• 締切済み
  • すぐに回答を!

PH計内部液の種類について質問です。

PH計内部液の種類について質問です。 どうも今扱っているPH計(COD測定装置内)はダブルジャンクション形のようなのですが、 内側の内部液が塩化銀飽和3.3M塩化カリウム溶液。 外側の内部液が硫酸カリウム飽和溶液なんです。 他のPH計などは、3.3M塩化カリウム溶液を使用したり、3.0M塩化カリウム溶液を使用したりします。 なぜKCL濃度が違ったり、硫酸カリウム溶液だったりするのでしょうか? 電極の種類で違うからですかね? 電極の種類で何故内部液を変えるのか、原理も教えていただけるとありがたいです。 宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1721
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (359/594)

そのpH計の事はよく知りませんので、 間違っている可能性が高い故、参考程度に流して読んでください。 一般に、pH計の「内部参照電極」には「Ag‐AgCl 電極」が使われる場合が多く、 AgCl + e^- ⇔ Ag + Cl^- この電極の内部液は飽和KCl(結晶を含む)です。 必ずしも飽和KClでないといけない訳ではないのですが、 単極電位:E=E゜‐(RT/F)・ln([Cl^-]) を一定に維持する為、 pH測定中に [Cl^-] が変わらない事が条件になるので、 結晶を含んだ(過)飽和のKClが都合が良いと思われます。 また「外部参照電極」には「Hg‐Hg2Cl2 (カロメル)電極」がよく使われ、その内部液は同じ飽和KClです。 もし、この参照電極の内部液が「K2SO4」ならば、 それは例えば「Pb‐PbSO4 電極」の様にその単極電位が、 内部液中の「SO4^2-」に依存するものと思われます(適当です)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • pHメーター電極保存液は、なぜ3モルKClですか?

    こんにちは。よろしくお願いします。 pHメーターを仕事で使っています。 常に、蒸留水に電極を差し込んで、横のキャップ(3.3M KCl注ぎ口)が開放されたままです。 毎朝、電極の内部液を取り替えます。 取説には、『使用時は、キャップを開いて、純水に差し込む。 長期使用しない場合(夜間など)は、3モルKCl溶液に電極を入れて、横のキャップは閉める』 とあります。 そのことを上司に言ったのですが、『このやり方で良いのよ!!』と怒ってしまいました。 3モルKClでキャップを閉めて保存する理由が判れば上司を説得できると思いますので、もしも理由をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • pHメータの内部液の意義

    pHメータの内部液に塩化カリウムの飽和溶液を入れているものがあるとおもうのですが、これを何のために入れているのかがどうしてもわかりません。 ネットでは、探せるだけ探したつもりなのですが、詳しい説明の載っているページが見つからず、助力を仰ぎたいしだいです。 電解性のよい溶液としての特性を利用しているのだと思っているのですが、これはたとえば違う液だとどのような効果がおきるのか、誤差が出るのか測ることすら不可能なのかなどをご存知の方、教えてください。

  • pH計の電極の保管方法について

    会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。 最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか??? また、最近メーカーの方が普通の水道水でもOKと言ってましたがどうなのでしょうか??? また、こちらのメーカー側では<http://www.jp.mt.com/seihin/kenkyu/ph_mp220.html> 6.保管 電極先端3cmぐらいを3mol/KCl溶液に漬けて下さい。純水などで保管すると応答が遅くなります。また、寿命が短くなりますのでご注意下さい。 → 純水等に漬けてしまった場合は、一晩3mol/KClに漬けてからご使用下さい。 とありますが、これは正しいのでしょうか??? まとめると、《保管》塩化カリウム溶液に浸す→《測定》電極を蒸留水で洗い軽く拭き測定。が正確なのでしょうか?

  • 銀塩化銀電極で液間電位差が問題にならないのはなぜですか?

    銀塩化銀電極などの参照電極では寒天などによって 測定系の溶液と参照極側の溶液は別のものを用いますが(銀塩化銀電極であれば飽和KClなど)、 液間電位差が問題にならないのはなぜなのでしょうか? 測定系の溶液の種類によって参照極側の溶液との間の電位差が異なるため 作用極によってかかる電圧にオフセットが乗るというような現象が起きそうな気がしますが、 このようなことはなぜ問題にならないのでしょうか?

  • pHメーターの原理について質問です

    pHメーターのことで二個質問があります。 1)参照電極とサンプルは塩橋でつながっていると思いますが、参照電極の中に入っているKCl溶液とサンプル溶液(あるいは使わない時に漬けておく保存溶液)が混じらないのはなぜなのですか?インターネットでサンプルが参照電極内に入っていくことはないとありましたが本当ですか? 2)キャリブレーションをする時はすぐpH値が安定するのですがサンプルを測定する時には安定するのにすごく時間がかかります。ちなみに私のサンプルはイオン強度が低いサンプルです。この問題を解決するのにはどうすればいいですか? お願いします。

  • pH電極にできた結晶の対処法がわかりません

    pH計の電極内部に飽和KClの結晶ができてしまいました. ぬるま湯で溶かそうと試みましたが,うまくいきませんでした. 校正ができるようであれば問題ない,と書いてあるサイトもありましたが,RO水を測定してみるとpH5と表示してしまいます. >どのような操作をすれば,結晶を溶かすことができるのか >校正ができれば,表示される値は信頼できるものなのか この二点について教えてください.よろしくおねがいします!

  • pHメーター

    学校でガラス製のPHメーターを使用しているのですが、 pHメーターで菌の入った液体を計ったあとはどのように手入れすればいいのでしょうか。 普通に洗剤などに電極部分を付けておけばいいものなのでしょうか? また、最近校正時の感度が悪く、実際のpHと大きくズレが生じてしまいますがこれって電極保存液のKCL溶液を入れ替えれば治るのでしょうか。 校正時に標準液pH4の溶液を図ろうとすると測定不能?になったり、pH4.2以上の数値が出てきたりいろいろ困ってます。 素人質問ですいませんがどなたか返答お願いします。

  • PH計のKCL

    ガラス電極とジャンクション(液絡部)が一体となっている、複合形は測定中ジャンクション(液絡部)から常時KCl溶液が流出するのであれば、製品ラインに設置するには製品と混じり不具合が生じますか?

  • 電位差測定(pH電極)について

    電位差測定について疑問があります. 代表的なものとして,pH電極がありますが, このpH電極を,ガラス電極(内部電極は白金)と基準電極の電位差を測ることでpHを測定している事は理解しました. ガラス電極で生じる内部液と,サンプル液の膜電位でネルンストの式から, 水素イオン濃度を検出しているという事ですよね. ここで疑問なのですが, ガラス電極と基準電極の間に,電流はどのように生じるのでしょうか? 電極間の電位差を計測しているという事は,電流が流れていないと,電気回路として一周しません. また,基準電極は銀塩化銀電極等の不分極電極ですが,不分極という事は,電流は流れないのでは・・・・ 詳しい方,電極,測定溶液の電子移動に関して分かりやすく解説頂けないでしょうか?

  • phメーターについて

    phを測定する時のことについて質問します。 サンプル溶液に電極をいれる際に、電極上部の内部液をいれる穴をふさぐゴムのキャップを開けるのはなぜですか?