• ベストアンサー

インターネット投票で投票率はあがりますか?

本人認証を完璧にすればインターネット投票で投票率はあがると思いますか? (完璧とは不可能でしょうが) メリット、デメリットを教えてください。 よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • tyr134
  • ベストアンサー率51% (851/1656)
回答No.6

「選挙」と「ネット」の関係で今議論されているのは、「ネットを使った選挙運動」と「ネットを使った投票」の二つですね。 今回は「投票率」とのことですので、後者について私見を述べてみます。 インターネット投票を解禁すれば、投票率は上がる可能性はありますね。 総務省などの統計だと、2007年末に85.0%の世帯がパソコンを所有しています。 また、インターネット利用普及率も50%を超えていますし(携帯も含むと90%越えだそうで、、、)ね。 また、若い人や政治意識の低い人でも、インターネットには親しんでる人が多いので気軽に参加する可能性があります。 参考:総務省統計データ http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/field/tsuushin01.html http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6200.html メリットとしては、 ・ネットに親しんでる層でも気軽に参加する可能性がある=投票率が上がる ・天気に関係なく参加できる ・コンピューターで集計するので、投票結果の確定が早くなる ・有権者が投票するのに掛かる時間の短縮(有権者の負担軽減) デメリットとしては、 ・顔の確認が出来ないので、なりすまし投票が防げない ・二重投票の可能性をどう防ぐか ・ハッキングなどによって、集計データの改ざんをどう防ぐか ・有権者の匿名性は守られるのか などなどでしょうか。 選挙は、一人一票というのが基本となってます。 しかし、ネットの場合はそれを確保するのがきわめて難しくなります。 今現在、ネットでもアンケートや投票などで「二重投票」を防いでるようなサイトはありますが、そのほとんどが実は単純なトリックで突破できます。 というのも、ほとんどの場合は「IPアドレス」に制限をかけることで防いでいるにすぎないからです。 「IPアドレス」というのは、パソコン端末ごとに割り振られる番号であって、必ずしもユーザー一人一人に割り当てられているわけではありません。 まぁ、簡単に言うと、一人が二台のパソコンを使えば簡単に「二重投票」が出来てしまうのです。 「なりすまし」についても、同様の課題があります。 投票会場の場合は、職員が一人一人の顔を確認することで、他人の投票券をつかって入場することをある程度抑止できます。 しかし、ネットの場合はそういった抑止が効かない可能性があります。 例えば、選挙に行かない人のユーザーアカウントを使って、一人の人物が投票したりする場合です。 パソコンでは、顔を確認することも出来ませんので、そういった抑止が効きにくくなります。 かといって、ユーザーアカウントとパスワード以外に他の個人情報 の入力を求める方法などで抑止する方法を取ると、インターネットの利便性が損なわれる可能性もあります。 次に、「ハッキング」をどう防ぐかという問題があります。 ファイヤーウォール等のセキュリティをどんなに万全にしておいても、ハッキングの可能性は十分にあり得ます。 それなりの専門知識があれば、米国の国防総省のパソコンに進入することも可能です。 実際、中国人民解放軍が米国の国防総省のパソコンにハッキングしたとして、米国が顔面蒼白になったなんてニュースもあります。 現在でも「政府」「○○国」「ハッキング」なんかのキーワードの組み合わせでグーグル先生に尋ねると、いっぱい事例が出てきますよ。 世界中でネットを使ったスパイ合戦が行われている様子がかいま見えますね。 果たして、そうした悪意を持ったハッキングを防げるのかどうかという問題は、ネットがある限り永遠になくならない問題ですね。 さらには、ウィルス等による漏洩なんかもありますしね。 「有権者の匿名性」というのは、「誰が、どの候補(政党)に投票したか」というのが分かってしまうという問題です。 確かに、個人レベルで「IPアドレス」等から個人を特定するのは難しいといえます。 しかし、プロバイダー事業者であれば、ログ解析等を行えば可能です。 プロバイダー事業者は、ほとんどが民間企業ですから、悪意を持った企業やそこに勤める個人がそうしたデータを抜き取り悪用する可能性は否定できません。 ・・・と、まぁ思いつくだけでも課題だらけであることは否めないと思います。 メリット>デメリットとなるように、技術開発や法整備などが必要となってきますね。 とはいえ、もっと盛んに議論して欲しい政治課題だと思います。

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

おお!ネットワーク関係にお詳しい方なのですね。大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (5)

noname#96023
noname#96023
回答No.5

デメリット 投票結果の再確認が出来ないんですよ。 紙ならば再集計すればよいのですが、 インターネットなど純粋にデータしか残らないと、 接戦の際に入力に間違いがあったと言い出す輩が必ずいます。

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • moritan2
  • ベストアンサー率25% (168/670)
回答No.4

インターネットで投票できるのなら投票率は上がると思います。わざわざ投票所までいくのとインターネットで投票では負担がまったくちがいます。国民だれしも、投票は国民としての重要な権利であり義務であることはわかっていると思います。しかし、雨がふったりすれば出かけるのが面倒だし、投票しなくても罰則があるわけではないので面倒なら行かないわけです。それがインターネットで投票できるのなら投票する人が増えると思います。 認証はインターネットバンキングと同じようにパスワードを本人の自己責任の管理でいいと思います。自己責任でパスワードを管理できる人だけがインターネット投票を申請して出来ない人はいままで通りの投票でいいと思います。パスワードをしっかり管理できないと他人に自分の票を盗まれますが、インターネットバンキングでパスワードを盗まれることに比べたらはるかにましです。自信の無い人はインターネット投票の申請しなければいいだけです。

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

現実的ですね!ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#149639
noname#149639
回答No.3

今更差別もないでしょう、既に役所にインターネットでアクセスして色んな事が出来る時代です。 少なくとも最初のウチはかなり上がるんじゃないかと思います、物珍しさから。 特に20~30代の世代はネットをしている確率が高いので、わざわざ投票所に行かなくてもいいという手軽さから軽い感覚で投票するんじゃないでしょうか。 以上、根拠のない私感ですが。

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#81859
noname#81859
回答No.2

微妙には上がると思いますが・・ほとんど効果は見込めないと思われます。 政治に興味がない・投票するのが面倒を理由にいっていない人が、インターネットならするというのはまったく根拠がありません(むしろやはりしない人はしない、と考える方が自然です)。 よって メリット:ほとんどなし デメリット:不正投票が増える(本人認証が完璧になんてできませんから) です。

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

効果は期待できなそうですね。 ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Cupper
  • ベストアンサー率32% (2123/6444)
回答No.1

上がらないどころかインターネットを利用できない人に対する差別の問題が発生します ですがそれを社会問題としてメディア各社が取り上げれば注目され投票率は上がるかもしれませんね

lkhjlkhjlk
質問者

お礼

差別ですか ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 投票率について

    投票率を上げるにはどのような方策を取ればよいと考えますか? また、そもそも投票率は高いほうがいいのでしょうか? 投票率が上がることによりどのような影響やメリット、デメリットがあり、逆に投票率が低いとどのような影響があると考えますか?

  • インターネットで、選挙活動や投票することについてのメリット、デメリット

    インターネットで、選挙活動や投票することについてのメリット、デメリットを教えてください。

  • 投票率アップの対策

    先日、あるバラエティー番組に何人かの政治家が出演して、「オーストラリアでは、投票に行かないと1500円くらいの罰金を取られるため投票率が90%以上なのです」と言ってました。 普段、投票に行かない人がどうしたら投票に行くようになるかというアイデアをを一般の人に聞いたら、「インターネットを使った在宅投票」「コンビニでの投票」「投票に行くと景品がもらえる」「投票所でイベントを催す」等の意見が出ていました。 しかし、インターネットでの投票の問題点は、現在の時点ではサーバーがパンクする可能性があることや、投票者の姿が見えないことで、脅迫されたり賄賂を渡されている状態で投票させられたり、認証識別が難しく、家族の1人が別の人の分まで自分の意思で投票してしまうなどの可能性があるので、なかなか実現まで至らないようです。 そこで、 1)オーストラリアのように罰金のようなある方法で投票を実質上義務化している国は、ほかにどこがありますか? その制度はどのようなものですか? 2)投票率を上げる具体的方法としてどのような方法が考えられますか?(理念とかではなくて) 1)、2)どちらかでもお答えいただければとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 投票率を上げたくなかったら

     一般的に投票率が上がると、自公に不利と言われてますが、  そんなに投票率を下げたかったら、投票日を平日にすればいいのにと思うのですが、ダメなんですか?

  • 投票率

    衆議院選挙の投票率が戦後の最低になったとニュースでやっていましたが、今回の約52%という投票率は期日前投票も含まれますか?

  • 投票率増加によるメリット

    この度学校で、成人年齢の引き下げについてのディベートを行うことになりました。私は引き下げ賛成派、になりまして、利点をいくつか探しています。そこで、その第一の利点として投票率増加をあげたいと思うのですが、投票率が上がることによって生まれるメリットは何なのでしょうか、教えてください。

  • 18歳選挙権実現に伴う投票率の低下について

    「18歳選挙権が実現することにより若者特有の政治への無関心から、どうせ投票に行かずに全体の投票率を引き下げるというデメリットが発生する。」 でもなんで投票率が下がることが問題なんですかね?投票率は高ければ高いほうがより多くの民意を反映するのは確かです。しかしこの場合は新たに300万人ほどの新たな有権者が加わるわけですから、投票率は下がったとしても、投票に参加する人数は確実に増えているはずです。

  • 投票率はなぜ上がらないのでしょうか

    若者の投票率の低さが取りざたされていますが、昔からでしょうか? 昔は全世代投票率が高かったんでしょうか。 年をとるほど選挙に対するおもみをかんじ、投票に行くようになるのなら、いつまでたっても若者の票は少なそうですね。

  • 投票率低くていいんじゃね?

    投票率が低いのは平和の証拠。 政治に興味のある意識の高い人だけ投票すればいいんじゃない? 投票しない人の不利益になったとしても自己責任だし。 それに投票率100%とか怖いですよ。恐怖政治みたいで。 いまのままでOK。 という考えどう思います?

  • 投票率が50%を超えているのは不正があるからでは?

    選挙に選挙権のある人の半数以上が行っているとは到底信じられません。 私は、投票に行った事が無いですし、今後も投票に行くつもりはないのですが、半数以上の人が投票に行くということは何らかの具体的メリットはあるのでしょうか? 投票に行くと現金をその場でもらえるとか、そういうことが無い限り、わざわざ投票に行くのはおかしいですよね? もちろん、特定の利権がある人たちが投票に行くのはわかります。しかし、一般庶民では誰に投票しても具体的利益がありません。過半数の人が何かの利権を持ってるんでしょうか? 投票率の水増しが行われていると思うのですが、本当の所はどうなのでしょうか?