• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

表千家 師匠を変えるべきかどうか

表千家でお稽古をはじめて6年ほど経つ者です。 茶道が大好きで、目的意識を持って私生活から打ち込んでおります。 もうすぐ40歳です。 最近になって私の師匠は弟子に免状を出すことに興味がないと分かりました。お社中は、有資格者は先代からのお弟子さんたちで、それ以外の方は正式なお免状なしで学ばれています。野心はもたず、うちうちのお茶をたしなむのがよしというお考のようです。 茶道が大好きで毎回のお稽古や茶道関連の書物を読むだけでも無上の幸せを感じるので、日々はそれで満足しているのですが、ひとつ問題は目的があるのでそのためにはお免状も取っていかなければならないということです。。 でも、先生からはそういうさもしいことは言い出すな、という無言の圧力を感じます。。。同門への入門をお願いするだけでもかなり言いづらいものがありました(言ったあと、あまりよい空気ではありませんでした・・)。 年齢のこともあり、このままでいいものなのだろうかと悶々としております。お免状を出してくださるお社中に変わろうかと考えたりもしたのですが、今の師匠は、表千家では師匠は変えてはいけない、というお考えの方です(以前はっきりとそうおっしゃっていました)。 今の師匠、お社中ともに大好きなので、お免状のことを抜きにすれば変わらなければならない理由は全くありません。狭いこの世界で、大好きな先生ときまずくなるのも辛いです。 とても悩んでいます。 先輩方からのアドバイスを、切にお願い申し上げます。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1689
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

直接の回答でなくてすみません。 和の習い事は上下関係がなかなか厳しいですよね。 お教室の方針が合わないときは本当に大変です。 人間ですから、やはり合わないときもあります。 そういうときには「時間が合わなくなった」「親の介護」「パートに出るので」などと理由をつけてやめ、新しい教室の先生に事情をお話して内緒で通う、というのが一般的かなと思います。 でもそうすると数年はおとなしくしていなくてはなりません。 狭い世界ですから、お免状をとるのにも時間がかかるかもしれませんね。 裏千家に変わるというのも選択肢にはありませんか。 またやり直しですが、昔の先生に気を使いながら過ごすよりいいかもしれません。 いずれにしろ、何度も変えられるものではないので、行動を起こすことと次の先生の選択はくれぐれも慎重になさってください。 お教室を変えてしまうと、もう今の先生や社中の方たちとお話することもなくなるでしょうが、それは乗り越えなければいけないことですね。 色々書いてしまいましたが、私はお花を習って引越しで教室を変わり、教室のいけ方に納得がいかずに先生を変わった経験があります。 一年くらい休んでから問題なくお免状を取りました。 若くてお付き合いについて何も知らなかったから出来たことだと思います。 お茶の方が人間関係が濃くて、お金もかかるので、数段大変かもしれません。 お茶に詳しい方からレスが付くといいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

体験に即した貴重なご意見、感謝いたします。 本当に、和の習い事はいろいろとありますね・・。 実は新規の仕事とお教室の日程が重なってしまう可能性があります。carrotcake様のおっしゃるとおり、それを理由にこの機に思い切ってお教室を変えてみるのも一考かもしれませんね。 >何度も変えられるものではないので、行動を起こすことと次の先生の選択はくれぐれも慎重になさってください。 本当にそうですね。 次のお師匠さがしを慎重に進めながら、じっくり考えていきたいと思います。 >お茶に詳しい方からレスが付くといいですね。 気がつけば、茶道ではなくて「趣味(その他)」カテゴリーで投稿しておりましたね、「茶道・華道」カテゴリーでも同じ投稿をしてみようと思います。よろしかったらお暇なとき覗きにきていただければと思います。。 貴重なお時間を、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 表千家 お免状の取得について(師匠を変えるべきかどうか?)

    数日前に同じ投稿をしたのですが、投稿カテゴリーを間違えておりましたので再度投稿しなおします。(重複してご覧になっている方がおられましたら、失礼いたします・・) 表千家でお稽古をはじめて6年ほど経つ者です。 茶道が大好きで、目的意識を持って私生活から打ち込んでおります。 もうすぐ40歳です。 最近になって私の師匠は弟子に免状を出すことに興味がないと分かりました。お社中は、有資格者は先代からのお弟子さんたちがほとんどで、それ以外の方は正式なお免状なしで学ばれています。野心はもたず、うちうちのお茶をたしなむのがよしというお考のようです。 茶道が大好きで毎回のお稽古や茶道関連の書物を読むだけでも無上の幸せを感じるので、日々はそれで満足しているのですが、ひとつ問題は目的があるのでそのためにはお免状も取っていかなければならないということです。。 でも、先生からはそういうさもしいことは言い出すな、という無言の圧力を感じます。。。同門への入門をお願いするだけでもかなり言いづらいものがありました(言ったあと、あまりよい空気ではありませんでした・・)。 年齢のこともあり、このままでいいものなのだろうかと悶々としております。お免状を出してくださるお社中に変わろうかと考えたりもしたのですが、今の師匠は、表千家では師匠は変えてはいけない、以前はっきりとそうおっしゃっていましたし、それは事実と思います。 今の師匠、お社中ともに大好きなので、お免状のことを抜きにすれば変わらなければならない理由は全くありません。狭いこの世界で、大好きな先生ときまずくなるのも辛いです。 とても悩んでいます。 先輩方からのアドバイスを、切にお願い申し上げます。。

  • 表千家許し状の申請方法

    表千家茶道教授の免状をいただくべく、まい進している者ですが、 この度弟子を取りまして免状を出してほしいとの希望がありご質問させていただきたいしだいです。 私は 地方講師の免状まではもっており(モチロン盆天までも持ってます)ますが そもそも私の資格で免状の申請が可能なのでしょうか? 又申請できる場合、申請方法はどのようなものなのでしょうか。 とても恥ずかしい質問なのですがどなたか教えていただけませんでしょうか。 私の先生は高齢で急に具合が悪くなり、現在お稽古がお休みの状態なので相談できません。 よろしくお願いいたします

  • 表千家 先生をかわりたいのですが

    表の茶道人口がすごく少ない田舎で習っています。先生は、現在習っている方とそのお弟子さんの先生しかいません。他の地区の先生は、あまりにも遠く習いに行くことができません。 自分の先生は、人間的に尊敬できず、長い間いやでしたが、茶道が好きと言う気持ちだけで10年間習ってきました。ですが、最近その先生のお稽古に行くだけで毎回いやな気持ちになり、ストレスがたまる一方です。表千家の茶道は続けたいし、支部等の催しに参加したいのですが、その先生に習うことは、そろそろ我慢の限界だと思っています。 支部の会にでることは、先生に会うことであり、やめると参加させてもらえないと思います。このまま我慢して続けるべきでしょうか?それともきっぱりとやめるべきでしょうか?自分自身が決め無ければいけないのは、十分わかっていますが、どなたかに相談したくてこちらに書かせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

師匠と話をしてみて真意を確認したうえで、貴方の目標が実現できなら今まで通りにいる必要はありません。支障を変えるべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答本当にありがとうございます。 意を決して話してみるべき、、と私も客観的には思うのですが、勇気が出ない理由があります。 師匠は、お免状を出すこと自体はできる立場にある方なので、おそらく最終的にはNOとは言わないはずです。 ただ、私よりずっと先輩の方たちが免状なしなのにそれを思いやらず私が前に出たがる(実際はそのような気持ちはないのですが)ことを嫌がるのが目に見えています。特に、子供のころから茶道を何十年もたしなんでいる先生のお嬢様をさしおいて・・というお考えがひしひしと伝わって参ります。実は同門入会を希望したときも、それで軽い騒動となりました。何十年もお稽古をされていて何でも出来て、というお嬢様なのですが、私が希望した時点でまだ同門に入門されていなかったのです。結局は、お嬢様が先に入門し、その後しばらく私にも許可が出ましたが、非常に重いきまずい空気の中での許可のお言葉でした。。 おそらく、今後お免状を・・という運びになっても、きついところもおありになる師匠ですので、師匠の意に反して免状をほしがる弟子に対して、よくは思われないはずです。きっとなかなか普通のペースではお免状を出してはくださらないだろうという心配もあります(杞憂であればよいのですが・・)。 また、表千家の師匠を変えてはならないというルールに対してもどう対処したものかと迷っております。 最終的には、自分で決断しなければならないことだというのは重々承知しているのですが、その前に、同じ世界の先輩方のご意見、お知恵をいろいろと拝借できればと考えている次第です。。 Zorro様のご意見本当にありがとうございました。 まだ考えが固まらない状態ですが、Zorro様の後押しをひとつの貴重な判断材料とさせていただきます。

関連するQ&A

  • 師匠と弟子の関係

    『お弟子さんは、お金を持って来てくれる 良い人』 『金の切れ目が縁の切れ目』 などという発言をしている人がいました。 師匠ともあろう立場の人が、こんなみっともないことを言うとは 到底思えないのですが... 私が聞いたところによると、お笑いの業界などの関係では、お師匠さんがよくお弟子さんを食事に連れて行く、など聞きますし、お月謝などが発生する関係なのか?は、あまりよくわかりません。 師匠と弟子といっても、いろんな業界あるので、その方は、一般のお稽古ごとの先生と生徒さんの関係にも、師匠と弟子、という言葉を使っているみたいですが。 そこで質問です。 師匠、弟子というのは、具体的にはどの様な業界で使う言葉で、どんな関係性をいいますか? そこにはお金のやりとりは発生するものなのでしょうか? お稽古事での先生と生徒の関係性と少し似たものがありますが、そうした所では、お弟子さんはとらないと言う先生などもいて、生徒さんとお弟子さんが=イコールではない業界もある様子でした。 師匠と弟子、先生と生徒 ともまた異なる世界なのかな?と、疑問を持ちました。 なにか、この業界ではこうだよ、みたいな、詳しいことをご体験、ご存知の方がいましたら、よろしくお願いします。

  • 使い袱紗の色は?~表千家~

    表千家のお茶をなさっている方に質問です。 普段お点前されるときの袱紗は何色ですか? 私の先生は、赤い袱紗でもオレンジ色の袱紗でもかまわないと (原則はありませんが、どちらかといえば 若い人は赤、年配者はオレンジという感じでしょうか) おっしゃいます。 ですが、先日、別の社中の講師免許をお持ちの方が、 「表千家はオレンジでなければならない」と教わったと仰っていました。 私の先生は某宗匠の直弟子ですし、その方の先生も別の宗匠の直弟子です。 宗匠によって教えが異なるということでしょうか。 結論としては自分の先生の教えを信じることになるのですが、ふと興味がわきました。 皆さんの社中ではどうでしょうか。よろしければお教えください。 (色の違いをはっきりさせるために「赤」「オレンジ」という表現をとりました)

  • 同門会について教えてください!

    茶道を始めて2年近くになる者です。 (引越しの為1年ずつ違う先生でした。) この度、先生に同門会への入会を検討するように言われました。 かねがね疑問だったのですが、この同門会とはなんなのでしょうか? 茶道は好きなのですが金銭的に余裕が無いので返事に困っています。 また、「お免状を取得しても同門会を退会すると免状取消になる」という話を 聞いたこともあります。 これは本当なのでしょうか? 以下が質問です。 1.会費はかかるのでしょうか? 2.断ったり、これからも入らずにいられるものでしょうか? 3.入ることによるメリットは何なのでしょうか? 4.同門会を辞めると免状取消になるのか? よろしくお願いします。

  • 習いごと お師匠さんとの関係

    乱文お許しください。 茶道のことでの相談ですが、他のおけいこごとをされている方でも(されていない方でも)、アドバイスをいただけたら幸いです。 私はおけいこ事(茶道)をしております。7月に「茶名」という資格を取得することができました。簡単にいうと、一通りのことを習い終わった段階です。お弟子さんをとることもできます。(実際には、先生に習いながらお弟子さんをとるのがほとんどです。) お茶名をとると、一応一区切りつくので、卒業式のようなものをします。「引次の儀」というものです。 私が習っているところでは、現在、私ひとりしか弟子がおらず、先生1人:弟子1人の状態です。ですので、自分の先生のところでのしきたりというものを聞ける先輩もおらず、他の茶道仲間もいないので、茶道の世界一般のことも、よくわかりません。 「引次の儀」をするにあたって、私の教室では人数が少なすぎるので、先生が「先生の先生」(大先生)へ頼んで、「先生の先生」の教室でそこで引次をされるお弟子さんたちと一緒に引次をしてもらえ ることになりました。 ただ、「先生の先生」へ頼んでくださる、と言っていた時点では、引次の日程は決まっておらず、今年の秋にできればいいけど、冬になっちゃうかもしれないわね・・・、のような感じで、まだまだ何も分かっておりませんでした。 先週先生にお会いした時も、「先生の先生」のご都合によって、いつ頃になるかまだわからないけれど・・・、引次が楽しみね~と先生がおっしゃっておられました。私もとても楽しみにしておりました。 ところが、昨日、先生からお手紙が届き、「引次は9月○日の○曜日(平日)になります。お仕事を休んでもらうことになります。」という内容が書かれておりました。 そんな簡単に仕事の都合がつかないんですけど・・・、と思うのと同時に、もうひとつ新たな問題が発生してしまいました。 昨日、病院で診てもらったばかりなのですが、妊娠をしていました。 9月○日ですと、まだつわりも結構ありそうなのです。(こればかりは様子をみてみないとわかりませんが。) とにかく早めに先生へご相談した方がいいと思い、電話で、妊娠のことを伝えました。 すると、「もう先生(先生の先生)へ頼んでしまったし、準備してしまったから、いまさらどうにもならない。出席できなかったとしても、会費だけは払ってもらうことになる。お食事がまるまる残ってしまうのはもったいないけど」と言われました。 (ちなみに、引次は、ホテルで会食をした後に、先生の先生のお茶室でお茶を点てるのだそうです。) 「今から私の引次を遅らせることはできないのでしょうか。(9月の会はキャンセルして、もっと遅い時期のときにしていただくことはできないのか)」とお伺いしたところ、「それはできない。」と言われました。 しかも、妊娠のことを、困るわね~みたいな感じであしらわれてしまいました。 (これが一番ショックです。) 茶道の世界では(?)、引次のときには、卒業生側が全部費用を負担します。分かりやすくいうと、謝恩会みたいな感じでしょうか。また、会費負担に加えて、先生へのお礼も包みます。合わせると、数万と言う単位では済まず、数十万円単位になってきます。 記念品など特注品のものを発注してくださっていて、今からはキャンセルがきかないものもあるかもしれないのですが、ホテルの懐石料理くらい、まだ一カ月も先のことだし、私の分くらいキャンセルできるじゃない?と思ってしまいます。 でも、先生は、今からはもうどうにもならない、出席するしかない、とおっしゃいます。(一度「先生の先生」へ頼んだものは取り下げられない、という意味だと思います。) しかも、まだ仕事の休みも取れていないのに、勝手に平日の日に私を出席の形にしてしまった先生にも、ちょっと納得がいきません。 はじめから、私は欠席の可能性がたかく、会費とお礼だけを受け取れればいい、と先生が考えていたのでしょうか。(私の仕事はお休みが取りにくいということは、先生はご存知なのです。) 今まで先生のことはとても尊敬していたのですが、引次の件は、、、どうも納得がいきません。 先生の先生にも、用意をしていただいたのに出席できないということになったら失礼だと思って、早めにご相談したのに・・・。妊娠をとても迷惑がられて、本当にショックです。 もし出席できなかったら、相当失礼ですよね。先生方からしたら、私が失礼なことをしているわけですから、会費にお礼に加えて、お詫び料みたいなものも包む必要がありますよね。 大好きだった茶道が、この一件でだいぶ違うものになってしまいました。 もう妊娠してしまったし、子育て期間はおけいこごとなんてできそうにないので、いっそこのままお師匠さんと縁をきってしまおうか、と悲しいことまで考えてしまいました。 でも、先生には10年以上お世話になっており、恩をあだで返すようなこともできないと思っており、困っています。 これが芸事の世界、と言われればそれまでですが・・・。 どうしたらよいと思われますでしょうか。 この件により、今のお師匠さんについていく気持ちがガクっと減りました。 大好きで茶道を続けてきましたが、一生続けたいと思っていましたが、ここでやめちゃおうかな。 子育て後にまた茶道をしたくなったら、別の先生のところで1からやり直せばいいのでしょうか。

  • 表千家流正式お茶の扇子についての質問

    私は11歳の頃から表千家流を習い38年前20歳で地方講師のお免状を頂いて以来、結婚を機におn茶から遠ざかり現在に至っております。表千家の現指導なさっている教授の先生にお扇子の事について、是非教えて頂きたいと存じますので宜しくお願い致します。私の娘が1年前から近所の表千家の先生の下でお稽古致しておりますが、その先生曰く、正式のお扇子は外側の竹が黒骨(もしくは黒塗り?)であり、普通の竹のお扇子はお稽古用だと言われたそうです。私は経験上、正式は普通の白扇で、そんな事は耳にした事無く不思議に思い、お友達のお裏さんの年配の先生にお伺いしました。「正式は小振りの普通骨の色の付いていないお扇子です。但し、最近の流行でお茶会に行くと結構皆さん黒い骨の物を持ってらっしゃる」との事でした。。もし娘の先生が間違いなら一言申し上げた方が良いと思いますし、正しいなら娘にそのように教えます。宜しくお願い致します。

  • 仕覆 名物裂 カプンドック

    表千家の茶道をお稽古しています。お稽古の時に仕覆でカプンドックという銘を持つ布が出てくるのですが、お持ちの先生も出自を知られません。先生が求められた時(40年ぐらい前?)にはカタカナで書いたものが添えられていたらしいです。読み方も誤っているかも。よろしくお願いします。

  • 茶道で入会を断られました

    こんにちわ。教えてください。 私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。 ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、 先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、 私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。 (お炭は1回だけ) 去年、先生がご高齢で亡くなり、 跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが 何年後かわからないということもあり、 他のお教室をさがそうかと思ったのですが。。。 まったくの初心者の友人も茶道を始めたいということだったので ネットに載っていた教室に問い合わせをしたところ、断られてしまいました。 私としては、跡をつがれるお孫さんの教室に通うかはわからないし、 かといってまったく遠ざかっては忘れてしまってもったいないですし、 歴は長いけれど私自身は基礎もなっていないと思うので、 初心者の方とご一緒でいいので、 基礎のお薄、お濃茶のお稽古からお願いしたいとお伝えしたのですが。。。 芸事ですから、師事する先生が変わる場合は たとえば表千家なら同門会などを通して紹介頂くのが確かに筋かもしれないのですが、 問い合わせをした教室の先生は電話口で 取り付く島もないという感じでして。 「お免状を持ってる方は扱いが違うから」 「長年他でやってきた方はちょっと難しいと思う」 「前の教室が再開されたらそちらへ戻るってことでしょう?」 と。 再開したところへ戻るかはわからないと説明したのですが、 とにかく「難しい」の一点張りで、それ以上の説明をしていただけず、 途中で一方的に電話を切られてしまいました。 なんだか、先生側に私のような立場の人間を嫌う理由があったみたいです。 ネットのお稽古ページに掲載されていたので、 文化センターのような気軽な扱いかと思ったのですが。。。 なぜそんなにも嫌がられたのでしょうか? 中途の人間はそこまで避けられるものでしょうか。 電話口の対応があまりにひどくて、さすがにショックでした。 どなたかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 茶道を続けるか悩んでます。

    私は、裏千家を習い始めてまだ一年以内です。 茶道の雰囲気にも慣れ、茶道の楽しさなどを実感してきました。 しかし、私の習っている先生は有名な先生らしく月謝8,000円(月3回・抹茶や茶菓子代込み)のほかなんだかんだと他の社中の水屋代やお茶会の寄付、先生のご祝儀とお金が掛かります。 正直周りの方がお金を持っている奥様が多いため、茶道の世界では、ご祝儀で最低3万でも恥ずかしい金額だと言われました(それも、稽古終了後に来週までといわれたりもします) しかし、お茶会に参加するために付け下げか訪問着を買わなくてはいけないのに(習っている社中では、小紋はあくまでも練習着です)一向に貯まる所か貯金を崩しているのが現状です。 親にも甘えたくなく、早くも茶道を続けたくても経済的に困難になってきたため先生に正直に話して、自分の身の丈にあった先生のお弟子さんがされてるカルチャーセンターなどでゆっくり茶道を続けたいなと思っていますが、紹介して下さった叔母に恥をかかせてしまうのではないかと心配ですし、先生に別の社中に行きたいといっていいのか悩んでます。 誰か、茶道を経済的理由で辞めた方もしくは社中を変えた方は居ますが?その際、どのように先生に伝えたかを教えてください。

  • 茶道教室を辞めたのですが

    今年の5月から表千家の先生について月3回お稽古をしていました。 4回目のお稽古の際に、最初(入門・習い事)許状の話をされ、その場で申請料3万を先生にお渡ししました。 受け取る際に『他のお弟子さんと一緒に申請するので、お渡しするのは少し後になる』と言われました。 その後は普通に稽古に通っていましたが、だんだん先生のお人柄に疑問を感じるようになりました。 一番気になったのは、その場にいない社中や、他の先生の悪口で 『あの人は、認知症だ』 『あの人は、まだ結婚しない』 『あの人は覚えが悪い・・・』などです。 些細なことを、悪くとらえて『自分に逆らっている!』と思い込み、いきなり怒り出したりします。 ですので新しい方がすぐに辞めていき、長く習っているのはたった2人です。 あとは稽古中にほぼ毎回平気で大きな音でゲップをしたり、 猫を飼っておられるので、猫の毛が水差しに入っていたこともありました。 先日、風邪で稽古を休んだことをきっかけに、先生の機嫌を損ねたようで(当日の朝、お休みの連絡をいれたのが 気に入らなかったそうです) 突然、『あなたには、もう教えられません。茶道は体で覚えるものです。頭で考えるあなたには無理です。今日で最後ですよ』と言われました。 しかもお点前中にです。 正直、私ももう先生に気を遣うのが辛くなっていたので そのまま『わかりました、ありがとうございました』と言って帰ってきましたが 申請済みの許状はどうなるのでしょうか? 既に申請している許状を受け取る前にお稽古を辞めた場合はどうなるのでしょうか? お金をお支払して5カ月も経つのに渡されていませんので、 申請自体されてるのかな…と疑問です。

  • 茶道が好き・・・しかし裏を知り嫌になりました

    茶道を習っている方へ 私と同じような気持ちになった方はいらしゃいませんか? 私は十代の頃、茶道を習っていました。 そこで見たものは ・そこに居ない人の悪口 ・お茶会での先生同士の戦い・張り合い ・お茶会の客(どこかの先生)がなさった電熱釜のスイッチ切事件 ・先生の弟子への(先生の資格を持っているような長く習っている弟子への)お茶碗の売りつけ ・社中内でのしきたりをはっきり教えてくれず、後で嫌味を言う そういうのが嫌で、大学進学時にいい機会だと思い辞めました。