• ベストアンサー
  • 困ってます

男の文通が内容になっている小説

数ヶ月前の、新聞の新刊の書評で (↓うろ覚えですが) 男が、文通をしていて、その手紙が小説になっているという本が 紹介されていたのですが、 著者やタイトルを忘れてしまいました。 著者は日本人の男性作家だったと思うんですが・・・ 今になって、読んでみたいと思い始めたのですが どなたか、どの本か見当が付く方はいらっしゃいますか? これじゃないかと思う本があれば、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数132
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうです、この本です! これで読むことができます。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 最近出た、古語に関する本のタイトルを教えてください

    先日、毎日新聞の(たしか)書評欄に載った本です。 (うろ覚えなのですが、) 今使われなくなっているが、死語にするのが惜しい日本語を動態で保存する、 というような趣旨で書かれた単行本が紹介されていました。 買おうと思ったのですが、タイトルが思い出せません。 最近出た本だと思います。 タイトルか著者名を教えてください。よろしくおねがいします。

  • この話の本、ご存じの方いらっしゃいますか。

    かなり前、何かの雑誌の書評コーナーか何かで紹介された本が気になっています。 タイトルも著者名も全く忘れていますが(たしか外国の作家だったような)、こんな話がありました。 ある男が目をつむったまま何歩歩けるか、自分への挑戦のようにそれを試している。最後にはもっと変なことに挑戦しだしている・・・。 っていうような。あらすじもうろ覚えなので、オチ自体が、目をつむってどこまで歩けるか挑戦しだすって方だったのかも知れません。 ずっと読みたいと思っている作品です。ご存じの方いらっしゃいますか?

  • 小説にはまってきた男

    大学生にもなって、今頃?と言われそうですが小説に最近、はまりつつあるアニヲタの私です ジャンルは偏っていて、「ミステリ」が多くしかも、国内の人ばかりです。はまり始めてから、読んだ本の主な著者は(ミステリ外の著者も入れて) ・江戸川乱歩 ・東野圭吾 ・綾辻行人 ・有栖川有栖 ・赤川次郎 ・森博嗣 ・あさのあつこ など なのですが・・・自分は小説にはまって日が浅いのか、単に疎いというか知らないだけなのか、他にどんな著者がいるのかわかりません。かと思えば、ネットで「小説家」で検索した日には五万とたくさんの作家さんの名前が出てきて、どれを読めばいいのか・・・ 自分は↑にあげた作家さんのうち、綾辻行人氏の館シリーズのようないわゆる「本格系」とかいわれるミステリ小説を読みたいのですが(話は脱線しますが氏の本を読んで本当に震えました。最高でした。自分の小説に対する考えを変えてしまいましたよ。綾辻さんラブ) ミステリ好きのあなた・・・そんな私にお勧めの本(もしくは著者)はないでしょうか?有名な本でも、隠れた名作でもかまいません それと、「小説好きなら知っておけ!」と思われる著者名なども教えてくれれば助かります・・・読むかはわかりませんが、知っておくことにこしたことはありませんから 海外ミステリでも可ですが・・・なんか、自分途中で読まなくなってしまう傾向にあります・・・ミステリに限らずですがww 一体、何でなんでしょうかねww 

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

書評、ということですから、発売されて間もない作品でしょうか。 そうではなく、少し以前のを紹介されたものでしたら 宮本輝の【錦繍】かな、と思います。 別れた男女が文通をしあって、過去のこと、現在のこと、未来のことを見据えていく素敵な小説です。 新潮文庫です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ANO2の方の本でした。 でも、【錦繍】という本も興味をそそられました。 文庫なら買いやすいし、ぜひ読んでみます。

関連するQ&A

  • 小説を探しています。

    こんばんは。 探している小説があるのですがタイトルがうろ覚えで検索してもHITしません。 タイトルは確かWonderful何とかだったと記憶しています。 ハードカバーで表紙のバックは青色(青空?)にひまわりの写真が入っていたと思います。 日本人の作家さんですが男女どちらかは覚えていません。 内容は子供の夏休みの話だったようなそうでないような・・・。 記憶があいまいなのですがこれで本のタイトルや作家さんがわかる方いらっしゃいませんか? 思い出せないぶん余計に読みたくてうずうずしています。 よろしくお願いします。

  • 小説『愛の後にくるもの』につぃて

    「愛の後にくるもの」という小説を新聞記事で見つけ、読んでみたいと思いますが、この本は2種類あって、それぞれ著者が辻仁成と、韓国人作家のコン・ジヨンになっています。自分が分からないのは、2冊の本の内容は異なっているのか、それとも同じなのか、ということです。 どなたか教えてください。お願いします。

  • 大学新聞の書評に適した本を探しています

    大学新聞を書いている学生です。 次の新聞で書評を担当することになったのですが、なかなか丁度いい本が見つからず困っています。 一応新聞の書評なので、発刊されてから半年以内の、ハードカバーの新刊の小説、という規定があります。学生が対象なことを考えると、濃密な恋愛ものや余りに暗い内容のものは適さないかな・・・と悩んでいる間にも締め切りが迫り、焦っています。それから、短編集も内容の説明がしづらいかな、と避けていて・・・。 このような条件に合う新刊をご存知の方、是非教えて下さい!!

  • 直近の記憶が出来ない主人公の小説と映画は?

    どこかの書評で最近読んだのですが、どこの書評かわからなくて、どなたか教えて下さい。 直近の記憶がなくなる(できない)主役がメモなどをつねに書いておくことで何とか生活を続ける。 そんな小説(ノンフィクション?!)が昨年あたりに出版されていると思うのですが、タイトルも著者名もわからないので探しようがありません。タイトルと著者を教えて下さい。 また、直近の記憶ができない主人公の映画(もちろん海外作品)もあったと思うのですが、そちらもご存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。こちらは2,3年前かと思います。

  • 次のような内容の小説を探しています。

    次のような内容の小説を探しています。 1986年に開催された「つくば博」で、タイムカプセルに 手紙を入れて16年後の2001年1月1日にそれを配達。。。 という企画があったそうですが、実際、16年後に手紙が配達されて みると思いもかけなかったトラブルが次々と起こったそうです。 例えば、当時つきあっていた恋人から、今は別の人と結婚している 主婦の元に届いて。。。などなど こういった話(16年前の手紙によってもたらされた ハプニング(?))が小説化されていると以前、聞いたことが あるのですが、タイトルも著者名もすっかり忘れてしまいました。 ご存知の方、教えて下さい!!

  • 本の内容がわかるサイト

    普段、書籍購入にはesbooksを利用していますが、物によっては内容紹介も読者のコメントも無いものが多いんですよね。 特に私の気になる本(「ダ・ヴィンチ」の新刊予定に書かれているタイトルだけで判断)は私の興味の対象が多くの方とずれているのか、コメントも無いものが多いんです。(T_T) そこで、どんな本にも内容紹介が付いているサイトをご存知でしたら教えてください。 全てが無理なら新刊予定や新刊の本の内容だけでも、または新刊はないけれど既刊なら内容紹介されているでも、どちらかだけでも結構です。 購入サイトで扱われている程度の一般的な範囲で構いませんし、購入できないサイトでも構いません。 説明も短い簡単なものでよいのですが。 それとも各出版社のサイトや作家さんのサイトを地道に当たるしか方法はないのでしょうか。(T_T) どうかよろしくお願いします。m(_ _)m

  • 主人公が一人を好む小説

    タイトルの通り主人公が一人を好む小説を探しています。 次第に人との交流を深めていくものでも、そうでないものでも良いです。 作者は日本人作家、恋愛は少な目で日常的な雰囲気のものが良いです。 ほとんど小説を読んだことが無いので好みの作家を挙げたりできないので答えづらいかもしれませんが、条件に当てはまるオススメの小説があったら教えてください。 ちなみに自分は男なのでそれも考慮に入れていただけたらうれしいです。

  • おすすめの小説

    読書が好きな私ですが、読書歴が浅く、外国の物はいくつかバラバラ読んでいますが、日本人作家の物は石田衣良さん、小野不由美さんの二方の本しか読んだことがありません。二人の本はほとんど読んでいます。 そこで、新たに好きな作家さんを発見していきたいので、おすすめを教えて下さい。 石田さんや小野さんの様な、ガーッと読ませられて、話の最後がすがすがしく、キャラクターが際だっていて、何度でも読み返したくなってしまうようなおはなしが好みです。 好みがうるさくてすみません…、でも他にもこんな面白さもあるよ、というような本も教えて下さると嬉しいです。 海外物も好きなのですが、恋愛物や実体験物しか読んだことしかないのですが、内容自体が面白くてもダラダラと進む様に思います。そういう物はちょっと苦手です。 単体で面白いだけではなく、作者の読ませ方などが上手く、その小説の著者の本を全て揃いたくなってしまうような物を教えて下さい。

  • 『トランヴェールという雑誌に紹介されていた小説』

    『トランヴェールという雑誌に紹介されていた小説』 今年(2010年)の初め頃だったかと思います。 JR東日本の新幹線の中にあったトランヴェールという雑誌に紹介されていた小説なのですが、 はっきりとタイトルが思い出せません。 確か『冷蔵庫』という言葉がついたものだったような気がします。 著者の名前も思い出せないのですが、日本人で男性だったと思います。 大変あいまいで申し訳ないのですが、どなたかご存知の方がいらっしゃったらご回答お願いします。

  • 男の心情が解る、小説や本を教えて下さい。

    男の心情が解る、小説や本を教えて下さい。 男の心情を知りたくて、渡辺 淳一氏の「欲望の法則」「これだけ違う男と女」「男というもの」を読みましたら、全く参考になりませんでした。 男の目線からとか、男性作家の恋愛モノなどを教えて下さい。(出来れば、男がどのように女を見ているのか思っているのかを、書いている小説や本などを) お願い致します。