された時点で、裁判官の判断は関係なく、もう無罪は確定なのでしょうか??それとも、その診断はあくまで裁判官が刑罰を決定するための一つの要素であって、裁判官が他の様々な要素を考慮した上で、その診察が正しく、責任能力は無い、と判断してようやく無罪が決定するのでしょうか?? まだまだあやふやなことしか分からなくて、質問内容も分かり難いかんじになっていてすみません(**)

  • 精神鑑定ってどんな事するの?

    精神鑑定ってどんな事をするのでしょうか? たとえば、犯人の人がわざと精神的に おかしいような言動、行動をして精神鑑定でもひっかかり無罪になった事例とかないのでしょうか? そういうのも見破れるんですかね。

  • 本当に刑事責任は問えないのか?

     昨日の大阪教育大教育学部付属池田小学校の事件を皆さんはどう思いますか?  私の友人の子供も6~7年前に、分裂病患者さんに突然刺され1歳でその生涯を閉じております。子供の日で帰省していたおじいさんの家の近くの神社で、祖父とともに襲われ(包丁で刺され)即死状態でした。  読売新聞:99年3月、精神安定剤入りのお茶を同僚に飲ませ、精神保健福祉法に基づき、西宮市内の病院に措置入院。精神分裂病の診断で、措置入院を1か月余りで終えた後、この病院に入退院を繰り返していたという。  中日新聞が、精神障害者家族会のコメントを紹介しています。「病歴報道によって読者に“精神疾患”が原因、動機であると読まれてしまい、その結果“精神障害者はみな危険”という画一的な偏見を助長してしまう」と指摘。  精神分裂病は、コントロールすることはできても完治することはない病気だと思います。  事件が起こってからの精神鑑定(その結果「刑事責任を問うのは難しい」と判断されてはたまったもんじゃありません!)では後手に回ります(「刑事責任」を問えない人間があちこちうろうろしているのでは安心して道も歩けませんものね!)。少なくとも一度「分裂病」と診断された人に関しては、入院しないのであれば定期的に「精神鑑定」を実施して「刑事事件」を起こす危険性は少ないか常に判断していく必要があると私は感じます。  「99年3月、精神安定剤入りのお茶を同僚に飲ませた」という事件からして、「無差別大量殺人」を引き起こす可能性が非常に強い分裂病患者だったのではないかと思いました。どなたか「分裂病のこと(危険を冒すかどうかは予測できないのか?)」「精神鑑定の問題点(人権を尊重するという意図は分かるのですが、分裂病では強化すべきではないかと、今回の事件で改めて強く感じました)」など解説していただければ幸いです。

  • 刑事責任の必要性

    殺人事件などで、精神鑑定などで刑事責任があるかどうかが診断されていますが、なぜこれは必要なのでしょうか。 被害者と遺族には、加害者にどういう事情があろうと、「殺された」という事実は変わらないと思うのですが…。

  • 総理の精神鑑定

     N国のK総理の一連の発言=「辞めさせたければ法案を通せ」等、あるいはいきなりのストレステスト等を見ていると、総理あるいは国会議員である前に自身には荷が重過ぎる国難により、精神疾患に罹ったんじゃないかと思う。総理には一ヶ月に一度位、精神鑑定が必要じゃないかと思うんですが?精神に病を持った首相が、国政の最高責任者じゃまずくないでしょうか?

  • 精神鑑定

    よく悪いことをして警察につかまった人が、精神鑑定を受ける場合がありますが、どのような検査のでしょう? 普通の人が、おかしくなった振りをしてもばれてしまうぐらいの検査なのでしょうか?

  • 精神鑑定

    前から疑問ではありましたが、裁判で被告人に精神疾患などの疑いがあるとされる場合、 「精神鑑定」というのが行われますよね。 そこで、検察側と弁護側、両方とも、それぞれ、自分たちの思惑通りに ことを運ぶために、精神科医の方に、カウンセリングを 実施してもらい、実際の裁判へも…両方の医師に証人として、 それぞれ出廷してもらう。 そこでの結果を聞き、どちらが信用できるか…ということですが、 いつも思うのは、弁護側が依頼した医師のカウンセリング時間が 極端に短い!ということですね…。 これは、どの裁判を傍聴しても、そうなんですけれど、 どうしてなのでしょうか。 実際の判決でも、カウンセリング内容が、検察側ほど、 濃い内容でもないし、時間も短い…というのが例によって 指摘され、言うまでもなく、 検察側の医師の意見が信用できる、とされます…。 (大抵、責任能力の有無で、 ”能力はある!”と判定される場合が多いですよね?) …なんとなく、分かるような…気はするのですが…。 ずばり、どうしてでしょうか。

  • 精神鑑定

    犯罪を犯した人に対して良く(精神鑑定)とあると思います。 例えば、懲役10年位だけど異常者だから半分の5年位とかではなく ただ単に(無罪)でしょうか? 刑の量刑に影響を与えることなく無罪ですか?

  • 精神鑑定はあてになるの?

    こんにちは 犯罪が起きて、容疑者が検挙されると、正しく物事を判断できるのかを調べるために、精神鑑定が行われますよね。 あれって、あてになるのですか? 罪を軽くするために、もしくは無罪を勝ち取るために、わざと精神がおかしいふりをする人がいると思うのですが。 そういうことを、ちゃんと見抜くことができるのでしょうか?

  • 犯罪者の責任能力

    よく、犯罪が起こると、精神病と責任能力の有無などが取沙汰されます。 そこでふと疑問に思ったのですが、 1.犯罪者が健常者(精神病を患っていない)場合でも、犯罪等において心神喪失や心身衰弱が認められることは、実際に(現実的に)はあるのでしょうか。あるとしたら、具体的にはどういった場合でしょうか。 2.犯罪者が精神障害者(精神病を患っていた)場合、心神喪失や心身衰弱が認められるのは、具体的にどのような症状でしょうか。