• 締切済み
  • 困ってます

株価と債券価格の相関関係

株価と債券価格の相関関係 株と債券は一般的に逆相関といわれております。 そこで、一般的に市場金利上昇時のことについて疑問があります。 市場金利上昇時は、一般的に株価が下がるといわれております。借り入れが多いと金利負担などが 上がるため、また、設備投資なども借り入れ自体が減れば控えられ株価が下がると勉強しました。 一方債券価格は、市場金利が上昇すると価格が下がり、市場金利が下がると価格が上昇するというのは 基本的なことです。 そうなると市場金利があがると、どちらの価格も下がることになります。株と債券は逆相関の関係にあるのに順位相関になってしまいませんか? 一般的な話だからケースバイケースといわれればそれまでなのですが、金融に詳しくない僕でも分かるように 教えていただけますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1578
  • ありがとう数22

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kybos
  • ベストアンサー率31% (187/591)

相関関係を分析するときに、(1)何と何を比べるか、(2)どのぐらいの期間での相関を分析するかで結論が変わる。 まず、(1)単に株価と債券価格といっても、株価は代表的な指数でいいとしても、債券価格に何年物の債券を取るかが問題。 次に、(2)分析の期間を1年にするか、10年、20年にするかということが問題。 米国株の例でいえば、10~20年ぐらいの期間を取って相関分析をすると、10年債の利回りと株価指数の配当利回りは比較的強い順相関の回帰関係がある。 しかし、短期金利でやると相関が低いし、また、分析の期間を短くすると相関は低い。 一時的な要因で株が下がった時などは安全な避難先として債券市場に資金が流入することがあるから、逆相関になるように見えるけど、それは「そういうことがある」という程度だと思う。 また、中央銀行が引き締め策をとって短期金利が上がると、長期的にはインフレ懸念が沈静化して長期金利が下がる(長期債が買われる)ということもある。 教科書的にいえば、景気が過熱→インフレ懸念が高まる→長期金利が上昇→金融引き締め(短期金利上昇)→景気減速~後退→インフレ懸念沈静化→長期金利下落→金融緩和→景気回復~過熱→・・・なんてサイクルでイールドカーブがうねるように動く。 イールドカーブの動きの局面によるんだけど、最初に言った通り、10年以上のスパンで見たら配当利回りと長期金利は順相関になると思っていいよ。 ただ、配当利回りと長期金利の動きには多少のタイムラグがあるようで、分析期間を半年ぐらいずらした方が相関がやや高くなるという結果になる。 言葉で説明すると分かりづらい。 グラフでも見せられれば分かりやすいんだけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株と債券の相関関係

    通常、株価が上昇すれば債券価格下落(金利上昇)し株価が下落すれば債券価格上昇(金利下落)と言う構図は理解できますが、株価も債券価格も両方上昇するパターンと言う現象は経済状況がどのようになった時に起きる事なのでしょうか 詳しく説明の程よろしくお願い致します

  • 「金利」が上昇すると「債券価格が下がる」と言われま

    一般的に「金利」が上昇すると「債券価格が下がる」と言われますが、これは債券価格が下落した結果、実質金利が上昇することを言っているとの理解で正しいでしょうか。 仮にこの理解が正しい場合は、先の説明だと因果関係が逆になってしまいます。 それなのに何故一般的に金利上昇ありきで語られるのでしょうか?

  • 株価と債券価格の関係

    株価と債券価格の関係 お世話になります。株価と債券価格の関係について質問です。教科書的には「株価と債券価格は逆に動く」とされていますが、これは本当でしょうか? 試しに、株価の代表としてTOPIX、債券価格の代表としてNIKKO BPI総合(※)それぞれの時系列データ(1980~)を使ってグラフを作成してみました。図1がそのグラフですが、私には関係性が見出せません。 ※NOMURA-BPIを使いたかったのですが、時系列データが公開されていないためNIKKO BPIで代用しました。 さらに、教科書的には「債券価格の値動きは長期金利の動きによって決まる」とされているので、試しにこれも基準貸付金利と(長期金利の元になっている)10年物国債利回りをグラフ(図2)にしてみましたが、ここ20年間金利が下がる一方なのでほとんど参考になりません。 仮にここ20年間の日本経済が例外的であるとするなら、海外株式と海外債券の関係はどうなのでしょうか? (残念ながら、海外債券価格の時系列データが入手できなかったため比較できませんでした。)本当に教科書的な説明が正しいかどうか事例ベースで説明していただけますよう、お願いします。

  • 株価と債券価格

    株価の低迷時には、債券価格が上昇する。これはなぜなのでしょうか?頭が混乱して答えが見つかりません!!

  • 債券価格の求め方を教えてください。

    この前知り合いに下の問題について聞かれました。 「確定利回り 10円の債券があるとし、金利が3%、5%のとき債券価格は いくらになるか?」という問題です。 気になって私なりにGoogleで調べたり本を見て考えたんですが、 わかりませんでした。 金利と債券価格の間に、「金利が上昇すれば債券価格は下落し、 金利が下落すれば債券価格は上昇する」という反比例の関係があるらしいですが、 私が解くといつも比例関係になります。 何度やってもだめなので、答えと解き方を教えてください。 それともう一つ。 上記の問題が書いてあった紙には「確定利回り 10円」と 利回りと10円の間にスペースが入っています。 だから確定利回りという単語は本来書かれる予定ではなかった誤字で、 本来の問題は「10円の債券があるとし、金利が3%、5%のとき債券価格は いくらになるか?」だったんじゃないかと疑っています。 どちらの問題が正しいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 金利と債券価格

    一般的には、市中金利が上昇すると債権の利回りが上昇し、債券価格が下落しますが、何故、この様な連鎖を生むのでしょうか? 私見では、市中金利が上昇すると既存の債券価格(額面価額)が後に発行される既発債と比較して相対的に割高に感じられ、債券価格を下げて既発債に対抗する(流通させる)。その為、投資金額が額面金額より割安になり利回りは向上する。 と、考えます。 幾ばくかは正解と思いますが、補足など頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 利回りと価格の関係について教えてください。

    すみません、まったくの初心者で、FPの勉強をしているのですが、 馴染めない言葉だらけで苦手分野ということもあり 理解できないことだらけです。 参考書に下記のことが書いてありました。 下記のことについて、なぜそうなるのか 簡単な言葉で教えていただけないでしょうか? ・債券価格上昇→利回り 低下 ・債券価格下落→利回り 上昇 ・市場金利上昇→債券価格 下落 ・市場金利低下→債券価格 上昇 「債券の価格と利回りは、反比例の関係にあります」 と書いてありますが「なぜ?」と頭をかしげております。 すみませんが教えていただければありがたいです。 それと、投資信託について、ゼロから勉強をしております。 投資信託・債券・保険等について簡単な言葉で説明してある サイト、ご存知ではないでしょうか? もしどなたかご存知でしたら、是非教えてください! 本気で勉強したいと思っております。 よろしくお願いします!!

  • 金利と債券価格と債権の利回りの関係

     なぜ政府の金融引き締め政策は金利の上昇をもたらし、 金利が上昇すると債券価格が下落し、 債券価格が下落すると債券利回りは上昇するのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 金利変動と債券価格について。

     金利変動と債券価格についてなのですが、 金利が上昇した場合、債権のクーポンレートが低ければ低いほど、 また、償還期日までの期間が長いほど、債券価格は大きく下落するのは なぜですか??教えてください。 宜しくお願いします。

  • 債券利回りと債券価格について

    債券の利回り(金利)と債券価格との関係について簡潔に分かりやすく教えて下さい。 お願いします。

専門家に質問してみよう