-PR-
解決済み

元号の由来

  • 暇なときにでも
  • 質問No.50761
  • 閲覧数726
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

明治、大正、昭和、平成の4つの元号の由来を教えてください。
誰がどのようにして決めているのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 37% (6/16)

中国の古代書(易経)等を引用しているようですね。
参考URLを見て下さい。(丸写しは著作権もあることだし)
お礼コメント
noname#10886

参考にさせていただきました。ありがとうございました。
現代にも通用するような良い言葉があるとは、中国の古典は偉大ですね。
投稿日時 - 2001-03-19 14:17:30
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 37% (85/229)

「明治」については、学者が選んだ候補の中から、明治天皇みずからがくじ引きで選んだそうです。最近では、時の内閣が国文学・中国文学・歴史学者などに諮って、それを閣議で決めるようです。 学者が選ぶもととなるのは、「易経」「書経」「史記」などからとっています。 ...続きを読む
「明治」については、学者が選んだ候補の中から、明治天皇みずからがくじ引きで選んだそうです。最近では、時の内閣が国文学・中国文学・歴史学者などに諮って、それを閣議で決めるようです。

学者が選ぶもととなるのは、「易経」「書経」「史記」などからとっています。
お礼コメント
noname#10886

うーん、ポイントを差し上げたかったんですが、
最初に答えて下さった方の方が、同じURLを早く紹介してくださったということで、差し上げることができませんでした。ごめんなさい。
投稿日時 - 2001-03-19 14:21:09


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

明治-易経・説卦編「聖人南面而聴天下。嚮明而治。蓋取諸此也」 大正-易経・大蓄編「能止健大正也」 昭和-書経・尭典編「百姓昭明協和萬邦」 なお平成は史記・五帝本紀の「内平外成」と易経・大禹謨の「地平天成」と発表されています。  年号は、明治以前は、菅原氏、日野氏など学問の家に命じて、年号勘文を奏進させます。年号勘文には、3~4案とその出典が記載されます。それを公卿数名が勅命によって参加し、賛成 ...続きを読む
明治-易経・説卦編「聖人南面而聴天下。嚮明而治。蓋取諸此也」
大正-易経・大蓄編「能止健大正也」
昭和-書経・尭典編「百姓昭明協和萬邦」
なお平成は史記・五帝本紀の「内平外成」と易経・大禹謨の「地平天成」と発表されています。
 年号は、明治以前は、菅原氏、日野氏など学問の家に命じて、年号勘文を奏進させます。年号勘文には、3~4案とその出典が記載されます。それを公卿数名が勅命によって参加し、賛成の多いもの2つを選び天皇陛下に奏上し栽可を仰ぐことになります。明治のときは岩倉倶視が前例を無視して、儒家の選出した2,3の年号案を天皇が籤を引いて決めました。明治以後、皇室典範、登極令の規定で改元は践祚と同時に行われることになり、年号の選定は枢密顧問官に諮詢された上で、天皇が決めることになりました。元号法制定により、元号選定手続きが決められ、それにはない化く総理大臣は若干名の高い識見を有する者を選び、2~5の候補を提出させ、法制局長官の意見で数個選び、各界の有識者で懇談会を開催して、その意見に基き閣議で決定することになっています。昭和のときには、「光文」と内定していましたが、東京日日新聞にスクープされ、急遽差し替えられました。平成のとき、他の候補となっていたのは、「修文」「正化」でした。
お礼コメント
noname#10886

スクープされて差し替えられていたなんて。
そういうこともあったんですね。
投稿日時 - 2001-03-19 14:23:34
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ