• 締切済み
  • 暇なときにでも

地震時の死者・負傷者数

教えて下さいm(__)m 地震時の死者・負傷者数…どうやってカウントしているんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数92
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15358)

 日本では警察や消防などからの情報の様です。ただ海外になるとばらつきますね。政府から現地のマスコミから国連からとか。おおざっぱという感じです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 南京大虐殺事件にはなぜ負傷者がいないのか?

    秋葉原で刃物を振り回した人がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。 アメリカでライフルを撃ちまくった学生がいました。死者が出ました。倍の数の負傷者が出ました。 イスラエル軍の戦車が大砲を撃ちました。弾丸が炸裂し死者が出ました。その倍の数の負傷者が出ました。 どのような武器を使っても死者だけで怪我人が出ないというのはありません。むしろ死者が出るのは究極の場合であって怪我人ばかりということが多い。南京では三十万人も死んだのに怪我人の話は一切聞きません。60万人程度いたであろう怪我人はどうして怪我を見せて「この傷は日本軍にこのようにされて怪我したんだ」と言わないのか。「この足は日本軍の大砲が炸裂して吹っ飛んだ」と片足のおじいさんが言えばなによりも説得力があります。片腕のおじいさんが「この腕は日本軍の隊長から日本刀で切り落とされた」と涙で訴えれば日本人に大きなインパクトを与えるでしょう。どうして負傷者は語らないのか。南京事件における推定60万人の負傷者のかたがた。名乗り出ては如何ですか。もし亡くなられているのなら写真くらい残っているでしょうから遺族がそれを見せて訴えればいいのです。どうして負傷者は名乗り出ないのでしょう?

  • 負傷者 と 重傷者の応急処置

     会社で災害時に安否情報で、負傷者と重傷などの状 態をどういうふうに生かせばいいのでしょうか? 会社では、災害用に例えば各係が決まっているので ただ、これだけの負傷者がいる という情報を どう生かせばいいですか 負傷者には、応急処置しかできません が うまく説明できませんが、よい知恵があれば 教えてください

  • 地震警告について

    地震の予告はもっと早く(数日前とか)ニュースとかで警告できないのですか?そうすれば、その被災地から全員避難できて死者や負傷者など出ませんよね?阪神大震災のこともあったし、地震災害の多い日本だから、そういう地震予告にもっとシビア(?)な対策ができないものなのでしょうか?

  • 戦争での負傷者の手当てについて

    戦争時はとてもたくさんの人が怪我をして、病院は大変だったと思います。 知り合いの人から聞いた話ですが、兄が怪我をして病院で治療しているのでは? と思って、負傷者が運ばれる病院で看護見習いをしていたとの話しを聞いた事があります。 看護婦でない人がお手伝いをしたとの事があったのでしょうか? 当時の写真などがあれば幸いです。 よろしくお願い致します。

  • エルサルバドルの地震災害について

    最新の死者数・負傷者数・行方不明者数を教えてください。 現在把握しているのは、1月15日現在までです。

  • 警察署の掲示板での負傷と死亡人数。

    警察署の掲示板での負傷と死亡人数。 警察署の掲示板で前日の負傷者と死亡の人数がありますが、あれって例えば 1. 怪我したけど物損事故扱いだとカウントなし? 2. 後日、人身に切り替えたとしたら前日ではないからカウントされない? 3. 最初は負傷だったが、後日死亡したら負傷と死亡にカウント? 4. 前日に死亡でなく、3日後とかに死亡したら4日目にカウント? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 経営審査の「業務災害による負傷者の数」について

    いつもお世話になります。 タイトルのとおり「業務災害による負傷者の数」で、前々年ひとり怪我をしました。それ以後はありません。 手引きを見ると「1.5」とか「3.5」とありますが、どういった場合に端数になるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 中国地震と宗教

    今回の四川省で発生した地震について、入らないと不幸になる等言っている各宗派は、各宗派に入っている人に死亡・負傷者はいなかったとかは言わないのでしょうか。

  • ハイチでM7.0の地震 日本から救援部隊は出ますか?

    大きな被害が出ているようですが(死者数百名負傷者数千人、家屋倒壊多数)日本からは救援部隊は出ますか?

  • なぜ、『死傷者』 と言うのですか

    大きな災害や、戦争などの報道で、『死傷者は、○名でした・・・』などという表現がよく使われますけれども、 なぜ、『死傷者』という表現をするのですか? 人が、『死ぬ』ことと、『負傷する』こととは、深刻さの度合いが、天と地ほども違うではないですか。 なぜ、『死者』と『負傷者』を一緒に数えるのですか? たとえば、『死傷者は 50名でした。』という時、 『死者が5名、負傷者が45名』であるのと、『死者が45名、負傷者が5名』であるのとでは、深刻さが全く違うのですから、両者が同じ表現で良いとは思えません。 それなのに、『死傷者は 50名です。』としか言わない報道が多く、とても違和感を感じます。 なぜ、『死傷者』という言葉が使われるのでしょうか?