• 締切済み
  • 困ってます

時効前の再捜査について

たまにニュース等で殺人事件の公訴時効が迫ると警察が再度捜査員を導入して捜査にあたっているのを見ますが、殺人事件以外のケースでそういった再捜査が行われるニュースは耳にしたことがありません。 こういった時効前の再捜査というのは殺人などの凶悪犯罪のみ行われるのでしょうか?

noname#119669

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数478
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

>例えば無数に存在する架空請求詐欺等の犯罪においては検挙率も低く、犯人を特定出来ていない全てのケースをカバーすることは現実的に困難であると考えますが、その場合は事件性の高い、例えば被害額が大きい事件から見直すという流れになるのでしょうか。 労多くして益なしのようなものはパスするでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 凶悪犯罪の時効

    殺人事件等の凶悪犯罪に時効があることに疑問を感じています。もちろん限られた捜査人員の中、事件発生から時間の経過にともなって、捜査規模の縮小、捜査の打ち切りといったようになることは止むをえないと理解します。 しかし、先日の銀行強盗のように別件で逮捕された犯人が未解決事件(既に時効成立)の容疑者だということもあります。その際に過去の犯罪の罪を問えないのは非常にもどかしい感があります。 また、なによりも凶悪犯罪の犯人には逃げるにせよ、せめて一生苦痛を感じ続けるべきだと思うのです。犯した罪は、何年経とうと償うこともなく、もみ消されるものではありません。物理的(捜査の継続等)な時効は止むを得ないにせよ、形式的に時効を無くすことは、可能ではないでしょうか?被害者や遺族の感情を考えても理が通ってるように思えるのですがいかがでしょう?

  • 時効はなぜあるのでしょうか?

    時効なんてなぜあるのでしょうか。少なくとも凶悪犯罪に対しては時効は撤廃すべきだと思いますが、いかがなものでしょうか。当事者でなくとも、凶悪犯罪が時効で捜査打ち切りにされてしまうのは納得がいきませんよね。

  • 民事も時効?

    23年前に自殺として処理された長野県の男性の死が、実は殺人事件であったという件について。 刑事事件としての公訴時効だ成立しているのは理解していますが、民事についても時効が成立しているのでしょうか。

  • 回答No.1

そんなことはありません。時効前にもう一度チェックすることは多くの犯罪で行われます。 検察に送られた事件などは、検察が台帳管理してます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 そうなのですね。それを聞いて少し安心しました。 しかしながら、例えば無数に存在する架空請求詐欺等の犯罪においては検挙率も低く、犯人を特定出来ていない全てのケースをカバーすることは現実的に困難であると考えますが、その場合は事件性の高い、例えば被害額が大きい事件から見直すという流れになるのでしょうか。 重ねて質問して申し訳ありません。。 出来れば、上記についてもご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 公訴時効成立及び親族相盗例の免訴判決の違い

    公訴時効が成立すると、捜査機関は捜査にすら着手しませんが、親族相盗例では起訴されて有罪判決と同時に免訴判決が言い渡されることもあると聞きます。公訴時効が成立しても捜査・逮捕はできますか?また、公訴時効が成立した犯罪は起訴し得、有罪になり得ますか? 逆に、親族相盗例で起訴されて有罪判決を受けると前科が付くのでしょうか?

  • 公訴時効について

    公訴時効についてですが、公訴時効が完成した事件を今後、裁けることになる可能性はありますか?裁けるようになるとするとどのような弊害が生まれてきますか?

  • 傷害罪の時効について

    昨年傷害罪の時効が傷害罪は15年以下の懲役なので公訴時効は10年改正されたと聞きましたが、改正前は7年だっと思います。7年以下の懲役の場合公訴時効は何年だったのでしょうか?また公訴時効についてですが、公訴時効前に告訴されている場合検察から起訴されたら時効関係なく裁判になったりするのでしょうか?改正前の事件はその時の法律が有効なんですよね?それとも7年前の事件でも今は現法律が有効になってしまうんでしょうか?

  • 凶悪犯罪の対処法

    テレビや新聞などで殺人事件などのニュースを見るたびに、苦しくなります。 いつ自分が遭うんじゃないか、家族や友人が遭うんじゃないかと、おびえてしまいます。 連日のように殺人などの凶悪犯罪が報道されるこの頃、怖くて怖くてとても平然としてられません。 毎日おびえて暮らさなければならないのかと思うと気が重いです。 何か楽になれる方法や考え方はないでしょうか。

  • 福岡は治安悪いのはなぜでしょうか?今回のバラバラ事件も一例ですが殺人事

    福岡は治安悪いのはなぜでしょうか?今回のバラバラ事件も一例ですが殺人事件などの凶悪犯罪が地方都市にしては多すぎないですか?

  • 捜査本部の解散って誰が決めるの?

     凶悪犯罪があると捜査本部が出来ますよね?  もちろん事件が解決すれば捜査本部は解散すると思うんですが、事件が解決しなくて暗礁に乗り上げた場合でも捜査本部は解散されるものなのでしょうか。  それとも規模縮小?  よろしくお願いします。

  • 時効について

    先程、警察官殺人事件が時効になったとニュースで見ました。 ふと思ったのですが、時効後でも犯人が見つかった場合は逮捕できるのでしょうか? それとも、何か違う形で拘束されるのでしょうか? 教えてください。

  • 警察の「捜査本部」って?

    ドラマとかでよく捜査本部(対策本部?)とか言って、刑事が列んで座り前に偉い人が座って経過報告とかしていますが、あれはどういう事件の時するんですか?窃盗とかではしませんよね?やっぱり凶悪事件だけなんでしょうか。 それから殺人事件なら全部あの捜査本部はするんですか?でも殺人って山ほどありますよね。その度にあの捜査本部を開くんでしょうか?

  • 公訴時効の停止に関する質問です。

     刑訴法254条1項は公訴提起により公訴時効が停止すると定めています。  そして同274条2項は公訴提起の日から2ヶ月以内に起訴状の謄本が送達されなかった場合公訴提起は遡及的に無効となるとしていますが、この場合でも判例よれば254条1項による公訴時効の停止効は生じることとなります。  そこで公訴されていない被疑者が逃げ隠れしているため公訴時効が進行している場合、実務上時効の完成を防ぐため被疑者所在不明のまま起訴し、起訴状不送達により公訴棄却されたときは再起訴を繰り返すことで公訴時効の完成を遅らせる方法が採られたことがあります。  ここで少し古いのですが、なぜ福田和子の事件の場合、この方法が採られなかったのでしょうか?  法制度上、この方法を採ることができない理由があったのでしょうか?ご教授願います。  (なお現在では公訴時効期間について改正されていますが、この点は度外視でお願いします。)

  • 公訴時効と検察審査会

    公訴時効が3年の犯罪の場合、犯罪行為から2年6か月の時点で検察官が不起訴処分にして、その後、検察審査会に申し立てをしたが、検察審査会で審査中に3年の公訴時効が来た場合は、どうなるのでしょうか?