• 締切済み
  • すぐに回答を!

雨で濡れた土台が乾く前に床合板を貼っても大丈夫ですか?

現在新築中で(木造軸組み、主要構造材はヒノキの無垢材、確かネダレス工法)、床組みが終わり上棟日を待っている段階です。 床組み(土台、大引、根太など?)が終わった翌日見に行ったら、雨でズブ濡れになっていました。 心配で色々調べたら乾燥材なので雨で濡れても中まで浸透していないので、乾けば問題ないそうですね。 ですが、翌日も雨で乾く間もなく、すぐに床合板が貼られてしまっても大丈夫なのでしょうか? その日は雨が降っていたので、(大雨ではありませんでしたが、1日中降ったりやんだり状態)工事はお休みだろうと思って現場を見に行きませんでした。 その翌日念のため見に行ったらすでに床合板が貼られ今度は養生してありました。 昨日雨の中、濡れた土台などの上に床合板を貼っていた事になります。 濡れた木材を乾く前にぴったり覆ってしまったら、その後も中々乾かなそうだし、カビとか生えてしまわないのでしょうか? それとも隙間とかがあってそこから乾いていくのでしょうか? 上棟予定日までずっと雨の予報です。 こんな乾いていなそうな状態ですぐ上棟しても大丈夫なのでしょうか? 色々調べてみたのですが、このような状況例を見つける事が出来なかったので質問させていただきました。 土台が腐ってしまわないかととても心配です。 詳しい方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4068
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

べた基礎ですと、外部が全て囲えてから床工事をしないと、基礎内に雨水が溜まってしまうことも考えられますよね。 床下換気をしっかりと行うように相談されることをお勧めします。 監督さんにはできるだけ、あなたは素人ですから上から物を言わないようにして下さい。 状況を説明して、どうしたらいいかわからないのでどうすればいいのか教えてください。という風に持って行くと、きちんと考えて行動くれます。 怒ってしまうと、人間防御に走りきちんとした対処ができなくなることがありますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 床の張り替え 具体的に教えて

    築28年の木造1軒屋、床は根太に自然木張り合板の廊下です。 合板のかみ合わせの部分が歩くと数箇所で少し凹みます。床下を点検しましたが、束、大引け、根太は大丈夫のようです。 現在の合板の上に、無垢の床材を張ろうと思います。 電動丸鋸や、電気カンナ、なども所持、ノミ・鋸の使い方もまあまあです。(飽くまでもアマです)  教えてください。 1.幅木が釘と接着剤で取り付けてあるようです。外して張り替えなければいけないか? 外さないで出来る方法は? 2.無垢材の張り方は釘と接着剤の両用が必要か? 3・張り方は中央から端へは必須か? 4.壁との端部の空間はどの位とれば良いか?(無垢材のため) 5.床用釘は何mm必要(現合板12mm、新床板15mm) 6.板は1間ものと2間もののどちらが良いか?(廊下は4m長) 7.板の継ぎ目は1枚毎に互い違いにすべきか? 8.無垢材は暴れることがある言いますが、よく起こることでしょうか?(無垢材採用の適否)  よろしくお願いします。  

  • フローリングは無垢か合板か?

    はじめまして。 家を新築するにあたり、フローリングを無垢材にするか 合板にするかで悩んでいます。 無垢の質感が好きで、憧れていたのですが、 無垢材の場合、年数が経って木がやせてくると隙間ができ、 そこにほこりが溜まって掃除がしにくく、不衛生ではないかと心配です。 フローリングで無垢材を選ばれた方はこの点はどうされていますか? また工務店さんがサンプルで持ってきてくださった合板は見た感じ無垢によく似せてあり、 爪で強く押してもまったく傷が付かず、コストも無垢材の半分以下ですむのですが、10年以上経ってもこの状態を維持できているか心配です。 私の実家は合板のフローリングを使っているのですが、築15年で表面の塗装がはげて黒ずみ、硬いものを落として傷がついたところは下のベニヤ板が見えてとてもみすぼらしいのです。 最近の合板のフローリングは昔に比べて塗装ははげにくく傷にも強いのでしょうか? すでに家を建てられた方、現在検討中の方、どちらのフローリングを選択したのか、またその理由を教えていただけるととても嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 床の気密シートについて

    床の気密シートを、合板の上に敷くべきか、下に敷くべきか ご意見をお聞かせください。 現在、木造外張り断熱で、床下断熱を採用しています。 無垢の床材を施工するため、できるだけ湿気を抑えようと 床に気密シートを施工するよう業者にお願いしています。 その際の気密シートの施工位置ですが、 建築者側は、施工手間の関係上、床合板を張ってから 気密シートを張りたいと言っています。 私としては床合板を張る前に、大引・断熱材を施工した上から シートを張ってもらいたいと思っています。 その理由は、大引間に施工する断熱材が、 室内側に防水気密処理がされているもので、 それと同じ位置で気密シートを張った方がよいのではないかと 思ったからです。 合板を張った後にシートを張ると、断熱材の気密層と、気密シートの間に合板が挟まれる形になります。 気密シートは合板の上に敷いても問題ないのでしょうか? 上に敷くとどのような問題があるか、逆に下に敷くとどのような問題が あるか教えてください。 なお、補足情報を下記にいくつかあげておきます。  ・床断熱材は床トップ(大引間施工)  ・その上に根太レス合板  ・その上にプラスターボード9.5mmを捨て張り  ・その上に無垢床材20mmを施工

  • 回答No.3
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

基礎のコンクリート自体乾くまで1ヶ月はかかります。 土台が濡れている以前の問題かと思います。 床合板を何カ所か外して換気扇や扇風機などで床下空間の換気を行うといいでしょう。 べた基礎でしょうか?布基礎ならばここまでしなくてもいいかとは思いますが、乾かす為に何か策をこうじたほうがいいでしょう。 高気密高断熱住宅の家でなければ、そして、基礎換気が十分に取れていればそんなに簡単に腐ってしまいませんので安心していいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 土台が濡れている以前の問題ですか...。 ベタ基礎で、普通の家です。 監督さんに話をしようと思います。 ありがとうございました!

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

本来なら、雨が降れば夜中であっても駆けつけて、ブルーシートなどで養生するのが、施工者の取るべき態度です。 この問題は、設計者がいれば設計者に、いなければ、工務店の監督などに言うべき事です。(大工さんは普通請負等で雇われている場合が多いので責任者ではない) ここで、きっちりした態度を取っておかないと、後々「この施主は甘いぞ」みたいに思われるかもしれません。自分のお金で建てる物です。 NO.1の回答者の言うとおり、毅然とした態度で言うことは言わないと駄目ですよ。土台の上の濡れた部分が合板でふさがれた場合、乾くのはかなり遅くなると思います、工期が伸びてもも乾いてから施行するのが本当だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございました。 天気予報で翌日は雨、と朝から言っていたので当然養生してくれていると思っていたのですが...。 ビビっている所ではありませんね。 私がしっかりしないと先が思いやられますね。 アドバイスありがとうございました!

  • 回答No.1

ご心配の程 良くわかります。 建築中雨に見舞われる事は良くあることです。特に木造軸組みの場合、 防ぎようのないのが質問者様のようなケースです。 土台が雨で濡れたままで床合板の施工をされてしまったとの事ですが、 床下は密閉されている訳ではなく、換気口若しくは喚起スリットにより十分な通風量が確保されております。 遠からず土台も含め床下の構造材の含水率は平衡含水率に落ち着くものと思います。 それにしてもこのような施工状況はお施主様に大きな不安感と施工業者に対する不信感を与えることは事実です。 現場の棟梁に疑問と不満を素直にぶつけて下さい。その答えに満足できない場合は床合板を一度撤去し乾燥状態に納得できるまで工事の中断を契約した工務店なりメーカーに強く申し込むべきです。 但し、あくまでも冷静に、そして毅然とした態度で、せっかくの新築の家に大きな不安を抱えたままではこの先引完成引渡しになっても心底喜べないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ご回答くださってありがとうございます。 木造住宅に関する本などを読んだのですが、勉強不足で床下の換気の事まで頭が回りませんでした。 いずれは乾いてきそうなので少し安心いたしました。 棟梁にはまだ1回しか会ったことがなく、小心者なので質問するのにもビビってしまっていて...。 一生に一度の新築なのに、こんなんじゃ駄目ですね。 事前にお話をお伺い出来て良かったです。 ご親切に本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 土台(集成材)のヒビ割れについて

    上棟後、通し柱直下の土台(集成材)に5cm程のヒビ割れが生じました。 土台のサイズは3.5寸で、通し柱のサイズは4寸です。 ひび割れ箇所は集成材の接着部分ではないのですが、強度的に気になります。 無垢材であれば、ある程度のヒビ割れは判るのですが・・・。 ご教示願います。

  • フローリングの貼り方

    築25年のコンクリート住宅です。リビングはフローリングになっています。このリビングのフローリング、よく歩く部分だけが、ギシギシと音がして沈み込みます。全体でなく根太の間の部分で起きているようで、過去の質問/回答を拝見すると、フローリング合板の接着剤切れかなと思っています。工務店の営業の方に見てもらったところ「根太までは駄目になっていない様だが、後々考えてきちっとやるなら、全部剥がして、根太も変えて貼換」とのことでした。工務店の方は合板を進める(無垢は大反対)のですが、どうせ貼り変えるなら無垢の床材が良いと思い、無垢材を扱っている店にお聞きしたところ、根太の上に12mmの捨て貼り、その上に無垢材(15mm)を貼るのがお勧めだとのことでした。今のフローリング、おそらく12mm厚、無垢でも木によって12mm厚に対応可能とのこと、無垢で押そうと思っています。でも素人考えで、捨て貼り12mm、いまのフローリング12mmとすると同じ厚み、そのまま今のフローリングの上から、無垢材を貼ってしまっても良いのではと思いつきました。問題は厚み、今の床から15mm高くなります。もらったサンプル(15mm厚)を今の床において、ドアや敷居など引っ掛かることがなく、今より床が15mm高くなっても大丈夫なのは確認しました。気になるのは沈み込むところです。気になる所だけ今の床を剥がして、必要なら根太を補修。剥がしたフローリングを戻して、新しい無垢フローリングを上から張ってしまっても、問題ないんじゃないかと思えます。また工務店の言うように、根太まで替えて貼替えするより安く、工事も短い気がします。工務店の言われるように、全部剥がして根太を換えてから貼り換えたほうがいいのでしょうか?

  • 床鳴りとたわみ原因について

    昨年新築で家を建てましたが、住み始めて気になりだしたのが一部の床鳴りとわたみです。原因の追求のため一度点検口から床下を確認すると桧の土台と大引に乾燥が原因と思われる割れが多数発生していました。 割れの幅は2~4mm程度が大半で、この割れが床鳴りとたわみの原因ではないかと考えています。たわみはフローリングに立っている状態で子供が走ると床のたわみが微妙に感じられる程度です。 1Fの床下仕様は大引90×90(mm)施工間隔は910(mm)、根太45×55(mm)施工間隔は309(mm)その上に12(mm)の合板が施工されています。 土台と大引の割れは致命的でしょうか。また床鳴りやたわみの原因になるのでしょうか。大手ハウスメーカーの殆どが土台や大引に集成材を使用していると思いますが、割れが生じないため床鳴りやたわみも殆ど無いのでしょうか。ご教授の程、宜しくお願い致します。

  • 35ミリのレッドウッド(無垢材)フローリングの敷き方

    新築打ち合わせ中のものです。以前の「フローリング張りの下地について」という質問やHMなどで話を聞いて、一般的なフローリングの敷き方は大引+コンパネ+フローリングもしくは大引+根太+コンパネ+フローリングと認識しました。しかし私が話を進めている工務店は、大引と大引の間に断熱材(ネオマホーム)をはめてその上に35ミリのレッドウッドという無垢材を敷く。もしくは大引に根太を置いてその間に断熱材を敷いてレッドウッドを敷くという方法どちらかにするそうです。私が心配しているのは捨て板であるコンパネを敷かなかったら、床のきしむ音やなにかしらの問題がしょうじるのではと思うのです。たしかにコンパネを使わなかったら、コンパネとレッドウッドを接着する接着剤も使わなくて良いので体には安心です。どうしたらいいのか良いアドバイスをお願いします。

  • 上棟前の建て方、雨が続く時の養生について

    上棟予定日が降水確率70%ということもあり、その後の段取りも、現時点で構造用合板にするかダイライトにするか確定していないということもあり、上棟が1週間ほど伸びたのですが、今日現場に行くと、雨が降っており、基礎の上に敷き詰められた土台の木(乾太郎とかかれていて檜のようですが)が雨ざらしになっていました。そのほかの木材も半透明のビニールが上にかかっていますが、かなり濡れていたりしました。足場に置かれていた2×4的な板もまったく雨ざらしでした(これは建築用ではないらしいですが)。 慌てて建築家に電話したところ、突然の雨ならまだしも、雨が降ることが判りきっている(この週末から1週間ほとんど雨予報ばかり)のに・・・と仰ってくださって、現場監督さんに連絡取ってくださり、現場監督さんからすぐにお電話いただいたのですが、「土台だから・・・」「明日養生に行かせる」〈乾くのか?〉「乾くでしょう。」との返事でしたが、これから上棟までほとんど雨の日ばかりなのに、今からシートをかぶせたとしても、乾燥するどころか・・・と思うのですが、こんなことで1週間雨ざらしにしておいて、大丈夫なのでしょうか?使われている木の「乾太郎」のHPに行くと、「工場の特色」として「商品を一切濡らさない・・・雨天時の積み卸しはすべて屋根の下で行う」といったことがアピールされているのですが、現場でこんな雨ざらしで一体どうなるのか心配です。専門家の方、このままで良いのか、どう対応すればよいのか、お教え頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • 土台の樹種

    いつもお世話になります。 来週、土台敷き込み・上棟を控えています。 今更ですが、 土台:米ヒバ 無垢材(グリーン材) 小屋梁:米松 無垢材(グリーン材) について、ご意見を頂きたく。KD材(乾燥材)の方が良いとは思いますが、土台・梁などのような圧縮力(横からの力)が加わる部分では、グリーン材でもOKのような気もしますがいかがでしょうか? 伸縮する、長さ方向のもの(柱など)ではKD材・集成材であった方が良いと思いますが。。。 他の材は 通柱:米松 E120-F375 管柱:欧州赤松 E95-F315 梁 :欧州赤松 E120-F330 です。これについてもご意見を聞けたら幸いです。

  • 無垢の内装(床材、腰壁材)について

    現在、宮崎県にて新築設計中のものですが、無垢材での内装を検討しています。 工務店の提案で、1FL床はトイレと洗面以外については、ヒノキの無垢材(塗装品)を使って、2FL床はヒノキの無塗装品で仕上げる予定です。 また、LDKとローカには杉(無垢)の腰壁を付ける予定です。そして納戸とウォークインクローゼットは、天井から壁、床全て無垢の杉で仕上げる予定です。(工務店いわく杉は防虫効果があるとのこと) いろいろと話を聞くと、無垢材は傷がつきやすいし、伸縮により浮いたりそったりする。施工には腕のいい職人が必要など、不安な要素もあると聞いています。 そこで、 1.現在の当方設計についての是非 2.無垢材使用時(特にヒノキ、杉)の注意点 3.無垢材のいい点 4.悪い点 5.その他複合フローリングとの比較など いろいろな情報をいただけたらと思います。 ちなみに設置家具は、    ダイニングにはテーブルとイス    リビングにはソファーと小さなテーブル    寝室には ベッドを置く予定です。 個人的なご意見でも何でも結構です。情報下さい。 あと、無垢材の床で通常のストーブ、ホットカーペット、こたつなどの暖房器具を使っても問題ないのでしょうか? それとメンテナンスなどについても伺えたら。。と思います。

  • 雨にぬれてしまったとき

    来週、上棟の予定なのですが今は、基礎工事が終わり土台まで工事が進んでいます。そこで、質問なのですが、土台の工事が終わった日の夕方に突然大雨が降りました。一応、一番下の土台の床まで敷いてあります。昼間に工事をして見えるときにお聞きしたら、土台の木がぬれるとよくないけどその上にビニールを張るから大丈夫ということだったのですが、その雨が上から張ってあるビニールの隙間から入り込んでほぼ全体が雨でぬれています。それにこの所いい天気で乾きそうなのですが上にぴったりとビニールシールが張ってあるので思うように乾きません。このまま乾かずにそこからかびてしまうのではないのかなと、ちょっと心配になりました。ちょっと分かりずらい文章ですが、どうぞよろしくお願いいたします。雨でぬれてしまったときなどの処置や対応など聞けたらと思います。よろしくお願いいたします。

  • タイル張り床

    根太の上に28ミリ構造合板を張りその上にタイルを張る工法は有るのでしょうか。 或いは在来軸組み工法家屋の床にタイルを張りたい場合どの様な工法を取るのでしょうか。どなたか教えてください。

  • 畳からフローリングへのリホームについて

    4畳半の畳の部屋をフローリングにしようと思います。畳をはがすと床下地は10cm×12mm厚の杉の板が根太の上に釘で敷き詰められていました。この杉の床下地が 築40年ということから、ペコペコしていましたので、今回のフローリング工事の計画となったわけですが、根太 大引 大引きをささえる束石と束床 束石は大谷石で その下は土という状況です。部屋は北側で 杉の床下地がペコペコになった原因が湿気によるもので、シロアリ等の被害はありませんでした。 (1) 大引の面から畳の上部表面まで12cm(杉根太4cm5mm角 杉の床下地1cm2mm厚 畳5cm7mm) 若干誤差がありますが・・? (2) 大引きの面と4畳半の土台柱4辺の面は高さが同レベルになっています。 土台柱の4辺のうち2辺は基礎の上に乗っていて、(角部屋のため)土台柱2辺は大谷石の束石に乗っています。 大引き2本はそれぞれ中心に束石 束柱で補強されています・ ペコペコになった12mm厚の杉床下地と根太はすべてはがしてしまいました。 長くなりましたが、以下3案あり質問があります。 1案 大引き 土台柱の面からフローリングまで12cmあります。根太を8cm×5,5cmのヒノキ7本を製材所で作ってもらい貼り、24mmのヒノキF★★★★構造用合板を貼り、15mm厚のヒノキのフローリングを貼る。 2案 大引 土台柱の面から12cmあります。 根太8cm×5.5cmのヒノキ7本を貼り、    10cm×12mm厚の杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地)を貼り、その上に 12mmのヒノキの構造用合板を貼り、ヒノキの15mm厚のフローリングを貼る。 3案 上記2案とも1mm余裕があるので、    1案の場合 構造用合板の裏に、農業用ビニールシートを張り付ける。    2案の場合は 杉かヒノキの捨て板(野路板・床下地板)と 12mm厚の構造用合板の間に 農業用ビニールシートを入れる。 上記の案があるのですが、どれがベストでしょうか?それとも素人考えなので、何かお かしいところはありますか? あと、床下は土なわけで、その土の上に「湿気防止の床下地専用のシート」や、 「断熱材」?は専用のものはありますでしょうか? ある、フローリング販売会社のかたは、農業用ビニールシートを土の上に貼ったほうが 良いのではないか? 農業用ビニールシートは ホームセンターでメートル280円くらいで販売されていま すが、そのようなものでよいものなのでしょうか? 色々、質問がありますがよろしくお願いします。 大がかりな工事で、なかなか出来ないDIY延長の床工事なので、慎重になっています。 よろしくご指導お願いします。