-PR-
解決済み

自己破産

  • 困ってます
  • 質問No.526352
  • 閲覧数78
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 56% (46/82)

去年、知り合いが自己破産しました。でも、土地があるので取り消しになってしまいました。それ以来、金融業者から何の連絡も取り立てもこなくなりました。自己破産を申請した後、自己破産申請中の用紙を各業者へ送った後なぁんにも音さたが無くなって逆に不安になりました。今、自己破産になってはいないので今かと、取り立てがくるんじゃないかとびくびくしています。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 28% (7/25)

私の知り合いも自己破産しましたけれど、業者からは何も言って来なかったみたいです。いくつかの業者が少し言ってきたみたいですけれど「弁護士さんとお話ししてください」と言ったらそれ以来何もなかったみたいです。
今はちょっとしたことで脅迫罪とかにもなりますし、すっごく多くの人が自己破産しているので業者の方も慣れてるというか、わりとあっさり諦めるみたいです。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1

こんにちは。
自己破産の裁定後、免責の決定を受けて居ないと効力は無いのでは?


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 23% (879/3732)

自己破産申請中の用紙を各業者へ送った段階で、業者は諦めたのかも知れません。その後の推移をいちいち調べていないのかも知れません。
裁判所は、資産を処分すれば返済の原資に充当できると判断し自己破産の申請を却下したのです。
そのことを踏まえたうえで、土地についての処分も検討したほうがいいでしょう。
  • 回答No.3

正確なところはわかりませんけど、自己破産が取り消しというのも?です。
流れとしては、

自己破産--廃止決定--免責審査--免責決定

という形になります。資産がないときには、自己破産と廃止決定は同時に行われる(同時廃止といいます)のですが、資産があるときには管財人選定などの作業があり、管財人が資産を債権者に分配します。
また、自己破産から廃止決定までの期間は法律により債権者との直接のやりとりは一切法律で禁止されています。
必ず債権者は管財人と話を進めなければなりません。

ご質問の状況だと破産後まだ廃止になっていない状態と考えるのは普通であろうと思いますが、いかがですか?

では。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ