• ベストアンサー
  • 困ってます

敷金返還請求の被告は誰にすべき? 大家? 契約書の相手方?

敷金返還請求の被告は誰にすべき? 大家? 契約書の相手方? 不動産屋の対応が悪く、敷金も一円も戻ってこないので、 敷金返還の小額訴訟をやりたいと思っています。 そのときに、誰を被告とすれば良いのでしょうか? 契約書の相手方? 家主? 契約書には、甲(貸主)と乙(借主)の記載があります。 乙は私ですが、甲には家主代理として 管理会社が記載されています。 家主の名前は、契約書の敷金のところに、 「本契約締結にともなう敷金は、本物件の所有者たる○○○○にて  保管されることを乙は確認した。」 という具合に記載されているだけです。 ※住所の記載がないので、必要なら調べます。 webで検索すると 大家を被告として訴訟を起こすことが多いように思えますが、 契約書の甲(貸主)の欄には、しっかり管理会社の名前が 「家主代理」として記載されています。 この場合、大家を被告とするべきなのでしょうか? 契約書の相手方の甲を被告とするべきなのでしょうか? 自力では答えにたどり着けませんでした。 お手数が教えていただきたく。 理由付けなどありましたら、あわせて 記載いただけるととても助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>>「本契約締結にともなう敷金は、本物件の所有者たる○○○○にて    保管されることを乙は確認した。」 ○の所は大家の名前ということですよね?であれば被告は大家です。管理会社はあくまで管理を代行しているにすぎません。今回は敷金の返還請求ですから、その敷金を今現在持っている人に請求するのが通常です。 予断ですが敷金は退出時の精算のために預けているわけではありません。あくまで家賃の滞納時や夜逃げ時などの後処理代などとして預けているものです。つまりそのような事実がないなら、全額返還されるべきものです。 ぜひがんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

明快な回答、ありがとうございます! がんばります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

まあ大家と代理人が話し合いするのかな~とおもいますよ 大家の意向を無視は出来ないと思います。 裁判所に契約書を持っていけば教えてくれると思います。 後重要事項説明書を見てください。 貸主(大家さん)の住所、氏名 は必要だと思いますが  (登記名義人)ですね もし無いなら違反に出来るかも・・・賃貸も必要だと思う だから知らないというが不思議だよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

代理の態様をとる不動産屋が訴訟代理まですることは 非弁行為にあたらないのか? 非弁行為にあたらない場合はその根拠は? ということが知りたかったのです。 ・非弁行為にあたるのなら、裁判所で訴状を受理して  もらえないのでは? ・非弁行為にあたるが、訴状は受理してもらえるなら、  不動産屋を裁判所にわざと呼び出して、その後に  刑事問題で交渉する。。 いろいろと疑問がわいてきますが、 どれも根拠と結論に至りませんので、 今回は非弁行為についてはスルーしたいと思います。 意見をいただき、大変ありがとうございます。 とはいえ、「思う」という予想で行動に出るのは怖いです。 契約書を確認しましたが、大家の住所は確かに書いてありません。 それに関するページを見つけました。 http://qanda.rakuten.ne.jp/qa3158810.html 大家の住所がないことは問題かもと思いますが、 その根拠にたどり着けないし、それを追求する実益が見えないので 今はスルーしたいと思います。 ここでの結論は、大家を被告として訴訟を起こすことにします。 大家の住所は最悪、法務局で調べます。 不動産屋でなく、大家を被告とする方が 「大家に手間をかけるので不動産屋の立場がまずくなる」のでは? というのは僕の意見です。 書き込みくださった方、ありがとうございました。

  • 回答No.2

甲には家主代理として 管理会社が記載されています。 代理というのは大家と同じなので管理会社でも可能ですね。 大家OR管理会社あるいはANDで両方でも可能 個人的には不動産免許があるなら管理会社のほうがいいかな~ 代理なら仲介手数料なんか払ってませんよね? もらえるのかどうか????ですがもらっているなら問えそう。 後もらっているなら先にあなたの承諾が必要 承諾なく1ヶ月取るとこれも違反に問えそう。 不動産免許あるなら宅建法で行政指導も可能なので責めやすい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。ありがとうございます。 自分でも調べてみました。 不動産会社の取引態様にもいくつかあるのですね。 貸主、仲介、代理 勉強になりました。 ひとつ理解したところで、 またひとつ疑問が沸いてきました。 代理の態様をとる不動産会社といえ、 訴訟代理までできるものでしょうか? ※弁護士法に違反しない? 自分でも調べてみます。

関連するQ&A

  • 少額訴訟 敷金返還請求の被告

    少額訴訟 敷金返還請求の被告 家主は遠方の有限会社、家主代理はアパート近隣の管理業者。敷金受領の領収証、退去計算書、ハウスクリーニングの領収証を発行したのは全て管理業者。 敷金受領の領収証は「家主代理人 △△商事」、ハウスクリーニングの領収証には「△△商事」となっています。 この場合、敷金返還請求の被告は家主または管理業者「△△商事」のどちらになるのでしょうか?    賃貸契約書の文面中は、賃貸人(甲)は有限会社〇〇となっており、賃貸契約書の賃貸人住所氏名欄には有限会社の所在地と会社名が記載されており、その横に代理人「△△商事」という商号と「△△商事」の所在地が併記されています。   家賃の振込は代理人である管理業者名義への口座振り込みでした。

  • 敷金返還訴訟の相手

    今度敷金返還訴訟を起こそうと思ってます。 ところで、貸し主は法人なのですが、契約時の社名は「日本リロケーション」でした。 しかし現在は、「リロホールディング」に名前が変わってます。 また、退去後、敷金返還の交渉をしていたのは、「リロケーション・ジャパン」というグループ会社でした。 リロホールディングは持ち株会社で、実際にマンションの管理をしているのはリロケーションジャパンのようなのですが、提訴するのは「リロホールディング」で良いのでしょうか? また、もし、最近リロの物件を契約されたかたおりましたら、契約書の転貸主名は何となっていたでしょうか? 分かる方おりましたら、どうぞよろしくお願いします。

  • 敷金返還訴訟について

    当方15年住んだ賃貸マンションを退去する事になりましたが、敷金について、当初は個人家主でしたが、途中で家主が法人に変わり、且つ別に管理会社も介在するようになりました。このケース、敷金返還に異論がある場合、家主を被告とするのか、管理会社を被告とすべきなのか、それとも両方を被告とすべきなのか教えてください。

  • 敷金を返還しない大家

     最近以前住んでいたアパートを解約しました。敷金の返還を大家に理由もなく拒否されています。  敷金はあくまでも契約時に大家に(渡したのは不動産会社ですが)預けたお金なので返還して欲しいのですが、返還通知書を作成して、大家に送付しても、返答もなく理由もなく拒否しています。退去時の管理会社の立ち入りでは、破損などは一切ないので損害に対する請求はないと聞いています。(書面あり)  大家を法的に訴えたいのですが、賃借人から預かっている敷金を、理由もなく返還しないことへの訴えは民事ですか?刑事ですか?何か泥棒にあったみたいで、刑事事件として訴えたいのですが無理でしょうか?お分かりの方ご解答よろしくお願い致します。

  • 敷金返還~契約書内容~

    はじめまして。質問させてください。(長文です) まだ退去ではないのですが、2年住んだ1Rを9月末に退去します。 ●敷金(保証金、と記載)は3ヶ月分(159000円)払っている ●家賃の滞納等、1ヶ月を超えるものは今までなし ●喫煙のため壁に黄ばみあり(吸う時は窓を開けていた) ●ウォークインクローゼット内、仕切り板が重みのためか、 若干劣化している ●壁は画鋲などをつかってポスター等貼っている(数箇所) ●床のフローリングは多少傷はあるが、大きなものはない ●契約書には捺印済(当然ですが) 以上が現状です。 そこで、契約書を読んでみると(乙が私(借主) 甲が貸主です) 「賃貸契約満了・解約により契約が終了した際は、乙は遅滞なく自費をもって本物件を原状回復の上、無条件で直ちに甲に明渡すものとする」 「乙が原状回復の義務を怠り、復旧工事をなさず、または物品等を残地したときは、甲は乙に変わって復旧工事をする。 これに対し乙は異議を申し立てできないものとし、また一切金銭的請求をできないものとする。 この復旧工事に要した費用はすべて乙の負担とする」 しかしガイドラインでは、 「原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」 とあり、敷金はタバコのヤニによる汚れも含め、返って来ると思うのですが、いかんせんここの管理会社が普段から横柄な態度で、今から気が気じゃないのです。 上記の契約書内容は、敷金返還を訴える際に「特約」とされるのでしょうか。 敷金返還のプロ(業者)に頼むことも考えていますが、できれば自分で済ませたいと思っています。 アドバイスお待ちしております。

  • 契約書 『敷金』について

    不動産管理業です。 法人向けに事務所と倉庫を貸しています。 「甲は、賃貸借契約が終了し且つ乙が賃貸物件を明け渡した時は、敷金の7割を乙に返還する。前条により敷金をもって弁済に充当し、なおその残高があるときも同じとする。」 通常こういうものでしょうか。

  • 家賃の振り込み手数料と敷金返還の振込み手数料

    契約書には乙(借主)は翌月分の賃借料を月末までに甲(大家)に支払うものとし振り込み手数料は乙の手数料とする。とかいてあります。敷金の返還についての手数料に記載はありません。敷金を返してもらうときの見積書にはなぜか振り込み手数料を引かれていました。本来なら大家さんが集金するべき家賃を契約書によって 借主の負担にして家賃を払っていたのに、本来自分のお金である敷金が戻ってくるのになんでこちらが手数料を取られなきゃいけないんでしょうか。小さなお金ですが、毎月手数料を取られて振り込んでいた自分としては結構ムカつくところではあります。一般的にそうなんでしょうかね。敷金が戻ってくる!!うれしい!!という気持ちで手数料のことなんてすっかり忘れてしまう人が多いでしょうけどね。

  • 敷金返還の請求について

    なかなか返してくれない敷金返還を求めて、行政書士に賃貸契約書等を渡し敷金の返還見積もりと大家に送る内容証明を作成してもらい先週送付しました。行政書士によるとこの内容証明で7割位は返還に応じるとのことでしたが、内容証明を送ってもなんの音沙汰もなく、昨日念のためと思い、通帳記帳してみると、内容証明で請求している額の半分以下の金額が振り込まれていました。 なんの連絡もなくです。 大家が家が留守だったので、不動産屋に電話すると「振り込まれてあった金額が敷金返済額です。それ以上はないです。訴訟するなら勝手にどうぞ。」と言われ忙しいからそんな事でいちち電話してくるなまで言われました。 相手の不動産屋は大手ではありませんが設立からどんどん業績を伸ばしていて 地元の弁護士をひとり雇っています。 弁護士がついているからこんなにも横柄な態度なのでしょうか? こちらに勝ち目はあるのでしょうか? 内容証明で返還されない場合、次は少額訴訟になるらしいのですができれば女ひとりで法律の知識もなく訴訟などは避けたいのが本音です。 こういう経験をお持ちのかた、アドバイスをお願いします。

  • 敷金返還請求

    敷金返還請求の裁判において判決が確定しましたが、被告である大家からは、返還されることもなく、また、音沙汰もありません。次は、どのようなステップを踏むのが良いでしょうか?また、オススメの弁護士等も教えてください。判決確定までも長い日数がかかったため、早く全てを終わらせたいと考えています。

  • 【敷金返還】保証人と大家さんの対応は法律違反?

    昨年末、急な仕事の都合により、 勤めていた会社の社長が住んでいるマンションの空き室に 急遽、私も入居することになりました。会社都合の引越しだったので、 入居費用(敷金・礼金など)を会社が9割、私が1割負担しました。 契約主は私個人で、保証人は会社の社長でした。 入居費用は本来であれば、私の個人名で振り込むべきでしたが、 会社社長が会社のキャッシュカードで入金したため、 振込み名義人名は会社名になってしまいました。 ※大家さんも同じマンションに住んでおり、  社長とはプライベートでも親しくしていたので、  振り込み名義人名が契約者と違うことは問題になりませんでした。 ところが…、その数ヶ月後、会社の業績が悪化したため、 私は退社することを決め、住んでいたマンションを解約し、 別のマンションに引っ越しました。 引っ越してから1ヶ月以上たちますが、いまだに敷金が返還されません。 不動産会社の担当者に問い合わせたところ… 社長が私の部屋の敷金を自分に直接返還するように求めているとのこと。 入居費用を払ったのは自分(の会社)であり、 保証人でもある自分(個人)に返還されるのは おかしなことではない(というか、当然だ)と主張しているようでした。 ※社長は会社の資金繰りに行き詰っており、  自分の借りている部屋の家賃を2ヶ月滞納していました。  とにかく、手元に現金を集めるのに必死のようでした。 その社長の言い分に対する大家さんの意見は 私の部屋の敷金返還分を社長の部屋の未払い家賃分にあてるので、 私にも、社長(保証人)にも敷金は返還しない。というものでした。 不動産契約を結んでいるのは私個人(甲)と不動産会社(乙)であり、 敷金の返還は乙から甲へ契約終了から2ヶ月以内に行われるという契約です。 社長(保証人)、大家さん(=不動産会社社長)双方の理屈(感情)は理解できますが、 正式な契約書がある以上、甲乙間で敷金返還が行われるべきだと思います。 社長、大家さんがやろうとしていることは違法ではありませんか? 不動産に関する法律の面から検証していただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。