• ベストアンサー
  • 困ってます

旧国鉄時代は公営地下鉄を私鉄に含めていましたか?

旧国鉄時代は公営地下鉄を私鉄に含めていましたか? 東京メトロや第三セクター(埼玉高速鉄道ほか)を除き、 日本の地下鉄は地方公営企業によって運営されています。 あなたは1987年の国鉄分割民営化前まで、 都営地下鉄などの公営鉄道を私鉄として認識していましたか? 現在、日本国内の鉄道は便宜上、 (1)JR、(2)私鉄、(3)地下鉄 の三種類に分類されます。 JRは完全民営化した本州旅客3社を含め、 私鉄とは呼ばないのが慣習です。 しかし、国鉄分割民営化前は、 日本国有鉄道法と地方鉄道法という法律が存在し、 (1)国鉄、(2)それ以外の鉄道 という分類が存在しました。 地方鉄道法による鉄道を私鉄と呼んだ場合、 公営地下鉄も私鉄に含まれることになります。 国鉄分割民営化によって、 公営鉄道の慣習的位置付けは変わったと あなたは思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 私の場合 昔:国鉄/地下鉄/私鉄 今:JR/地下鉄/民鉄  みたいな感じです。ここ10年ほど関西に住んでいて、乗換え案内で「民鉄線」と案内される事が多いので、私鉄が民鉄になってしまっていますが。  私は鉄道好きの人間で、「どこにどんな路線があるか海外を含めて熟知してるぞ」と周辺には豪語しているのですが、こういう質問をぶつけられると意外にこういった区別にはあやふやな自分に気付かされます。地下鉄はいいのですが、路面電車なんかを「私鉄/国鉄」といったカテゴリーで呼ぶとどうなるのか、とかいった話は難しいですね(現地の人が公営民営関係なく「国鉄or汽車と市内電車」みたいな感じで区別していたという話はたまに聞きますが)。  >国鉄分割民営化によって、公営鉄道の慣習的位置付けは >変わったとあなたは思いますか?  「思わない」のほうに一票でしょうか。  公営地下鉄を私鉄と呼ばないにしても、鉄道といえば「全国ネットワークを持っているが、サービス、車両とも画一的で大味な国鉄」と「ネットワークは小さいが、サービス、車両とも地域にあわせた運営を行なっているそれ以外の鉄道」という認識(周辺の人たちも同じような感じ)はあんまり変わりません。  むしろ、運用面では当初国鉄時代とそうかわりがなかったのに、国電と中距離電車の区別が急速になくなったとか、国鉄が半分出資していた昔も民営化した今も大差がない(子供の頃はドアの窓の位置が高くて外が見えないのが不満という理由で、国鉄車両のほうが好きでしたが)営団-東京メトロの存在とかが興味深いところかな、とか思ったりもします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 旧郵政公社職員の身分は法律で国家公務員に指定されていましたが、 旧国鉄を含む旧三公社職員の身分は公共企業体職員というもので、 国家公務員とは微妙に違ったものの、ほぼ公務員扱いでした。 公共企業体職員は公務員同様、雇用保険には加入せず、 年金も共済年金でした。 また、公社職員の業務は公務執行妨害罪の保護公益に含まれました。 (国鉄駅長に暴行して公務執行妨害で逮捕された者もいる。) 一方で、旧営団地下鉄の職員は民間人(私人)扱いでした。 ならびに、社会保険について営団地下鉄の職員は、 厚生年金・健康保険に加え雇用保険の対象になっていました。 国鉄も営団地下鉄も民営化しましたが、 民営化後のJRを私鉄と呼ばないのに対し、 民営化後の東京メトロは私鉄扱いされることもあります。 営団地下鉄は旧国鉄と東京都が出資していましたが、 国鉄分割民営化後は旧国鉄出資分を国が引き継いで出資していました。 民営化後の東京メトロは今も特殊会社で、 国と東京都が株の全てを持っており、 事実上両者が出資していることは今も変わりません。 他方、JR東日本・東海・西日本の三社は、 いわゆるJR会社法の対象から外れて特殊会社ではなくなり、 その後に株も全て民間に売却され、完全民営化を果たしました。 経営上は東京メトロよりもJR東日本のほうが私鉄に近いのですが、 どちらかというと東京メトロの方が、 JRよりも私鉄と認識されやすいのが面白いところです。 東京メトロは営団時代から民営鉄道協会に加盟していますが、 JRは完全民営化した三社を含めて民鉄協会には加盟していません。 やはりJRは私鉄ではなくJRなのでしょうね。 公営鉄道は、昔は広義の私鉄(地方鉄道)には含まれたようですが、 一般的認識としては、国鉄時代から国鉄でも私鉄でもない、 「地下鉄」という枠組みだったのでしょうか? 特に首都圏や関西圏の方々の認識を知りたいです。 追伸 そういえば京都あたりでは、市営バス路線に対し、 民営バス路線は「会社線」と表記されていますね。

関連するQ&A

  • 「公鉄」というコトバがあってもいいと思いませんか?

    「JR(元国鉄)」や「私鉄」と並んで、 公営地下鉄、東京メトロ、第三セクター地下鉄を総称する 「公鉄」というコトバがあってもいいのではないかと、 当方はふと思いました。 あなたはどう思いますか? ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「国鉄」(現JR)の対義語として、 「私鉄」というコトバがあります。 【1】広義の「私鉄」 「国鉄」は、日本国有鉄道法(廃止)に基づく鉄道、 「私鉄」は、それ以外の鉄道、 すなわち地方鉄道法(廃止)に基づく鉄道ということで、 国鉄時代には「私鉄」というコトバは、 【最広義】では公営地下鉄(都営地下鉄など)も含みました。 【2】狭義の「私鉄」 一方【狭義】においては、 旧国鉄と公営地下鉄を除いた民営鉄道を、 「私鉄」と呼んでいました。 1987年に国鉄が分割民営化して、 日本国有鉄道法と地方鉄道法がすでに存在しない現在では、 【2】の使い方がほとんどであり、 公営地下鉄を「私鉄」に含めることにはついては、 違和感を覚える人がほとんどだと思います。 そこで、旧国鉄路線を継承するJRでもなく、 それ以外の民営鉄道、すなわち、いわゆる私鉄でもない、 「公鉄」という分類があれば便利ではないかと当方は感じました。 最近では、第三セクターによる地下鉄など、 公営ではない地下鉄が増えているからです。 また、旧営団地下鉄は一般に私鉄扱いがされていなかったものの、 民営化して東京メトロになってからは、 依然として国と東京都が出資する特殊会社でありながら、 国土交通省の統計上では「民鉄」扱いされるようになったのも、 一つの理由です。 公営地下鉄、東京メトロ、第三セクター地下鉄を総称する 「公鉄」というコトバがあったら便利だと、 あなたは思いますか? ご意見をお待ちしております。

  • 「JR○○駅」…国鉄時代は単なる「○○駅」だった?

    当方は1980年代初頭に生まれながら、 たったの一度も旧日本国有鉄道を利用することなく、 1987年4月の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 現在、JRグループ各社の駅は、 とりわけ私鉄や公営鉄道に同一の駅名がある場合、 「JR○○駅」などと、鉄道会社名を前置きした上で、 案内板やニュースで呼称されることが多いようです。 では、国鉄時代はどうだったのでしょうか? 同じく「国鉄○○駅」と呼ばれていたのでしょうか? それとも、国鉄と地方鉄道の間には、 主副のような関係が慣習的に存在し、 国鉄駅の場合には何もつけずに、 単に「○○駅」と呼ばれる場合が多かったのでしょうか? 逆の視点から質問します。 国鉄時代は、何も断りなく単に「渋谷駅」と言えば、 京王や東急の渋谷駅ではなく、 「国鉄渋谷駅」を指すことが、 日常的に暗黙の了解だったのでしょうか?

  • 旧国鉄を利用したことのある方へ:国鉄時代の思い出を教えて!

    私は1980年代の初頭に生まれながら、 たったの一度も旧国鉄を利用することのないまま、 1987年4月の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 元は「日本国有鉄道」という一つの巨大企業だったものの、 分割民営化した現在では、同じJRでも各地域会社ごとに、 ホーム等の雰囲気や風景に差が出てきています。 例えば、駅名表示板に使われている色も各社で異なるし、 旅客6社のうちでJR東日本の駅ホーム売店だけ、 「キヨスク」を「キオスク」に名称変更しています。 そして、戦後の旧国鉄は公社(公共企業体)であり、 国の官庁組織を離れた法人組織であったにも関わらず、 司法警察権を持つ職員がいました。 (駅長、助役、専務車掌、鉄道公安職員など。) 民間会社となった現在では、自社独自の警察機能はなくなり、 私鉄の場合と同様に各都道府県警が警察活動をしています。 このように、旧国鉄は現在のJRと異なる点がありました。 不本意ながら実際には旧国鉄を利用したことのない私のために、 現在のJRでは見られない風景について色々と教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 東京23区のJR駅~国鉄時代より明るくなった?!

    私が5歳の時に国鉄が分割民営化されました。 一度も乗客として旧日本国有鉄道に乗らないまま、 JR各社へと姿を変えてしまいました。 山手線をはじめとする東京23区のJR駅は、 国鉄時代より明るい雰囲気になりましたか? どう変わりましたか?!

  • なぜ地図記号のJRは白黒なのか?

    地図記号のJRは白黒ですよね? JRは国鉄を分割民営化した私鉄ですから百足状の鉄道が妥当なはずです、逆に都営や横浜市営、大阪市営地下鉄や都電荒川線などは地方公共団体(地方自治体)による公営、旧営団地下鉄も公団で公営ですから白黒状の鉄道が妥当なはずです。 なぜ逆なのですか?

  • 国鉄民営化で車掌の司法巡査指定まで解除した理由

    国鉄民営化で車掌の司法巡査指定まで 解除したのはなぜですか? 旧国鉄の民営化による鉄道公安室の廃止は仕方ないとして、 車掌の司法巡査指定まで解除したのはなぜでしょうか? 司法巡査は取り調べ権がありません。 現行犯人を、直ちに引き渡しか速やかに引き渡し、 犯人が武器を持っていた場合、取り上げ(押収)か一時預かり、 などしか、一般人との違いは実際上発生しません。 私鉄・地下鉄との不平等解消ならば、 私鉄・地下鉄の車掌も司法巡査でいいと思います。 ある法律家は、理論上、都営・市営地下鉄の車掌ならば、 必要に応じて法律に定めれば司法巡査にする事も出来るが、 私鉄やJRの車掌を司法巡査にする事は出来ないと言います。 一体なぜでしょうか? 地方公営交通は国ではなく自治体です。 そして、私鉄やJRと普段やっている仕事内容は同じです。

  • 国会議員は都営地下鉄等もタダで乗れますか?!

    国会議員は地方公営鉄道についても、JRや私鉄と同様、 職務で利用する範囲においては 無料で乗ること出来るのでしょうか? 国会議員の私鉄・バスの無料パスが、 日本民営鉄道協会の申し入れにより 廃止される方向となりました。 一方で国が費用負担している 国会議員のJRの無料パスや航空券の無料支給は、 今後も継続されるようです。 では、都営地下鉄のような地方公営鉄道の利用については、 国会議員の場合どうなっていたのでしょうか? また、これからどうなるのでしょうか? ついでに東京メトロ(旧営団地下鉄)の扱いについても 教えてください。

  • 旧国鉄にまつわる思い出を教えてください

    私は1980年代初頭に生まれていながら、 一度も国鉄を利用することがないまま 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 当時は幼少であったとは言え心残りがあります。 鉄道公安職員も見てみたかったと悔いています。 【1】 そこで、旧国鉄にまつわる思い出を募集します。 現在のJRとは違った点について触れながら、 国鉄時代の思い出を語っていただけると嬉しいです。 【2】 旧国鉄は民営化される際に、 旅客6社と貨物1社に分割されました。 その関連でついでにお聞きします。 都市部のJRでは電子マネー機能も兼ねた IC式乗車券が導入されつつありますが、 各地域会社ごとにICカードが違います。 皆さんはこれを不便だと思いますか? それとも各社ごとに異なるICカードの導入は、 バラエティに富んでいて楽しいと思いますか? <JR各社のICカード> JR東日本 → Suica JR西日本 → ICOCA JR東海  → TOICA JR北海道 → Kitaca JR九州  → SUGOCA(導入予定)

  • 旧国鉄駅には「警察官立寄所」の貼紙がなかった?!

    私は旧国鉄(公社)時代に生まれながら、 一度も旧日本国有鉄道を利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 五歳だったので旧国鉄駅を知りません。 さっきJR上野駅の改札口で、 「警察官立寄所」の貼紙を見ました。 国鉄(公社)が自社で司法警察権を行使できた民営化前は、 この貼紙は無かったのでしょうか? (法律上は、一般の警察官も国鉄構内で活動できたが、 旧国鉄は政治暴動でもない限り警察の介入を嫌がった。) ※一方で、旧日本郵政公社も、司法警察権はあったものの、 強盗などは郵政監察官の機動力で対処できないためか、 「警察官立寄所」の貼紙は公社時代からありました。 国鉄世代の方、教えてください。

  • 【民営化25年】国鉄時代の思い出を教えてください!

    当方は、1980年代初頭に生まれながら、 一度も旧日本国有鉄道を利用することなく、 五歳だった1987年4月1日に、 国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 とても悔やまれます。 今年2012年4月1日、JRは発足25周年(四半世紀)を迎えます。 そこで旧国鉄(公社)時代の思い出を聞かせてください。 (1949年6月1日~1987年3月31日) 【1】 現在の駅の雰囲気との違いを教えてください。 (特に、東京駅、新宿駅、札幌駅、名古屋駅、新大阪駅。) 【2】 特に、鉄道公安室関連の思い出は歓迎です。 公共企業体職員(ほぼ国家公務員と同等)という身分であった 旧日本国有鉄道の職員の一部は、 司法警察権を持っていました。 (鉄道公安職員、駅長、助役、専務車掌など。) 現在のようにイチイチ警察を呼ばなくても、 自分達で国鉄敷地内の犯罪を検挙できました。 ※柔道の達人であった当方の旧友のオジサンは、 駅で因縁を付けてきた暴力団連中をフルボッコにして、 傷害容疑で鉄道公安室にパクられた。w (その後、警視庁へ引致された・・・。) 【3】 国鉄時代のキヨスクの思い出も歓迎です。 (当時は国鉄外郭団体の鉄道弘済会が直営。) どんなお店でしたか? ※分割民営化した現在では、キヨスクもJRと同様に分社化し、 同じ東京駅でも、 東海道新幹線(JR東海)の店は「キヨスク」、 他の新幹線と在来線(JR東日本)の店は「キオスク」と、 名前がバラバラになっている。 JR東日本傘下のKIOSKは、 2007年に原語読みに近い「キオスク」に変更したが、 JR東海傘下の東海キヨスクは、「キヨスク」のまま。 東海キヨスクは、自社のマスコットキャラ、 「キヨ子ちゃん」「キヨ美ちゃん」がいるので、 今さら「キオスク」には変更出来ないだろうな・・・。 (≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)