• 締切済み
  • 困ってます

pH計の校正の頻度について

先日、実験でpHメーターを用いてpHの測定を行った学生です。 実験では、pH7、pH9の標準溶液がおいてあり、そのときの実験で測定する溶液のpHは酸性(4~6)でしたのでpH7の標準液のみの一点校正で行いました。 事前に、pHメーターによる誤差がpH0.2程度生じるというような表記があったためpH7,9で二点校正して酸性のpHをはかると誤差範囲が広がると考えたのですが、 (1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。 また、測定は溶液の濃度を変えるたびに校正していたのですが、pHメーターの精度上の誤差があるのに毎回校正していいのか という疑問もわいてきました。そのように感じたのは、標準溶液(pH6.86)にメーターを浸した際に、最初はpH6.86付近で安定していたのですが、後半はpH7.00以上で安定し、その際に校正ボタンを押していました。 校正の仕組みがよく分かっていないので自分でもうまく納得ができないのですが、 (2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか そもそも、実験の時に気づいてpH4の標準溶液を出してもらえばそれで済んだ部分もありますが、もう既に実験は終わってしまったので、考えられる誤差の要因についてヒントをください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数10187
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3

> (1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。 #1さんの通りです。 > pHメーターの精度上の誤差があるのに毎回校正していいのか 何度も校正する必要は無い。 何度も校正すると、何が正しいのか判らなくなる。 但し、使用前1日1回の確認は必要。 標準溶液と比較し、許容範囲内であれば、校正の必要はない。指示値が許容範囲を超えていれば、校正が必要。 当然、校正後の確認も必要。 > (2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか 関係ある。 校正前後の記録を残しておけば、実験結果に不具合があった場合、何処に原因があったか?追跡できる。記録は大切です。 > 考えられる誤差の要因 測定対象を挟む2点の指示値の“不確かさ”が判らないので、何ともいえない。 「校正」と「較正」 「校正」「較正」これは、法律用語です。 2種類、法律があります。 今回は、電波法の「較正」は、誤り。 計量法の「校正」が、適切な表現です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

測定のたびに毎回校正をし直す必要性について、自分の考えに自信が無かったので今回は毎回校正しましたが、今後は実験の最初以外は必要に応じて校正するように心がけます。回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

機器の場合は、較正ではなく校正です。 昔は、較正でしたが現在は校正です 誰かも言っていましたが、専門家がこんな間違えするようでは。 pHメーターの画面にも、ちゃんと「校正」出ますね。 pHメーターの校正は、中性の6.86とあと測定するpHに近い標準液で校正します。校正の仕組みは、正しいpHの液を測っていますので、その値となるように電極の電位のずれを直します。 少しずつ変動する場合は、オートホールドを使えば、 検液と同じ条件で測定できます。 また、多点で校正すれば、広い範囲で正確に測定できますし、 最近のpHメーターは校正時に電極不良を 教えてくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

較正と校正についての説明についての解答もありがとうございます。 私も用語には気をつけるようにします。 校正について、説明書・関連サイトだけでは理解できなかったので、ここで質問して良かったです。回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>(1)pH7,9で二点校正する必要はあったのでしょうか。 早い話、pH7だけで較正(校正じゃないよ、文章ではないのだから)しただけより「マシ」なだけで、 >pH4の標準溶液を出してもらえばそれで済んだ こちらが本来の姿。 測定範囲を挟む標準溶液を使いましょう。 >(2)校正前の浸した段階のpHメーターの読みは関係ないのでしょうか 関係無いとは言えないが(ひどく違っていたら電極に異常がある可能性がある)、本来「平衡状態」で測定するのだから,安定するまで待つのは正しい。 >最初はpH6.86付近で安定していたのですが、後半はpH7.00以上で安定 理由は不明、電極の老化かもしれない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 (1) 今回使用できる標準試薬がpH7と9でしたので、一点校正は妥当であったと考えることにします。今回、校正について少し学ぶことができたので今後は校正の意義を考えつつ標準試薬を選ぶようにします。 (2) 撹拌することによって空気中の二酸化炭素が溶液に溶けるという話は聞いていたのですが、その逆に標準試薬のpHが上がってしまったため、今回はメーターによる誤差だったとして考察することにします。 実験の条件について説明が足りなかったと思いますが、回答してくださってありがとうございました。

関連するQ&A

  • 液性に応じてpHメータを校正するのはなぜですか?

    pHメーターで試料溶液のpHを測定する際、試料溶液が酸性の場合はpH4とpH7で、試料溶液が塩基性の場合はpH7とpH9でpHメーターを校正しなければなりませんが、なぜこのような操作が必要なのでしょうか? pHメーターの電極に関係があるのではないかと思い、自分なりに調べてみましたが、よく分かりませんでした。 お分かりの方がいらっしゃいましたら、何でも結構ですので教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • pHの校正

    携帯用pHメーターの校正はどの程度の頻度で行えば よいのでしょうか。一度、溶液や水などに入れたら、 そのつど校正をかけなければならないのでしょうか? また、市販の標準液(pH4、7、9)250mlはどのくらいの 期間・どのくいの回数使用可能なのですか? その保存のさいに注意するところはあるでしょうか?

  • pHメーターの校正の頻度について

    pHメーターの校正頻度について質問です。 校正の回数 頻度について調べたいのですが、pHメーターの取説には測定する試料による的なことが書いてあるものばかりで具体的にはわかりません… 校正回数が書かれている論文や資料があれば教えて下さい。 よろしくお願いします! 会社で使用毎に校正しているのを一日一回に変えたいんです!

  • pH計の校正について

    普通、pH校正用の標準液には7,4,9がありますが、7で校正した後4の校正をして終わりにしていました。先輩が、おしえてくれたので。これを4と9,7と9ではいけないものでしょうか?私が計る検体はpH4~9くらいです。2点より3点校正のほうがの方が、よいのでしょうか、教えてください。

  • pHの測定方法

    ○当所(計量検定事業所)では工場排水などのpHを測定する際、次の手順で行っています。 (1)pHメーターを標準液3点校生(7,4,9) (2)校正液及び検体はウオーターバスで25℃で均一にし使用 (3)計量証明書には25℃で得られた分析結果のみを記入。(pHの欄には25℃で測定した際のpH値のみ記入(測定時水温は未記入)) (4)pHメーターには温度補償は付いている。 (5)他社の計量証明書にはpHの欄にpH値と括弧して測定時の水温が記載されているのが多い。  ここで疑問なのですが、 (1)メーターの取扱説明書には「誤差要因を少なくするためには校正時のpH標準液の温度をサンプル温度と同一にする」とあります。当社で行っているpH測定方法では温度換算(測定溶液の電離状態の温度変化)の影響を抑えるためであると思いますが、原則として河川水や工場排水などの水を測定するには、標準液と試料を両方とも河川のサンプリング時の水温と同一にしてから、校正・測定すべきなのでしょうか(検体数次第ではすごい手間ですよね)?  そして、その計量証明書にその水温も記載すべきなのでしょうか? (2)現実問題として、当社で行っている測定方法と、上記の方法でpHを測定した場合では値はそれほど変わるものでしょうか(これが一番知りたい!)? (3)他社の計量証明書にはpHの欄にpH値と括弧して測定時の水温が記載されているのが多いのですが、これは基本的にに上記(1)の方法で測定したものでしょうか? 当方素人なもので初歩的な質問かと思いますがどなたか教えてください。

  • pHメーター

    学校でガラス製のPHメーターを使用しているのですが、 pHメーターで菌の入った液体を計ったあとはどのように手入れすればいいのでしょうか。 普通に洗剤などに電極部分を付けておけばいいものなのでしょうか? また、最近校正時の感度が悪く、実際のpHと大きくズレが生じてしまいますがこれって電極保存液のKCL溶液を入れ替えれば治るのでしょうか。 校正時に標準液pH4の溶液を図ろうとすると測定不能?になったり、pH4.2以上の数値が出てきたりいろいろ困ってます。 素人質問ですいませんがどなたか返答お願いします。

  • pH測定器の使い方

    pH測定器を用いて、溶液のpHを調整しています。 もともとの溶液は常温で、pHは8で、バッファーが入っています。 これを温度50℃、pHを12.5にするために、溶液を恒温槽に入れ、NaOHで調整しています。この作業で、pHは12.5になるのですが、なかなか安定せず、pHはどんどん下がっていってしまいます。 測定器の説明書に高温・強アルカリを測定する際には時間がかかると書かれているのですが、どのような状態の時に真のpH値が読み取れるのでしょうか。 あと、高温の溶液を測定するときには、電極校正も同じ温度でするべきなのでしょうか。

  • pH

    実験でペーハー測定をしたのですが、ペーハー試験紙(BPBなど)とペーハーメーターの値がずれていました。 これらの誤差はどのように考察したらいいでしょうか?また、どちらが信憑性に欠けますか?

  • pHメーター

    水溶液をpHメーターで測定した値とその水溶液との理論値とで誤差が生じるのはpHメーターの精度の問題の他に何が考えられるでしょうか?また、誤差をできるだけ少なくする為にはどのようにすればよいでしょうか?

  • PHメーターの校正の意義について

    初めまして。最近、PHメーターの校正について学んだのですが、いまいち2点校正とかの意味がつかめずに困っています。勉強不足なのは十分承知なのですが、宜しければPHメーターの校正をやる意味について詳しく教えていただければと思います。よろしくお願い致します。