• ベストアンサー
  • 困ってます

本州内の特急とJR北海道内の特急・急行列車の乗継割引

今回、特急・急行列車と新幹線を使って札幌から東京まで行く計画を 立てているのですが、乗継割引の適用方法がよく分かりません。 計画している行程は以下の通りです。 22:00札幌発  ↓急行はまなす・指定席 急行料金 1260+300=1560円 05:35青森着 05:52青森発  ↓つがる2号・自由席 特急料金 900円 06:48八戸着 06:55八戸発  ↓はやて2号・指定席 新幹線特急料金 6000円 09:51東京着 ここで、運賃の計算をするためにJR時刻表を見たのですが、乗継割引の 部分の計算の仕方が分かりません。いくつか例は載っているのですが、 上のような場合にはどうなるのかがよく分かりません。 そこで、お尋ねします。 上のようなルートで乗車する場合、乗継割引は適用されるのでしょうか? 適用されるとしたら、料金(乗車券は除く)はおいくらになるのでしょうか? お詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • onu
  • お礼率22% (10/45)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#6645
noname#6645

 JR時刻表をご覧になっているのならば説明しやすいのですが、この場合は本州内特急とJR北海道の特急・急行との乗り継ぎ割り引きで例1(東京~八戸~函館~札幌)の応用です。函館駅を青森駅に置き換えてください。  まず、札幌駅を出発したはまなすは乗り継ぎ割り引き適用駅である青森駅に到着します。ここからつがるに乗り換えて新幹線乗り継ぎ割引適用駅である八戸駅で新幹線に乗り換えて東京駅に向かいます。  これを逆に考えて・・・・ 東京→八戸はもともと割引は適用しないので6000円。 八戸→青森は「新幹線の乗り継ぎ割引」で900円が450円。 青森→札幌は「本州内の特急とJR北海道の特急・急行料金との乗り継ぎ割り引き」で780円。  にそれぞれなります。要するに最初に書いた例1は、「新幹線と在来線の乗り継ぎ割り引き」と「本州内の特急とJR北海道内の特急・急行との乗り継ぎ割り引き」の2つを含んでいるということになります。 ついでに・・・・ ●青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車と津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合、津軽海峡線または 函館本線を経由する特急・急行列車の特急料金、急行料金、指定席料金が半額になります。 を解釈するには 青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車 ・・・・・・・・・・・と・・・・・・・・・・ 津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合 のように分けて、・・・と・・・より上の部分はわかると思いますが、問題は下の部分ですね。「津軽海峡線または函館本線を経由する」の経由するは言葉を変えると、津軽海峡線と函館本線を直通するという意味にもなります。津軽海峡線(青森駅乗り継ぎ)のみ、函館本線のみ(函館駅・五稜郭駅乗り継ぎ)、津軽海峡線と函館本線を直通する(現在では夜行の特急、急行「はまなす」)の3種類の意味があります。そして「津軽海峡線または函館本線を経由する」も直通するにもなります。ということで、直通のはまなすは半額ですし、つがるも半額になります。  津軽海峡線と函館本線を直通するという考え方は、例えばスーパー白鳥で函館から青森に行くとして利用する経路に函館~五稜郭は函館本線ですから、函館本線と津軽海峡線と津軽線の3線を経由していますから、直通という考え方をしても構わないわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えいただきましてありがとうございます。 「はまなす」には本州内特急とJR北海道の特急・急行との乗継割引が、 「つがる」には新幹線乗継割引が適用されるのですね。 新幹線乗継割引が適用されるとは気がつきませんでした。 これで疑問も解けてすっきりしました。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • goodpro
  • ベストアンサー率29% (486/1651)

 では、計算方法のルールの解説です。 ●青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車と津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合、津軽海峡線または 函館本線を経由する特急・急行列車の特急料金、急行料金、指定席料金が半額になります。 上の文については、旧青函連絡船の利用した場合と同じようになっています。  つまり上の3箇所の駅で1つしか乗り換え列車がある場合のみ適用で、2つ目(つまり青森駅と函館か五稜郭の駅両方で乗り換え)の列車には適用にはなりません。 このことから、 急行はまなす(急行券+普通指定)1250+310円=1560円→乗換割引780円 特急つがる(普通自由)900円→乗換割引450円 新幹線はやて(普通指定)6000円 となります。ですが、両端の列車が指定席なので、すべて指定席にしたほうが後々利用するときに便利化と思います。

参考URL:
http://www.doconavi.com/kippu/jikoku2/noritsugi2.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えいただきましてありがとうございました。 今回はできるだけ安くすませたいと思うので、「つがる」だけは自由席にしました。 と言っても、指定席にしても半額なので250円しか変わりませんけどね。 今回はありがとうございました。

  • 回答No.3
  • Naka
  • ベストアンサー率44% (527/1181)

◆Naka◆ #1のdenden_keiさんの計算で正しいです。 「つがる」は新幹線との乗継割引で、特急料金が半額になり、「はまなす」は青森駅を乗継駅とする本州内特急との乗継割引がききますので、やはり急行料金・指定席料金が半額になります。 ハイパーダイヤ↓等のWeb時刻表を用いて、調べてみてください。 http://www.hyperdia.com/hyperWeb/ ところで、「札幌・東京往復きっぷ」という企画きっぷの存在をご存知でしょうか?? 意外と知られていないんですが、ぜひチェックしてみてください。 これは札幌発で、東京まで往復できるもので、有効期間は6日間、往復に新幹線・特急・急行の指定席、または北斗星のB寝台(開放)が使えます。(はまなすの寝台はダメ、カーペットはもちろんOK) これで値段はなんと、28,500円という激安モノです。 私自身、つい先日、onuさんのご計画と全く同じ列車で東京に行きました。 帰りは、はやて1号→S白鳥1号→北斗11号でしたが。 もしonuさんが、往復されない、または1週間以上滞在されるのでしたら、役に立ちませんが、6日以内に戻ってこられるのでしたら、下記参考URL↓をご覧になってみてください。

参考URL:
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/dg2.html#6

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えいただきましてありがとうございました。 今回は東京に1ヶ月ほど滞在する予定なので、残念ながら 「札幌・東京往復きっぷ」は利用できません。 また、何かの機会にぜひ利用してみたいと思います。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.1

>上のようなルートで乗車する場合、乗継割引は適用されるのでしょうか? >適用されるとしたら、料金(乗車券は除く)はおいくらになるのでしょうか? 「はまなす」と「つがる」が乗継割引適用になって、それぞれ\780,\450になると思います。 合計で\780+\450+\6000=\7230です。 「つがる」に乗らないと「はまなす」に割引が効かなくなって逆に高くなってしまうので要注意です。また、乗継割引を効かせる為には、上記料金券は3種同時に購入する必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます。 JR時刻表の解説の部分には ●青森駅、函館駅、五稜郭駅を乗継駅として、本州内(東北本線 または奥羽本線経由)の特急列車と津軽海峡線または函館本線を 経由する特急・急行列車とを乗り継ぐ場合、津軽海峡線または 函館本線を経由する特急・急行列車の特急料金、急行料金、指定席 料金が半額になります。 とあります。 これから解釈すると、割引が適用されるのははまなすだけである ような気がするのですが、今ひとつ自信が持てません。 denden_keiさんがおっしゃる通りだといいのですが、どうなの でしょうか?

関連するQ&A

  • JR乗継割引

    JTB時刻表によれば、乗り継ぎ割引の説明は、 わざわざ太字でこうあります。 「なお繁忙期閑散期や自由席グリーン車寝台をご利用の場合などは それぞれに適用される特急急行指定席料金が半額となります」 例えば通常期に「きたぐに寝台」と長岡接続「新幹線指定席」を 乗り継ぐ場合、「きたぐに」の急行料金だけが半額になると 思うのですが、(新幹線と在来線の乗り継ぎ割引です) 通常期に「きたぐに寝台」と長岡接続「新幹線自由席」を 乗り継げば、「きたぐに」の急行料金と共に「新幹線自由席特急券」も 半額になると読めますが、そうなのでしょうか。

  • 新幹線 乗り継ぎ割引

    新幹線の乗り継ぎ割引は、 新幹線特急料金が、 一番安い、自由席の840円のときでも適用されますか? 使いかたによっては、お得なことになると思うのですが…… 〈例〉特急サンダーバードで新大阪→富山に行くとき   通常 指定席特急料金3030円   新幹線京都→新大阪(自由席)の特急券を同時購入する場合    乗り継ぎ割引適用(新大阪→富山)1510円     新幹線京都→新大阪(自由席)  840円      合計2350円となります。 無駄に、乗らない新幹線の特急券を買ったら、安くなった、ということがあってもいいんですか?

  • はまなすの進行方向と乗り継ぎ割引

     青森~札幌間を急行はまなすで移動するのですが、2点ほど教えて下さい。  1.青森駅から乗車するのですが、ドリームカー(指定席車)の座席は進行方向に向かってセットされているのでしょうか?  時刻表などを見ると函館で方向転換するようですが、深夜の停車なので各席で進行方向に座席を再度転換するとは思えません。  乗車時間の長い、函館~札幌間の進行方向で青森駅を発車するのか、それとも函館方向で前を向いているのかが分かりません。  (青森発車時には、12列目が前方向とは分かったのですが、最後列を希望するなら、1列目と12列目のどちらが正解なのでしょうか?)  2.大阪から特急を乗り継いでの乗車となりますが、周遊切符の道南フリーを使う場合は、乗り継ぎ割引は適用されないのでしょうか?  指定席ですので、指定席急行券は別に購入しましたが、特急いなほと同時に購入したのですが乗り継ぎ割引は適用してもらえませんでした。  行き券で、姫路~新大阪間で新幹線に乗車後、サンダーバードに乗り継ぐ分の特急券には、乗り継ぎ割引が適用されていました。  最後列希望の件もあり、窓口が混んでいたので質問できませんでしたが、行き券とフリー区間内をまたぐ場合には、乗り継ぎ割引適用とならない規則なら仕方ないかなと思います。  窓口の方も周遊きっぷは詳しくないらしく、発券に1時間近くかかっていて、発駅の事などを聞いても「機械が受け付けないから、ダメだんだと思います。」「機械が出すのが、これですので間違いないはずなんですが」とちょっと不安な感じでした。  ご存じの方、どちらかだけでも結構ですので教えて下さい。  

  • 特急乗り継ぎ割り引きについて教えてください。

    特急乗り継ぎ割り引きについて教えてください。 すいません。新幹線に乗るのが初めてです。 WEBで検索していたら特急乗り継ぎ割り引きというのを見つけました。 名古屋(のぞみ)-岡山(スーパーいなば)-鳥取(JR山陰本線)-湖山 の場合、乗車券を名古屋-湖山で購入し、特急券を ・名古屋-岡山 ・岡山-鳥取 を纏めて購入すれば特急乗り継ぎ割り引きされると web質問の回答記事で見つけました。 たとえば名古屋(のぞみ)-岡山(岡山で1泊) 翌日に、 岡山(スーパーいなば1号)-鳥取JR山陰本線)-湖山 というように翌日にまたぐ場合は同じく特急乗り継ぎ割り引きが適用されるのでしょうか? 可能な場合ですが、 (1)それはどのように購入するのでしょうか? (2)岡山でのぞみを下車時には乗車券は改札で戻るのでしょうか?    それが翌日使用可能なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 乗り継ぎ割引のJR会社間の収入配分

    国鉄時代からの特急料金算出の特例として、新幹線等から在来線の特急・急行への乗り継ぎに際して在来線の特急・急行料金が半額になるというルールがあります。 これについて疑問を感じた部分がありますので、ご教示いただきたく質問させていただきます。 乗り継ぎ割引については数年前に山陽新幹線から九州内の特急への乗り継ぎ割引が廃止になりましたが、その他の地域ではこのほど開業した北海道新幹線から在来線への乗り継ぎを含めてこのルールが引き続き維持されています。国鉄時代なら同じ企業体なので乗り継ぎ割引で在来線のと旧料金を半額にしても問題はなかったと思いますが、民営化以後新幹線と在来線が違う会社となるケースのあり、この場合の収入の配分についてどうなっているのか気になりました。 例えば山陽新幹線から間に瀬戸大橋線の快速を挟んで四国内の特急に乗り継ぐのも認められていて四国内の特急料金が半額になります。 分り易くするためザックリと新幹線特急料金を10,000円、四国内の特急料金を1,000円とするとJR四国には1,000円しか配分されないのでしょうか。それとも乗り継ぎ割引でなかったなら得られるはずであった2,000円が得られるようにJR四国に配分されるのでしょうか。 九州内での乗り継ぎ割引が廃止になったのも、乗り継ぎ割引で特急料金収入が差し引かれるのを回避するためだったからなのでしょうか。 ご教示いただきたく、お願いします。

  • 列車の乗り継ぎ割り引きについて…

    東京から長岡まで新幹線を利用して、長岡から大阪まで急行「きたぐに」の寝台を利用しようと思っています。 そこで質問なんですが、新幹線から急行に乗り継ぐ場合に割り引きがあると聞いたのですが、どの部分がどれだけ割り引きになるんでしょうか?割り引きになるのは新幹線の特急料金?きたぐにの急行料金?寝台料金?…詳しく分かる方、ヨロシクお願いします。

  • 乗継割引 収入の分配

    新幹線の乗継割引で、 新幹線と在来線の運行会社が違う場合、 どのように料金収入を分配しますか? 例)東京→(東海道新幹線のぞみ号)→新大阪→(特急くろしお号)→新宮 とすると、 のぞみ指定席5540円 くろしお指定席(乗継割引)1190円 となりますが、乗継割引が適用されたために、 JR西日本は、大きく損をします。 例えば、乗継割引で、JR西日本が損した分の一部をJR東海が西日本に支払う、 ということはないですか? また、その額は、この場合だといくらになりますか?

  • 乗継割引を適用した料金券について

    いつもお世話になっています。 例えばで申し訳ないですが、 東京~八戸までの新幹線特急券と八戸~青森までの特急券を所持している場合に八戸~青森までの特急券は乗継割引になります。 乗継割引を適用した八戸~青森までの特急券の券面には乗継の印字がされますが、東京~八戸までの新幹線特急券の券面には特別な印字がされません。 この場合に東京~八戸までの新幹線特急券の払い戻しを行った場合、八戸~青森までの乗継割引は取り消され、不足分を収受し通常の八戸~青森までの特急券に変更されるようになっていたと思います。 しかし、実際問題として東京~八戸までの新幹線特急券のみの払い戻しを請求した場合は新幹線特急券のみ手数料収受の上、払い戻しが行われるかと思います。 東京~八戸までの新幹線特急券事態には乗継割引を適用した料金券とともに発券している等の表示を必ずしなければならないものでもないのでしょうか? えきねっとで以前発券したものには乗継割引を適用している料金券があるというような表示がされていたと思うのですが、窓口購入時は特にそのような表示がつきません。 少しでもわかる方お願いします。

  • 特急間の乗り継ぎ特急料金の割引適用。

    特急間の乗り継ぎ特急料金の割引適用。 新幹線と在来線間の特急料金割引適用は、何故、ラッチ内に限定したり、乗り換え駅や適用列車を限定しないのでしょうか? 在来線間の特急同士は、ラッチ内でも原則、各々に計算されます。なぜ、新幹線のように通しの特急料金が適用できないのでしょうか? 勿論、規則は承知の上です。 要するに、なぜ、利用者に公平感のある料金体系に出来ないのかと言うのが質問の趣旨です。

  • 特急の乗り継ぎと乗継割引について

    京都から城崎温泉に行くときに福知山で特急を乗り継いでも料金は通しでいいとありますが、 これと新幹線との乗継割引は重複できるのでしょうか? ↓こんな場合です↓ 東京(のぞみ29号)京都(はしだて5号)福知山(北近畿13号)城崎温泉 京都~城崎温泉の特急料金が半額?