-PR-
締切済み

老人福祉法と介護保険法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.575317
  • 閲覧数304
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

老人福祉法での地方公共団体の責務と民間老人福祉事業関係者の老人福祉増進は具体的に何を実際やっているのか教えていただけないでしょうか?
あと介護保険法の制定に伴い改正された軽費老人ホームは一定の基準を満たしたサービスを提供する場合のみ介護保険給付の対象となったとあるのですが、一定の基準とは何か教えて下さい。
65歳以上の第一号被保険者の保険料が市町村ごとに大きな差があるのはなぜなのでしょう?
介護保険法の課題に被保険者の拡大を図るとあったのですがなぜなのでしょうか?
皆様のご意見お待ちしております。どうぞ教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/0)

65歳以上の被保険者の保険料の格差ですが、介護保険の保険者は各市町村であるため、その市町村の財政や、人口比率によって保険料の格差になって出てきているのだと思います。たとえば過疎の地域で保険料を納める人が少なく逆にサービスを利用する人が多ければ財政的には苦しく保険料を上げるほかないということです。財源確保の為に被保険者の拡大が必要なのではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ