• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

初恋の人

  • 質問No.573187
  • 閲覧数188
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 19% (26/131)

私は中学卒業後高校に行かず専門学校に通っています。中学では6ヶ月位しか学校に行けませんでした(不登校)
私は今でも初恋の人が好きです。初恋は小1の時だったので9年位片思いです。その人とは小1から中1まで同じクラスだったんですけど小5の頃から意識してしまって突然話せなくなりました。相手もその時から話をしてくれなかったので小5から中1まで話をしませんでした。中学では仲良くしようと思っていたのですが私が学校に行けなくなり全く逢えなくなりました。今でもその人の家の前を通る時は苦しくなります・・・。そして専門学校に通い始めて気になる人が出来ました。年上で多分彼女が居てると思います。どうして気になるか考えたら初恋の人に似ていました。新しい環境で気になる人が出来たから初恋の人を忘れかけていると思っていたのですが似た人を好きになっていまいました・・・。皆さんは似たような事がありましたか?その時にどうやって気持ちの整理をつけましたか?教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 17% (993/5831)

ご機嫌いかがですか?neterukunです
初恋は初恋でいい思い出でいいじゃないですか
というのはね、じゃぁ何でそういう恋したかって言う事なんですけど、「好きなタイプ」だからじゃないですか?
似ているうんぬんよりもね。
実際私も好きになった女性には
何らかの共通する好きな感じって言うのがあるんですよ
初恋から43歳の今までにね、
「そういやぁ並べてみたら全員・・・」っていうのがね
それが「好きなタイプ」なんですよ
このサンプルが貴方の場合はその初恋の人だけだった似すぎません。そりゃぁ好きなタイプ好きな部分には普通反応しますから、貴方は初恋の人と似てるからすきなんじゃないです。好きなタイプの男性を見つけたにすぎません。
つまり言い換えれば似たような人を好きになる傾向はあるんです、誰にでもね。これわかってくださいね。
彼女がいるかいないかまだわかりませんよね。
今好きな人に一生懸命恋すればいいと思います
ターゲット絞ってがんばるのが一番いいと思います
徐々に視界にはいって挨拶して仲良くなってという
セオリーを踏んでがんばってみてください。
応援します⌒(*^∇゜)v

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 14% (66/470)

男です。
初恋の人を好きなまま30有余年経ちます。
いまだに初恋の気持ちのままです。
彼女は、しあわせになっていると確信しています。
彼女がしあわせになれてうれしくてたまりません。

こころの整理は、自分が大空のような気持ちで彼女の幸せを祈った時、これでいいんだと思いました。

もし、彼女が不幸な目にあったら、飛んで行って助けるつもりです。この決心も自分を支えていますね。
  • 回答No.5
初恋の人は、今、どうしているのですか?
 文面からすると、まだ、独身(彼女なし)のような気がしますが・・?
 彼女がいたら、仕方がないですが、いるかいないか分からないのであれば、思い切って、電話でもしてみませんか?
 ダメでもともと。このまま、思い出にしてしまうと、一生、後悔しかねないと思います。
 
 この世には、似たような人は、いくらでもいます。
その度に、悩むことになりかねません。

 思い切って、アタックしてみませんか?

※ダメだったら、また、ここへ相談して下さい。
(気持ちの整理とは、そういう時にするものです。まずは、実行。期待します!)
  • 回答No.4
私は前の彼と別れ、次に良いなぁと思った人が居て、友人たちに前の彼と似ていると話していました。
付き合うようになったので友人たちに会う機会が出来たのですが、みんなが口を揃えて「全く前の彼に似ていない。タイプすら違う」と言うのです。
今では随分違うと分かるのですが、その当時は本当に似ていると思っていました。私の勘違いだったようです。

これは時間が解決することだし、初恋=好きになるというのは良い経験です。ムリに忘れたり、悩んだりするような事柄ではないと思っています。
私は(女だからかな?)あの人を好きな時があったなんて信じられない!と思うほど気持ちが冷めていて、自分でも冷たいんじゃないか?とチョット自己嫌悪気味なくらいです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (161/643)

私も、あなたのようなコトが早く自分にも訪れるように願いながら、日々闘っていたことがあります。奇妙なもので、私は、早くその人を忘れることができるように日々見えない敵と願っていました。早く、その人から遠く離れた場所に行って、忘れてしまいたいと思いました。しかし、その考えは間違いだったと今では思っています。

「整理」という問題ですが、間違っても「忘れる」コトではないはずです。端的に言うと「あきらめる」ということでしょう。ただし、ここで言う「あきらめる」というのは、多くの時間と出会いを経験しながら、やがてその初恋の人が心地よい「思い出」になっていく、その結果に訪れるかけがえのない宝物だと考えています。そうして大人になっていくのではないでしょうか。

その人のコトは今でも決して忘れることはありませんし、これからもそうです。それにしても、似たような人と出会うことができたなんて、本当に運が良い方ですね。思い出を大切に、どうか幸せになってください。
  • 回答No.1
34歳、妻1人子2人・・・。
今だ初恋の整理はつけていません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ