• ベストアンサー
  • 困ってます

名誉毀損罪と侮辱罪の違いがよくわかりません

本日相談させていただいた、 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4935589.html に関連する相談です。 上記の件で弁護士の先生とお話している時に、名誉毀損罪と侮辱罪という単語が出てきました。 その後、インターネットで調べたり、書籍を読んだりしたのですが、刑罰等の違いはわかったのですが肝心な内容の違いがよくわかりません。 どちらもあまり変わらないような気がして・・・ 名誉毀損罪と侮辱罪の内容の違いを教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

noname#90523
noname#90523

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

書籍をお調べになったとのことですから、当然お読みになっていると思いますが、刑法の条文に以下のように書いてあります。 (名誉毀損) 第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 2  死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。 (侮辱) 第二百三十一条  事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。 基本的な違いは、一目瞭然。もちろん、限界線の問題はありますが、ご質問はそんなことではなさそうなので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 刑法の条文は難しいと思い込んでいて、読まず嫌いで読んでいませんでした。 刑法の条文を引用していただけて、かなり理解ができました。

関連するQ&A

  • 名誉毀損と侮辱罪に関して教えてください

    全くの素人です。 名誉毀損で訴えるとか侮辱罪て訴えると、たまに聞いたことがあります。 今回私は、認識の違いもあったのかもしれませんが、「詐欺」呼ばわれされました。 著しく損害を被った訳ではないのですが、どうも腹の虫が収まらない状態です。 弁護士に相談するにもあまりに知識が乏しく、また、費用のことなどを考えると二の足を踏んでしまいます。 そこでご質問なのですが、自分の感情を逆なでされた程度で、名誉毀損や侮辱罪で相手を訴えるという選択はどうなのでしょうか。 相手はこちらが法的に訴えるとは思っていないので、「詐欺だ」と軽く発言します。 本当に腹が立ちます。(でも、その程度です) 今後もそのような発言をされる可能性もありますし、証拠集めのためにだけ、何度も発言されるまで待つのもどうかと思います。 損害賠償とまでは言いませんが、「詐欺だ」と言ったことを反省し訂正して欲しいと思っています。 お互い社会人ですので、子どもの喧嘩みたいに軽くは流したくないと思っています。 質問がチグハグになってしまいましたが、名誉毀損や侮辱罪で訴えるにはどれくらいの費用がかかるのか。 また、損害賠償を求めるほどではないが、反省し訂正を求めたい。 この程度だと、黙って見過ごすしかないのでしょうか。 ご回答、宜しくお願いします。

  • 名誉棄損?!侮辱?!

     私は不倫をしてしまいました。もちろん相手とは別れました。しかし、不倫が相手の奥さんにバレており奥さんは現在、弁護士に相談中とのことです。奥さんの目的は「私の住所を調べる」「私の大学に電話する」ことみたいです。また、奥さんはミクシィをやっているので私が不倫したことを書き込まれないか心配です。(私はミクシィはやっていません。)もし、奥さんが私の両親や大学やバイト先に私が不倫したことをバラしたとすれば名誉棄損罪か侮辱罪にとわれるといことはないのでしょうか?!もっとも、奥さんは弁護士に相談しているので法に触れない方法でアプローチしてくると思うのですが・・・ご回答いただけると嬉しいです。

  • 名誉棄損罪とか侮辱罪になるか?

    次の行為は、まだ実際にはやってないのですが、もし仮にやったら、名誉棄損罪とか侮辱罪などの犯罪か何かになるでしょうか? 民事上の責任はどうでしょうか? 次の内容を、ブログ、電子掲示板などに掲載すること。 (1)ある公務員の具体的な氏名と、当該公務員が行った具体的行為を示す事実(完全に客観的に証明できる事実) (2)上記(1)の事実に基づいて、当該公務員の行為が不当であることを主張する意見の表明 刑法230条の2第3項は、公然と公務員に関する事実を摘示した行為は、(公共の利益に関する事実であり、公益目的だとみなして)、事実であることの証明があった場合はこれを罰しないと定めています。 この刑法230条の2第3項によれば、名誉棄損罪にもならず、侮辱罪(刑法231条)にもならないのでしょうか?

  • 名誉毀損罪、侮辱罪の成立について

    はじめまして。 最近、法律を趣味で学ぶにあたり、よくこのサイト内で検索をかけて閲覧しています。 一応検索したものの、わからないことがあったので、質問させてください。 (1)刑法230条でいう「公然」というのは、「不特定又は多数」ということだそうですが、そこで摘示した内容が他者を通じて伝播する恐れがあるというだけで、「公然と」の要件は満たすのでしょうか? そうだとすれば、守秘義務のある者同士である会議等でない限り、たとえば一対一、若しくは一対複数の日常の世間話などで、ある特定の人物の評価を落とすような発言をしたら、かなり広く名誉毀損罪は成立するのでしょうか? (2)名誉毀損罪が成立するためには、実際に社会的評価を低下させたという結果は必要でないらしいですが、結果が発生していない状況で結果が発生する恐れがあるというのは、どのようにして判断されるのでしょうか? たとえば、ある人を名指しで公然と、 ・煙草を吸うから口が臭い ・鼻糞を食べるから気持ち悪い ・過去にグレていたから短気だ ・結婚してから○○キロ太って、だらしがない 等という、いわゆる具体的な事実も含めた悪口、陰口の場合には、社会的評価を落とす事実として根拠が薄いから、本罪は成立しないのでしょうか? 本サイトで、以前「あいつは馬鹿だ」と公然と言うのは侮辱罪、「あいつは試験で0点だったから馬鹿だ」と言うのは名誉毀損罪という記述を目にしたことがあるのですが、「馬鹿」ということと社会的評価を下げる恐れがあることの因果関係があるかどうかというのは、結果が発生しない状況でどうやって判断されるのでしょうか? (3)名誉毀損罪と同じく、侮辱罪も社会的評価を下げる恐れがあるような侮辱を公然とした者に適用されるそうですが、侮辱罪の成立に必要なだけの侮辱というのは、どういうものでしょうか? (2)で、単に馬鹿ということが侮辱罪になるらしいということを書きましたが、最近「おバカタレント」という表現からもわかるように、一種の個性に過ぎないという考えが広まりつつあります。 この条文における「侮辱」というのが、あくまである言葉の辞書的な意味によって侮辱とするのか、世相や状況によって侮辱ととれるもののみ侮辱とするのかがわかりません。 (4)(3)と関係するものですが、侮辱される対象の社会的地位等によって、侮辱と見なされるかどうかの判断は変わるのでしょうか? たとえば、一般に基礎学力が必要とされる者(教師、医師、弁護士、学者、大学生等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うことと、一般に肉体を使って働く職に就く者(プロのスポーツ選手、とび職、各種運転手等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うこととで、社会的な評価が下げられる可能性というものは変わってくると見なされるのでしょうか? (5)判例で、「デブ」と言うことが侮辱罪に当たるとしたものがあるらしいですが、太っていることを指摘することが社会的評価を落とすという根拠を教えてください。 身体の特徴を示す「デブ」という言葉が侮辱に当たるというのは、判決が「デブは悪いこと」と言っているように思えて仕方ありません。 他にも、私は世間と見方が違うのか、馬鹿が悪いことだとは思いませんし、ブサイクも本人の個性の一つでしかないと思ってしまうのですが、判決はあくまで世間一般にどういう評価が為されるか、ということに着目しているでしょうか? 逆に、「ヤセ」、「ガリガリ」、「ガリ勉」、「顔が綺麗すぎる」、「性格がよすぎて騙されやすい」等といった言葉は侮辱に当たらないのでしょうか? (6)名誉毀損罪の2項には、公共の利害に関する事実の摘示は名誉毀損罪に当たらない(事実が真実である場合のみ)とされていますが、「公共の利害に関する事実」というのは、どうやって判断されるのでしょうか? マスコミが影響力のある人物の真実の内容を報道する件についてはわかりやすいのですが、では塾の講師が生徒に「この問題集は、解説が不明確でわかりにくいから買わない方がいいぞ」と言った場合は、どうなるのでしょうか? 公共の利害に当たるから違法性がないのか、生徒の勉強をはかどらせるための正当な業務に当たるから違法性がないのか、それとも違法になるのかがわかりません。 (7)個人が数人に対して、若しくは公園等の不特定の人に聞こえる場で、「あの人の授業わかりにくいよな~」ということを言った場合、名誉毀損罪に当たるのでしょうか? (6)や(7)まで規制すると、言論の自由が制限されてしまう気がするのですが、どうなのでしょうか? 非常に長くなり、申し訳ありません。 本当は業務妨害罪、強要罪についてもお聞きしたいのですが、あまりに長くなるため、質問を分けさせていただきます。 どれか一つについてでも構いませんので、お答えをいただければ幸いです。

  • 侮辱罪、名誉棄損罪について

    実は、私は2年ほど前にグーグルのコメント欄に この人は中学時代にいじめをしていたとか、 学生時代、人を見下す嫌な人だったとか、 この整体師は不祥事を起こして 所属団体を首になった人だとか、 書き込んだことがありました。 相手もその内容は読んでいると思います。 今もそのコメントは残ってまして もちろん、嘘は全く書いてないんですが、 それでも相手の人が訴えたら 私は侮辱罪、名誉棄損罪に問われるんでしょうか?

  • 名誉毀損罪と侮辱罪について(長文です)

    あるブログを見て、コメント(書き込み)をしてしまいました。 その方の人格を否定するような内容です。 「あなたの存在は、多分○○だよ。~ 以下同じような内容が続く」 明らかに、ブログの作成者の人格・人間像を、私が決め付けて、見下した失礼な内容でした。読み返した後、申し訳けなく思い、すぐに撤回をし、謝罪と削除依頼を新たにコメントに入れました。また、別途メールでも謝罪と削除依頼をしました。※全体の文の脈絡としては、思い切り人格否定後、だからこうした方が良いとアドバイスした内容なのですが・・・ ところが、削除はされず、ブログの主催者にそのまま放置されてしまいました。どうしようかと悩み、教えてgoo!を見たところ、名誉毀損・侮辱罪にあたるような内容なので、相手次第で、親告罪で訴えられる可能性があるということでした。そこで質問です。 1.ブログの主催者の氏名・住所は公表されていません(ハンドルネームは、実名かわかりませんが、名の部分だけ記載あり)また、ブログの内容で勤務先は推定できます。その他、その方の特徴が詳細に記載されているので、労力を掛ければ本人を割り出すことも充分可能だと思います。この状況で、名誉毀損の条件(氏名・住所の特定)にあてはまりますか? 2.名誉毀損罪と侮辱罪で罰せられる場合、捕まるときどのような状況になるのでしょうか。(家宅捜索があるのか、会社で逮捕されるのか、手錠をはめられるのか、新聞で実名報道されるのか、親族に連絡するのか、不起訴?の場合でも前科がつくのかなど) 馬鹿なことをした上で、質問するとは虫がよすぎて、大変恐縮ですが、どうかご回答をお願い致します。(内容に不明な点があれば、補足コメントを随時入れます)どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 名誉毀損について

    Q1、「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態をいう(wikipediaより)、とあります。 公然性がないと刑法上の名誉毀損や侮辱罪は成立しないようですが、 民法上の名誉毀損罪は、その事実があれば電話や手紙による1対1の状況でも成立するのでしょうか? Q2,下記の事例ではどのような法律に違反する可能性があるのでしょうか? 例、自宅で自分のノートに、太郎(仮名)が次郎(仮名)の名誉毀損をする内容を書いた。 当然ですが、これだけでは名誉毀損にはなりません。 では、この後に太郎が、このノートを切り取り親展で封筒に入れ、太郎よりとまで書いて自宅の次郎宛に送りつけたとします。

  • 名誉毀損?

    以前、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5464775.html で質問させていただいたものです。突然youtubeのメッセージで「ここでさらされてるぞ!」と来たのでニコニコ動画を見てみたら僕との通話が公開されていたんです。「○田」という本名を「乳田」とされ、脳内メーカーの映像を公開していたり僕が歌っているシーンをWebカメラの映像つきで公開していたみたいで。突き詰めると「あ、すいません、俺日本人です」と言い、何やってくれたんだと言うと「あ、すみませんでした、はは」と悪気を感じていなくて。その内容も生放送していたようで「警察に通報するぞ」と言うとコメントに「高校生の人生を棒に振ってやるなよ」とあり、確かに彼は16歳らしいのですがこれって名誉毀損とかにならないんですかね?プライドもなにもかもずたずたにされとても不愉快でいろいろさらされていたことを考えるとぞっとします。訴えようにも親にばれると厄介ですし・・・。まだヤツは16歳だから・・・。

  • 名誉毀損とか侮辱罪って、範囲が広すぎると効力がないのでしょうか

    法律に関しては無知なので教えてください。 名誉毀損や侮辱罪は、範囲が広すぎる場合は訴えても勝つことが できる確率は低いのでしょうか。 たとえば、個人名ではなく、障害者や女性、日本人といったカテ ゴリで誰か(もしくは企業)が侮辱・非難した場合、カテゴリに 含まれる自分がその誰かに対して訴えたとして、勝つことはでき るのでしょうか。また、自分が勝った場合、そのカテゴリに含ま れる他の人が同じ内容でその誰かを訴えたら(私が勝ったという 前例があるのだから)勝算が高いのでしょうか。

  • 名誉毀損罪と侮辱罪について

    知人が悩んでいるのでお聞きします。 知人が某SNSでこのようなニュアンスの日記を書き悩んでます。 内容は嫌いな人や嘘つきな人はお友達解除します。 との内容である方をお友達より解除しました。 もちろん~~とは一言も言っていません。 (貴方が嫌いだ個人を特定していません。) そしたら 以下の内容のメッセが送られてきたそうです。 あんなに誹謗中傷を書いて友達消されたの僕だったんですね これからのあなたの人生の為に言いますがインターネット等の不特定多数の者が閲覧できる場所で個人を誹謗中傷すると罪になります これは立派な犯罪として運営会社に連絡すると共にあなたを刑法・民法両方を適用させ起訴します 名誉毀損罪( 刑法230条 ) 3年以下の 懲役若しくは 禁錮 または50万円以下の罰金である。 侮辱罪( 刑法231条) 事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立する罪の両方違反で略式起訴したいと思います 顧問弁護士がいたら氏名の公表をお願いします 人生勉強だと思ってきちんとした生活して下さい XXXXXXXXXX(送信者の会社名) XXXX(送信者の本名) 顧問弁護士 ●●県弁護士会 弁護士名記載 再度確認の為記載しますが個人を特定はしていません。 このメッセージはサイトを通じて送られてきました。 先方は業務上弁護士の方とお付き合い(契約)があります。 私は (1)反対にこの文言は恐喝になるのでは?(示談に持ち込みお金を巻き上げようとしているのでは?) (2)送信者本人が弁護士の名を語って勝手に送信したのでは? (3)弁護士の先生がこのような案件を全て面倒見ていたら手が回らないのでは? と思いますが・・・ 本人にしたらやはり真剣に悩んでいます。 この場合事実確認と対応どのようにしたら宜しいのでしょうか? ちなみに先方は男性で悩んでいるのは女性です。 宜しくお願いします。