• 締切済み
  • すぐに回答を!

平衡定数に関して

平衡定数に関して 以下のような問題があります。 N2+3H2→2NH3 の初期状態をN2が1mol, H2が3molとする。NH3が1.2mol生じた時の平衡定数を求めよ。 おそらく高校レベルの初歩的問題だとは思うのですが、大分化学から離れてしまっていて、手持ちの参考書を見てみても良い例がありませんでした。 回答と解説をお願いできますでしょうか。 また、平衡定数の定義に関する質問なのですが、 A+B⇔C+Dのとき、Ka=CD/AB (A,B,C,Dはそれぞれ濃度) というのはわかっているのですが、 AH→A+H (ある酸性化合物AHからH+が電離状態する反応) と B+H→BH (ある塩基性化合物BにHが付加される反応) のKa,Kbはそれぞれ [A][H]/[AH], [B][H]/[BH] になるのでしょうか?それともBについては、Kb=[BH]/[B][H]になるのでしょうか? 解説をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数155
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

K=[N2][H2]^3/[NH3]^2 ここで、[]は濃度でも圧力でもモル分率でも構いません。この場合もっと簡単にただのモル数で良いです。 あとは、窒素と水素の物質分布からそれぞれの分子の数を数えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ありません。上記の追記なのですが、要は 「Kの分母、分子はどのような定義(法則)で決まっているのか」がいまいちわかりません。 参考書等には上記の様に [A]+[B]⇔[C]+[D]のときK=[C]+[D]/[A][B]とあるのですが、他の教科書では違ったように書いてあり、混乱しています。

質問者からの補足

ありがとうございます。 つまり、酸、塩基性にかかわらず、 K=電離しているもの/電離していないもの になるのでしょうか?それとも酸、塩基によって変わってくるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 平衡定数の求め方

    平衡定数を求める問題です。 授業でNaOHとCH3COOHの反応における平衡定数の求め方を習いました。平衡定数を求める式より K=[CH3COO-][Na+]/[CH3COOH][Na+][OH-] となり分母分子に[H+]をかけてKa/Kw=10^-5/10^-14=10^9と求めました。 これについては納得できたのですが、HClとNH3の反応における平衡定数はどのように求めたら良いのか分かりません。分母分子に[H+]をかけても水のイオン積は出てきませんよね? 基本的な問題かと思いますが、解き方を教えて下さい。回答よろしくお願いします。

  • 平衡定数の求め方について

    よろしくお願いします 問題の解き方がわかりません よろしかったら回答お願いします 「酢酸1molにエタノール1molを反応させると酢酸が1/3molに減って平衡となった。この時の平衡定数Kを求めなさい」 というものです よろしくお願いします

  • 平衡定数

    化学の平衡定数について質問です。 平衡定数が正反応速度と逆反応速度から成り立っているのはわかります。 反応速度は温度と触媒によって影響があるのもわかります。 でも平衡定数はなぜ温度のみに影響するのでしょうか。 先生に聞いてみても 触媒を加えると全体の速度が速くなるから 平衡定数は変わらない と言われました。 でも温度も同じなのではないでしょうか。 例えば30から40℃に温度をあげたとき 正反応速度は速くなりますが 逆反応速度も同じくらい速くなるので 触媒と全然変わらない気がします。 わかる方いましたら 教えてください。

  • 平衡定数と圧平衡定数

    平衡定数K=圧平衡定数Kp×RT^(反応物の係数の和ー生成物の係数の和) ですよね。なのにこのとおりにやったらおかしくなる問題にあたりました。わからず困っています。 N2O4→2NO2で、容器の体積は0.061(L)です。この中で反応させます。 N2O4の解離度をαとして、はじめN2O4を0.002mol用意しておきます。 かい離後はN2O4が0.002(1-α)、NO2は0.004α[mol]ですので まずKpを求めます。全圧を1.013×10^5(Pa)で Kp={1.013×10^5×0.004α/0.002(1+α)}/{1.013×10^5×0.002(1-α)/0.002(1+α)}=4.052×10^5α^2/(1-α^2) これは定義どおりなのでいいんですが、Kを求めたとき、 K=NO2の濃度の2乗/N2O4の濃度=(0.004α/0.061)/(0.002(1-α)/0.061) =8a^2/61(1-α) しかしKpをRT(温度と気体定数で割る)で割ってもKになりません。 1+αが気になります。 いったいどういうことなのでしょうか。 そもそもKpを初めて求めるときも、KとRTを用いて解こうとしたのですが上記のように合わないので答えが全部違いました。 どういうことなのか、私の勘違いをどなたか指摘してください。 お願いします。

  • 平衡定数の問題で

    「次の反応の平衡定数をI=0.5において求めよ。ただし、熱力学的平衡定数(I=0すなわちy=1のときの値)を示す。」という問題なのですが分析が非常に苦手でして、教科書を読むのですがどうも理解できないのです。クラスメイトにも聞いてみたのですが自分も不安だから、と教えてもらえませんでした。どなたかおわかりの方はやり方を教えてもらえませんか?あと、反応式は a CH3COOH ⇔ CH3COO- + H+   logK=-4.76 b Cu2+ + 4NH3 ⇔ [Cu(NH3)4]2+  logK=12.59 です。

  • 化学平衡

    化学平衡で2つ質問があります N2とH2を、1:3の物質量で混合した気体がある。 容器の体積と温度は一定でアルゴンを加えても、NH3の物質量は変わらないらしいのですが、解答のところに、アルゴンの分圧は増すが、NH3、H2、N2の分圧は変わらないから、と書いてあります。 どういう意味なんでしょうか? {2}ある体積の容器にN2:20mol、H2:60molを入れると平衡に達し、NH3:30molが生成した。 この平衡定数Kcは、体積をvとして、4/(75v^2)になる・ (2)と同じ体積の容器にNH3をa[mol]入れる。 N2がx[mol]生じる。 前   0________0________a 変化  +x______+3x______a-2x 平衡時 x________3x______a-2x となり、Kc={(a-2x)/v}/{(x/v)×(3x/v)}という風に式を立て、方程式で先ほどの結果と結んでいます ここで思ったので、この反応の平衡定数は、 Ka={(x/v)×(3x/v)}/{(a-2x)/v}ではないのでしょうか? 反応がNH3の減る方向に進み、N2、H2が生じる。 分母が反応物の濃度と考えていたのですが、違うのでしょうか? お願いします

  • 平衡定数

    四酸化二窒素を、滑らかに動くピストンの付いたシリンダーに入れてしばらく放置した。 このとき、次の熱化学方程式で示される可逆反応の解離平衡が成立する。 ただし、気体は理想気体であるとして、また、ピストンが自由に動く状態にある場合のシリンダー内の気体の圧力はP[Pa]とする。 N2O4(気)=2NO2(気)-57.2kJ (1)シリンダーに最初に入れた四酸化二窒素の物質量がn[mol]、平衡状態における四酸化二窒素の物質量が n(1-α)[mol]とあらわされるとき、このαを解離度という。つまり、解離度は、解離が起こる前の四酸化二窒素の 物質量に対する、解離した四酸化二窒素の物質量比である。 今、温度T[K]で、ピストンを自由に動ける状態にして放置しておくと、四酸化二窒素の解離度がαで平衡に達した。 これについて、次の問いに答えよ。ただし、単位はつけなくて良いものとする。  (1)このときの圧平衡定数Kpをα、Pを用いてあらわせ。 ただし、aA⇔bBであらわされる可逆反応の圧平衡定数Kpは、平衡状態における気体A,Bの分圧pA[Pa],pB[Pa]とすると Kp=pB^b/pA^aであらわされる。 自分なりに考えまして N2O4(気)=2NO2(気) n = 0 :反応前 -nα = nα? :反応後 n(1-α) = nα   :平衡時 としたんですがよく分からず、問題が解けません。 どう考えたらいいんでしょうか? (2)濃度平衡定数Kcを、α、T、P、および気体定数Rを用いてあらわせ。 これはヒントをもらいたいです。 おねがいします。

  • 平衡定数の問題

    A→Bの可逆反応があります。平衡定数は4.5です。 初期状態はAがXmM、Bが0mMです。 平衡に達した時、Bの濃度は9.0uMでした。 最初のAの濃度Xは? この問題どうやりますか? 平衡時のAの濃度は平衡定数から2.0uMとなり、最初のAの濃度は9.0uM+2.0uM=11uMでいんですか?

  • 平衡定数について。

    平衡定数について。 あるタンパク質P1はDNAに結合するとします。 ある特定のタンパク質濃度では、平衡状態に達した時、タンパク質P1の95%がDNAに結合しているとします。 95%がDNAに結合しているという情報から平衡定数は計算できますか? 例えば P1 + DNA ⇄ P1(DNA) の反応の正反応と逆反応の速度定数をそれぞれKf、Krとします。 95%が結合しているので、もしKf = 100 (s^-1)なら、Kr = 5 (s^-1) となるので、 Keq = (Kf) / (Kr) の関係から、Keq = 100 / 5 = 20 となりますがこの考え方はあっているのでしょうか? どなたか教えてください。

  • 平衡の式の係数と平衡定数Kの求め方

    気体Aと気体Bの混合物を1.0Lの容器にて、一定温度に保ちながら反応させたところ、画像の曲線で示されるような変化をして気体Cが生成し、平衡状態に達した。 (1)この反応aA+bB⇄cCにおける係数a、b、cの値をそれぞれ求めてください。 (2)この反応の平衡定数Kの値を求めてください。 (3)上記の正反対のエンタルピー変化△Hは負の値を持つとする。平衡状態にある反応容器の温度を低下させたとき、化合物Cの温度はどのようになりますか。増加する、減少する、変化しない、のいずれかで答えてください。 途中の計算の過程や解説もできるだけ詳しくお願いします 。