• 締切済み
  • すぐに回答を!

土地の購入について

土地を購入して、戸建(注文)住宅を建てていくことを考えています。そこで土地の購入に関して教えてください。現在、購入を考えている土地ですが、土地の道路に接した面(南側)を除けば、その他の3面は民家が建っていて、コンクリートブロック塀で仕切られている状況です。現在まだ家は建っていて、取り壊して、更地での引き渡しとなります。不動産屋さんから、取引上の面積は、「登記簿上の面積」として、契約後、売主さんに敷地境界を確定してもらって、実測して引き渡すことになると言われています。(なお立会確認を行っていない、土地家屋調査士作成の実測図はあり、公簿面積とほぼ同じ面積です。)また、塀も取り壊さず現況引渡しと言われています。塀の所有形態がどうなっているかは現在、詳細にはわからない状況です。こうした状況で購入契約を行うことは珍しくはないのでしょうか。また、何か気をつけた方がよいことなど、アドバイスを頂ければと思っています。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#121701
noname#121701

質問が矛盾してます。 >契約後、売主さんに敷地境界を確定してもらって、実測して引き渡す この文章ですと、売買契約締結後土地家屋調査士が境界確認書を作成し、その境界に基づき測量をするとなります。 境界確認を行って測量するのを実測と言います。 >なお立会確認を行っていない、土地家屋調査士作成の実測図はあり、公簿面積とほぼ同じ面積です この文章ですと、境界確認をせず現況での測量となり、これは通常現況測量と言います。 同一質問の中に、実測と現況測量があり、境界石の確認をするのかしないのかが不明です。 >取引上の面積は、「登記簿上の面積」として、 これを公簿売買と言い、契約後実測して地積に変動があっても坪単価で精算はしませんという契約です。 業者が買う場合はシビアで実測売買、つまり坪単価を契約書で決めて、とりあえずの金額で契約し、残金時に地積の変動で精算いたします。 公簿売買というのでおそらく現況測量での売買と推察します。 大切なのは境界石の確認です。 これは土地家屋調査士とあなたが一緒に現場で確認することですが、地下に埋まっている場合は土地を掘り起こさないと確認出来ません。 あなたは仲介業者に依頼しているのでしょうか。 依頼しているならその業者をとうして土地家屋調査士に直接、実測の説明を受けてください。 そして土地家屋調査士と一緒に現場を見てもらってください。 現場を見ずに安易なお答えは出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私の質問の仕方がまずくてすいませんでした。 再度、質問を出しなおしたいと思います。 また、お気づきのことがあれば、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 土地を購入契約する際のことで教えてください

    土地を購入して、戸建(注文)住宅を建てていくことを考えていて、明日土地の売買契約をする予定になっています。今日、事前に契約書のコピーをもらいに行き、ある程度説明を受けました。いくつか疑問点があるので、教えてください。 現在、購入を考えている土地ですが、土地の道路に接した面(南側)を除けば、その他の3面は民家が建っていて、コンクリートブロック塀で仕切られている状況です。現在まだ家は建っていて、取り壊して、更地での引き渡しとなります。 不動産屋さんから、取引上の面積は、「登記簿上の面積」として、契約後、売主さんが敷地境界を確定してもらって、実測して引き渡すことになると言われています。(なお立会確認を行っていない、土地家屋調査士作成の現況測量図はあり、公簿面積とほぼ同じ面積です。)また、塀も取り壊さず現況引渡しと言われています。塀の所有形態がどうなっているかは現在、詳細にはわからない状況です。 1.こうした状況で購入契約を行うことは珍しくはないのでしょうか。また、何か気をつけた方がよいことなど、アドバイスを頂ければと思っています。 2.契約後に隣地の方との確認で境界を明確にし、境界石を打ち、認印をもらい再度、実測するそうです。 こういったのは普通ですしょうか?また、建物のプラン上、土地の実測面積が減ると希望の間取りが入らず、土地の購入事態を考えたいと思っているのですが、契約書に、土地の面積がいくら以上の誤差がある場合は契約をノーペナルティで解約できるというような内容を盛り込んでもらうことは可能でしょうか? 3.敷地の境界を隣地と確認しあい、了解を得ると、隣地との境のブロック塀がどちらの持ち物かも確定されますか?完全に内側積みであったり、外側積みである場合はいいのですが、共有の場合や、少しだけ相手の敷地に入っている場合などは、明確な取り決めをする必要があるのではないかと思うのですが、どうでしょうか? 私としては、後々のトラブルを避けるために塀の管理者が誰か(権利はどちらか、取り壊しは自由かなど)を把握しておきたいのですが、契約時にどうすればいいかアドバイスください。 4.更地渡しについて、  契約後に土地を更地にしてもらうことになっています。(更地渡しの条件の値段での購入です。)道路面から少し土地の地盤が高く、両隣の家の土地とはほぼ同じ高さの地盤なのですが、更地にしたときに土地の地盤が削られて今より下がってしまうという心配はないでしょうか? 以上の点が特に気になっています。アドバイスをお願いします。 よろしくお願いします。

  • ●土地●公簿面積>実測の場合

    購入予定の土地なのですが、土地の公簿面積より実測面積が約2坪(6.23平方メートル)小さいのです。公簿面積と実測に差異があることは珍しくないのは分かっているのですが、公簿面積>実測の場合、通常はどのような方法で売買されるのでしょうか? 今週末、土地の売買契約を結ぶのですが、事前に目を通すよういわれた契約書には、 「公簿面積による取引で、実測精算無し」 「特約条項・現状形状と公図が多少異なるが、売主買主双方が合意の上、現状有姿での取引とする」 と記載があります。この内容は、通常のものと考えてよいのでしょうか?もし従来の契約内容であるのならここで質問を終わります。 そうでない場合は、もうひとつお聞きしたいことがあります。 公簿>実測面積のケースで、売主が意図的に、売買の際に実測面積よりも多く申告して売買代金を高くするためになされたものなどがあるという例もネットで調べてみると書いてありました。その場合、売りに出す前に、実際より多く申告した場合など、こちらで調べて分かる書類などあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 土地購入 引き渡し条件について教えてください。

    購入した土地の敷地内に隣家との塀があります。 古い塀のため地震等で倒壊する恐れがあります。 境界線上ということではなく、明らかにこちら側の敷地内なので、 塀を撤去後更地にして引き渡しを不動産屋に依頼しました。 ※契約書、更地にして引き渡しと記載されております。 不動産屋曰く、「業界の通例上、塀は「更地」の対象にはならない。」 とのことで、引き渡し後自費で撤去してくださいとのことです。 上記は正しいのでしょうか。 個人的に納得できません。 ご存知の方がいれば教えていただきたく存じます。 よろしくお願いします。

  • 土地を購入。 引き渡し時の塀に関して質問です。

    土地購入の売買契約を行いました。 まだ引き渡しは済んでいなのですが、 購入した敷地内の塀が気になっております。 隣の敷地との間に古い塀があります。 この塀が私が購入した敷地内(境界線上ではなく)にあります。 古い塀のため地震があった際倒壊する可能性があり、 塀の撤去をした状態で引き渡しをしてもらえるよう不動産屋に 依頼を行ったのですが、 引き渡し後、隣家に確認を取りこちら側でやって欲しいとのことです。 (不動産業界の通例とのことです。) 当然、家を建てる際には塀を立てる予定です。 契約書には更地にして引き渡しと記載されており、 個人的に納得できないのですが、実際のところどうなんでしょうか。 教えていただきたく存じます。

  • 隣地境界および登記面積と実測面積の違い対処

    いつもお世話になっております。2件質問させていただきます。 古家付の土地を購入(契約済み)し、家を設計中ですが、 工務店による測量(隣家立会いの確定測量でなく現況測量)を行ったところ、登記面積より、3m2程度実測面積が少ないことが判明しました。契約上、公簿取引であった(かつ設計上の障害はない程度のもの)ので、やむを得ないと思っておりますが、 Q1 不動産屋さんから片側隣地境界は、ブロック塀の中心線と口頭で告げられていましたが、当該隣家にあいさつにいったところ、ブロック塀は片側隣家のもので、すなわち、当方から見るとブロック塀の内側が境界といわれました。 事実ならやむをえないのですが、はっきり境界を画定するためには、確定測量をやっていって詰めていくことが望ましいのでしょうが、(口頭でなく)境界自体を示した文書等は通常、どんなものが存在するのでしょうか?そのようなもので確認できれば、実測面積が少ないことを甘受することでとりあえずおさめたいと思っております。 (冒頭で申しました現況測量による実測は、ブロック塀の内側から行っておりますが、面積の齟齬はその分は僅かです) Q2. 登記面積と実測面積(現況測量による)が違うことで起こる問題点と対処法をご教示願えませんでしょうか?例えば、 ・銀行に住宅ローンを頼むつもりですが、抵当権設定の対象面積について、登記面積と実測面積が違った場合、一致させることを求められるのでしょうか? ・将来、転売する際は、確定測量を行わなくとも、公簿取引でいけるのでしょうか?(今回、私自身がそうしたように)その分の減価はやむをえないでしょうが。 ・登記面積と(現況測量による)実測面積が違っていても、隣家立会いの下での測量でないかぎり、法的是正義務とかは生じないのでしょうか? 良きアドバイスを是非よろしくお願いいたします。

  • 土地の実測が行われていない可能性

    家族が土地を売りに出しているのですが、体力が衰え自分の体のことで精一杯なので協力してほしいと言って資料や書類を送ってきました。 物件の面積が公簿上の数値で表示してあることが引っかかりまっす。 売りに出した当初は本人が何もかも自分でやって媒介契約をしておりますのでさっぱり事情がわからないのですが、実測が行われていないので公簿表示なのでしょうか。 本人の実家は地主の家柄で、土地の売買や相続贈与は身近にあり、実測が重要なことはわかっていたはずですのでどうもよくわかりません。 ですが、やっぱり法務局に実測データがなかったということでしょうか。

  • 土地の購入時の実測面積について

    すいません土地を購入予定なのですが、募集広告(恐らく登記簿面積)が7メートル×30メートル だったのですが実測が7メートルより少ない6メートル30センチほどでした。 不動産屋さんに聞くと、実測面積と登記簿面積は違う事はよくあり、測量士を入れて実測面積を 出す・・と言っています。 ただ土地の持ち主が測量代金は買主側負担と言っています。(あくまで登記簿面積の土地を売るだけ というスタイルみたいです) また、その土地には両側とも家が既に建っているのですが、境界線の杭などは一切見当たりません。 ここで疑問なのですが、境界線の杭もなく、実測と登記簿面積も違うのでは、一体何を元に 境界線を決めるのでしょうか? 測量士を雇ったとして、両側のお隣さんが購入しようとしている土地にはみ出して塀を建てている かもしれませんし、そうでもないかもしれません。(測量士がお隣さんの登記簿とこちらの登記簿を 見比べ、勝手に境界線を決めるのでしょうか?) 詳しい方いましたらアドバイスいただければ助かります。

  • 不動産の売買契約について

    売買契約には公簿売買と実測売買がありますが、実測で公簿より土地の面積が大きい場合、都会の土地なんかだとかなり最初の金額よりも高くなってしまうのではないのでしょうか?契約前ではなく、契約後に実測する場合が多いと聞きましたが、予定していた予算よりオーバーしてしまいお金が工面できなくなった場合はどうなるのでしょうか?解除できるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 土地の公簿売りについて

    土地の公簿売りについて教えて下さい。 売買契約書の中に、 ・「公簿面積について○○円にて売買する。実測面積との間に差異が生じても互いに異議を申し立てないとともに、売買代金増減の請求をしないものとする。」 ・「買主は売主において瑕疵担保責任の負担又は、損害賠償の請求を、買主は売主に対してすることができない。」との定めがあります。 この契約条項は有効なのでしょうか? 契約との間に仲介業者(不動産屋)が間に入っておりますが、瑕疵担保責任との関係で面積が少ない場合は少ない分を支払う必要があるのでしょうか? あるサイトを見てると、個人間の契約では瑕疵担保免責条項が有効だと書いてありましたが、仲介業者を間に挟んでると、瑕疵担保免責条項は無効と書いてありました。 また、境界の杭の場所がおかしい(内側にある)と契約後(引渡し後)に言われました。 契約前に杭の場所は確認して打っていますし、契約書の中に、「引渡しまでに隣地との境界を現地において明示する」と記載してあります。 どちらの言い分が正しい(適法)のでしょうか? もし、分かれば根拠となる法律・条項なども教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 売地の面積の差異

    実測されていなくて公簿面積のままで買った土地を実測してみたら公簿より小さかった、という場合、売った方に責任は問われないと思いますがどうでしょうか。 また、商談の時に「代々この土地は○○坪あると言われている、公簿より大きいはずだ」と言ったとして、実測したら小さかったという場合は騙したとか言うことになりますか。