• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

乗継割引を適用した料金券について

いつもお世話になっています。 例えばで申し訳ないですが、 東京~八戸までの新幹線特急券と八戸~青森までの特急券を所持している場合に八戸~青森までの特急券は乗継割引になります。 乗継割引を適用した八戸~青森までの特急券の券面には乗継の印字がされますが、東京~八戸までの新幹線特急券の券面には特別な印字がされません。 この場合に東京~八戸までの新幹線特急券の払い戻しを行った場合、八戸~青森までの乗継割引は取り消され、不足分を収受し通常の八戸~青森までの特急券に変更されるようになっていたと思います。 しかし、実際問題として東京~八戸までの新幹線特急券のみの払い戻しを請求した場合は新幹線特急券のみ手数料収受の上、払い戻しが行われるかと思います。 東京~八戸までの新幹線特急券事態には乗継割引を適用した料金券とともに発券している等の表示を必ずしなければならないものでもないのでしょうか? えきねっとで以前発券したものには乗継割引を適用している料金券があるというような表示がされていたと思うのですが、窓口購入時は特にそのような表示がつきません。 少しでもわかる方お願いします。

noname#100990

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数263
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • townser
  • ベストアンサー率44% (245/555)

乗車券並びに新幹線特急券には、「乗継」と記事が印字され、割引を適用した在来線急行券には四角囲みの「乗継」印章が印字されます。 窓口の係員が、乗継の記事を表示するように設定し忘れているかなにかです。本来は印字させなくてはなりません。 なお在来線特急券に印字される、四角で囲み表記の「乗継」は印章ですので様式が定められていますが、乗車券や新幹線特急券に印字される、囲み表記のない「乗継」は記事扱いです。よって車掌が手書きで書き加えることがあります。

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/b70hs5el87/archives/1091923.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信遅くなりまして申し訳ございませんでした。 乗り継ぎとなる乗車券類を購入する機会がありまして、指定席券売機を使用しましたらしっかりと?乗継表示(記事扱の方)が印字されていました。 窓口はいろいろな操作ができる分、必要なものがなくても出せてしまうのかもしれませんね。 とても参考になりました。ありがとうございました^^。

関連するQ&A

  • 乗継割引の特急券の払い戻し

    A→B→Cと駅があって A→Bは新幹線でB→Cは在来線特急で行くと乗継割引が適用されますよね。 この特急券を買った後、新幹線の特急券の払い戻しをすると、乗継割引は適応されないのでしょうか?

  • 乗継割引

    新幹線と在来特急との乗継割引で特急券は同時購入が条件であると 知らず、在来特急の後付けでの購入を断られました。 これは規則なので当然の対応なのですが、駅員さんや車掌さんに よっては新幹線特急券を見せれば割引で発券していただいて いました。 (その点を尋ねると、在来列車を決めていない場合は購入時に言って くれれば新幹線券に「乗継」の印字をして後日購入を可能にできる とのことでした。←このルールはその時初めて知りました) これは現場の判断・裁量で対応が変わってくるものなのでしょうか?

  • 新在乗継割引適用の特急券の買い方

    (1)新幹線の指定席特急券を既に持っている場合、みどりの窓口で  それを提示(提出?)して連絡する在来線特急券を購入すれば、  乗継割引が適用された記憶があるのですが、あってますか?  時刻表には「同時にお求めの場合に限り」とあるのですが・・・  一旦キャンセルして改めて同時購入した扱いだったのなら、  払戻手数料がかかるはずですが、そんな記憶はないんです。 (2)上記が可能な場合、その新幹線の指定席特急券がJR東日本の  えきねっとで購入したものでも大丈夫でしょうか?  具体的には、はやてとスーパー白鳥(自由席)の乗継で、  JR東日本のみどりの窓口を利用します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • gsmy5
  • ベストアンサー率57% (1305/2267)

No1さんのおっしゃるように、乗継割引が適用された券はもちろんのこと、割引が適用されてない券や、同時使用の乗車券にも「乗継」と表示することが定められています。 しかし、手売りの時代はもちろんのこと、みどりの窓口の発券でも、この表示は省略されることは多いのが実情です。(そんなことを知らない係員もいるかもしれません) ただ、指定券券売機で発券した場合は乗継割引でないほうにもきっちり「乗継」と表示されますので、窓口でも特定の乗継パターンの簡素化した方法で発券すると、最初から「乗継」表示がされる可能性があります。(このあたりはあまり詳しくないです) なお、乗継表示がないからといって、乗継割引でない方の券を払い戻ししたり、変更するのは完全な違法行為です。(相手の錯誤を利用して利益を得ているといえ、詐欺罪が成立するという見方もあります) また、一般には明らかにされていませんが、みどりの窓口で発券された切符の券面には同時発売した券の枚数がわかるような記載があります。(どんな券を同時発売したかまでは分かりません)変更や払い戻しを不自然と感じた場合に、同時発売の枚数が多ければ、乗継割引がらみと感づく可能性はあり、そうでなくても、発行日と券番が分かればその駅に問い合わせ、前後にどんな券を発売したかはすぐにわかってしまいます。つまり係員が不審に感じさえすれば、そのような不正は不可能となるわけです。 少なくとも質問者様は変な気は起こさないようくれぐれもお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信遅くなりまして申し訳ございませんでした。 gsmy5さんの回答の通り、指定席券売機で乗継となる乗車券類を購入した際には「乗継」が表示されていました。 個人的には結構重要な表示だと思うのですが、省略されてしまうのは残念ですね。 変な気はおこしませんので、ご心配なく^^。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 在来特急券の新幹線乗継割引は車内発売でも適用?

    新幹線車内で在来線特急に乗継する特急券を購入した場合、在来線特急料金は乗継割引(在来特急料金が半額)が適用されます。 では反対に、新幹線に乗継する在来線特急に特急券なしで乗車し、車内で当該の在来線特急券を購入する場合、これから乗継する新幹線切符を提示すれば乗継割引が適用されるのでしょうか? ややこしい表現で申し訳ありませんが、ご回答をお願いします。

  • 「えきねっと」では乗継割引されないのでしょうか?

    今回初めて「えきねっと」で新幹線(東京→京都)と乗継特急(山陰線:京都→福知山)の指定券を同時に購入しました。 受け取りは自動販売機でしたのですが、特急券が乗継割引が適用されずに通常価格で発券されました。 今まで窓口で購入していたので、今回初めて乗継割引されなかったため残念で仕方ありません。 京都で途中下車して少し観光をする予定なので、乗継の特急は新幹線が京都駅に着いて4時間後くらいという背景もあり、割引がなかった理由として考えたのは、 (1)時間が空きすぎて乗継割引がされなかった。 (2)「えきねっと」で予約した。 (3)自動販売機で受け取った。 いったいどの理由からでしょうか? 「えきねっと」は「2つの列車を同時に予約」→乗継、というメニューから予約しました。 今後もよく買う切符なのでご指導よろしくお願いします。

  • サンライズ瀬戸からの乗り継ぎ割引

    たしか、ブルトレ時代の“瀬戸”から四国島内の特急への乗り継ぎでは、乗り継ぎ割引が適用になっていたと思いますが、サンライズ瀬戸から四国島内の特急への乗り継ぎでは乗り継ぎ割引が適用になるのでしょうか。 また、適用になったとして、サンライズの翌日に発売となる四国島内の特急の特急券は乗り継ぎ割引をしてもらえるのでしょうか。

  • 新幹線 乗り継ぎ割引

    新幹線の乗り継ぎ割引は、 新幹線特急料金が、 一番安い、自由席の840円のときでも適用されますか? 使いかたによっては、お得なことになると思うのですが…… 〈例〉特急サンダーバードで新大阪→富山に行くとき   通常 指定席特急料金3030円   新幹線京都→新大阪(自由席)の特急券を同時購入する場合    乗り継ぎ割引適用(新大阪→富山)1510円     新幹線京都→新大阪(自由席)  840円      合計2350円となります。 無駄に、乗らない新幹線の特急券を買ったら、安くなった、ということがあってもいいんですか?

  • 乗継割引の「乗継」の定義とは?

    こういう旅行をしようと思っています。 東京→(はやて)→八戸→(白鳥)→函館→(北斗)→札幌 旅程中の八戸ではすぐ乗り換えますが、函館では1泊して24時間以内の翌日の北斗で札幌に向かいます。 この場合、白鳥の特急料金の乗継割引は適用できると思いますが、北斗の特急料金は乗継割引になるでしょうか。時刻表(交通新聞社版)のピンクページを見ると「ただし、はじめに乗る乗車日かまたはその翌日に乗り継ぐ場合に限ります」とあります。函館でそのまま札幌に向かうことは可能なので(まだ特急はある)「乗り継ぎ」といえるかどうか?です。

  • 乗り継ぎ割引について

    今度仕事で東京から福岡に行くのですが、ふと思い立ち廃止間近の「あかつき」を利用しようと思い新大阪-博多間でプッシュホン予約を完了しました、発券はしていません。 ただついでに大阪市内にも寄りたいところがあり、乗車券は東京-博多で通しで買い、特急券は東京-新大阪は新幹線利用、新大阪-博多間は「あかつき」利用で、新大阪で改札を出るので乗り継ぎは効かないかな、と思ったのですが、 ふと考えると新大阪-博多間については、京都-新大阪新幹線自由席(実際には乗らない)その乗り継ぎで「あかつき」の特急券を購入すると安くなるらしいことに気づいたのですが、こういう購入の仕方、乗車の仕方はやはり違法になってしまうのでしょうか? もちろん東京-新大阪の特急券と京都-博多間の特急券は別々に購入します。

  • 特急間の乗り継ぎ特急料金の割引適用。

    特急間の乗り継ぎ特急料金の割引適用。 新幹線と在来線間の特急料金割引適用は、何故、ラッチ内に限定したり、乗り換え駅や適用列車を限定しないのでしょうか? 在来線間の特急同士は、ラッチ内でも原則、各々に計算されます。なぜ、新幹線のように通しの特急料金が適用できないのでしょうか? 勿論、規則は承知の上です。 要するに、なぜ、利用者に公平感のある料金体系に出来ないのかと言うのが質問の趣旨です。

  • 自由席と乗継割引

    ふと思いついたことなのですが質問させてください。 例として、9月1日から有効の山陽新幹線(自由席)→小倉駅でソニック号(自由席、乗継割引)を想定します。 自由席特急券は有効期間2日なので、新幹線に乗る日が9月1日だろうが9月2日だろうが乗継割引は適用されるように思います。 質問1:この場合、9月1日に新幹線に、2日にソニック号にという使い方では乗継割引のルール違反ですが、券面だけでは使用可能であるかのように思ってしまうような気がします。 ところで、特急券にこのケースは使用不可能であると明記されているのでしょうか? 質問2:もし新幹線(指定席)→ソニック号(自由席)という使い方ならば、自由席特急券には乗継割引のルールから『9月1日から2日間有効』ではなく『1日間有効』と明記されているのでしょうか?

  • 新幹線と特急の乗り継ぎ

    新幹線と在来線をある条件で乗り継ぐと、特急料金が割引となる乗り継ぎ割引というのがありますよね? 同じようにつばさ、こまち、リレーつばめも新幹線と乗り継ぐと割引になるようですが、なんで乗り継ぎ割引のところに説明がないのでしょうか?乗り継ぎ割引ではなくて、特急券の説明のところに書いてあります。八戸~盛岡~秋田でもこまちは割引になるみたいなのですが、ホームページの説明を見てもそうは思えないですよね?

  • 乗継割引について質問します

    徳山~富山に旅行します。 徳山~京都(新幹線自由席)、京都~富山(特急券自由席)を乗継割引にて 手配しました。 乗継割引は、新幹線からの在来線特急は、当日に乗車しなければならないとなっています。 途中京都にて観光予定ですが、もし、その日のうちに後続列車に乗れなければ、特急券は、無効となるのでしょうか?(特急券は2日間有効となっています) 似た様な質問、回答では、賛否両論あり、迷っています。 もし、2日目に乗車の際、無効とされたら、通常のジパング特急券に変更できるのでしょうか? 出発を一週間前に迫っています、詳しい方よろしくご教授下さい。