• 締切済み
  • すぐに回答を!

都営住宅の電源設備が不安定

知人が都営住宅に住んでおり、時折の停電により、PC(おそらくHDD?)の故障が数回起きており困っております。 都営住宅の電気設備(受電盤?配電版?分電盤?よくわかりませんが……)の不具合は、どこへ相談するべきでしょうか? また、修理/交換等の場合の費用は、どこが持つのでしょうか? 自治会長(?)には何度も相談してるらしいですが、一向に改善しないらしいです(会長は年寄なので、インターネットの回線設置等も断固拒否する人間との事)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

都営住宅なら東京電力です。 そちらへ電話を入れて調べてもらえば宜しいと思います。 時折停電は、その団地全体か、棟だけか、個人宅だけかで回答が違いますが、ご質問内容からは、アンペア不足ですね。 多分、契約が20Aくらいなんでしょう。ブレーカーがチョイチョイ落ちる原因は、電化製品を一度に容量以上使うからです。その方の不用意が原因です。 東電に来てもらって契約アンペアを増やしてもらえば即解決です。 無料で直ぐ遣ってくれます。 自治会長さんはこのような問題には無関係です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明不足な様でしたが、老朽化で全体が落ちる様です。 アンペア不足程度なら、普通の人ならわかる筈ですし、わざわざ質問する人はいないでしょう。

  • 回答No.1

HPがありましたよ。 この電話番号に相談してみたら、何かしら返事があると思いますよ。 http://www.to-kousya.or.jp/nyukyosha/toei/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 非常電源専用受電設備

    6.6kV高圧の受変電設備(以下「A」とします)を設置してます。Aには6.6kVから200Vへ降圧する変圧器も収納しており、Aからは複数の低圧配電盤へ配電しており、その中である低圧配電盤(以下「B」とします)へ耐火ケーブルで配電し、Bから屋内消火栓など消火設備へ耐火ケーブルで配電してます。 ここで疑問なのは、非常電源専用受電設備の考え方なのですが、 AとBを合わせて非常電源専用受電設備として消防への設置届が必要になるのでしょうか。それとも、Bだけで良いのでしょうか? 所轄消防に確認するのが手っ取り早いかもしれませんが、もし分かる方がいれば教えて下さい。

  • 住宅用分電盤の高さについて

    住宅用の分電盤の高さについて質問です。 よく天井際に分電盤が設置されていますが、あれは内線規程等で 決まっているのでしょうか。 停電で真っ暗になったとき、目線の高さ位のほうが便利だと思うのですが・・

  • 工場内受電設備のVCTって何?

    工場内に特別高圧受電設備があるのですが、VCTなるものがあるのですが役割はどのようなものでしょうか? あと、受電用の配電盤の中からでしょうか?バンとたまに音がしています。何のおとでしょうか?

  • 高圧受電設備の保護協調について教えてください。

    6.6KVの高圧受電設備のOCRの保護協調について、教えてください。 (正直申しまして、当方高圧受電盤設備の設計におきましては、素人に近いです) 受電盤OCRの下に3台のOCRが設置されております。 主変圧器盤のOCRと、その他の高圧設備向けのOCR2台(並列に設置されています。【言い方が適当か微妙ですが…】) 整定値は下記のとおりです。 受電盤のOCR【CT比150/5 T=3 L=2 瞬時=40A】 主変圧器盤のOCR【CT比20/5 T=4 L=2】 その他設備へのOCR1【CT比75/5 T=4 L=2】 その他設備へのOCR2【CT比75/5 T=4 L=1】  ※その他設備のOCRの下部には、それぞれ、CT比150/5 T=2 ダイヤル=0.1の静止型OCRが設置されています。 この場合、受電盤のOCRのトリップ値は、90Aとなると思います。 その他設備へのOCRのトリップ値は、60Aになると思います。 主変圧器盤のOCRは、ちょっと無視しまして・・・ その他設備への、OCRにそれぞれ50Aが流れた場合、受電盤OCRには、100Aが流れてトリップと言う事には、ならないのでしょうか? 以前に、受電盤OCRと各OCRの保護協調が取れていれば、平気だと言う事を聞いたような気もするのですが、なんだか、納得いきません。 受配電設備全体のトランス容量や負荷設備容量も関係するので、一概には、答えは出ないかもしれないのですが・・・ よろしくお願い致します。

  • 配電盤、分電盤等の違いについて

    お世話になります。 工場で働く電気素人です。 よく上司が配電盤、分電盤、受電盤、動力盤、操作盤・・・といった 各種盤の話をするのですが、それぞれの違いがよく分かりません。 質問サイトや電気について説明して下さっているサイトを巡ってみたのですが、 整理しきれないので以下の考え方で良いかお答え頂けないでしょうか? ・配電盤:特別高圧変電所より高圧電気を工場敷地内のトランスで受け、      それを更に400、200、100V等に変圧し、分電する盤。 ・分電盤:配電盤からの電気を照明やコンセントに供給する盤。 ・制御盤:配電盤等からの供給電気を動力設備に供給する盤       (盤内にはサーマルやインバーターが内蔵されている) ・操作盤=制御盤 ・動力盤:3相3線で電気がきている盤(制御盤はこれに含まれることが多い?) ・電灯盤:1相3線,1相2線で電気がきている盤(分電盤はこれに含まれることが多い?) ・受電盤:上記の盤全ての総称 こういう理解で良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 【電気工事】「分電盤と配電盤について教えてください

    【電気工事】「分電盤と配電盤について教えてください」 分電盤に関する質問: 一戸建て住宅だと分電盤はお風呂場の更衣室に多い気がしますが、なぜわざわざ水分や湿気が多い場所に分電盤を置くようになったのでしょうか? 電気業界は漏電させて火災かショートさせて買い替えを加速させたかった? 分電盤を風呂場の脱衣所の湿気が多い場所に設置するようになった歴史を教えてください。 配電盤に関する質問: マンションだとどこかに配電盤管理室があって、そこから各家庭の家の中にある分電盤=ブレーカーボックスに電線が引っ張られてきていると思いますが、マンションの場合は配電盤はどこにあるのが一般的ですか? うちのマンションは空き地の広場スペースに灰色の金属ボックスがポツンと置かれているのですがこれが配電盤でしょうか? 外に配電盤があるのはおかしいですか? 管理人室の電気点灯ランプとか付いている何かしら監視している管理室に配電盤があるものなのでしょうか? 配電盤が外にあるのか中にあるものなのか教えてください。

  • 活線状態でブレーカとエリアを確認する方法

    建物の電気(動力200V)について、活線状態のまま各ブレーカが対応するエリアを特定するにはどのような方法があるのでしょうか?図面との整合性を確認するのが目的です(あるいは図面の無い状態で、確認する場合)。 高圧の受電設備内のトランスで低圧(動力、電灯)にし、工場内の数箇所に配電用の盤が設置してあります。受電設備には動力のブレーカが多数並んでおり、どのブレーカがどの配電盤に繋がっているか活線状態のまま確認したいのです。高所に電気配管がされているので、電線を追いかけるのも難しいし、ブレーカの裏側に結線されているため、受電設備内に入らなければならないです(開放型受電設備)。資格も無いので入れない。 当方、機械系技術者です。簡単な装置の制御盤なら設計できる水準です。 よろしくお願いいたします。

  • 【電気引き込み時の法律の疑問点】

    【電気引き込み時の法律の疑問点】 電柱のトランス→受電点→引込口→分電盤 「 電柱のトランスから受電点の制約は前面道路なら5m以上。前面鉄道なら5.5m以上。 受電点の高さは4m以上。設置が難しく交通の妨げにならない場合は2.5m以上 」 ここで疑問1: 電柱からの配電線の高さは5m以上。受電点は4m以上。 ということは受電点は5mに付かないともうこの時点で電柱側の配電線は法律違反をしていることになるのでは? 途中から高さ5mから高さ4mに斜め下に降下している。 ということは受電点は5mにしないと電柱側の施工で法律違反になるのでは??? 受電点を2.5mなんかにしたら前面道路5mから急降下になる。 これってどういうこと? 道路を跨いだら降ってよいってこと? 電柱から道路をまたいでここまではH5mでひぱって、敷地側の電柱から1m下げるってこと? それならまあ有りか。 というかわざわざ向こうの道路側の電柱から引っ張るのではなく自宅側に建ってる電柱から引っ張ればいい? 普通はそうしてる? 質問2: 受電点から引込口までの長さ制限はない??? 引込口から分電盤までの距離制限は8m以内に設置することとある。 なぜ受電点から引込口までの距離制限がない。受電点も高さ制限だけで距離制限がない。 不思議じゃないですか? なぜ引込口から分電盤までの距離に距離制限8mとあるのにそれより高圧の受電点から引込口までの高さ制限も距離制限もないのでしょう? 子供が触れる高さの1mに受電点から引き下げたところに引込口を設置しても、受電点からすごーーーーーーくすごーーーーーーく遠い場所に引込口を作っても良いのですか? そのくせに引込口から分電盤までの距離は8mの制限? おかしくないですか?

  • 自家用電気設備で、配電盤の増設について

    経験の浅い第二種電気工事士ですが、現場で先輩に教わる以前に知識として勉強したいので、 お教えください。 自家用電気設備に於いて、配電盤60回路では足りなくなり、MCCBの一次側から分岐してホーム分電盤を取り付けることになりました。 キュービクルの単相三線の送出遮断器の容量は225A、幹線サイズは100sq、配電盤の主幹は200Aです。この主幹の一次側から分岐して、隣接して取り付け予定のホーム分電盤は主幹が100A、回路数は40です。 可能な場合、MCCBの主幹一次側から分岐する幹線サイズをおしえていただけませんか。 これだけでは情報が足りない場合、不足部分をご指摘ください。 よろしくお願いいたします。

  • 新築住宅の分電盤設置場所について

    新築住宅の分電盤設置場所について 4LDK程度の建売住宅を見学(約30棟)すると 分電盤が必ず浴室を出た所の更衣室兼洗濯機置き場の 壁に設置してありますが、なぜ湿気が多い所に 設置するのでしょうか? 玄関に設置してあるのを見たことが有りません。 新築するので玄関指定を考えています。