• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

外壁ライン

新築戸建住宅で隣地境界線から50センチ外壁ラインを離すというのが民法でありますが、木造で作った屋根付きガレージの壁面ラインも同じく基本的には離さなければならないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数240
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • inve
  • ベストアンサー率67% (27/40)

民法(234条1項)で50cm以上の離隔が規定されています。 工事中であれば差止め、工事後であれば損害賠償請求の対象となります。 (建築基準法上では)屋根付ガレージも建築物ですので、対象になると思われますが、 民法の主旨は日照、通風、災害時の避難経路などのためですので、これらに支障がなければ、損害賠償は認められないのかもしれません。 当然、事前に相手の承諾を得れば問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

    都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線 まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です) 民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので 隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて 欲しいと言われてしまいました。 そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは どこからになるでしょうか? 私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って ますが、本当でしょうか? ※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は 50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。) それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので 50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。 どうなんでしょうか??

  • 民法上の隣地境界線からの離れについて

    民法上の隣地境界線から50cm離さなければならない との事ですが、屋根に軒樋(のきどい)がつくのですが、軒樋で50cm離れていないと駄目なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 民法の外壁後退って、隣の承諾がなければ駄目なの?

    壁面後退について教えて下さい。 現在、住んでいる環境は以下の通りです。 (都市計画法) 1.都市計画区域:市街化区域 2.用途地域  :第1種低層住居専用地域 (建築基準法) 1.外壁の後退距離の指定:なし 2.・・・・ 等々の条件があります。 この場合、外壁後退について民法に準ずるのでしょうか? 建築基準法では緩和規定もありますが、民法には建築基準法の緩和規定は適用されないのでしょうか? また、民法では隣地の住民の承諾がなければいかなる物件も50cm離さなければならないのでしょうか? サイクルポート(面積5m2以下)を隣地境界線付近に設置したいと思っていますが、万が一お隣さんが反対した場合、どのように対処したらよいか教えて下さい。 お隣さんと仲良くしていきたいと思っていますので、承諾をもらえたら一番良いのですが・・・。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#118809
noname#118809

民法には緩和規定があります、236条でしたか。 その土地の慣習によるもの云々という条文です。(民法236条で検索してみて下さい) 東京都区内であれば50cmの規定は当てはまらないようです、極端な話くっつけてもいい。 現実的にはメンテやリフォームを考えると最低50は欲しいです、また火災時の消防隊突入を考慮しても広く取る事の意義は大きいです。(消火苦労の経験者) 住宅以外の防火対象物なんかですと1mの離隔をとらないとおっそろしく消防設備の規模が大きくなってしまいます。(消防法上の無窓階になった場合、なんて言います) ともあれ大都市圏や密集地域では当てはまらぬ例も恐らく多いでしょう。 ですから基本的には離す必要があるか?と問われれば「その地域と慣習による」となるでしょう。 あいまいから来る紛争を避ける為か行政で条例化しているところも多いようです、まずは役所の建築指導課などに聞いてみて下さい。 当然、事前に相手の承諾を得れば問題ありません。(←1の方の引用)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

かなりうろ覚えの記憶ですがご了承ください。 建築基準法(?)かなんかの法律が50センチ 俗に言う民法は80(?)センチ。 「民法」と言うものの、民法で決まっている訳でなく、民事裁判になったら確実に負けると言う意味合い。 つまり、50センチで建てる事は可能だが、撤去を要求されたら撤去しなくてはならない。撤去いやなら賠償金を払う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 民法上の境界線の離れについて

    民法上(第234条)の境界線の離れについてですが 法律の文言上は境界線からの離れを50CM以上離しなさい とありますが、境界線とは隣地境界線のみでしょうか? それとも文言とおり全ての境界線(例えば道路境界線)と判断していいのでしょうか? 教えてください。

  • 基準法第65条の外壁が耐火構造のものとは

    よく言われる、民法234条と建基法65条ですが その内容と判例はわかっておりますが この建基法の65条にある「外壁が耐火構造のもの」と言うのはどういうことを意味するのでしょうか? ここで言う外壁耐火構造は素直に読み取ると外壁のみが耐火構造であればいいのかなとも読み取れます。 例えば木造でも在来だと現在耐火建築物は不可(2×4は可?)だと思いますが 65条の文面だけでは建物自体は準耐火構造でも、民法234条に干渉する隣地境界から 50cmにあたる部分のみALC等の耐火外壁仕上げにすれば満足するのではないかとも読み取れるのですが。 もし外壁材のみの耐火構造材で可能なら、例えばサイディング50mm厚等で木造用の耐火外壁材の認定品を作れば世間で問題となる都市部の準防火地域内で50cm離隔を気にしなくてもよくなるのではと思うのですが。

  • 敷地境界から50cm離すのは壁面?

    近所で新築のため確認申請したところ、敷地境界線から壁面まで50cm離しているにもかかわらず、屋根・樋が50cm離れていないので、建築許可がおりなかったと聞きました。審査が厳しくなったと聞きましたが、そうなのでしょうか?場所は横浜市内です。私も新築予定で間取りを考えている最中ですが、大きな問題です。

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 確認申請で敷地を分ける場合。仮の隣地境界線。

    確認申請で敷地を分ける場合、仮の隣地境界線を引くのですが、 その向こう側にある建物の外壁が防火構造でなく、延焼ラインにかかってしまう場合、その仮の隣地境界線は向こう側にある建物の 延焼ラインを交わすようにしないといけないのでしょうか? 検査機関に聞くと、あくまでも今回申請には関わらないので、 仮の隣地境界線を引いて、相手側の容積率、建蔽率がOKならば 外壁の構造については何も言わないと言われたのですが・・。 行政の検査だと言われますか? すでに、確認は下りているのですが。

  • 境界から軒までの距離について

    隣の家が建築中なのですが、軒の長さが結構長くて、 拙宅との境界から50センチ未満になっているように 見えます。壁面は1メートル開いています。  境界に関するこれまでのログを見ると、 ★民法234条1項(境界線近傍の建築) 建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を存することを要する。 ★民法236条(同上) 前2条の規定と異なる慣習があるときは,その慣習に従う。 が関係しそうですが、建物というのは軒まで含むという考えでよろしいでしょうか?それとも壁面との境界ということでしょうか? ちなみに地域は防火地域でも準防火地域でもありません。 よろしくお願いします。

  • ガレージの耐火外壁って??

    現在自宅新築に合わせて、別棟の自動車用の作業場建設の計画を進めております。大きさは3.6m×7.3m高さ4m程度です。 良くある2×4輸入木造ガレージの様な物を建てようと思っていたのですが、先日家屋のプランを住宅メーカーと打ち合わせしている際に、「作業場を建てる予定の場所は1階延焼ラインに掛かる為、外壁が防火材でなくては建てられません。」と言われました。。。 そこまでの費用を計算していなかったので、どうして良いやら困っています。 そこで質問なのですが、現在計画している様な木造ガレージ外壁に、追加可能でリーズナブルな外壁防火材のお薦めは何でしょうか? またその他対処法で、お薦めありましたら教えて頂けると幸いです。 以上です。 よろしくお願い致します。

  • 壁面後退

    戸建住宅の外部に屋根・壁付きの既製品のサンルームを設けたいのですが、隣地壁面との間が500ミリ以下になります。この場合も民法の600ミリというのにかかってくるのでしょうか?その場合お隣との協議次第になるのでしょうか?

  • ガレージの外壁

    ガレージを作ろうと計画しています ガレージの外壁にお勧めのDIYで出来る素材を教えてください ポリカの波板では安っぽいし隙間が大きいので 2X4式にしようと思います 隣家との境界ぎりぎりに壁を建てたいので寝かした状態で壁を完成させたいのです。  ベニヤにペンキというのもいまいちですし・・・ 屋根は折板屋根という物に挑戦してみるつもりです よろしくお願いします。

  • 建築基準法と民法、どちらが優先か。

    既存住宅を撤去して、建替え新築するに際し、建築確認を取って工事着工しようとしたら、隣家より敷地境界線より、50センチ後退して建築しなければ、民法上規定されているので、後退なければ裁判に持ち込むとの申し入れがあり、困っています。当方の建物は解体する前のとおりで、隣地境界線より45センチの位置で建築確認を取っています。既存家屋の隣家は35センチの後退で、自分の処は其の儘ですのに、当方には後退50センチを要求して来ています。確かに民法では50センチ後退と書かれていますが、此の場合隣家の申し入れを無視して建築した場合、裁判になった場合、建物撤去命令が出るでしょかお伺いします。建築場所は大阪府八尾市で、隣地境界線からの後退距離については、条例等で規制されていません。