• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

働く場合、老齢厚生年金を繰り下げにすべきかやめるか

昭和20年生まれの父の年金の受給についてです。 現在は特別支給の老齢厚生年金を受け取っていますが、65からの老齢厚生年金の受け取り方を繰り下げにすべきかやめるか考えております。 働いていなければ、生活できないので迷わず65で受け取る予定でしたが65から、もしかしたら、以前の仲間と厚生年金に入る働き方で働くかもしれないということになっています。 働いた収入で生活がやっていければ、厚生年金は繰り下げ受給の方が将来金額も上がり、そちらの方がいいと思っておりましたが、別のご意見もネットで拝見してしまいました。 その内容は、繰り下げないほうがいいと会社からアドバイスを受けたという内容で具体的な理由は書かれていませんでしたので、理由がきになっております。 1、厚生年金を繰り下げにした場合の落とし穴というか繰り下げ止めたほうがいい理由がありましたら、お教えくださいませ。 2、1の理由のひとつは、老齢基礎年金に比べ額が高い厚生年金を繰り下げても男性の平均寿命を考慮すると繰り下げた期間にもらえるはずだった年金のもとがとれないからでしょうか?厚生年金は人によってもらえる額も違うため、いちがいには言えないこともあるかもしれませんが一般的なご意見をお聞かせ下さい。 3、厚生年金を繰り下げした場合、万一のときの遺族厚生年金も繰り下げで金額が上がったものに対しての4分の3の金額になるということで合っていますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

結論から言いますと、繰り下げはやめておいたほうがいいと、私は考えます。 ただ、最終的にはご本人の判断ですし、実際何歳まで生きられるかは誰にもわかりません。 (1)まず、加給年金の事を考える。 御質問内容では、不明ですが、お父さんに加給年金つく(ついてる)配偶者はおられるでしょうか? また、年齢やその方の年金記録はどうなってますか? 基本的に加給年金つくのであれば、繰り下げすると、その期間なしになりますから、明らかに損となります。 (2)在職老齢年金にかかるかどうか。 65歳からの在職老齢年金はゆるやかになっています、減額されるかどうか確認が必要です。 (3)年齢的な損得 誰にも正解はわかりません、繰り下げして得したと思ってもすぐになくなれば損したことになりますし。 ようく、お考えください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足質問が多すぎましたので別の質問として改めたいと思います。 ありがとうございました。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございました。 >ただ、最終的にはご本人の判断ですし、実際何歳まで生きられるかは誰にもわかりません。 (3)年齢的な損得 誰にも正解はわかりません、繰り下げして得したと思ってもすぐになくなれば損したことになりますし。 もちろんそうですよね。もとが取れる年齢、いわゆる逆転年齢を参考に考えようと思っております。 >(1)まず、加給年金の事を考える。 御質問内容では、不明ですが、お父さんに加給年金つく(ついてる)配偶者はおられるでしょうか? また、年齢やその方の年金記録はどうなってますか? 基本的に加給年金つくのであれば、繰り下げすると、その期間なしになりますから、明らかに損となります。 来年7月に65になる父と来年9月に65になる母の件のため、2ヶ月加給年金がつくという感じでしょうか?2ヶ月なので繰り下げして損するのは66000円くらいでしょうか?(加給~は今もでていますので資格はあります)社会保険事務所では個人に合わせた加給年金も考慮して老齢厚生年金の逆転年齢(繰り下げした場合の)を出せるとのことだったので、ご指摘の加給年金の件も忘れずに考慮しようと思います。 今後働かなければ、社会保険事務所で出してもらう見込みで逆転年齢を見て決断しやすくなると思っていたのですが、問題は働くことになるとご指摘の在職老齢年金の件ですよね。。。まだどのくらいの収入かもはっきりわからないので年金も何ともわからないですよね。。。もし働く収入が多いと減額された額の繰り下げになると聞きました。更に厚生年金保険料を65以降に払った分の年金の見直しがありますよね。働くと、逆転年齢出そうにも考慮しなればならないことが色々ありそうで混乱してきました。そこで社会保険事務所に今後の大体の収入の予想がわかればそれも考慮して逆転年齢出せますかと電話で聞いたところ、う~ん手計算になりますが、要望があれば。。。とちょっと面倒だけど。。。という感じでした。電話対応していただいた方は窓口にはいらっしゃらず、対応がどなたになるかははっきりわからないみたいで、あたる方にもよるのが不安なところです(電話対応でも詳しい方とそうでない方の差があるので) 長くなりましたが、お聞きしたいのは 1、65過ぎに働いた場合の繰り下げの逆転年齢の算出する際、考慮するものは *在職老齢年金による減額 *仕事をやめたあとの厚生年金額の見直し分(保険料を払った分) *加給年金 以外にまだありますでしょうか? 2、こちらから伝えるものは収入の見込み、働く予定の期間、繰り下げ年齢、以外にまだありますか? 3、働き始めの時期は大事だったりしますか?(ある一時期が年金算出に大きく関わるなどがあるのかなど) 4、社会保険労務士会というのがあるのを知りましたが、社会保険事務所と、どちらでの相談の方がいいでしょうか?両方の場合はどちらが先がいいでしょうか? 補足質問が多くなりまして申し訳ございません。お答え可能な範囲でお教え頂けますと幸いです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#210848
noname#210848

>3、厚生年金を繰り下げした場合、万一のときの遺族厚生年金も繰り下げで金額が上がったものに対しての4分の3の金額になるということで合っていますか? 専門家の方がお答えになっていないものを推測で回答するのはおこがましいのですが・・・・・。 結論的には合っていないと思います。 報酬比例部分の4分の3が遺族厚生年金額だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。老齢厚生年金を繰り下げしようがしまいが、遺族厚生年金の額は変わらないようですね。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • KEN_2
  • ベストアンサー率59% (930/1576)

レスが付かないようで・・・ 当方も同様に繰り下げ受給を検討しているところです。 結果だけ先に記すと、 1.の真の理由は解りかねますが、2.の理由のひとつは、そういう面もあるかなと考えます。 3.はそうなります。 試算によると73.9歳で支払った年金額の元は取れるようで、これ以上長生きする必要がありますが。 家族構成や本人の今後働ける環境や収入が見込める老後設計があれば、繰り下げ受給を選んでもよろしいかと考えます。 企業年金の支給額や本人の資産など多岐に渡って比較検討しなければ一概に繰り下げ受給を選ぶのが良いとは結論はだせませんよね。 当方の繰り下げ受給を考えている条件は、夫婦のどちらかが働けて収入がある期間まで片側の基礎・厚生年金を繰り下げ受給する予定です。 企業年金の一時・二時年金分が20年保障の80歳までがあるのですが、現在の基礎・厚生年金の金額は低いので少しでも多くしたいと考えています。 一般的な平均寿命に対して両夫婦の両親とも長寿の家系で90歳以上ですので81歳以降の平均余命の生活を考慮しての判断です。 繰り下げ受給するかしないかは、66歳までに判断して決めてもよいのではと考えます。 66歳で受給申請した時点で1年の繰り下げ受給になりますが・・・  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。現在お答えいただきましたお三方全ての方にこの場をおかりしまして取り急ぎ、お礼申しあげます。お一人ずつお礼できず申し訳ございません。時間がなかなか取れずなかなか書き込みできませんが、後日また補足に書き込みさせていただく方もあると思いますがその際はよろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 老齢厚生年金の繰り下げ受給について

    4月から65歳以降の老齢厚生年金の繰り下げ受給が可能と新聞でよみました。最寄りの社会保険事務所に問い合わせましたが、いまいち分かりません。ご存じの方よろしくお願いします。

  • 年金繰り下げ期間中に死亡した場合の遺族年金

    私は現在63歳で特別支給の老齢厚生年金を受給しています。 在職なので若干減額されています。 65歳から老齢厚生年金、老齢基礎年金の両方を繰り下げするつもりでいます。 出来れば70歳まで繰り下げたいと考えています。 それは一生の受給総額ではなく、年金だけの生活になった時の受給額を重視するからです。 教えていただきたいのは、他の方の質問を調べた所では、繰り下げで年金を受給をしていない時に私が死亡した場合、妻が私の死亡するまでの未支給分を請求して受給し、遺族年金は繰り下げ無しの受給額を元に計算されると言う事でした。 この場合、未支給分を請求しないで、死亡までの期間の繰り下げをした結果の受給額を元に計算した遺族年金を受給すると言う選択肢は無いのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 老齢年金の繰り下げ受給について教えて下さい。

    老齢年金の繰り下げ受給について教えて下さい。 (1)昭和18年生まれの女性の場合、70才からの繰り下げ受給を選んだ場合のアップ率は何%になりますか? 生まれた年によって、また男性女性の別によって、アップするパーセントが違うようです。 (2)もし、68才の時点で、繰り下げ受給を選ばずに65才からの受給を選んで、65才からの年金分をさかのぼってもらえますか? つまり、68才で健康状態が悪くなった場合に繰り下げ受給すると損しそうと考えて、65才からの受給にする事は出来ますか? (3)夫の年金で加給年金を加算して貰っています。もし、年金を妻が貰うようになると加給年金が無くなると聞きました。 それは本当なのでしょうか?もし、その様で有れば繰り下げ受給をする方が断然有利と思えますけれど、どうでしょうか? また、どの程度、加給年金が減額されるのでしょうか?

  • 老齢年金について教えてください。

    現在64歳で年金をもらっています。65歳から老齢年金が加算されるとの案内が来て、繰り下げをするのか、そのまま65歳からもらったほうがよいのかを回答するような問い合わせになっていました。そこで、どちらのほうが得かシミュレーションして考えてみたいと思いました。その際、実際にどのくらいもらえるのかがわからないと計算しようがないと思い、いくつかの解説ページで老齢年金について調べてみました。 しかし、説明の中に「老齢年金」ということばがなかなか出てきません。少し説明を読んでいくと平均受給額の表が出てきて、国民年金と厚生年金の振り分けが出てきます。老齢年金はそのうちいくらなのかと思って見ていくと、「表は、現時点で老齢年金の受給権を持つ人の平均年金月額です。」と説明が出てきます。この文を見ると、老齢年金の中に国民年金と厚生年金が分かれているようにも思えます。 老齢年金についての私の理解がまったくちがっているような気がしますが、どうなっているのでしょうか。

  • 地方共済年金・老齢厚生年金の「繰り下げ」と国民年金

    私は、20歳代に3年9ヶ月間、地方公務員(地方共済年金加入)をし、 20歳代と30歳代に6年9ヶ月間、会社員(厚生年金加入)をし、 その後、25年間、自営業(国民年金に加入)をしました。 今は64歳で、後4ヶ月で65歳になります。 今日、地方職員共済組合本部から手紙がきました。 62歳から地方共済年金の年6.7万円、老齢厚生年金の年20万円が払われていましたが、これを、①65歳からそのままもらうか、②66歳に「繰り下げ」するか、どちらか回答しろ、という手紙です。 質問は次のことです。 私の場合、主たる年金は国民年金になります。 これとの関係が分からないのです。 つまり、次のことが、質問です。 上記の①65歳からそのままもらうにした場合でも、国民年金(基礎年金)の受給は70歳からに「繰り下げ」ることはできますか? 上記②の66歳に「繰り下げ」するにした場合でも、国民年金(基礎年金)の受給は70歳からに「繰り下げ」ることはできますか?

  • 老齢厚生年金について

    66歳 女性 厚生老齢年金受給しています。 まだ週30時間働いており 厚生年金を払っています。 65歳過ぎて老齢年金(厚生年金+国民年金)を 受給していると、これから払う厚生年金は無駄になりますか? それとも仕事を辞めたときに、年金を再計算してくれるのでしょうか? 教えてください。

  • 特別支給の老齢厚生年金の停止分について

    母(昭和13年生まれ)は、昔会社で厚生年金に入っていたことがあり、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらっていました。 しかし、61歳のときに、国民年金の繰り下げを実施したところ、厚生年金かどちらかしか選択できないと言われたそうです。そのとおり、その後の厚生年金の金額は支給停止となっていました。 65歳になり、特別支給の老齢厚生年金は消滅したため、金額を裁定して、60歳のときにもらった厚生年金額の1/3程度の金額が国民年金に上乗せされていました。(微々たる金額です) ここで、母からの質問です。 61歳~65歳まで停止された特別支給の老齢厚生年金は、もうまったく戻ってこないのでしょうか?母は厚生年金も国民年金もせっかくかけたお金なのに理解できないと言っています。よろしくお願いします。

  • 老齢厚生年金を受給している父がなくなったのですが、母は遺族老齢厚生年金

    老齢厚生年金を受給している父がなくなったのですが、母は遺族老齢厚生年金を頂けるのでしょうか? このままでは60000円程度の年金で、生活も出来ないと悩んでいて遺族老齢厚生年金が出ればと 思っていますが、手続きなどあるのでしょうか? わかる方教えて下さい。

  • 年金の繰り下げ受給について

    1.繰り下げ受給は65歳になった時に手続きしておかないといけないのでしょうか? 何の手続きもなしに70歳になって繰り下げ受給の手続きをすれば4割増しでもらえるのでしょうか? 2.繰り下げ受給で月額が増えるのはどの年金でしょうか?国民年金や厚生年金だけでもいろいろな部分に分かれていますよね。老齢基礎年金、国民年金の付加年金(?、月額保険料400円増しで、200×月数が加算される)、国民年金基金、厚生年金(報酬比例分)、配偶者の加給年金など。

  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金(FP2級)

    FP2級勉強中の者です。 年金の受給額について (1)国民年金の「老齢基礎年金」 (2)厚生年金  (2)-1 「老齢基礎年金」部分  (2)-2 「老齢厚生年金」部分 結局、(1)と(2)-1は同じものなのでしょうか?? どの参考書を見ても全く理解できません。 質問が悪かったら申し訳ございません。 どうかわかりやすく教えていただけないでしょうか?