• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、

ガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、ガルバリウムの部分は完了したと伝えられました。素人なので板金屋さんの腕の良し悪しはよくわからなかったのですが、片付け等いろいろ雑な所が目につく人で大丈夫なのかなという印象を受けてしまいました。こっそり近づいて仕上がりを良く見てみると、浮いている釘・釘を打ったあとに抜いたままで穴になっている箇所がそれぞれ3・4箇所ありました。ひっかき傷が多いのも気になったのですが、将来的にひっかき傷がさびにつながることはあるのでしょうか?またガルバリウムとサッシのつぎ目にはコーキングしてある箇所としていない箇所があります。ガルバリウムは切断面からさびやすいと聞きました。全部にコーキングすべきと思うのですがどうなのでしょうか?近々足場が外されてしまうので、早めに教えてくださいますと助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4066
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

ガルバリウム鋼板は素地表し(シルバ-色)それともガルバリウム鋼板の上塗装仕上げ品のなっていますか (カラ-色) 引っかき傷等はタッチアップした方が良いと思います。叉釘等のだめ穴は確実に補修した方が良いと思います。 叉サッシ枠と外壁たぶん角波等の成形品だと思いますが、単一だと弱いため強度を上げるため通常成形しています。縦コ-キング下コ-キング 上は 立て枠から150cm程度返しまでコ-キングを打ます。入った水を逃がすためといわれています(たて張り)ただ注意しないといけないのは、たぶん外壁材が角波のような形状の場合は山に来る場合と谷に来る場合あります。したがって専門のコ-キング屋さんでないと、コ-キングが切れやすいと思います 叉板厚が薄いので、コ-キングも難しく、叉金属なので熱の動きも非常に大きいです 叉角波のジョイント面も確実にかぶせないとそこからむってくる場合もあります さらに外壁材のしたにタイベック等の防水通気シ-トがはられていると思いますが、サッシ枠周り の端末処理を確実に行わないと漏水の可能性があります 簡単そうにみえますが、職人さんがしっかりと施工をしないと、台風時や強風をともなった大雨時 に雨水もれをよくおこします。鉄骨構造の工場や倉庫等でよくしようしていますが、台風シ-ズンに良く 雨漏れが発生しやすいようなきがします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本日、現場監督さんと定期的な打ち合わせをしてきました。監督さんによる最終的な確認が不十分だったということで「サッシ周りのコーキング、タッチアップ、ダメ穴の補修」すべて対応するとのことでした。 万事そうですが、素人が質問してみてもこんなものだと言い返されるとなんと言ってみようもありません。話し合いにのぞむ前に要求すべきことがしっかり整理できたので、大変助かりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 外壁塗装&屋根のリフォーム時期について

    外壁塗装に詳しい方、お知恵をお貸しいただけると幸いです。 我が家は築19年、昨年中古で購入したスレート葺き木造2階です。売主がリフォームしてから売りにだしたので、外壁塗装もされ、屋根以外はほぼ綺麗な状態でした。 2~3年後に、屋根のリフォームをと考えていたのですが、ある問題が出てきました。 春からベランダの手摺りと玄関の庇の塗装が、ボロボロに剥げてきたのです。売主に相談しましたが、保障にならないとの回答でした。 そして先日、ひょんな事から自宅で塗装屋さんと話す機会があったので相談したところ、 「ボロボロとはげる箇所は、中の木が水分を含んで膨らみ、塗装が剥がれているのでは。そこに塗装しても無意味だから、金属板などでカバーするしかない。 ほかの部分を見ても、コーキング処理がされてないから、目地にヒビが何箇所も入っているし、雑な塗り方。このままでは、コーキングのヒビから雨が染み込み、どんどん膨らんで張替えしか道がなくなる。 それよりも、早めにコーキング処理をしっかりし、質のいい塗料(フッ素やシリコン)で再塗装した方が今後のためにもいいのでは?それなら10~15年は大丈夫。今のままでは、5~6年先には張替えになるかも知れないです」 との見解をいただきました。確かにサイディングの目地に細かなヒビが何箇所もあります。 しかし、屋根のリフォームも考える中、外壁は予想外の大出費です。 そこで今後どのようにリフォーム計画を練ればよいか悩んでおります。 この家にはあと25年くらいは住みたいです。屋根は現在雨漏りなしですが、勾配がきつく足場代が高額な為、何度も塗装をするよりカバー工法でガルバリウム葺きを考えています。 お聞きしたい事をまとめると (1)頭金を貯めたいので、2年後にリフォームを考えていますが、それまで外壁は持つでしょうか? (2)延床40坪、屋根150m2、スレート→ガルバリウムにカバー工法+外壁塗装(シリコン)の両リフォームで300万でおさまるでしょうか? (3)もっとよい案はあるでしょうか? 質のよい中古と思っていただけにかなりショックですが、大事にしていきたいです。 読んでいただきありがとうございました。よろしくお願い致します。

  • 新築の外壁材・屋根材について

    年内中に地元工務店にて新築を予定している者です。 外壁材について質問します。 当初(見積もり前)は、 「14mmの柄なしニチハ製サイディングの上に、塗料を施して、釘後、コーキング後が見えない様に塗装する」 というものでしたが、 見積もりでは、 「検討したのですが、やはり外壁モルタル仕上げが良いですよ。最近の塗装はヒビが入りにくい素材を用いています。100%の保証はないですが大丈夫だと思います」 といわれました。 モルタルの方は値段が高い、見栄えが良い、ヒビが入る恐れがある。 サイディングの方は、コーキングの劣化、塗装面の劣化、ヒビは入らない。 どちらも一長一短ありと思いますが、アドバイスがありましたら教えてください。  また一部に「サイディングの段張り」を使用するとのことでしたが、見たことがないので、掲載サイト、アドバイスなどありましたよろしくお願いいたします。  屋根材は、ニチハ製ガルバリウムの横段使用を選択しました。 「雨音等がしますが、断熱材60mmが入るので、熱の問題はありません、耐久性に優れています。地元の海辺にある水族館にも使用されています」ということでした。 こちらのほうもアドバイス、色々と参考意見をいただけましたら、ありがたいです。よろしくお願いいたします。

  • 外壁のコーキングについて

    先日工事が完了した外壁のリフォームの仕上がりですが、 コーキングなど雑な気がします。 私は素人なので、雑、丁寧、普通の基準が分かりませんが、 1枚目の写真は外壁材が短く、ベランダ手摺部分との間に 結構な隙間があるようにみえます。 こんな空きができるものでしょうか? また、切断面にはそこそこのバリがあり、妻が手すりを拭き掃除していた際に 刺さって気付きました。 切断面のバリとは、刺さる程度のものでも何の処理もしないものでしょうか? 3枚目は、もう片方のベランダ手摺と外壁部分の写真ですが、 粘土のような見た目で、これも許容範囲と言える仕上がりでしょうか。 ちなみに、コーキングではありませんが、ところどころ(4)のように コーナーキャップにも隙間があったりします。 (5)は玄関横の小窓で、普通はこんな感じの仕上がりだと思っていましたが、 これが出来て他の部分をみると、他の変な感じのところではマスキングテープなども やっていなのでは?と疑ってしまう手抜きにも思えます。 営業マンは、コーキングは許容範囲だし、(1)のような隙間もある程度余裕を持たせる、 バリがケガになる程あるとは職人も気付いていなかったのでは的な受け答えですが、 そんなものでしょうか。 かなり雑な仕事と感じますが、営業マンの言うような許容範囲なのでしょうか。 もし雑な仕事であれば、どの程度のひどさなのでしょう。 外壁等詳しい方おられましたらお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

ガルバリウムは錆びます。 特に現場施工だと、錆びやすい。 錆び止め塗料や、コーキングをしっかりやらせた方がいいでしょう。 見積書を確認してください。 設計監理費をしっかり取られているでしょう? 建築設計した事務所が、施工監理する義務があるので、そちらに申し出しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

釘の浮きや穴は、手直ししてもらいましょう。監督や業者にいえばやってもらえるはずです。 擦れはどんな材料でも出来てしまいます。地金まで傷が達してなければ擦れくらいではすぐにはさびません。 擦れにタッチアップをやると後で塗装の違いでタッチアップが目立ちますのでお勧めしません。 窓周りのコーキングは窓下はやりません。残り3方はやりますが、たて張りの場合は窓上コーキングを施工しないときがあります。のちのちコーキングが切れて水が染み込まないように最初から抜けをつくっておくやり方もあるからです。 どんな材料でも古くなるとさび、劣化が起こるのでまめにメンテナンスをすることです。 出来ればお茶のときでも顔をだして、そのとき直接疑問を言ったほうがいいです。 最近施工してるとお客なのに堂々としてなくてこそこそ写真を撮って言葉も交わさずにいなくなる人がいます。そして、ブログに勝手にかお写真が乗ってるときがあります。やってるほうも気分が悪くなります。 その場で解決したほうが後々の、気分のモヤモヤ感がなくなると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

顔を出してもじろじろ見にくくて...それで離れて見てても傷とかよくわからなかったです。現場監督さんは定期的に詳しく説明してくれるので、そのときはいろいろ聞いています。今回、頼んだところは普段ガルバをやらないところだったので、他の方にも聞いて事前に情報を仕入れておいた方がよいのかなと思って質問しました。ありがとうございました。

  • 回答No.1

擦り傷程度なら問題ないのですが、板金の塗膜が剥がれてしまっている状態は良くありませんね。タッチアップしてもらったほうが良いと思います。 外壁についてはサイディングだと思いますが、小口は役物で納めてからコーキングしてますよね。なら切断面が直接露出してないので問題ないです。サッシ廻りも三方(上と左右)はコーキングを打ちますが、下端は通常 水の逃げ道としてコーキングしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初めてこういった場所で質問させてもらったのですが、周りにこういったことを相談できる人がいないので教えてもらえて本当に助かりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 外壁の目地痩せ

    木造築6年です。 外壁はサイディング引っ掛け工法です。 先日サッシ窓枠部分から雨漏りし業者を呼んだ所 外壁コーキング部分から水が浸み込んでいる可能性があると言われました。 後日見てみるとコーキング部分が内側に向かって窪んでいて真ん中部分が「よく見ると割れている」と思われる場所がありました。 割れていない箇所でも窪んでいる部分はコーキング真ん中部分にに細い筋状の盛り上がりがありました。 一度引っ張られてから元に戻り、伸びた部分が元に戻る時に余った部分が盛り上がっている様な感じです。 他の窪んでない部分は細かなヒビ等、年数による劣化は見られます。 業者は増し打ちで対応しますと言っていましたが、増し打ちで問題ないでしょうか? 瑕疵によるコーキングの窪みでしょうか? 雨漏りは瑕疵ですが、この場合外壁全部のコーキング打ち換えを請求できるのでしょうか? ちなみに業者は、人間ですからミスはありますと言っていました。 と言う事は施工ミスと捕らえて良いんでしょうか? コーキングなので年数劣化もあるので自分では判断できず困っています。 雨漏りは強めな雨と風が吹いている時になりました。 進入した水はサッシ枠を伝わり外に抜けていたので室内が水浸しにならなかったのが幸いです。

  • 家をメンテナンス(屋根と外壁)するタイミングについて教えてください

    現在私は一戸建てに住んでいます。家の構造は軽量鉄骨で、築14年になります。外壁は築5年目に一度塗りなおしていますが、現在はコーキング箇所に亀裂があります。屋根は一度も手をつけていません。屋根南側斜面は問題ない感じですが、北側斜面が、スレート瓦の塗膜が消えかかり、カビと苔がかなり発生しています。メンテナンス会社から「屋根は塗装した方がよいです。もしこのままいくと、塗装も出来なくなり『葺き替え』が必要になる可能性が高いです。そうなるとメンテナンス費用も高くなります。」とアドバイスされました。 ◎屋根と外壁は、足場を組む作業もあるので一度で済ませたいです。屋根(『塗装』)と外壁のメンテナンスを今年にするべきでしょうか? 数年先延ばしして『塗装』で対応できなく、費用高の『葺き替え』になるリスクを考えてしまいます。 メンテナンス会社からアドバイスを聞くまでは、私は素人的な発想で、「まだ平気」と考えていました。メンテナンス会社からは、本音の部分が聞けないと思い投稿しました。詳しい方がいましたらアドバイスをください。

  • 外壁の一部を張り替え 皆さんは綺麗にできましたか

    出来れば実際に経験した方、その道のプロに回答いただきたいです。 勝手いってすみません。 業者に依頼して、外壁の一部を張り替えました。 旧外壁と同じものはないため、新外壁は思い切って色も変えてみました。 旧外壁は黄色、新外壁は茶色です。 旧外壁をはがす時に、残すべき旧外壁の端がバリバリ割れて欠けており、当然、塗装ははがれていてモルタルが見えています。 長さは30cm幅2cmレベルやこれより小さい箇所がたくさんあります。 黄色のコーキングの色が旧外壁と良い似ているので、これで割れてる部分を補修し、埋めて見た目はなんとかごまかしたりしています。見た目をごまかしても、外壁の雨から守るという機能の耐用年数はコーキングのほうが落ちてしまいます。 しかしながら、TVのリフォーム番組や業者の広告をみると、こんな汚い仕上がりはありません。 これは不幸にして我が家だけに起きた出来事なのでしょうか? それともリフォームならこんなものということでしょうか?

  • 外壁塗装、屋根塗装の見積、適正価格でしょうか

    木造築15年サイディング壁、コロニアル屋根 3階建、外壁面積140m2 屋根面積 50m2 ほとんど同じつくりのお隣が最近外壁&屋根塗装をしました。 その時に足場をつたい屋根と外壁を見ると、屋根のコロニアルが反っているそうです。 外壁の窓のサッシ回りはコーキングがかなり劣化し、はがれている所もあるそうです。(確かに外からみるとそういう部分が目視できます。もう水が中に入っていると言っていました) またサイディングも浮いているところがあるそうです。 見積り内容:(フッ素塗装) 足場 丸太組み 100000外壁塗装 ニッぺ製でファイン4fセラ 下塗り: アンダーフィーラー@1200×140=168000 ローラー中塗 @2500×140=350000 ローラー上塗り @2500×140=350000 下地調整 50000 マスキング外壁50000 マスキング窓50000 既設樋再塗装、雨戸再塗装(ファインウレタン)1式 50000 コーキング補修60m 100000 清掃片づけ30000→0 諸経費50000→0 計1168000円(定価)から割引→88万円 屋根塗装 下塗り+中、上塗り(ニッぺサーモアイ4F)50平方メートル 計350000円 縁切りは基本的にしなくてもよいそうです。 タスペーサーなし(理由;カラーベストは重なっているため不要) どうしてもする場合は別料金とのことです。 外壁計88万+屋根計35万=総工費123万円 キャッシュで払えば、もう多少は勉強できる余地はあると言っていましたが、適正でしょうか。 やや高い感じはしますが、初めての見積もりで、もう1,2社依頼するつもりですが。こういう場合 やはり直受けの塗装屋に依頼するのが正解でしょうか。

  • 屋根、外壁リフォームの見積もり(1)

    過去に同じような質問があるかと思いますが キャンペーンでのぼりを立てさせて頂ければ大幅値引きとの事なので 以下の内容は如何でしょうか? 【ダンタイル 7年のケース】 ・外壁                  数量   単価  金額 仮設足場架払い        392m2  600   235,200 メッシュ養生(飛散防止シート) 392m2  250   98,000 高圧洗浄             261m2     200   52,200 閉口部ビニル養生           65m2  380   24,700 外壁下地クラックコーキング処理  261m2  200   52,200 外壁下地調整(シーラー)      261m2  600  156,600 外壁シンプルソフト(波型模様) 261m2  1200   313,200 外壁シンプルソフト上塗り     261m2  1200   313,200 木部・鉄部 ウレタン仕上げ   一式      130,500 片付・清掃(発生材・残材処理)  一式     104,400 税込み \1,600,836 を \1,010,000で ・屋根   高圧洗浄           88m2  300   26,400 下地処理         一式         30,000 屋根下地調整(シーラー) 88m2   600    52,800 シリコンルーフライト下塗り 88m2  1,500    132,000 シリコンルーフライト上塗り 88m2  1,500    132,000 片付け・清掃       一式         35,000 税込み \441,468を \290,000で 妥当なのか宜しくお願いします。

  • 外壁のリフォーム

    現在サイディング(18ミリ)の外壁の木造2階住宅で築10年目です。 昨年部分的にサイディングの張替えを行ったときに 10年くらいでコーキングが劣化すると言われました。 足場代がかかるのでどうせならサイディングも張替しませんか?と勧められています。 外壁の南側が日光と風当たりが強いせいでサイディング表面が部分的に剥がれてる箇所があります。 外壁の下部分に凍害の細かなクラックも見られます。 将来的に凍害や日光等の被害が出にくい素材の外壁に したいと思います。 家に負担のかからない軽量素材の 外壁をご存知の方からアドバイスをお願い致します。

  • 外壁の塗装について(見積もり)

    外壁の塗装について(見積もり) 築20年の外壁の塗装をしようと思っています。 総合建設業の方に見積もりをお願いしたのですが、塗料の事も何もかも、わからないので困っています。 適正かどうか判断お願いします。 外壁は板を貼ったようなかんじです。 仮設足場・メッシュシート込 312m2×850 265200 外壁・高圧洗浄 195m2×200 39000 軒天・高圧洗浄 33m2×200 6600 外壁・ウレタン2回塗り 195m2×1800 351000 軒天(鉄部)・ケレンウレタン2回塗り 14m2×1200 16800 軒天(ボード)・防かび塗装 19m2×1200 22800 破風・ケレン錆止めウレタン2回塗り 37m×700 25900 基礎水切り板金・ケレンウレタン2回塗り 29m×700 20300 シャッター枠(鉄部)・ケレンウレタン2回塗り 1式 15000 コーキング ジョイント・撤去 打ち替え 56m2×800 44800 コーキング サッシ廻り・打ち増し 67m2×450 30150 テント脱着・1式 80000 隣地借地費・1式 50000 計1,092,000 よろしくお願いします。

  • サッシ上部の見切りについて

    現在家を建築中で、外壁(ガルスパン)をはっているところです。 昨日、工事の様子を見に行ったところ、サッシ廻りの見切りが 上部にだけ付いていないことがわかりました。 そこで、外壁担当(板金屋さん)に聞いてみたところ、 「サッシ自体に水切りの機能があるから、通常は上部は何も付けずに、 ガルバとサッシの隙間をコーキングするだけですよ」とのこと。 ネットでいろいろ調べると、上部にも見切り金物は存在するみたい なのですが、本当に付けなくてもよいのでしょうか? ちなみに、見切りとサッシのコーキングは左右だけ行なって、 下部はそのままだそうです。(上部はガルバとサッシをコーキング) よろしくお願いします!

  • 住宅の外壁・屋根塗装について

    はじめまして。 築16年の自宅ですが、外壁・屋根の塗装を検討中です。 現状は、外壁が窯業系サイディングで、 屋根はNKKガルファンカラーという亜鉛メッキの合金です。 今まで3社ほど、相見積りをとり、検討の結果、 塗装・リフォームを主にしている建設屋さんに依頼するつもりで おります。 そこで、この会社のこと、提案している塗装の仕様、施工についての 質問です。 1.外壁サイディングの塗装について 外壁・・・水系ファインコートシリコン(菊水)+プライマー(菊水) 屋根、破風、樋・・・スーパーシリコン(関ペ)の2液+ザウルス(関ペ) 軒天・・・ケンエースG2(ニッペ) すべて、塗装は3工程(下塗り+2回上塗り)です。 この仕様で問題ないでしょうか? 2.コーキング工事 コーキングは全面打ち替えではなく、一部のみ打ち替えといっております。 現状、外壁サイディングは、サイディングの縦の部分の コーキングが一部切れてきております。 また、風呂排気口下のサイディングは一部はがれております。 最初は、外壁のコーキングはがれの目立つ部分のみ撤去・打ち直し との提案でしたが、 私が要望して、外壁部分は全面撤去・打ち替え、 窓周り、入り隅、軒天井等、細かい部分は打ち増し・補修するということで 了解しました。) コーキングは、どこまで全面撤去・打ち替えを指示すればよいでしょうか? 排気口下のサイディングの補修工事ですが、業者は鉄板での補修を 予定しております。排気口ダクトの回りのサイディングはがれ部分を 覆うように、板金加工した鉄板を釘打ちと接着剤で固定する方法です。 この施工については問題ないでしょうか? 3.自社施工とは? 業者は、塗装を主体とした建築屋さんで、大手ハウスメーカーの新築、 リフォームの下請けを手掛けており、自社施工をされているとののことですが、 実際は、よくわかりません。 その会社が、社員による施工をしているかどうかを見極める方法はありますか? 4.工事代金の支払い方法について 工事代金の支払いは手付金と、工事完了後1週間以内に 残金を現金か、振込で一括払いとのことです。 業界の慣習があるかと思いますが、これについては いかがなものでしょうか? 以上、お手数ですが、よろしくお願いします。

  • ガルバリウム鋼板の表面塗装はフロン塗装なら将来あせないか??

    ガルバリウム鋼板の表面塗装はフロン塗装なら将来あせないか?? 初期の窯業サイディングで新築して17年経過。切断施工面のある部分が凍害で塗装がはがれてきました・・・ しかたがないので、外壁リフォーム(木造在来工法:壁面250平米)を検討してます。 再塗装は、フッソがいいと判断しましたが、10年後にまた足場組むことになるので塗装はやめました。 そこで「ガルバリウム鋼板角波を、塗装代わりに上から張ろう」と思いつきました。 板金屋さんと相談中ですが、「ニスクのタイマフロンGL(フッソ塗装ガルバリウム鋼板)を張ってください」というと、「誰も買わない高級トタンでもったいないなあ。お宅は田園地帯なので、普通のGLトタン(トーカイカラー・ニスクカラー)で十分持ちますよ。130万で安いし。完璧めざすならアルミサイディング張替えが一番だけど、270万で高いですよ」と親切にアドバイスしてくれました。 しかし、他のガルバリウム施工を500軒くらい見て歩くと、板からさびは出ませんが10年たつとGLもサイディングも、まず塗装があせています。 ここで質問ですが、 (1)タイマフロンGLはっても平米1500円の差で160万円になりますが、一般GLだと酸性雨で10~15年後にまた色あせして、再塗装をするはめになるので、ここで材料けちらなければ、20~30年経過しても色はあせないだろう(ニスクのカタログはあせない記述あり)と思うのですが、まちがいでしょうか? (2)一生とはいいませんが、長く塗装をもたせるため、「つやなしの濃色」にしようと思ってましたが、このフロンGLなら「アイボリー」とか「シルバー」「クリ-ム」のような人気は高いけど、長持ちしない色も選んでいいことになるでしょうか? GL自体の耐久性は一生持つものだと信頼してます。表面塗装の長持ちの問題です。 (でも、本当にだれもフロン塗装GL買わないらしいですね。)

専門家に質問してみよう