• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか? 天体の運動量と軌跡を考えると観測できる天体以外に質量がないと辻褄が合わないことから、現生人類では観測できない暗黒物質なるものを仮説し、その質量が影響していると解釈するのが現在の標準的宇宙論とのことです。 暗黒物質それ自体がいかなる波長の電磁波も自らは発していないのは良しとして、他から発信された電磁波を妨げることも無いのでしょうか? つまり、深部の銀河を観測する時、観測者と観測対象の間に暗黒物質があると考えざるを得ないのですが、この中間にある暗黒物質が電磁波を衰弱させるとか、偏光させるとかの影響があると思うのですが。 もし「暗黒物質自体が何も発していない」のみならず「暗黒物質はいかなる影響も及ぼさない」というのではれば、そのような”物質”を仮定するのことに無理があるのではないでしょうか? そのような無茶な仮説よりも、重力以外で天体の運行に影響を与える力を仮説するのが自然と思うのですが。 質問を整理します。 質問1:暗黒物質は電磁波的に透明ですか? 質問2:天体の運行に重力以外の力(引力か斥力)が影響を与えていると仮説することは無意味でしょうか? なにか、考えるヒントをいただければ有り難いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数341
  • ありがとう数55

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • juyjuy
  • ベストアンサー率22% (139/612)

質問1: 今のところ電磁波に対しては「重力」としての作用しか確認できていません。(一般相対性理論では電磁波は重力で曲がります。)一般的には透明だと考えていいでしょう。 質問2: 今まで多くの学者がそのような考えで研究を進めてきていますが・・。 ある高名な学者とその点で討論しましたが、「アインシュタインの式より綺麗な方程式が書けないのです。それで皆あきらめているのです。」という話がありました。つまり光の速度を他の要因の関数にしたり、斥力の伝達も光速と違いものにしたりこれだけでも現在解っている全ての現象を解くには今までの物理常識では出来ないということのようでした。 まあ自然が綺麗な方程式だけで解ける物ではないということかもしれませんが、今の物理屋さん、数学屋さんには耐えられないのでしょうね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

毎度ありがとうございます。 闇夜のカラスなら認めてあげても良いと思ったのですが「体重のある透明人間」ということになるとそう簡単に認めたくないですね。 アインシュタインだって、良く分からずにラムダ項を入れといたという説もあるぐらいですから、数学的に美しいかどうかじゃなくて、自然現象を「良く記述できる汚い方程式」が真理を表しているかもしれませんね。 しかし、人類は宇宙に関して本当に無知なんですねえ。 わくわくします。

質問者からの補足

質問後にMONDというのを発見しました。 ===== 修正ニュートン力学(しゅうせいニュートンりきがく、Modified Newtonian Dynamics)、略称 MOND とは、銀河回転の問題を説明するために暗黒物質の存在を仮定することなく、力学の法則を変更することによってその説明を試みた力学理論の仮説のひとつである。 ===== 1983年にイスラエルの物理学者モルデハイ・ミルグロムが提唱したそうです。 27年も前に私と同じ疑問を持った奴がいたとは! 万有引力が距離の二乗に逆比例するニュートンの法則を、距離が10000天文単位以上などの超長距離では万有引力は距離に逆比例すると仮定すると、銀河回転問題は暗黒物質を仮説しなくても整合するそうです。 一旦、物理現象を数式モデルに当てはめると、その適用限界が有るか無いか忘れて、超長距離、超高温、超長時間、超強力磁場、なんでも通用すると考えがちです。 でも、数式が正しいのではなく、物理現象が正しいのですから、物理現象をより良く記述できる数式に改めるべきで、この場合古典的なニュートン力学が超長距離では適用できないという、まさにコペルニクス的な展開があるかもしれないですね。

関連するQ&A

  • 暗黒物質=エーテル説

    暗黒物質(ダークマター)は実は昔にその存在が否定されたエーテルなのではないでしょうか? 斬新な仮説ですいません。

  • ひも理論で暗黒物質・暗黒エネルギーは説明できる?

    宇宙空間に正体不明の暗黒物質・暗黒エネルギーというものが観測されていますが、 ひも理論でこれらを説明できるのでしょうか。 加速して膨張してゆく宇宙というモデルの説明が可能ですか。 よろしくお願いします。

  • 暗黒物質の結論先送り 国際チームは認めるべきである

    暗黒物質の結論先送り 国際チーム、観測データ判断できず 産経新聞  9月19日(金)7時55分配信 宇宙の物質の約4分の1を占めるとされながら、発見されていない謎の物質「暗黒物質」の証拠を探している欧州合同原子核研究所(CERN)などの国際チームは18日、新たな解析結果を発表した。観測データが暗黒物質に由来するかはまだ判断できないとし、結論は先送りとなった。  チームは国際宇宙ステーション(ISS)に搭載した「アルファ磁気分光器」(AMS)で2011年から宇宙線を観測。電子と反対のプラスの電気を帯び、宇宙では極めて少ない陽電子を理論値より多く検出したとして昨年4月、「暗黒物質に由来すると考えても矛盾しない」と発表した。  陽電子は暗黒物質同士が衝突すると生じるが、星が一生を終える超新星爆発で生まれた中性子星から放出された可能性もあり、観測を継続していた。  チームは昨年11月までの2年半の観測に基づき、前回発表より高いエネルギー領域を含むデータを解析。陽電子の増加傾向や到来方向などの特徴が暗黒物質に矛盾しないと確認したが、中性子星に由来する可能性も否定できないとした。  チームの灰野禎一(さだかず)・中央研究院物理研究所(台湾)副研究員は「解明に一歩前進したが、さらに高いエネルギー領域でデータを集める必要がある。結論が出れば今世紀最大の発見の一つになる」と話した。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。 プラスの陽電子である、プラスの磁力が、暗黒物質であり、ブラックエネルギーであり、 ブラックマターの正体は、マイナスの磁力である事は、 私の時間の正体、宇宙時間方程式、(T)=(M±)±(E)が示している。 したがって、暗黒物質は、発見、観測された、と認めるべきなのですね。。 この事を、世界の科学者は、認めるべきである。 そう思うのは、私だけでしょうか?? 皆様の、ご意見を、お願いします。 逆転地蔵 。 。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

No.6 です。 >なぜ、この仮想質量をDark Matterなどと命名したのでしょう? 電磁波を出さないため、望遠鏡で見えないからです。 >適用範囲に制限がなく成り立つと無邪気に信じているのでしょうか。 まともに物理やってる人なら無邪気に信じていませんよ。 重力の逆二乗則を検証する実験も行われています。 http://cosmophysics.kek.jp/documents/090514Ando.pdf ちなみにLHCでブラックホールが出来る可能性があると言われているのは、余剰次元があると近距離での重力が強くなるからです。(逆二乗則が成り立っていればできません。) >超長距離でも短距離と同じ万有引力の法則が成り立つと仮定するのは妥当でしょうか。 根拠がないので、妥当ではありません。 現在測定できるスケールでは逆二乗則が成り立っているので、 それより大きなスケールでも成り立つだろう、とするのが今のところ最も自然です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追加の情報ありがとうございます。 重力逆二乗則を検証しようとせれている方々が実際にいらっしゃるのですね。 超長距離での重力逆二乗則の検証は、重力波の伝播だけでも何万年もかかるため、実験可能性に関しても困難を極めますね。観測事実から重力逆二乗則に反する事実がたくさんでてくると面白いことになりそうです。 ありがとうございました。

  • 回答No.7
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

いろいろな仮説があるので、とりあえず私は、インフレーション宇宙論をベースに回答をしてみますね。 インフレーション宇宙論は、ビックバン以前にもっと小さい状態があって、その後、爆発的に広がった、という考え方です。最初の宇宙が素粒子サイズだと仮定した場合、量子論による不確定性原理が働きます。存在自体が確率で定義されるようになるんです。無から有ができる可能性が生じます。 素粒子サイズのものが、一気に大きくなった場合、その途中で物質ができ、宇宙が晴れ上がります。その時期に出来上がった素粒子自体も、当然不確定性原理が働き、確率で存在が定義されます。これを、存在確率の雲と呼ぶことがあります。 その時期でもまだ膨張は進んでいて、初期の宇宙に存在をしていた素粒子が、現在、宇宙全体を覆う存在確率の雲が多数あるのでは、そして、これがダークマターの正体で、物質(マテリアル)ですらないのでは、という仮説ですね。 質問1:暗黒物質は電磁波的に透明ですか? はい。存在確率自体がおそろしく希薄なので、電磁波への相互作用はほとんどないと考えられています。 質問2:天体の運行に重力以外の力(引力か斥力)が影響を与えていると仮説することは無意味でしょうか? 重力は、マクロの単位で影響を及ぼす力です。力の素粒子が場と相互作用をすることによって発現しますが、量子論の世界である素粒子自体が大きな範囲で働く力は、まだ理論として作られていないので、重力がどのように影響するかも不明な状態です。 ましてや、力の影響範囲が小さい他の3つの力が、遠距離でどのように働くかも、まだ理論を作っている段階です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 もし質量があるとして、暗黒物質(Dark Matter)ではなく、透明物質(Transparent Matter)または透明質量(Transparent Mass)と命名していただきたかったですね。 しかし、暗黒物質(Dark Matter)などという不可解な相互作用を仮説するよりも、重力より強い電磁力が作用していると考えると素人には分かりやすいのですが、、、。 とはいえ、私の生きている間に暗黒物質(Dark Matter)の観測が成功することを期待しております。

  • 回答No.6

(ダークマターがあるとすれば、)今まで観測されていないことと、現在まで存在していることから、 1.電磁相互作用をしない 2.安定 3.重い である必要があります。 質問1 1,2より、電磁気的に透明です。 質問2 その仮説が論理的に正しくて、今までの実験結果と矛盾しないなら意味があります。 =======余談=================== ・ちなみに、ダークマターが提唱されたのは、銀河の回転曲線の観測がきっかけですが、 それだけでなく、宇宙論や重力レンズ効果によってもダークマターの存在が支持されています。 例)CMB(宇宙マイクロ波背景放射)の非等方性のパワースペクトル(WMAP-7yearのもの) http://lambda.gsfc.nasa.gov/product/map/current/map_images/dl7_f01_PPT_M.png 黒い点が実験値で、赤い線がコールドダークマター(CDM)入りの宇宙モデル(ΛCDM model)からの理論値で、よく合っています。 ・上記1~3を満たす粒子は素粒子の標準模型には存在しません。 現在の最有力候補は、LSP(lightest supersymmetric partner 超対称性粒子のうち最も軽いもの)です。 ・今までの実験結果とよく合う=ダークマターが存在する ではありませんし、その詳細な性質を調べるために現在ダークマターを検出しようと様々な実験が行われています。 -CDMS(cryogenic daek matter sarch)実験 http://cdms.berkeley.edu/ 半年ほど前にダークマターを観測したかも!?と話題になりました。(結局発見には至っていませんでした) -XMASS実験 http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/xmass/index.html そろそろ実験が始まるかも。日本の神岡にあります。 -LHC(large hadron collider)実験 http://lhc.web.cern.ch/lhc/ 最近の実験結果がSUSY(supersymmetry 超対称性)を支持しているみたいです。 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science_and_environment/10313875.stm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに、論理的に電磁気的透明である必要がありますね。 なぜ、この仮想質量をDark Matterなどと命名したのでしょう。 属性から言って、Transparent Matter,i.e.透明物質と命名するべきだったと思います。 そうであれば、存在に関する疑義は残るものの名称に対する疑問は生じなかった。 ニュートン以後、アインシュタインまでの200年にわたって、人類は、運動エネルギE=m*V**2/2におてい、値の範囲に制限なくEを4倍にすればVは2倍になると誤解し続けていたわけです。 今、低速でなりたつ式が超高速(=光速の近く)で成り立たない、すなわち速度に関して適用限界があることが判明したのに、距離に関しては相変わらず短距離で成立つ式が、適用範囲に制限がなく成り立つと無邪気に信じているのでしょうか。 超長距離でも短距離と同じ万有引力の法則が成り立つと仮定するのは妥当でしょうか。 それとも、すでに銀河回転問題以外において、5万光年ぐらいの超長距離でもF=(G*m1*m2)/R**2が成立することが検証されているのでしょうか? まあ、ご専門の研究者の方々が先入観を持たずに、観測事実と、論理的整合性の両方を配慮しながら統一見解を組み立てられうのでしょうから、楽しみですね。

  • 回答No.5
  • juyjuy
  • ベストアンサー率22% (139/612)

No.3です。 補足にありました「物理現象を数式モデルに当てはめると、その適用限界が有るか無いか忘れて、超長距離、超高温、超長時間、超強力磁場、なんでも通用すると考えがちです。」というご指摘はプロの研究者に対しては少し言いすぎだと思います。 有名なところでは湯川博士や朝永博士、この前の益川博士などは・・外国ではホーキング博士もですが・・ご指摘の適用限界の突破を第一の目的とされてノーベル賞に当たる業績をを上げられました。 私の知っている限り超高温、超長時間、超強力磁場に挑んで成果を上げている事例を沢山知っています。 超高温:宇宙の相転移 超長時間:ニュートリノ天文学、陽子崩壊(ニューカミオカンデ) 超強力磁場:超新星爆発のモデル、超伝導の原理 このような研究の中で従来考えられていたモデル(式と考えても結構です)は日進月歩で変わっています。ご指摘の研究は結局最近のデータを十分説明できず、今のところ没になっているものです。 有名な超ひも理論も現在とん挫しており、新しい考え方が期待されています。 「なんでも通用すると考えがちです。」と考えるのは学問の世界ではまずない事だと思って下さい。高等学校の理科レベルの考え方です。 学問の世界では「何も通用しない」というところから始まります。 質問者様の立場を考えず無礼な物言いをしたかもしれません。お許しください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度コメント有難うございます。 意図したことではありませんが、下記補足の表現で、現役のプロ研究者に対して失礼がありましたらお詫び申し上げます。 「、、、なんでも通用すると考えがちです」の省略された主語は「私は」であって「プロの研究者は」ではございません。 実際「私は」運動エネルギーが(MV2乗)/2という式を高校で習ったとき、十分なエネルギーを与えれば速度はいくらでも増加できると思ったものです。 現役のプロの研究者は過ちを起こすことは無いと思いますが、ニュートン以後、アイシュタイン以前の約200年間にもプロの研究者は居たと思います。 ニュートン力学が「超高速では成り立たない」ことが200年後に発覚し、さらに100年経って今度は「超長距離では成り立たない」ということになったら、、、、などと面白おかしく想像したまでです。 あしからず、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 回答No.4
  • isa-98
  • ベストアンサー率23% (205/859)

光学顕微鏡ではどんなに倍率を上げても原子は見えないんですよ。 光の波長より短い物はどうやっても見えませんものね。 「原子間結合で集合する物質。分子間力で集まったもの。」 すなわち、目に見える物質を物質と定義する。 目に見える物質に物質の本質がある。 これは大きな間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 現代の天文学は光学望遠鏡で見えないものを電磁波で見ながら進歩してきていると思います。

  • 回答No.2
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

基本的にダークマターというのは、可視光線や電波といった、 現代の人類の天体観測手段において観察できない、というだけ =自分で光も電波も発していないという事です。 「暗黒物質」は、状況証拠から想定されているだけで、具体的な 原理を限定していないので、実用的に観測されないなら、すべて OKです。 つまり、「透明」かどうかといえば、不透明であっても、 宇宙空間で背後に恒星があって、それを確認できる状況は稀なので、 観測できない=「自分で光や電波を発して」いるかどうかが、 主な暗黒物質の性質です。 (もちろん、目の前にあっても見えず、重力でだけ相互作用する 「影の宇宙」を暗黒物質の正体とする考えもあります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >宇宙空間で背後に恒星があって、それを確認できる状況は稀なので、 とのことですが、WMAPの観測によれば宇宙には普通の物体の質量の5倍ほど暗黒物質が存在するとのことです。 質量で5倍もあるとすれば、密度にもよりますが、相当の体積も考えられ、深い宇宙からの電磁波の線路に立ちはだかっている可能性も高いと感じます。 「体重がある透明人間」ですから、想像を絶する物ですね。 天体運動の重力バランスから想定するには都合がよいのでしょうけど、、、。

  • 回答No.1
  • aokii
  • ベストアンサー率23% (4537/19164)

暗黒物質は電磁波的に透明ではありません。見えませんから真っ黒です。 天体の運行に重力以外の力(引力か斥力)が影響を与えていると仮説することは無意味ではありません。可能性は十分ありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「見えない」と言う現象があった場合、二つの可能性があって、 1.闇夜のカラスは見えないけれども、発光体の前面に立ちはだかったら光をさえぎる。 2.透明人間は見えないし、発光体の前面に立ちはだかってもやはり分からない。 1.が宇宙に存在するという仮定は受け入れやすいですが、2.が宇宙に存在するとは考えにくいです。

関連するQ&A

  • 物質密度と宇宙定数との関係

     宇宙が閉じているか開いているかという問題は、宇宙の大局構造として一様等方性を前提とし、宇宙定数(宇宙項)を考慮しない場合、次のような関係になるのだと思います。  a 曲率が正 = 閉じた宇宙 = 最終的には収縮する宇宙  b 曲率が負 = 開いた宇宙 = 膨張を続ける宇宙  c 曲率が0  = 開いた宇宙 = 膨張を続ける宇宙  そのどれであるかは、物質密度が臨界密度よりも大きいか、等しいか、小さいか、ということによって決まる。そして、普通に観測される物質は、臨界密度にはとても足りない(物質:約4%)。ダークマターを足しても、まだ臨界密度には到底届かない(暗黒物質:約23%、計27%)。  そうすると、答えはbになるのではないかと思うのですが、一方で、「曲率:3%以下」ということで、答えはほとんどcに近いと言われているようにみえます。この関係が、私にはよく分かりません。物質と暗黒物質の合計が100%から程遠いのに、曲率が0に近いというのは、どういうことでしょうか。どのように整合しているのでしょうか。この比率は、臨界密度(に対応する質量)に対する、物質や暗黒物質の質量の比率ということではないのでしょうか。  さらに、宇宙定数:約73%というのはどういう意味なのかが分かりません。以上を合計すると100%になりますが、この比率は何の比率なのでしょうか。物質や暗黒物質については、臨界密度との関係で、その何%の質量が宇宙にあるのかという意味ではないかと思っていたのですが、宇宙定数は質量とは反対方向に働く力ですから、質量と同じ平面に並べて、その比率を求めるようなものではないように思うのですが、いかがでしょうか。もし並べるなら、マイナスの符号をつけるべきもののようにも思えてしまいますが、私がしている勘違いはどこなのでしょうか。

  • お答えいただけると幸いです

    https://www.sankei.com/life/news/180926/lif1809260017-n1.html 上の記事の中に「現在の宇宙は速度を上げながら膨張している。このまま膨張が続くのか、収縮に転じるのかは、よく分かっていない。鍵を握るのは、光や電波では観測できない暗黒物質と、宇宙に満ちている「ダークエネルギー」と呼ばれる謎のエネルギーだ。 ダークエネルギーは宇宙を膨張させる力がある。一方の暗黒物質は、強い重力によって宇宙を収縮させる力を持つ。宇宙の将来は、この2つの力のせめぎ合いによって決まるとされる。 ダークエネルギーの力が強ければ宇宙は膨張し続け、全ての物質が崩壊する。一方、暗黒物質が強ければ、ある時点で宇宙は収縮に転じて消滅すると考えられている。」 と書いていますが、もしこのことが人類がまだ生存している間に起こり得ることはありますか?

  • ダークマターについて

    ダークマター(暗黒物質 の存在はどのような観測からわかったのですか?

  • 力と性質? 生命・人間の未来はどっち?

    力に良い悪いはありません。人間が利用して 人間に良く使うか悪く使うかで 力は良くも働き悪くも働きます。 性質は? 矢張り初めからは良いも悪いもありません 良く働くか悪く働くかです。 つまり元々人間の為に良く作られている訳ではなく 人間が力に合わせたり力を利用したりして 人間が存在する為に付き合ってきたのです。 私は「エネルギーと性質」という言葉を使うのですが エネルギーという言葉には 色々と問題があるようで 分かり易い「力」という言葉を使ってみました。 物質と力 それと性質。エントロピー。これを哲学すれば (1)宇宙はブラックホールと暗黒物質(や暗黒エネルギー)に行き着くので、人間の営みは刹那的なもの。最後は秩序はなくなる。 (2)宇宙には反重力などと言う不可思議な力を持つ暗黒物質は無いのであり。物質・生命・精神の行き着く先は永遠の循環による自由意識を持ち、どこまでも存続していく存在、神?に行き着くのである。ビッグバンは神?が起こした実験である。 どっち?

  • 暗黒物質

    宇宙全体のうち74%がダークエネルギー、22%がダークマター、4%が通常物質と聞きました。 銀河団の質量をその周辺の天体の運動から推定し、輝度と数から比較して質量欠損がみられたのでそれは通常物質ではなく、ダークマターと言われるようになったと聞いています。 褐色矮星や恒星の周囲を回っていない惑星やブラックホールは地球までほとんど光が届かないと思うのですがダークマターがそのようなもの(通常の物質だが単に暗くて見えないだけ)でないというのはどうしてわかるのでしょうか?

  • 暗黒物質について

    こんばんは! 工学部の大学二年生の者です! ある雑誌に暗黒物質についての記事があり それを呼んでいて疑問に思ったので質問させていただきます。 結局のところ 暗黒物質の存在をにおわせる物理的現象は どのようなものがあるのか? そしてどのようなことから 暗黒物質が宇宙の全エネルギーの約30%と分かったのか? 知っている方がいれば 教えていただけると幸いです。 よろしくおねがいします!

  • 光子の質量?

    光子って質量はあるんでしょうか? 光子の質量は0で、0だからこそ、光速で移動するんだとおもっていたのですが、 「重力は質量間に作用する力である」とおもっていたので、 なぜ、光子が重力の影響をうけるのかよくわからなくなってしまったのです。 なんて事を考えていたら更に疑問が。(ーー; 「光子は電磁場の影響を受けるか?」 「電磁波なんだから受けるべ?」というのと、 「電荷をもたなければ影響うけないべ?」という気も。 うーん。どうなんざんしょ?(ーー; 宜しくお願いします。

  • 重力って、なんで引いてばっかりなんですか?

    反重力は一般的にあるのでしょうか。 ないとすれば、なぜ重力は引いてばかりなのでしょうか。 電磁気力は、引力と斥力があります。 重力は、斥力もありふれているのでしょうか? (まだ観測できてないだけ?) それとも、 電磁気力は重力より下の力だから 斥力と引力の両方がプラスとマイナスの2種類から出来ているけど、 重力(電荷より上の階層)だと、引力ばかりですか? なぜですか? なぜ、重力は引力ばかりなのですか? なぜ重力は「引き合う」のか、教えて下さい。 究極レベルでお願いします。

  • 電磁波が、重力に 枉げられる、現象に…

    電磁波が、重力に 枉げられる、現象に… お世話に、なります 今、一つ とても 基本的な、事を 確認させて、ください 電磁波が、重力に 枉げられる、現象に おいて 重力に、付いては しきい値の、ような ものは、無く 重力が、 例え、微少で あろうとも、 電磁波が、枉げられる 度合は 単位体積、毎の 重力の、量に 対し 同様に、一様に、 紐付けられる、 一対一、対応… で、ある、 違います? 例と、して 現象、発信源の 天体と 観測者の、間に 観測者から、見て 制止して、見得る 宇宙空間に、漂う 例えば、一円玉… 其れこそもは、愚か、 あまたの、塵… すらも 実際の、枉げ量に おいては 本当に、本当に、 観測、不能な 微細量、ながらも 理論上は 電磁波を、枉げる 如何で、しょうか?

  • 相対性理論が教えるビッグバン宇宙論の間違い

    1.赤方偏移の解釈の間違い ビッグバン宇宙論はハッブル天文台で遠方銀河において赤方偏移が観測されたことから始まったと言われています。 確かに遠方の銀河を望遠鏡で観測すれば赤方偏移しているには違いない。 しかしその観測結果をもって宇宙は膨張しているなどと安易に結論するのは愚かである。 宇宙は膨張などしてはいません。 赤方偏移は全く別の理由で起こっているのである。 それは他でもない重力の影響である。 アインシュタインは一般相対性理論において、巨大質量の周りでは重力によって空間が曲がることを解明しました。 そして重力によって空間が曲がると光の進行方向も曲がることが判明したのである。 望遠鏡で観測される遠方銀河は、当然ながら巨大であり巨大質量の集まりなのである。 このよーな巨大質量の周辺ではその重力により周辺空間は大きく曲がっているのである。 空間が曲がれば銀河が発光する光の進路もまた曲がるのである。 その結果が赤方偏移である。 つまり遠方銀河の赤方偏移とはその重力による赤方偏移なのであって、宇宙が膨張しているなどの理由による赤方偏移ではないのである。 この点においてビッグバン宇宙論は甚だしい現象解釈の間違いをしているのである。 2.宇宙背景放射の解釈の間違い 宇宙空間は無限であり、その広大な宇宙空間の殆どの領域で既に熱的平衡状態に達しており、その温度は2.725°Kである。 これはビッグバン宇宙論が出て来るだいぶ前から既に観測され分かっていたことなのである。 つまり宇宙はその殆どの領域において2.725°Kの温度で安定しているのである。 それは137億年どころか、永遠の昔から既にそーなっていたのである。 宇宙背景放射というのは宇宙空間が2.725°Kの熱的平衡状態にある事実を表しているのである。 決して137億光年先で宇宙は閉じており、そこが宇宙の背景であるなどと愚かなことを考えてはなりませぬ。 これらの点においてビッグバン宇宙論は完全に間違いではありませんか。