• ベストアンサー

がん保険について

はじめまして。32歳、女性、独身、会社員、兵庫在住。 がん保険について検討中です。全くの素人でしてご助言どうぞお願いします。 現在、両親が掛けてくれている簡保の終身保険がありまして、それに医療保険特約を加入しております。(長生き君おたのしみ型。計1000万円で3つに分けているようで、全部をあわせると、入院保障日額1500円が付くことになっています)簡保については、両親が掛けてくれているものなので、そのまま続けたいと思っています(60歳までの支払いを払い済みにしているようなので。) 簡保の方にはがんについての特約がなく、まとまったお金が必要となることを考えるとがん保険は他で入ろうと思い、検討中です。 (1)きらめき生命 (2)あんしん生命の2社で迷っています。 どちらも診断給付金が複数回あるというところで。きらめき生命については、先進医療保障が付くので第一候補と思っているのですが、実際の場合、通院保障に重きを置いてあんしん生命にした方がいいのか総合的に見てどうなのか迷っています。(簡保の医療保険と重なるので、他の医療保険に先進医療をつけてという選択がしにくいというところでして・・・) あとは、アフターケアや対応についての評価はいかがなものでしょうか? 書面だけでは分からないところでして、ご意見いただければ幸いと思っています。 (誕生日が近いということで、急ぎにさせていただきました。宜しくお願いいたします)

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • kamochi
  • ベストアンサー率41% (282/677)
回答No.1

どの保険にも一長一短があります。何を重視するかは、契約者ご自身が決めることです。 ただ、先進医療と通院の保障、どちらを重視するべきかと聞かれれば、使う確率から考えて通院を重視すべきだと思います。 最近は、入院の日数が減る代わりに、通院の治療日数が増える傾向にあります。例えば乳がんの標準治療なら手術のための入院が1週間ほど。その後、週5日(月~金曜日)まで5~6週間の放射線治療を通院で。3週間毎の抗がん剤を通院で6サイクル。5~10年のホルモン療法、といった具合。また、手術・入院の前に、分子標的薬を投与することが有効ということも分かりつつあり、実施する医療機関も増えています。 http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/breast/ 入院については、ひと月の自己負担額が膨大にならないように、高額療養費という制度があり、月に10万円もあれば医療費は払えます。(差額ベッドなどは除く) http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm ただし、ひと月の負担額は上限があるとはいえ、毎月、何年も続くのはきついのでは? 闘病が長引くことこそ、がん治療ははお金がかかるといわれる所以です。しかも、通院治療がメインなので、入院の保障だけでは心細いことでしょう。 一方、先進医療の方は、あったらいいかもという程度だと考えます。 先進医療を受けた人は平成18年度で3000人弱。男女合わせて180万人いるといわれるがん患者のごく一部、1%にも満たない割合です。 よく保険会社の広告に重粒子線治療300万円という数字がおどっていますが、先進医療のうち平均で50万円を超える治療は4つ。ひとつは小児がんに対する治療なので、実質3つです。 http://allabout.co.jp/finance/healthinsurance/closeup/CU20090326A/ また、先進医療というのは施設が少ないから公的保険給付の対象にはそぐわないとか、有効性や安全性が実証できるだけの症例数がないため公的給付に認定するかどうか見極めるための実験的な治療方法です。有効性が認められないため保険適用になるどころか、先進医療としての指定を外されたものもあり、万能というわけではないのです。 先進医療の特約は、あれば治療の選択肢が広がるという程度に思っておいたほうがいいでしょう。 それ以外では、診断給付金も実際には2つの保険は違います。 複数回払いといっても、2回目以降に支払われる条件をよく確認してみてください。 あんしん生命なら、初回診断給付金の支払いから2年以上。一旦治癒した後、再発・転移したと診断確定されたとき。 きらめき生命も同じ2年縛りですが、入院が条件でなおかつ"ガン診断給付金が支払われることとなった診断確定日または最終の入院の開始日からその日を含めて2年以内に再度ガン診断給付金の支払事由に該当した場合には、ガン診断給付金をお受け取りいただけません。"とあります。 まず2年の数え方が違う。あんしん生命の方が条件が緩いことが分かりますか? ただしあんしん生命の方も"一旦治癒した後"という条件がありますから、2年経てば必ずもらえるというわけでもありません。パンフレットなどに小さい字で書いてあるものを特に注意してみてください。 あと、なぜこの2社に絞ったのでしょう。 給付実績が豊富なアフラックは検討されなかったのでしょうか。 診断給付金は厳密には複数回払いではありませんが、一度診断給付金を受け取った後、2年の縛りとか一旦治癒などの条件がなく生きている限り毎年給付金(ライフサポート年金)が4回受け取れます。その分保険料は高めです。 一度がんになったら、再発する・しないにかかわらず、再発を防ぐためにお金がかかるのです。それに酷な表現ですが、もし再発したら"何度でも"受け取れるほど長くは生きられないことも事実です。

p518chan
質問者

お礼

この度は、急な質問に迅速・丁寧なご回答くださり、本当にありがとうございました。  保険の内容について、とても貴重なご指摘いただき感謝いたします。 重視するポイントもご指南いただけ、今回改めて検討した結果、アフラックにお願いしようかという結論が出せました。 貴重なご意見、ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • rokutaro36
  • ベストアンサー率55% (5458/9820)
回答No.2

保険の基本的な部分については、No.1のkamochiさんのコメントに概ね同意です。 『アフターケアや対応についての評価はいかがなものでしょうか?』 これは、保険会社というよりも、担当者の資質が重要でしょう。 例えば、担当者には、人には言えないことも言える人、それだけ信頼している人でなければなりません。 極端な話、HIVで入院したとき、死亡したとき、そのことを言えるだけの人であるべきです。 そうでなければ、アフターケアを期待してはいけません。 会社としては、がん保険に関することなら、やなり、アフラックに一日の長があります。 「がん」と告知することが一般的ではなかったときからがん保険を扱っているのですから、そのノウハウには他社の追従を許さないものがあります。 私は、アフラックのがん保険フォルテでは、プレミアサポートを高く評価しています。 がん治療は情報戦だと言われています。 例えば、手術をしてしまったら、後戻りはできません。 乳房を切り取った後で、切り取らなくても良い方法があったと知っても後の祭りです。 抗がん剤で体がボロボロになってからでは、新しい治療もできません。 また、精神的なサポートをしてくれるのもこのサポートの特長です。 簡保についてですが、質問者様のように親が子供ために保険を掛けている例が時々見られます。 しかし、契約者=被保険者=受取人=質問者様 となっていて、それが1000万円ともなると、ちょっとまずい方法です。 解約払戻金が600万円以上あると思いますが、保険料を支払った親御様が生存中にそれを受け取ると、親御様から贈与されたことになり、贈与税がかかります。 税務上は、契約者ではなく、誰が保険料を支払っていたのかということが重視されます。 従って、質問者様が払っていない以上、それは贈与されたことになります。 また、このような保険の場合、保険料を支払った時点ではなく、解約払戻金を受け取った時点で贈与されたことになります。 親御様が死亡された場合、死亡された時点で、解約払戻金相当額が遺産となりますから、相続税の対象となります。 相続税には、5000万円+1000万円×法定相続人の人数という非課税枠があるので、資産が多くなければ、非課税枠の中に入ります。 ご参考になれば、幸いです。

p518chan
質問者

お礼

ガン保険に対する心構え、期待すべきところを教えていただき感謝いたします。同じく回答していただいた方のご意見も踏まえ、アフラックに改めようと思いました。 簡保の件も今後確認・検討したいと思います。この度は、急な質問に迅速・丁寧なご回答くださり、本当にありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • [至急]がん保険で迷っています

     主人(44歳)のがん保険を選んでいるのですが、以下の3つで迷っています。 <1>三井住友海上きらめき生命「新ガン保険」   1万円プラン+新ガン診断給付特約(100万)+ガン先進医療特約 <2>東京海上日動あんしん生命「がん保険」   Dタイプ 入院給付金(1万円)+診断給付金(100万)など <3>アフラック 「21世紀がん保険」    本人コース 入院給付金(1万円)+診断給付金(100万)    1と2は診断給付金が(条件を満たせば)何度でも支払われるのが魅力ですが、2には先進医療特約がなく不安です。また3はがん保険の最大手なので候補に入れています。  出来る限り保険料は安く抑えたい(月5000円前後)のですが、保障もこれくらいでよいのか悩んでいます。申し訳ありませんが、アドバイスをお願いいたします。

  • 医療保険・がん保険について(長文です)

    医療保険・がん保険について(長文です) 先日無料相談に行ってきたのですが、初めて保険に加入するので、 担当者に提案されたプランについてどうすればよいかなかなか決められずに悩んでいます。 医療保険は、いざという時の治療費の足しにという感覚で入ろうと思っているので、 掛け捨てで保険料は安く押さえられればと思っています。 がん保険は、特約ではなく、別にきちんとしたものに入ったほうがいいということで 提案されました。 <主人31歳 妻29歳>どちらも同じ保険で検討中 ●医療保険 ・オリックス/キュア 5000円コース 先進医療特約付加 ・アリコ/やさしくそなえる医療保険 終身タイプ 先進医療安心プラン5000円コース 保障内容はほぼ一緒なので、それ以外に私が魅力に感じたところですが、 キュア ・60日型と120型で選べる(保険料が二人合わせても月500円程の違いなので、120型で検討中) ・7大生活習慣病による入院だとプラス60日される アリコ ・セカンドオピニオンサービス、専門医紹介や紹介状をだしてくれるサービスがある。 どちらも捨てがたくて決めかねています。 アリコは先進医療保障のみ10年更新なので、今後保険料が上がる可能性があることもあり、 総合的にキュアがいいのかなとは思うのですが、大きな病院に行くには紹介状がないとダメだと聞いて、もしも将来、先進医療を受けることになったらと思うと、アリコのこのサービスが気になって踏み切れません。 この点についてはあまり気にする必要はないのでしょうか? また、他に考慮すべき点などがあれば教えて頂きたいです。 ●がん保険 ・あんしん生命/がん治療支援保険 Dタイプ  (基本セット:診断給付金100万円、入院10000円、手術20万円、通院10000円) 保険会社自体は、保障内容の充実などからあんしん生命にしようかと思うのですが、 (1)手術給付金(医療保険とかぶる)がいるかどうか? (2)通院特約はいるか?または50%に減らしてもいいか? (3)抗がん剤治療特約をつけるべきかどうか?  ⇒これから入院せずに通院でがん治療できることがもっと増えていくだろうということで   付けたほうがいいか悩んでいます。 いろいろなサイトを見たり、こちらの過去の質問等も参考にさせていただきましたが、 調べれば調べる程、何がいいのかわからなくなってしまったので、質問させて頂きました。 うまくまとめられなかったのでわかりずらいかと思いますが、 アドバイスいただければと思います。よろしくお願いします。

  • 診断給付金、先進医療を考えたがん保険と医療保険について

    30歳公務員です。妻は25歳会社員で子供ができたら退職する予定です。 妻の医療保険とがん保険を検討中です。 がん保険を検討していると、アフラックは診断給付金は1回だが先進医療に支払いがあるし、東京海上日動あんしん生命は診断給付金は複数回払ってくれるが先進医療には何もない、といった感じで各社一長一短でよくわからなくなってしまいました。 そこで、自分なりに考えてみたのは、 医療保険:アクサ生命 終身医療保険1095-II、日額5,000円に先進医療特約、通院特約をつけ、65歳払済。 がん保険:東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険(新発売)診断給付金100万円、入院1万円、通院1万円、終身払い。 これで、診断給付金が複数回受け取れ、先進医療は医療保険でカバーできるのではないか?と考えました。まだ見積もりは取っていません。 最初はアフラックの21世紀がん保険+EVERも考えましたが、診断給付金を考えるとこちらのほうがいいのかなと思っています。 医療保険はセルフガードもありますが、入院日数が60日と短いことからこちらの医療保険を選びました。この先進医療特約は有効なのでしょうか? この考えに対して、またそれぞれの保険に対してでも何かアドバイスを頂けませんでしょうか。 がんの治療がよくわかっていませんが、とにかく最低限必要な治療費は確保したいと思っています。よろしくお願いします。

  • 医療保険、がん保険について

    現在生命保険の見直しを行っています。 今入っている生命保険が更新(35歳更新)、また保障の内容も現状に見合わず、30歳と年齢的にも考えなければならないと思い見直しを進めているところです。 (解約の手続きの書類は本日郵送しました。) 死亡保障は独身なので結婚の時に考えてるとして、今は貯蓄に回そうと思ってます。 ☆医療保険 健康のお守り(損保ジャパンひまわり生命) 3,371円 入院60日 日額5,000円 女性疾病入院特約(←該当の疾病で入院の時5,000円の入院費) 先進医療特約 払込60歳まで ☆がん保険 がんベスト・ゴールド(富士生命)  特約はがん初回診断一時金特約のみ 一時金 300万円の場合 3,060円 or 一時金 400万円の場合 3,710円 ガン保険は昨年10月に出来た商品で、自由診療等に使えるように給付金に特化した商品として提案いただきました。 初回ガンと診断されたとき特約と合わせ主契約の給付金100万円も受け取るようになってます。 一時金が300万円なら、初めてガンと診断されたときは400万円を受けとることが出来ます。 一時金が400万なら受け取りは500万円です。 年齢を考えると、医療保険・がん保険はこれで最後にしたいと考えておりました。 この保険で大体はカバーできていると思いますが、保障が手厚すぎるでしょうか? がん保険の一時金のどちらかで迷っていますが、もしかして一時金300万円でももらいすぎでしょうか? 色々なアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • がん保険について

    がん保険について がん保険加入を検討しています。 希望としては、 ・診断給付金(100万円程度)が入院の有無に関わらず支払われ、回数に制限が無い事 ・入院日額は5000~10000円程度 (医療保険の入院日額が5000円あるので) 東京海上あんしん生命の「がん治療支援保険」を考えているのですが、保険期間、払込期間、保障内容で迷っています。 まず保険期間・払込期間についてですが、保険期間=終身 払込期間=終身で考えていたのですが、保険相談に行った先で、両方とも仮に90歳までの定期にすると保険料がお得ですと言われました。 (がん保険は次々に新しいのが出てくるし、医療の進歩で治療内容もどんどん変わっていくと思うので、その時代にあった保障内容のがん保険に見直す可能性が高いので保険料を少しでもお得にというのが理由だそうです) 見直すというのを前提に考えるならば、理にかなっているとは思うのですが、仮に見直す前に一度でもガンと診断されてしまったら、入り直し自体が不可能になるので、果たして90歳までの定期にして大丈夫かなぁという不安があります。 どう思われますか? また、保障内容についてですが参考プランでもらったのが 33歳女性(保障期間90歳・保険払込期間90歳) ・診断給付金 100万円 【ガンと診断された時、再発したと診断された時、回数に制限なく何度でも(2年間の制限はあり)】 ・院給付金日額 10000円/日 【支払日数無制限】 (手術給付金・先進医療給付金特約は医療保険(損保ジャパンひまわりの健康のおまもり)に付いているので外しました) 保険料 1920円/月 迷っているのが、通院給付金です。 1回の入院につき45日まで限度(通算730日)で入院給付金日額と同額か50%の保障内容となっているのですが、特約として付けた方が良いのか悩んでいます。 あれば安心だとは思うのですが、最近は入院なしでの治療も多いと聞くので・・・。 付けた方が良いと思われますか? (つけた場合に保険料がどのくらい上がるか、もしお分かりになる方がいらっしゃれば教えて頂きたいです) また、他におすすめのガン保険やこういう特約はあった方がいいというご意見がありましたら教えて下さい。宜しくお願いします。

  • がん保険は本当に不要か

    保険加入に批判的な書籍などを読むと、医療保険の中でも、がん保険はいらない、という意見があります。 治療費は健康保険+多少の貯金で乗り切れるし、高度先進医療は人体実験だから、そんな特約に釣られるなというような内容です。 しかし、村野武範さんは高度先進医療を使って治したと言うし、樹木希林さんもそれで延命できたと語っています。 それで、私ですが、都民共済をがん三大疾病特約付きで月々4000円で入っていて、高度先進医療特約もついています。 そうした書籍の著者から見ると、十分な保障になっていますが、それに加えて某社のがん保険に入っています。 入院日額、通院日額ではなく、抗がん剤を使った時だけ、月々20万支払われるという内容です。 これって、解約しても大丈夫でしょうか。

  • 医療保険 がん保険について質問です。

    夫婦で入る保険を現在考えていますが、詳しいことがわからず迷っています。 FPに相談したら夫(35歳 会社員)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約をつけて月々5357円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々5100円です。 私(38歳 フルタイムパ-ト、社保加入)は、医療保険:アリコ新終身医療保険F4 120日型で日額1万円 先進医療特約+終身六大疾病一時金特約+終身小額手術給付特約+新終身手術給付特約+終身女性疾病給付特約(120日型)をつけて月々5507円です。 がん保険:富士生命の無解約返戻金型療養保険:300万 保険期間終身 払込期間終身で月々4230円です。 医療保険120日型で日額1万は、私の希望でそうしました。60日型+5千円だと不安なので、 がん保険の富士生命は、2年経過したら300万給付とのことで良いのかなと思っております。しかし 抗がん剤治療した時など300万で賄えるものか、想像できません・・・ 主人の合計:10457円 私:9737円でト-タルで20194円です。 その他 都民共済を小額をお互い契約しています。 終身もお互い契約しております、主人はもう少し安くしたいと考えているようです。 医療保険は、日額1万必要でしょうか? アフラックで見積もりしてもらいましたが、2人の合計が、20377円で保障も少し落ちるように感じています。日額1万での見積もりです。 みなさんは、どのように思いますか?   また、アリコの特約で削って良いのがあれば教えて頂きたいです。日額;8千円に減額するか、がん保険の300万を250万にするかも検討しています。ちなみに、賃貸で他のロ-ンは、ありません。 わかりづらく申し訳ありませんがお願いします。

  • がん保険の高度先進医療とは

    がん保険に詳しい方教えてください。 がん保険に入りたいと思っていますが高度先進医療というものがどうもよくわかりません。 高額でがん治療には高い確率でお世話になるものというところまではわかりました。 この高度先進医療というものを現代のがん保険では保障してくれるプランが ほとんどのようですが通算1000万までなど保障してくれる額が会社によってさまざまです。 当然保険料も変わってくるのですが、この額は正直どれぐらいあれば妥当だと思いますか? また高度先進医療とは必ず公的医療保険の対象外なのでしょうか? もしくは対象のものもあり、例えば10万円の高度先進医療を受け、7万円を公的医療で 保障、残りの3万を保険会社が保障してくれるみたいなことなのでしょうか? それともそもそも公的医療保険の対象になっている高度先進医療はがん保険の保障の対象外ですか? 無知ですみませんがよろしくお願いします。

  • 医療保険とがんへの保障が一緒になったものに加入しようと思っています。

    医療保険とがんへの保障が一緒になったものに加入しようと思っています。 東京海上あんしん生命の「アドバンスパック60」か、三井住友きらめき生命の「新医療保険α」にがん診断給付金特約をつけるかで迷っています。(31歳、女性) 二つの大きな違いは、診断給付金が2回目以降に出る条件だと思います。アドバンスパックは、2年以内にがんになっても、2年経った時点で払われるということです(入院してもしなくても)。一方、きらめき生命は、2回目以降は、2年以内にがんになってしまった場足は、払われないということです。しかも、入院することが条件だったと思います。 あと、アドバンスパックは、終身払いしかなく、保険料の支払い総額が高くなると思います。 どちらが理想的なのでしょうか?専門家の方のご意見を頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 保険の見直しを考えています。

    保険の見直しを検討中です! 私38歳、妻35歳、子供3人(14、5、3歳)年収約500万 住宅ローン有 収入保障保険と医療保険、がん保険で15,000円内で考えたい。 家族の生活資金を考えて、収入保障保険を月々いくら位が良いのか? きらめき、あいおい、東京海上日動で検討中 医療保険を私と妻で日額5千円で良いのか、1万円必要なのか? 高度先進等の特約の必要性は? オリックス・キュア、損保ひまわり・健康のお守り、PCA・メディスマートを検討 がん保険は単発か医療保険の特約か? 夫婦型で割安なものは? アフラック・フォルテ、アリコ・ガン保険8を検討 保険支払負担額を減らしたいのが見直しの要因です。 アドバイスいただければありがたいです。