• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「程度のみが同じ」と言いたい時の比較

He is as old as me. は、「彼は私と同じ年だ」と訳すと思いますが(「同じくらい年をとっている」と訳すこともあるかもしれませんが)、 このoldとかbigとかtallなど「程度のみが同じ」の意味で捉えるような形容詞以外の形容詞、たとえばwiseとかcleverは、 「同じくらい賢い」ではなく「同じくらいの賢さだ(実際に賢いかどうかは別にして)」と言いたい時はどういえばいいのでしょうか? ある文法書には Mary is as clever as Jane is pretty. という文が載っており、訳は 「メアリーの利口さは、ジェーンのかわいさと同じだ」 となっていて、「かわいいのと同じくらい利口だ」ではなく「かわいさと同じくらいの利口さだ」と「程度のみが同じ」という訳がついています。 つまり、「賢さが同じ」と程度のみが同等であると言いたいときも、普通に「as...as」の形で言えばいいのでしょうか? 少し細かい質問になりますが、どなたかご教授願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数42
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

as clever asで問題ないと思います。 文法的には「同じくらい賢い」とも「同じくらいの賢さだ」とも両方に取れるのですから、文脈で区別することになります。 比較対象の賢さが分かっているなら意味は通るでしょう。 なお「Mary is as clever as Jane is pretty.」は変ではありますが意味が通らない文とは思いません。 この文をだけ見て状況を察するなら例えば、ジェーンが頭がよく顔が悪い人であった場合に、「Mary is as clever as Jane is...」でメリーがジェーンと同様頭がいいと言うのかと思わせたところで、最後のprettyで実は頭は悪いと言っている事が分かる、そのようなユーモアを持って言われた文章に感じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 as...asの形で使えばいいんですね、分かりました。 そして、成る程、そういうユーモアが含まれているかもしれないというのは気づきませんでした。おもしろいですね。 まづはお礼まで。

関連するQ&A

  • 「程度の比較」と「性質の比較」について

    比較には「程度の比較」と「性質の比較」の2種類があるといいますが、 「性質の比較」といわれているものについて疑問点がいくつか出てきました。 (1)He is more clever than (he is) wise. (2)He is no more young than I am. 以上の2文について。 学校文法では、 (1)のような形の比較文を「同一事物の異なる性質の比較」と呼び、 (2)のような形の比較文を「クジラの公式」などと呼んでいます。 一般的に言われている「性質の比較」というのは、 (1)のような形だけを指しているのでしょうか? つまり、比較構文の主節と比較節が同一の主語をとる場合だけ「性質の比較」に成り得り、 それ以外の構文は「程度の比較」という考え方なのでしょうか? そのように考えると「性質の比較」と呼べるものはごく限られた構文だけとなってしまいます。 私は「クジラの公式」と呼ばれるものも一種の「性質の比較」だと今まで思っていました。 例えば、 [He is no more young than I am.]という文の場合、 [He is (very much) young]という文と [I am (very much) young]という文の「程度」の度合いを比べて、 2つ文の「程度」が同様に正しくない、といっているわけで、 この考え方は[He is more clever than (he is) fair.]の場合の考え方と酷似していると思ったからです。 moreの基本的な意味合いとしては、 (1)*manyの比較級 (2)*muchの比較級 (3)*比較級の一部 この3つの用法があるわけですが、 上記の(1)・(2)の文のどちらのmoreも、 (2)*muchの比較級、と考えるのが妥当だと思います。 「クジラの公式」に関連していそうな文として、 このような文をみつけました。 ・John is more clever than Mary is pretty. (現代英文法講義p.565) このような文がno<比較級>による変化を受けたものが、 「クジラの公式」と呼ばれるものの実態なのだと思います。 (例;A whale is no more a fish than a horse is a bird.) しかし、 前述のような定義に則るものが「性質の比較」だとすると、 比較構文の主節と比較節の主語が一致していない以上、 「性質の比較」とはいえないことになります。 また、 この文は主節の[John is clever.]と比較節の[ Mary is pretty.]が、 比較基準がはっきりしない、 いわば「ねじれ」のような関係にあり、 この文を「程度の比較」とよんでよいのかも微妙です。 (あえてこれも「程度の比較」とするならば、 主節 [John is clever.]と比較節 [ Mary is pretty.]の 「正しさの程度」を比較しているということになりますが。) ・John is more clever than Mary is pretty. ・He is no more young than I am. これらのような比較構文は、「程度の比較」と「性質の比較」の、 いわば中間に属しているものと思ってよいのでしょうか? それとも、主節と比較節の「正しさの程度」を比較する、 「程度の比較」の延長にあるものと考えたほうがよいのでしょうか?

  • 比較の質問です。

    Ben is as tall as Mary. これは、両者の背丈が同じであって、両者の身長が135cmの時だって使えますよね。 ならば、「両者は同じくらい背が高い」とはどう表せば良いのでしょうか。(二人とも190cmのように) Ben is tall as much as Mary.は誤文みたいですし。 ご教授宜しくお願い致します。

  • 比較(原級)の質問をお願いします。

    Mary is as tall as Ken. (形容詞の比較)、He runs just as fast as John. (副詞の比較) asとasの間には副詞か形容詞の原級しか入らないと思っていたのですが、参考書に、Tom has as many friends as you. The weather isn't as bad today as yesterday.という文がのっていました。これはどのように考えれば良いのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#111034

>Mary is as clever as Jane is pretty. >という文が載っており、訳は >「メアリーの利口さは、ジェーンのかわいさと同じだ」 英語文法としては,ぼくにどうこういう知識はないですが,論理的にぶっとんだ無意味な文章だと思います(ぼくには理解できません)。というのは,「利口さ」と「かわいさ」という次元がちがうものどうしを比べられないと思うからですし,かつ,比較構文が成立すると譲っても,この文章がつぎの3つのどれをいいたいのかもわからないからです。  メアリーはすごく利口で,ジェーンもすごくかわいい  メアリーは凡人の頭で,ジェーンも十人並みの美人  メアリーは低能で,ジェーンも不美人 少なくともぼくはこんな変な文章を見たことがありませんから,苦労して覚える必要はないんじゃないですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 そうですね、少し奇妙な文かもしれません。 参考になります、ありがとうございました。

  • 回答No.1

こういうのって難しいですよね! XD まず、"He is as old as me."は『同じくらい歳をとっている』の方が正解です。『彼は私と同い年だ』は"He is same age as me."を使います。 「同じくらいの賢さだ」は、例えば、『象はキリンと同じくらいの賢さを持っている』と書くときは”Elephant has a same cleverness/intelligence(intelligenceは知能、clevernessは賢さ) as giraffe.”と書くほうが一般的だと思います。人物に直しても同じです^^ あと、文法書に”Mary is as clever as Jane is pretty.”と載っていたとの事ですが、個人的に間違っている気がするのは気のせいでしょうか・・・ もし「メアリーの利口さは、ジェーンのかわいさと同じだ」と書くならば、”Mary is as clever as Jane's prettiness”と書くべきだと思います。 長文失礼します。助けになれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 誤解なく伝えるには、別の言い方をしたほうがいいということでしょうね、、 まづはお礼まで。

関連するQ&A

  • Which do you think.......

    ジーニアス英和辞典より Which do you think is taller, Jane or Mary? ジェーンとメアリーのどちらが背が高いと思いますか? 質問: (1)thinkとisの2つの動詞が続いています。 Do you think which is taller?の疑問詞whichを文頭に出したからですか? (2)Do you think which is taller?との違いが今一つ判りません。コレでは間違いですか?明確に使い分けが出来るよう、何かアドバイスをお願いいたします。以上

  • no+比較級について

    参考書にこんな説明がありました。↓ no+比較級M+than=as+Mの反意語の原級+as よって、 1,He is no younger than I am. この文は、 =He is as old as I am.とすることができると思います。 で、意味は、as old asだから「彼は私と同じくらい年をとっている」になると思ったんですが、違うといわれました。as old asは「年をとっている」と言っているのではなく「年が同じだ」と言っているだけなのだそうです。よって、「彼と私は年が同じだ」という訳になるそうです。 でもこんな文もありました。 2,He is no bigger than a thumb. =He is as small as a thumb. 意味は、「彼は、親指と同じくらい小さい」になるそうです。no biggerは「大きいどころか小さい」という意味を含むそうです。 どうして2の文では「小さい」と言えるのに1の文では「年をとっている」と言えないのでしょうか?同じ構造の文なのに意味の捉え方が違うのが疑問です。 教えてください。

  • 比較

    “トムは君と同じくらい水泳がうまい。”を英語に直すと、 Tom swims as well as you. とか、あるいは Tom is as good at swimming as you. とかになると思いますが、これを Tom is as a good swimmer as you. と、書いては間違いでしょうか?最初のasは副詞ですよね、必ず副詞の as は形容詞や他の副詞の直前に置かなければならないのでしょうか?

  • 接続詞 as について教えてください!!!

    接続詞asの比較(~と同じくらい)についてですが。 as~as…の前半のasは副詞、 後半のasは接続詞なので完全な文になると教わりました。 【例文】She is as tall as he is.    (She is as tall as him.) ちなみに、【例文】のhe is の後ですが、tall が省略されているのでしょうか?。 また()の中は何故himに書き換えられのでしょうか(';')。 ★It is as cold as yesterday を【例文】のようにに書き換えるとどのようになりますか?。 as~as… ~と同じくらい と熟語として覚えてきましたが、 構造が気になりましたので、質問をさせて頂きました。 宜しくお願い致します。

  • なぜ[get old]はよくて[get tall]はダメなのか?

    なぜ[get old]はよくて[get tall]はダメなのか? GENIUS英和辞典のgetの項で [SVC]においてgetは一時的な状態を表す場合にのみ用いられ、永続的な状態を表す形容詞・過去分詞と用いるのは不可。「She became [×got] tall[famous,pretty].」 となっています。 ところが一方で「get old 歳を取る」「get married 結婚する」などの例文を載せています。 「歳を取る」が一時的な状態を表すとは思えないのですが、 「get old」がよくて「get tall」がダメである理由が分かる方いらっしゃるでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 中学の原級のところです。お願いします。

    Mary is fourteen years old. Mary's father is forty-two years old. 上記の文を参考にして[time]を使って以下の問いに答えなさい。 という問題で、 Mary's father is three times as old as her. としたのですが。 模範解答は「Mary's father is three times as old as Mary.」 となっていました。 自分の解答ではダメでしょうか。ダメな場合は理由も教えてもらえると助かります。 お願いします。

  • asの代わりにmuchは使えますか?

    He is as tall as his father. asは副詞なのでこの最初のasをmuchに変えることもできますか?

  • such as...のsuchが代名詞のとき・2

    以前も同じ質問をしたのですが、完全に解決しませんでしたのですみませんがもう一度質問させて下さい。 such asの文法について疑問に思ったことがあり、確認のためネットで検索していると And each of them is such as his like is? という文を見つけました。 「such A as...=A such as...(・・・するようなA)」のasは比較で使われるas...asの後ろの接続詞のasだとネット上で知ったのですが、(実際辞書にもasは関係代名詞・接続詞と書いてあります)Aがない場合があるとも辞書にあり、それが上の文だと思います。(ここが間違っていたら元も子もありませんが、、、) この場合suchは代名詞だと思うのですが、本来比較の接続詞のasは「as+形容詞(副詞)+as...」と前に形容詞(か副詞)がある形で使うと思いますが、上のようなsuchが代名詞の文では前に形容詞(副詞)がない形になっていますよね? 比較as...asの接続詞のasは前に形容詞(副詞)がなくても使われることがあるのでしょうか? 以前の回答では、 「接続詞asの前に形容詞・副詞がつくのではなくas...asの前のasである副詞のasの後に形容詞・副詞がつくのだと思ってください」 という回答をいただいたのですが、つまりas...asの接続詞のasの前には形容詞・副詞が上の文のようにつかない例もある、と思えばいいのでしょうか? 細かい質問で申し訳ありませんが、どなたか回答をお願いします。

  • 比較(原級)表現&否定表現の質問です。

    比較(原級)表現&否定表現の質問です。 下で述べた英文の訳は他に違う意味の訳になるものもあるかもしれませんが、(  )「  」内で示した訳について考えて頂きたいです。 1、John is not so tall as Bill. は「ジョンも背が高い(がビルにはかなわない)」という意味になるそうで、よって同じnot so...asを使った「むしろ~」という表現の 2、He has succeeded not so much by talent as by energy. という文も「彼の成功は才能による」という内容は認めていることになるそうです。 (http://6617.teacup.com/m_kubota/bbs/512 より。↑) これは「努力によるものと同じほどは才能によるものではない」というのが直訳だと思いますが、つまり1は「as Bill」のみが否定されていて意味的には「John is so tall not as Bill.(ジョンは背が高いがビルほどではない)」と同じ、2も「as by energy」のみが否定されていて意味的には「He has succeeded so much by talent not as by energy.(才能によるものだが努力によるものほどではない)」と同じ、ということでいいのでしょうか? 間違っても「努力によるものではなく才能によるものだ」という断定的な意味ではないですよね? また、ある辞書には Democracy is not exportable like food or cement. (民主主義は食料とかセメントのようには輸出できるものではない)という文も I'm not tall like you.(君は背が高いが、私はそのようには高くない)という文も、 notは文全体を否定している、とあります。また Jane is nothing like as bright as you.(ジェーンは聡明さではとても君には及ばない)という文も載っていました。 しかしこれらの文は、1,2と構造が同じ否定文だと思うので、(もし上で述べた文が正しければ)1や2と同じように、意味的には「Democracy is exportable not like food or cement.」、「T'm tall not like you.」、「Jane is like as bright nothing as you.」と同じ、ということになるのでしょうか? しかし、同じく文否定として載っていた She wears no makeup like other girls do. (彼女は他の女の子と違って化粧をしない) という文は、構造的には上の文と同じに見えますが、上のように「like other girls do」のみを否定していると考えると意味が変わってしまうので、これは文全体を否定していると考えた方がよさそうです。これは上の方で出た文と違うと考えた方がいいのでしょうか? そして、このようにnotがどの部分を否定しているかというのは、その時の状況で判断するのですよね? といろいろ述べてきましたが、自分の考えが間違っているかもしれませんので・・・。 本当に長くなってしまいすみませんが、ご回答をお願いします。

  • 英語の比較の問題で困っています。

    比較の問題で困っています。だれか教えてください。お願いします。 Q(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ(1)~(4)のうちから1つ選びなさい。また、訳もしなさい。 1.Professor Yamamoto is (  ) my mother. (1)twice old as (2)twice older than (3)twice as old as (4)as twice old as 2.My house is (  ) wonderful than yours. (1)no more (2)neither more (3)no much (4)neither much 3.No (  ) student can do better than John in mathematics. (1)other (2)another (3)more (4)any 4.The closer the relationship, the (  ) the chance for the expression of true feelings. (1)great (2)more great (3)greatest (4)greater 5.Mary is beautiful, but her sister is (  ) more beautiful. (1)most (2)much (3)so (4)very 6.Tokyo is the third (  ) city in the world. (1)largest (2)larger (3)large (4)more large 7.This is what annoys me (  ). (1)furthest (2)best (3)deepest (4)most 8.This computer is (  ) to mine. (1)better (2)important (3)efficient (4)superior