• 締切済み
  • すぐに回答を!

化学 熱にかんして

標準状態で水素H2とエチレンC2H4の混合気体がある。この混合気体をすべて完全燃焼させたところ、1022KJの熱が発生した。この混合気体に含まれているエチレンの物質量は何mol か。  ただしエチレンの燃焼熱は1411KJ/MOL 、水の燃焼熱を286KJ/MOL 燃焼により生成する水は液体であるとする。    途中式も、どのように解くのかさえ分かりません。   できればこのバカにでもわかるようにご説明お願いしますm(__)m    ・・・といっても一応解いてみました^^;;   水素が1.6モル エチレンが0・4モル  銅でしょうか^^;;

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数166
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

条件に足りないものがあるんじゃないか。全モル数が2molだとか。 そうじゃないと解けない。 全モル数を2molとして、C2H4のモル数をxmolとすれば、H2のモル数は(2-x)molだから、 H2の燃焼熱は、(2-x)*286kJ C2H4の燃焼熱は、x*1411kJ 両方あわせて、 (2-x)*286+x*1411=1022kJ これを解いて、 x=0.4mol で、あなたの答えであっているが、全モル数か他の条件がないとダメ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学の物質量の問題ーセンター化学

    物質量の合計が1.00molのメタンとエチレンの混合気体を完全燃焼させたところ、水と二酸化炭素が生成し、1099KJの熱が発生した。この時消費された酸素の物質量は何molか? という問題が解答の2.4molになりません。 どなたか教えていただけませんか? (メタンの燃焼熱は891KJ/mol、エチレンの燃焼熱は1411kJ/molです)

  • 熱化学の問題でわからない部分があります。

    (1)一酸化炭素とメタンを混合した混合気体が、0℃、1気圧で44.8ℓある。 水はすべて液体として、有効数字3桁で答えよ。 ただし、水素と黒鉛の燃焼熱は、286、394kJ/mol、一酸化炭素とメタンの生成熱は、111、74KJ/molとする。 (1)で混合気体の全物質量が2molと分かっています。 (2)で一酸化炭素およびメタンの燃焼熱の熱化学方程式が分かっています。 CO+1/2O_2=CO_2+283kJ CH_4+2O_2=CO_2+2H2O+892kJ (3)混合気体を完全燃焼させると、二酸化炭素と水が2:1の物質量比(モル比)で生じた。 一酸化炭素は何molあったか。 解答にはCOをxmol、CH4をymolとすれば、x+y=2 ここまでは分かります。 ここからが分かりません。 (x+y):(2y)=2:1となるようです。 なぜこのような計算になるのでしょうか? 2yにはなぜ2がつくのですか? できるだけ、くわしく説明をお願いします。

  • 熱化方程式についてです。緊急でお願いいたします。

    水H2O(液体)、二酸化炭素CO2(気体)およびエチレンC2H4(気体)の生成熱は、それぞれ、286KJ/mol,394KJ/molおよび-52KJ/molである。 問1 上記3種の生成熱を表す熱化学方程式を記せ。 問2 エチレン(気体)の燃焼熱をQKJ/molとしてエチレン(気体)の燃焼熱を表す熱化学方程式を記せ。 問3 エチレン(気体)の燃焼熱を求めよ。計算の過程とエネルギー図も記せ。 以上の問題に対して 解説、回答をお願いします。 よろしくお願いいたします

  • 化学の問題教えてください

    化学の問題が全く分からなくて困ってます。 分かりやすく考え方まで教えてもらえるとありがたいです。 どなたかお願いします。 原子量H=1 C=12 O=16 Cu=64 Ag=108 1、ある元素Mの単体1、30gを空気中で強熱したところ、すべて反応し酸化物MOが1、62g生成した。 Mの原子量として最も適切な数値はどれか。1、24 2、48 3、52 4、56 5、65 2、ドライアイスが気体に変わると標準状態で体積はおよそ何倍になるか。ただしドライアイスの密度は、1,6g/CM3であるとする。 3、物質量の合計が1,00モルであるメタンとエチレンの混合気体を完全燃焼させたところ、水と二酸化炭素が生成し、1099kjの熱が発生した。この時消費された酸素の物質量は何モルか。ただし、メタンとエチレンの燃焼熱は、それぞれ891kj/molと1411kj/molとする。

  • 反応熱の問題

    反応熱の問題です エタン、エチレン、アセチレンの混合気体27.7gを完全燃焼させたところ 1388KJの熱が発生した。このとき消費された酸素の物質量は混合気体の 2.925倍であった。エタン、エチレン、アセチレンの燃焼熱はそれぞれ1540KJ/mol, 1380KJ/mol,1300KJ/molである。 混合気体中のエチレンの物質量を求めよ。 という問題なのですが、どうすればいいのかまったく分かりません。 答えだけでなく解法も教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 化学Iの熱化学方程式の問題が解けません。分かる人いませんか? 問題文↓

    化学Iの熱化学方程式の問題が解けません。分かる人いませんか? 問題文↓ メタンの燃焼は次の熱化学方程式で表される。 CH4(気)+H2O(気)=CO2(気)+2H2O(気)+802kJ・・・(1) 一方、メタンは、次のように水蒸気と反応して水素と一酸化炭素を生成する。 CH4(気)+H2O(気)=3H2(気)+CO(気)-205kJ・・・(2) 得られた水素と一酸化炭素の混合気体から、次のようにメタノールを合成することができる。 CO(気)+2H2(気)=CH3OH(気)+QkJ・・・(3) メタノールの燃焼は次の熱化学方程式で表される。 CH3OH(気)+3/2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+673kJ・・・(4) また、水素、黒鉛の燃焼熱は、それぞれ242kJ/mol、394kJ/molである。ただし、いずれも生成した物質の状態は気体とする。 問1)文中の熱化学方程式(3)の反応熱Qの値を、整数値で答えよ。 問2)液体のメタノール1molを完全燃焼させたときに発生する熱量は何kJか。整数値で答えよ。ただし、生成する水は液体とし、メタノール、水の蒸発熱は、それぞれ37kJ/mol、44kJ/molとする。 読みにくかったらすいません。

  • 化学

    問題集見ても分んなかったんでおねがいします。 (1)H2O(気)およびCO2(気)の生成熱は、それぞれ242KJ/molおよび394KJ/molである。このことと次の熱化学方程式を用いて、アセチレンC2H2(気)の生成熱を求めよ。 2C2H2(気)+5O2(気)=4CO2(気)+2H2O(気)+2514KJ (2)標準状態で、エタンC2H6とプロパンC3h8をある割合で混合した混合気体11.2Lが完全燃焼したとき消費した酸素は、2.20molであった。つぎの問いに答えよ。ただし、エタンの燃焼熱は1560KJ/ molプロパンの燃焼熱は2220KJ/molとする。   (1)エタンの燃焼およびプロパンの燃焼を表す熱化学方程式を書け。   (2)最初の混合気体中のエタンとプロパンの物質量の比を求めよ。   (3)この混合気体の燃焼で発生する熱量は何KJか? (3)0.500mol/L硫酸200mLにアンモニアを吸収させた。これを、0.500mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、100mLを要した。初めに吸収させたアンモニアの体積は、標準状態で何Lか。 では、おねがいします。

  • 化学

    (1)H2O(気)およびCO2(気)の生成熱は、それぞれ242KJ/molおよび394KJ/molである。このことと次の熱化学方程式を用いて、アセチレンC2H2(気)の生成熱を求めよ。 2C2H2(気)+5O2(気)=4CO2(気)+2H2O(気)+2514KJ (2)標準状態で、エタンC2H6とプロパンC3h8をある割合で混合した混合気体11.2Lが完全燃焼したとき消費した酸素は、2.20molであった。つぎの問いに答えよ。ただし、エタンの燃焼熱は1560KJ/ molプロパンの燃焼熱は2220KJ/molとする。   (1)エタンの燃焼およびプロパンの燃焼を表す熱化学方程式を書け。   (2)最初の混合気体中のエタンとプロパンの物質量の比を求めよ。   (3)この混合気体の燃焼で発生する熱量は何KJか? (3)0.500mol/L硫酸200mLにアンモニアを吸収させた。これを、0.500mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、100mLを要した。初めに吸収させたアンモニアの体積は、標準状態で何Lか。 では、おねがいします。

  • 化学の節末問題が・・・・・・

    次の記述を熱化学方程式で表せ 炭素(黒鉛)に水蒸気を反応させて、水素と一酸化炭素を生成させるとき、炭素1モルと水蒸気1モルのエネルギーの和は、水素1モルと一酸化炭素1モルのエネルギーの和より131KJ小さい。 塩化水素1モルを多量の水に溶解すると、74.9KJの発熱がある。 酸化アルミニウムの生成熱は1680KJ/molである。 酸素O₂からオゾンO₃をつくるとき、オゾン1モルあたり142kJの熱を吸収する。 次の反応について答えよ  C₃H₈+5O₂=3CO₂+4H₂O+2220KJ プロパン1.00グラムを燃焼させると何KJの熱が発生するか。 発熱量が444KJのとき、反応した酸素は標準状態で何Lか。  グルコース1グラムを完全燃焼させ、発生する熱のすべてを14.0℃の水1キログラムに与えたところ、水の温度が17.8℃になった。これよりグルコース1モルあたりの燃焼熱をもとめよ。ただし、水1キログラムを1℃あげるのに必要な熱量を4.18J/(g・℃)とする。  メタノール、炭素、水素の燃焼熱は、それぞれ726KJ/mol, 394KJ/mol, 286KJ/molである。 メタノールの生成熱をQ(KJ/mol)として、次の問いに答えよ。 メタノールの生成熱Q(KJ/mol)を用いて、熱化学方程式を記せ。 メタノールの生成熱を求めよ。

  • 熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

    問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。 ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。 答え CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて 反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、 890=(394+2*286)-x ⇔ x=76 ∴ 76kJ なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと 左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで 右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。 何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか? *別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。