• 締切済み
  • 困ってます

英文契約書の一部が良く理解できません

忙しい中、すみません。 ある英文の契約書を拝見して、その中にある一つの文章を翻訳しようとしているのですが、中々うまく日本語で文章がまとまりません。 英文の文章は以下です: NOW THEREFORE, for and in consideration of the premises and for other good and valuable consideration exchanged between the parties, the receipt and sufficiency of which is hereby acknowledged, the parties hereto agree as follows: この文章を自分なりに訳したのですが、あってますでしょうか? 「従って、前提を約因として及びその他当事者間で交換される情報の適切且つ重要な対価を以って(尚、当該対価の受領及び十分性については、本契約により認める。)、当事者らは、以下の通り合意する。」 何方か翻訳の得意の方でも構いませんので、お時間がありましたら、 確認していただけないでしょうか?よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1169
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • tarep
  • ベストアンサー率0% (0/0)

失礼ながらdrmurabergさんの説明は適切ではないと思われます。ここでいうconsiderationは一般的な商取引上の意味ではなく、英米法上の「約因」です。契約英語というか法律英語です。「good and valuable consideration」は英文契約上の決まり文句です。

参考URL:
http://jpn.proz.com/kudoz/english_to_japanese/law:_contracts/1830024-for_good_and_valuable_consideration.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英文契約書の翻訳

    忙しい中、すみません。 ある英文の契約書を拝見して、その中にある一つの文章を翻訳しようとしているのですが、中々うまく日本語で文章がまとまりません。 英文の文章は以下です: NOW THEREFORE, for and in consideration of the premises and for other good and valuable consideration exchanged between the parties, the receipt and sufficiency of which is hereby acknowledged, the parties hereto agree as follows: この文章を自分なりに訳したのですが、あってますでしょうか? 「従って、前提を約因として及びその他当事者間で交換される情報の適切且つ重要な対価を以って(尚、当該対価の受領及び十分性については、本契約により認める。)、当事者らは、以下の通り合意する。」 何方か翻訳の得意の方でも構いませんので、お時間がありましたら、 確認していただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 契約書の和訳

    ある契約書の和訳をしています。 以下はその一部です。 In consideration of the mutual promises contained herein and other good and valuable consideration, the receipt and sufficiency of which is hereby acknowledged, the parties agree as follows: とありますが、 特にこの the receipt and sufficiency of which is hereby acknowledged,の部分がわかりません……。 分かる方、いらっしゃいますでしょうか?

  • 英文契約書の日本語訳です。

    以前にも何度も質問をして、その度に素晴らしいアドバイスや回答をいただき、感謝しております。 まだ続いて英文契約書を訳しています。 下記のように訳しましたが、意味が通じるでしょうか? ネットで検索したり、色んな訳を見てやってみたのですが、ちょっと日本語が難しくて、訳した本人でもちょっと日本語の意味が分からないという感じがするのですが、契約書とはそんなものでしょうか? 見て頂けるととても助かります。 In consideration of the mutual promises set forth herein, and for other food and valuable consideration, the receipt of which is hereby acknowledged, the Buyer hereby engages PG to provide a performance/Lesson upon the following terms: 本契約に規定する相互の約束およびその他の有効・有価な対価を約因とし、 当該約因の受領を確認した上で、当事者はPGに以下の条件に基づいてパフォーマンス、レッスンを提供することを本契約書をもって保証する。 the Buyerを当事者と訳したのは、この英文より前項に「Buyer identified below(collectively,the"Parties")という一文がありました。この時私は、「下記にて身元が証明された買い手(総称して当事者)」と訳しました。そこから来た物ですが、こちらもこの訳であってますでしょうか? いつも本当にありがとうございます。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 回答No.1

ちょっと見たことの無い契約文ですね。 considerationの訳がポイントでしょうが、訳文を参考に改訳してみました。 「従って、対価に付いては前提を考慮し、および当事者間で交換され受領と十分性が ここで承認されたその他の物品や有用な対価物について、当事者らは、以下の通り合意する。」 consideration=対価、consideration money=報奨金 として商取引では使われていますから。 for and in consideration of the premisesが掛詞のようで判りにくいです。正直、自信は有りません。 この手の質問は、英語に移されるようにお勧めします。百戦錬磨の回答者が文法から用例まで 懇切丁寧に答えてくれるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

答えてくれただけでもとても有難いです。 本当に丁寧に、有難うございました。助かります。

関連するQ&A

  • 契約書に出てくるこの英文の意味を教えてください。

    仕事上の契約書で For good and valuable consideration, the receipt and sufficiency of which are acknowledged, A and B agree as follows: という文章が頻繁に出てくるのですが、これの正確な意味を教えていただけないでしょうか。 自分なりに辞書などで調べて、「valuable consideration」は「有価約因」、「sufficiency」は「充足性」など単語ごとの意味はなんとなく分かったのですが、文章全体としての意味がいまいち掴めません。 契約書にお詳しい方、どうぞよろしくお願いいたhします!

  • 契約書の一部の意味がよくわかりません。

    For good and valuable consideration the receipt and sufficiency of which are hereby acknowledged, the Parties agree to the following:  上の文は契約書の一部で、whichの先行詞はconciderationsだと思うのですが、それにしても全体の意味がよくわかりません。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 英文契約書

    英文契約書の勉強を続行しています。この間質問にお答えいただきましたが、また分からない文章にぶつかりました。executedやdeemed to constituteなどの訳し方がさっぱりわかりません。どなたかご教授いただければ、ありがたいです。This agreement may be executed in any number of counterparts and any single counterpart or set of conterparts signed, in either case by all the Parties hereto shall be deemed to constitute a full and original agreement for all purposes. constituteは構成するという意味だと思うのですが、すべての目的において、完全で当初の契約を構成するというような、中途半端な訳しかできない状態です。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 流通証券と契約(米国法)

    米国法からです。 There are several legally significant differences between a negotiable instrument and a contract right, and the transfer of each. A negotiable instrument is deemed prima facie to have been issued for consideration, whereas a contract is not. 要点は流通証券には約因があるけども、契約には約因がない。流通証券はある目的がありその交換として手形を振り出すからBargained forなので約因があるのは理解できるのですが、契約は両当事者の約束事項の取り決めなので、 Bargained forでないので約因がないということでしょうか。

  • 英文契約書の翻訳

    英文契約書を勉強していますが、文が長くなると、どこで区切って理解していいのか分からなくなって、困っています。少し長いですが、訳を教えていただけると助かります。 Unless otherwise provided in this Agreement, all payments made hereunder by the Parties hereto shall be made in full and shall not be released, discharged or otherwise effected by, or subject to, any claims, set-off, counterclaim, defence, deduction, dimution, abatement, repayment, suspention, deferment, reduction or other rights which the Parties hereto or any individual, corporation or any other entity of whatever nature may have based upon any claim at any time and from time to time may bring against the parties hereto in connection with any unrelated transactions. 本契約書に示されない限り、当事者により行われる支払いはすべて、全額でなければならずの所までは何とか訳せたのですが、その先が長く複雑で理解できずに困っています。どなたかご教授いただければ、ありがたいです。よろしくお願いします。

  • 契約書の日本語訳

    契約書の日本語訳を頼まれたのですが、以下の一文がどうしても解りません。 頻出のshallに続く動詞が解らず困ってます。 どなたか、概訳でも構いませんので日本語に訳してください。 どうぞ宜しくお願いします。 The parties hereto shall not and shall ensure that the Company shall not at any time during the term of this Agreement or subsequent termination thereof shall in any way or manner whatsoever make known, divulge or communicate any technical, industrial or market information relating to the establishment or operation and management of any of the parties hereto, which may have been furnished by or exchanged between the Company or any of the parties hereto to any person, firm or corporation and shall at all times take such reasonable precautions as may be necessary to prevent disclosure thereof.

  • 文法を教えて下さい。法律契約書文章の翻訳の勉強をしています。

    文法を教えて下さい。法律契約書文章の翻訳の勉強をしています。 今回、テキストに書かれてある文章が分かりませんでした。。。。 以下、は、テキストの文章を抜粋した文となります。 文法を教えてください。 下記、1.と2.は、同じMay を使用した文章です。 1.は、hereto may cancel (Hereto MAY + V ) で、2.は、(May + be + V) . しかし、どうして、1.は、May の後ろが原型の動詞で、2.は、May の後ろには、動詞の前に be をつけているのか。。。。教えて下さい。 1.Either of parties hereto may cancel the Contract. 2.This contract may be terminated at anytime. 日本語訳は、受け身の表現でもないし。。。。。。。。。。????(テキストより抜粋) 1.本契約を解除することができる。 2.本契約は、いつでも解除することができる。 上記は、回答者にシンプルに質問できる様に抜粋し、短くした文章です。しかし、文脈の前後で判断して頂ける方もいらっしゃると思います。その為、実際、テキストに書かれてある文章を以下にまる写しして置きます。 テキスト 英文 1.Either of the parties hereto may cancel the Contract by sending a notice to the other party if the other party breaches any provision of this Contract. (Premature Termination by breach of Contract) 2.This Contract may be terminated as any time by either party sending a notice to the other .(Premature Termination) 和約 1.各契約当事者は、相手方が本契約の条項に違反したときは、他方当事者に通知を送付して、本契約を解除する事ができる。(契約違反による期限前解除) 2.本契約は、何時にでも、一方当事者より他方当事者に通知を送ることにより、解除することができる。 以上がテキストの内容です。 1.のmay の後に 2.の様に、be + V にしないのは、hereto があるからでしょうか?? もう一つ、教えてください。 質問3.です。 hereby,herewith , hereunder, herein, hereafter, herebefore, hereof, hereto, hereonto 等の法律文の慣用句の後ろに動詞を持ってきた場合、必ず、動詞の原型となるのでしょうか? 以上、3つ質問させて頂きました。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

  • 英文契約書 3

    以下の英文がわかりませんでしたので、和訳をお願い致します。 この文面はJurisdiction(管轄権)に関する物です。 "The parties irrevocably and unconditionally submit to and accept the exclusive jurisdiction of the civil courts of Bangkok, for any action, suit, or proceeding arising out of or based upon this Agreement or any matter relating to it, and waives any objection either party may have to the laying of venue in any such court or that such court is an inconvenient forum or does not have personal jurisdiction over either party." 上記の文中特に"waives"以降の文章が解りませんでした。 このwaivesは動詞だと考えたのですが、submitやacceptの主語となる"The parties"が複数形なので、どれが主語に当たるのか混乱しています。 また、"the laying of venue ~ either party."の箇所もうまく訳せません。 裁判所の場所に関することだと思うのですが、よくわかりませんでした。

  • 英文契約書の表現について教えてください

    英文契約書の翻訳をしているのですが、為替変動に応じた価格調整に ついて以下の記述があります。 Both parties agree to the price table set out below to have 2.5% price change for every 5% exchange rate change (and an equal pro rata portion of any percentage less than 5%). この場合のカッコ内の文言についてどのように訳せば良いのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 雇用契約の英文の解釈をお願いします。

    以下、2つの英文解釈があいまいです。正確な解釈をご教示いただければ、幸いです。 (1)免責事項に関する文章 "Staff shall indemnify (企業名), its agents and employees from any and all actions, claims, losses or damages of any nature." 「スタッフは、自らのあらゆる行動に起因するクレーム・損失・損害に対して、【企業名】(代理人ないし従業員を含む)のすべてを補償する。」 上記英文このように解釈したのですが、すべてを補償する、という部分が引っかかりました。この解釈で正しいでしょうか? (2)契約準拠に関する文章 "This Contract, its meaning and interpretation, and the relation between the parties shall be governed by the general principles of law to the exclusion of any single national system of law." 「 本契約(意味と解釈を含む)と当事者間の関係は、単一国家の法を除く、各国共通の法における一般原則に則る。」 上記、英文に関して、特に of law to the exclusion of any single national system of law. の解釈がピンときません。 以上、お願いいたします!